【あらすじ😈妖怪学園Y】第37話感想 ラント君復帰ラップでアースウォーカー誕生‼【ウィスパー⁉】

2020-09-19

アニメ妖怪学園Y‥第37話「取り戻せ! 俺たちのアツい日々!」あらすじ感想いたします。

早速・攻撃開始、ミケッティオ

保健室サボりを終え、廊下に出てくるジンペイ。

悪いヤツだな‥😅

 
すると、ジンペイは『見えない何者か(ミケッティオ)』の殺気を感じ、とりあえず攻撃を避けながら、必死に逃げ続ける。

その様子を観察するエルナちゃん。
エルナ:『ナニコレ?』

そこに、謎の人物が通信してくる。
???:『手間取っているな‥エルゼメキア』

エルナ:『いえ・慎重にコトを運んでいるのです』

通信相手はマゼラでした(TVの字幕表示、大事❗)

マゼラ:『時間の猶予は無い‥奴隷惑星のドギー惑星から、戦士を派遣した』

『その者を使い、問題を解決するのである』

エルナ:『分かりました』

💡 特筆ポイント
・ドギー惑星はマゼラにとって『奴隷惑星』であること。
・先週、ドーベルは自分がドギー星で唯一の生き残り‥という表現をしたが、ほかにも戦士が存在している。

ジンペイ、ミケッティオ初対面

なんとか紙一重で、ミケッティオの攻撃を必死に回避しつづけるジンペイ。

そこにマタロウ&コマ君が通りがかる。

マタロウ:『どうしたのジンペイ君?』
ジン:『誰かがオレを殺そうとして‥うわあああ!!!』

ミケ:『オレの姿が見えてないのか?』

イラついたミケッティオは、ジンペイにも見えるように姿を現す。

ジン:『見えた❗ ネコの怪物かぁ⁉ しかも結構カラフルだなぁ⁉

余裕の感想だな(笑)

 
ミケ:『お前が見えるように、妖気のチャンネルを合わせてやったぞ』

ミケ:『どうだ?オレ様のルックスからくる圧迫感❗
ジンペイ➡ アップルパイ‼

ミケ:『恐怖‼
ジンペイ➡ 豆腐‼

ミケ:『絶望‼
ジンペイ➡ マンボウ‼

ミケ:『全然ちがぁぁう😾‼

ジンペイ余裕じゃないか😂

いいなぁこの・コロコロのノリ‥

ミケ:『シねェい‼』
‥とミケッティオが必殺のパンチを繰り出すと、ジンペイが覚醒。‥拳が赤くなり、

ジン:『必殺❗ 赤ゲンコツ‼』

ひゃくれつ肉球 的な⁉

予想外のジンペイの攻撃は、ミケッティオに通用したようだ。

ジン:『なんだこれ‥? オレ無意識にワザみたいなものを?』

エルゼメキアにより記憶を消されていて、本来『ジンペイがYSP能力により攻撃できる』ということを忘れている

ミケッティオは、ジンペイが能力者であることを初めて知った。

ミケ:『お前 ただの人間ではないということか‥』

ミケッティオが襲う理由は?

『まぁいい。その程度のチカラでは どうにもならんぜ』

ジン:『おい、猫のバケモノ❗ ナンでオレを襲ってくるんだよ❗』

ジン:『メンドくさいが、特別に説明してや‥ン??』

するとミケッティオは、ジンペイのお馴染みラップを披露する。

『🎵オマエ・いまシヌ・オレ様カンペキ🎵』

ミケ:『ン?いま(オレは)何やってんだ?』

ジン:『ナンだ?‥わかんねェけど・ナンか刺さるぞ‥ソレ』

全視聴者:刺さるんだ‥

※ コレ・のちの展開の伏線でした😅

すると、3匹の猫妖怪がミケッティオから顔を出す。バケーラ・ゴロミ:『ジンペイ‥コイツはアタイたちの‥』

ブルポン:『思い出して‥キミは僕らと一緒に‥』

ジンペイはビックリする‥『ナンだ⁉ ネコの怪物の中からまたネコが⁉』

ミケ:『てめェら・勝手に出てくるんじゃねェ‼』

『なんだよこれ?‥わけわかんねぇ‥』状況がまったく分からないジンペイ。

ミケ:『しかたねぇ。分からせてやろう』

ジン:『おう・頼む❗』(爽やかに)

ミケ:『コイツらはオレが、3つに分裂することで生まれた妖怪。いわば・オレのパーツだ❗』

『このオレ様が コイツらの本来の姿‥どうだ?分かったか』

ジン:『わ・か・ら・ん❗』(キッパリ)

そりゃそーだよね😅

 
ジン:『で・オマエはナンなんだよ?』
ミケ:『それな・ソレ重要❗』

ミケ:『オレ様こそ・最強のネコ妖怪‥ミケッティオ様だ❗』

オマエがいると、コイツら(パーツたち)がこの世に未練を残して完全復活できないから、ジンペイに死んで欲しい…というミケッティオ。

ミケッティオは、また攻撃を再開してくる。
ひたすら逃げるしかないジンペイ。

臼見沢先生の正体って‥⁉

その様子を、学園長室から眺める学園長。
キンヤ:『ついにミケッティオが姿を現してしまったか‥しかし・ナゼあそこまで、寺刃くんを?』

学園長のかたわらには、エンマ大王が居る。
エンマは、ミケッティオの立場を理解していて、学園長に説明する。

寺刃ジンペイへの3匹の猫妖怪の愛情が、ミケッティオを完全融合させないのだ。ゆえにジンペイを殺し、自分の体の安定化を図ろうとしている。

エンマ大王:『オレのパワーさえ回復すれば‥』

エンマ大王、参戦してくれる『気』はあるンですね、気は。

 
そこに、誰かが学園長室にやってきたようだ。

???:『ご無沙汰しております』

臼見沢:『わたくし‥そろそろ頃合いと考えますが』

アレ・うす先生😳⁉

エンマ大王:『そうかもしれぬな。では・お前に任せる。頼んだぞ』

臼見沢:『御意‥エンマ大王様』

エンマ大王の存在をとっくに認識していたということは‥ということは‥ッ‼
まさか‥ウィスパーァァァァ😳⁉

輪っかはミケッティオの首輪

学園中を逃げ回るジンペイ。

いつも通りケンカ中の、メラと九尾先輩が居た。

2人はピンチのジンペイを見て『誰かワカラないが、見殺しにはできん❗』(2人にはジンペイに関する記憶がない)

先輩2人は、咄嗟にジンペイを守ろうとして、メラは拳に・九尾先輩は足に‥不思議なチカラを感じる。

このとき、スタッフ紹介の字幕が表示されたのですが‥霧隠ラント(回想)福山 潤とあって、

ラント君・回想の存在なのか😂

と震えちゃいました💦…この件はまた記事の最後で❗️

崖っぷちに追い詰められたジンペイ。
ミケッティオは首を締めあげてくる。そのミケッティオの腕に、3体の猫妖怪が浮かび上がる。

ブル:『しっかりするんだ❗』ゴロ:『負けんな❗』

ミケ:『ジャマをするな‥コイツがシねば、お前たちは消える。大人しくオレの中でじっとしてろ❗』

なるほど、猫妖怪たちは自分たちの存在理由が、ジンペイにあると分かっているので‥

ジンペイが消滅すると、自分たちも消滅してしまうので『ジンペイに助かって欲しい』と🤔(単純にジンペイが好きだから、もあるのでしょうけれど)

すると女子の声‥『ジンペイく~ん』

クウカ:『コレを❗』
クウカちゃんが投げたのは、第3のYサークルにあった、例のクサい輪っか❗

その輪っかは、ミケッティオの首にハマった。
‥輪っかは『首輪』だったようだ。

クウカ:『ジンペイ君❗『ネコにマタタビ』って言って❗』

『その首輪は、ソイツのチカラを制御できる首輪だったの❗』

ためしにジンペイが言ってみると、ミケッティオがビリビリと電撃を受けてシビれる。かなり効いているようだ。

クウカ:『その首輪は、ジンペイ君の声にだけ、反応するように作られてるわ』

連続で電撃を受けて、動けなくなるミケッティオ。
そこに、マタロウ&コマ君が駆けつける。

コマ:『ジンペイ君、大丈夫~⁉』

ジンペイ:『うん。超便利な首輪で、コイツがペットになったトコ⭐️』
クウカ:『うまくいったみたいね‥』

すると、
ミケ:『ダレがペットだってェェェ⁉』
プライドを傷つけられ、激怒するミケッティオ。

クウカ:『まずい・首輪も長くはもたないかも‼』

全視聴者:クウカちゃん・そぉなのぉ😱

 
コマくんは『モノレールに乗って逃げよう』と提案、一行はモノレールに乗車する。

モノレールにて

当然、追って来るミケッティオ。

モノレールを破壊するミケッティオを止めようと、ジンペイはミケの居る『モノレールの車体の上』にあがり、必殺の合言葉を言おうとするが‥

首輪は、カンタンに外れてしまった。

破壊されてないので再利用可能とみた🤗

 
ミケッティオは必殺の一撃を繰り出してくる。
ジンペイは身を守る方法もない‥

すると、攻撃が当たる直前、ミケッティオは3体の猫妖怪に分離‥ジンペイを通過して、もとのミケッティオに戻る。

ゴロミちゃんたち、ド根性❗

 
ミケ:『うう‥忌まわしいパーツどもめ❗』

ミケッティオが、自分のカラダに浮かぶ【3体の猫妖怪】をたたいているスキに、

♪アナウンス:『まもなく、砂漠近く駅‥』

コマ君が、ココで降りよう❗と提案。

ジンペイは首輪を拾い上げてから、みんなで砂漠に逃げ込む。

ミケ:『逃がすかよ‥😼』

ピットブル登場

そこに、エルナちゃんとシノブ君が来ていた。
エルナ:『ふ~ん、アレがドーベルたんを瞬殺した・強烈ネコちゃんね』

エルナ:『面倒にならないうちに、消しちゃいましょ⭐️』

シノブ君が『どうぞ』、とエルナちゃんに輪っかを渡すと‥

エルナちゃんは腕にその輪っかをつけ、
エルナ:『ミラクルプリズマー✨❗』

ジャジャーン✨と短縮モードでエルゼメキアに変身❗

ってコトは、シノブ君はエルゼメキアの存在を認識している?🤔

それぐらい、彼は深刻な洗脳状態にあるということになりますね。

エルゼ:『とゆうワケでぇ、新たなるワンちゃんキャラを召か~ん✨』

すると『NのUFO』から、屈強なイヌ型戦士『ピットブル』が出現した。

ジンペイのピンチを救うカタチで、ミケッティオの前に出現したピットブル。

ミケ:『ナンだ・オマエは?』

ピット:『殺めるものへの最後の礼儀として、名乗るとしよう❗ ソレガシの名は‥ピットブル❗』

ドギー星の戦士って、皆さん・礼儀正しいですネ😃

 
メラ:『お~い、大丈夫かァ⁉』
そこにメラ・九尾先輩、フブキちゃん、チアキ先輩とノーズが駆けつけてくる。

コマ:『フブキさん、上級生の人たち(面識がないから)もナンでココに?』

フブキ:『不思議なんだけど‥』

ノズ:『カラダが勝手に引き寄せられたというか‥』

九尾:『コッチのほうに来ないと、いけない気がしたんだ。だが‥』

チアキ:『ネコのバケモノに、イヌっぽいヤツまで』

エルゼ:『あれ?ナンかややこしいことになってる~?』

メラ:『空に浮く女まで』
フブキ:『カオスすぎる😑』

さすがのY学園の日常でも、ココまでの状況はありますまい

 
マタ:『でも・なぜだろう?この突飛すぎる状況を、自然に受け入れてしまう自分がいる‥🤔』

首輪をはずせ

ピットブル VS ミケッティオ戦が開始する。

ミケッティオは、ドーベルを余裕で倒しただけあり、当然・ピットブルよりもウワテであるが‥

スキをついて、ジンペイはミケッティオに首輪をハメることに成功。ヤルな・ジンペイ‼

ミケッティオはハメられた首輪のせいで、本来の実力を発揮することができないそうだ。

ピット:『高い戦闘能力を持っていると認識したが、勘違いか?』

ジンペイ&ミケッティオは、ピットブルの攻撃を受け‥結果的にジンペイをかばうことになったミケッティオ(多分。)

ジンペイ:『サンキュー✨』

ミケに叩かれたアタマには『たんこぶ1号』

 
ミケッティオは、ジンペイに相談を持ちかける。

ミケ:『おい、この首輪を外せばアイツを倒してやる』
ジンペイ:『えっ・マジ~😆』

そこにすかさず・クウカちゃん『ダマされちゃダメ‼』
クウ:『ソイツは先に、あなたをコロすつもりよ❗』

『ウソじゃない・信じろ』というミケッティオだが、本心では(お前をコロしたあとに、あのザコ犬野郎も間違いなくコロしてやるし‥😼)と考えている。

さて・ピットブルは、ミケッティオたちの戦力に失望したようで『直接・自らの手をくだすことをやめる』と宣言してくる。

めっちゃ紳士!!!!!

ピットブルの言葉『圧倒的なチカラの差がありながら、弱きものをいたぶるようにコロすのは、ソレガシの流儀に反する』‥コレは、先週のミケッティオがドーベルした、しうちじゃないですか‥

ピットブルが一声・鳴くと、NのUFOから複数の兵士(イヌ型)が降りてきた。

ピット:『処理しろ』
‥という命令で、兵士たちは適当にミケ&ジンペイを痛めつめる(メラは助けようとするが(優しい)、銃撃を受けて動けない)

ピット:『攻撃・ヤメ❗‥降参すれば、楽に逝かせてやるが、どうだ?』

ジン:『降参すれば、ラクダに乗せてくれるだとォ⁉』
ミケ:『ボケてる場合かァ(殴る)』

たんこぶ2号キター😆
たんこぶ2号キター😆

新たなウォッチ‥URウォッチ登場‼

ミケ:『おい❗この首輪を外してくれれば、オレがアイツを倒す・信じてくれ❗』

ジン:『本当かァ?』

ミケ:『モチロンだ(お前のあとに だけどな)』

じゃあ✨、と首輪に手をかけるジンペイだったが‥

‥ハッッ‼ オレ、外し方しらない』

バーシャルYチューバーの赤猫路ジン‼

ココで実物を拝めるとは‥🙏

クウカ:『まずいわ、このままじゃ‥はっ・そうだ❗』

クウカちゃんが『ジンペイく~ん‼』と投げてきたのは、これまで・見たことのないウォッチ。

クウカ:『それはYSPウォッチよりも、はるかに大きな妖力を許容できる、新型ウォッチ‥』

クウカ:『URウォッチよ‼』

『それなら、ソイツを憑依して新たなヒーローになれるわ❗』

ジン:『新たなヒーロー?』

ジンペイはYSPに関する記憶が、すべて無いですよね‥😅

クウカ:(やっぱり記憶を失くしていて、変身のことも忘れてしまっている)

クウカ:(コレじゃURウォッチがあっても‥)

エルナ:『ふふ~ん。コレで終わりかなァ?』

💡 生徒会棟にて
柿留くんから『会長‥』と呼ばれる、(本来は『副会長』の)参歩ツトムくん。

柿留:『こんなメールが謎のアドレスから届きました』

メールのタイトルは『準備を怠るな』

ツトム:『何かの計画書のようなものか?』

布袋:『なんて細かい指示だ‥いったい誰が?』

ツトム:『しかし・以前にもこのようなものを見た気がする‥』

コマカ:『私もです‥どういうことでしょうか?』

ラント君からのメールを見て、記憶に引っかかりを感じる生徒会メンバーだった。

謎の少女が出現‥

ピット:『もう一度いう、降参すれば‥ラクに逝かせてやろう』

ジンペイは『降参なんかするか~‼』と拒否する。

『ならば』とピットブルが攻撃しようとすると、

???:『ちょっと待った‼』
エルゼ:『えっ?』

ガケの上から、聞き覚えのある少女の声が。

???:『記憶を呼び覚ますには、思い出すきっかけとなる記憶のカギが必要‥』

ジンペイ:『誰だ?』

クウカ:『あ・・・』

崖上に居たのは、ナユちゃんと‥ラント君だった❗

ラント君の無事を知り、クウカちゃんは感涙・絶句する。

フブキ:『あの人、どこかで見た気が‥』
九尾:『ああ‥』

ジン:『見たことあるような・ないような~』

ラント:『寺刃ジンペイ‼』

会長・相変わらずのイケボでいらっしゃる‥✨

 
ジン:『え?』

ラント:『数々の強敵を倒してきた お前がそんなイヌごときに押されてどうする❗』

『他の者も聞け‼』

『私たちは、そこにいる宇宙からの侵略者と戦わなければならない❗』

『そのためにすべてを思い出すのだ❗』

カリスマの塊‼️

メラ:『ナニ言ってるのか分からねェけど‥』

フブキ:『ムネがくるしい‥』

ノズ:『コレはいったい‥』

九尾&チアキ:『ナニかが‥アタマの中にひっかかってる』

コマ:『ココまで出かかってるンだけど、』

マタ:『思い出せない~❗』

皆の反応を見たナユちゃん、
ナユ:『もう一押しかしら‥』

ラント:『くっ‥仕方あるまい‥❗』

記憶を取りもどす『カギ』とは?

おもむろに両手をあげるラント君。

🎵 ヤバいくらいに死ぬかもパーソン

ジンペイ:『ハッッ😱⁉️』

🎵 実際ワタクシ・生きてたパーソン・イェイ・カモン

さすが・会長、目的のためには手段を選ばない男

妖怪学園Yにおいてジンペイのラップって、何気にめっちゃ意味があったのですネ‥

生徒全員:『ええ~~~⁉』

※この『ええ~⁉』は、
『ああ・霧隠ラントという存在を思い出したけど、こういうコトする人だっけェ⁉』の『ええ~⁉』にしか思えないのですが。皆さん如何でしょうか。

ジン:『なんだ‥この大切なものを奪われたような悔しい感じは‥(涙)』

アイデンティティを取られた的な?😅

 
ジン:(あっ‥そうだ‥そうだった❗)

ジンペイのこれまでの記憶が走馬灯のように巡る… (例) 九尾先輩がバブってるところ・トグロス出現‥

息子:思い出す記憶・ソコォォ⁉

ジン:(思い出した❗ 全部・思い出したぞ❗)

(ラント会長・渾身のラップにより)ジンペイだけではなく・全てのYSPに関わるメンバーが記憶を取り戻すことができた。

記憶が戻ったところで、早速ジンペイが質問。『なんで会長、生きてたんだ?』

『それは…』と、ここでラント君の回想シーン。

💡 とある日。
ラント君が、薄暗い『美術室』に入ると‥少女が居た。

ラント:『キミは誰だ?』

今までの 来星ナユ ではなさそうだな。なぜ私を呼び出した?』

ナユ:『あなたは、この戦いのカギになる存在』

ナユ:『それゆえ、あなたは限りなく危険な状態にある』

『だから私は、あなたを守ろうと思います』

ラント:『なに?』

ナユ:『私は、あなたが敵視する宇宙人とはまた違う、勢力の宇宙人』

なんですと⁉以前クマ子ちゃんの行ってた伏線か⁉

 
ナユ:『私の星も、彼らに滅ぼされてしまいました』

ラント:『そんな話を、私が信用するとでも?』

すると、ナユちゃんはとんでもないことを告げる。

ナユ:『あなたは、このままだと数日後に死にます』

デタラメを言うな❗とうろたえるラントくんに、ナユちゃんは、

ナユ:『私には、少しだけ未来を見るチカラがあります‥信じてください』

そこに、ラント君そっくりのラント君が現れる。

ナユ:『私は、あなたの影武者を用意しました。』

『エルゼメキアの使ったアンドロイドと同じテクノロジーによるものです』

💡 今まで『私たちが見ていたナユちゃん』は、エルゼがコントロールした『ナユ・アンドロイド』だったワケですね。オリジナルのナユちゃんは別に存在していた、と?

ナユ:『あなたの脳波で操り、変身ですらも再現可能です』

~~ 回想おわり ~~

コマ:『そうか❗ あの時ヤられたのは、アンドロイドのほうのラント君だったんだ‼』

メンバーにウォッチが❗

ラント:『今は長話をしているヒマはないぞ❗』

ジン:『そうだ、アイツらをどうにかしなきゃ❗』

メラ:『地球がヤバいことになる‥』
チアキ:『冗談じゃないっしょ』
ノズ:『こんなところで終われるかよ』

九尾:『ウォッチがなくても戦うぞ❗』

そうだった、みんなウォッチ無いんですよね😂

 
クウカ:『みんな❗ ウォッチはココよ‼』

すると、ガケの上からバラバラとウォッチが落ちてくる。

クウカ:『チアキ君・三又義君、バイパーコネクターの2個目を作っておいたわ❗』

クウカ:『2人とも同時に変身が可能よ‼』

クウカちゃん有能杉😂

 
クウカちゃんは、ラント君に手をとってもらい、ガケを登っていた。

ラント君のもとにたどり着いたクウカちゃん。

泣きながら、『ラント君‥はい、これ』ラント君にAウォッチを渡す。

『‥ウチ、信じてた』

うむ、と受け取るラント君。まるで夫婦のよう。

メラ:『なんかオレたちのウォッチと扱い違くねぇか❗😠』

さっきYSPウォッチ、崖上からバラまいてたもんね😂

YSPメンバー全員が短縮ver.で変身する。

ザ・バイパーの通常変身シーンは、今回初ですね😄

 
マタロウ君は、変身シーンを一挙に見れて感動する。

ヒーローたちを見てマタロウ君は思う、

マタ:(このとき、ボクも変身できたらなァ‥)

おおっ、ふくせん!!!!!🤗

かっこん、マタロウ君に期待してます❗

『ジンペイくん、コレを❗』とクウカちゃんが投げてよこしたのは、3枚の変身メダル‥『紅丸・ワイルドボーイ・ブルームーン』。

『その3つのメダルを連続してウォッチに入れて、変身するのよ❗』

ジン:『そんなことができるのか⁉』

息子:3枚も連続して入れて大丈夫なのか⁉(心配している)

クウカ:『そのURウォッチは、今までのものとは比べ物にならないくらいに高いパワーを持っているの』

クウカ:『それなら3枚のメダルを使って、ミケッティオと融合変身できるかもしれない❗』

(ナニするつもりだ?と心配そうなミケ/笑)

アースウォーカー誕生❗

『そうか❗・それなら‥』とジンペイは早速、変身メダルをURウォッチに3枚連続で入れると、ウォッチから閃光が‥

ミケ:(な・なんだ⁉ この吸い込まれそうな感じは‥⁉)

ミケ:『好きにさせるか‼ 』
ミケは渾身のチカラをこめ、首輪を外してしまう。

ミケ:『まずはオマエからシね‼ ×2
マタ:『2回言ったァァァァ‼』

日野神、ココめっちゃ好きです

 
ミケッティオがジンペイに飛びかかったタイミングで、URウォッチが起動。

するとミケッティオの意に反して、3色‥3体の猫妖怪がジンペイに積極的に取り込まれ‥、

『どうでもイイけど、アースウォーカー』

ラント:『兵士モドキは私たちに任せろ❗ オマエはボス犬を倒せ❗』
早速・アースウォーカーに指示する会長。さすが会長。

アース:『ああ?‥オレさ、指図されンのが』

『‥キライなんだよね❗』

アースウォーカーは、コマくんの技メダル『ビックチャレンジ|⭐️2』をURウォッチに入れて、自分の技メダル『ローラーダッシュ|⭐️4』に変換した。

ローラースケートで移動しながら、ヨーヨーを操り、アッサリと兵士モドキ(ロボットだった)を倒してしまうアースウォーカー。

アース:『オイ、そこの❗ オレが誰と戦うか?はオレが決める。覚えときな』

『特別に1人1体ずつ、お楽しみを残しておいたから‥、』

『モブの皆さん、せいぜい・ガンバッテ✨』

獅子王:『ワシらがモブゥ⁉』

※モブとは‥『群衆』大勢の中の1人、ザコ的な存在ということ

エルゼメキアは『ふ~ん✨』と、楽しそうにアースウォーカーを眺めている。

ピットブルの前に『お待たせちゃん✨』と現れたアースウォーカー、

アースウォーカー:『じゃ・始めよっか⭐️』

かっこんの感想

💡 ウィスパーについて

ウィスパーなのか⁉

さすが妖怪ウォッチ界のネズミ男‥確かにウィスならば、どんなことが起きようとしぶとく生き残っているハズ‥。

シャドウサイドでも『エンマの手伝い役』でしたし、そうなれば・今作でも‥⁉

楽しみすぎます‼️

 

💡 霧隠ラント(回想) について
37話はOP曲が無く、本編からスタートしました。そのため、本編中でスタッフクレジットが入ったワケですが‥

この演出、ウマい‼

ラント君、回想なの⁉
息子:やっぱり出ないんだネ‥😰

‥まさか、今週の復活があるとは思いもせず。

日野神の計算なのでしょうね、細かなトコロでスゴい😳

💡 ナユちゃんについて
昔、クマ子ちゃんが言ってましたネ‥『イイ宇宙人もいるハズだ』と。

それが伏線となり、良い宇宙人がまさかのナユちゃんだったとは‥

エルゼメキアが『ナユちゃんをモデルとして』彼女のアンドロイドを作った‥ということは、2人は何か因縁があるのかな?声も同じですしネ。

💡 ミケッティオについて
最凶の極悪妖怪が、アッサリと融合しちゃって良いのか⁉

ミケとは、まだまだ波乱がないと納得できぬ

 
‥ということで、今週は以上です😃

こちらの『あらすじ』もどうぞ

💡 登場人物&組織相関図を作成しました😃
💡 人物・組織ごとにキッチリ紹介しています

💡より深く知るなら こちらの詳細記事で❗

💡 現在グッズ通販できます

こちらの記事もどうぞ

Copyright© KAKKON.NET , 2020 All Rights Reserved.