【妖怪学園Y】第21話あらすじ感想‥エンマ大王が初登場❗この世界とどう繋がる⁉

2020-05-30

妖怪学園Yの第21話、ついにエンマ大王が登場しました❗

今週は、後半からエンマ大王の語りによって怒涛のストーリー展開をするので『良くワカラなかった😂』という方、大勢いらっしゃると思います。

私のことです🤗

‥ということで、今回のこの記事でキッチリと振りかえってください🔎

マタロウ君のエピソードも、何か伏線の可能性があるので‥キッチリ詳細を収めております

😈 エマちゃんの夢

ナオキマン:『霊界と呼ばれている場所は、別の場所にあるワケではなく、別のチャンネルにある』

『生まれ変わる=元のチャンネルに戻ってくるということ』

『チャンネルが変わる時、以前の記憶は無くすのが普通だが、前のチャンネルの記憶を思い出す人もいるようだ‥』

毎日、夢の中で『金髪の男』から声をかけられるエマちゃん。

???:『目覚めよ、時が満ちようとしている‥待ちくたびれたぜ』

『金髪さん』のことがあまりにも気になったエマちゃんは、YSPクラブに相談する。

😈 エマちゃんが見た夢の内容は?

『ひょっとしてエマさんの前世かも‥』というマタロウ。

💡 今までエマちゃんが見た『夢の内容』は?
① 崩れた城のような場所で、大きなケモノのようなバケモノと戦っていた。
敵は何度も攻撃してくるが、金髪さんは余裕なカンジで防ぐ。最後は吹き飛ばして、金髪さんの大勝利。

映画『5つの物語だニャン』で、終盤にエンマがぬらねいらと戦ったときのハナシだね😃

 
② 王宮のような場所で、金髪さんは玉座に座っていて、そばに銀色の髪の人が立っている。

ぬらりひょんだ❗

やがて音楽がかかり、2人は踊りはじめ‥

ということは、コレは‥

最初はイヤイヤだったけれど、ノリノリで踊っていた。

映画『ダブル世界の大冒険』の実写パートですね😳

ジンペイの推察➡『スゴい必殺技を使う、踊れる王様』

‥というわけで、
エマちゃんの前世を探るべく
『ゼンゼン前世解明部』の前野ゼンくんを訪ねることにした、一行。

😈 マタロウくんの前世

まず・手始めに、前野部長によってマタロウくんの前世を見ることに。

マタロウくんは、遥か昔‥どこかのタマネギ農家の息子『又三郎』だった。
父親から、『人生はタマタマなんてない、努力しろ』と言い聞かされ育った又三郎。

父親が亡き後、彼は1人で広大なタマネギ畑を背負うことになった。

彼は『大地主』に対抗すべく、仲間たちとコツコツとタマネギの品種改良を重ね、ついに理想のタマネギ種の開発に成功した。

ところが‥その年はまれに見る『大干ばつ』。

『これまでか‥』と諦めかけると、付近に隕石が落ちて、大量の水が湧きだした。
そのおかげで、タマネギの生育は大成功する。

『たまたま落ちてきた石で、救われるなんて‥タマタマも良いもんだ。』

『考えてみれば、この時代に産まれたのもたまたまだ。ひょっとして、生きるってことは空から岩がふってくるくらい、たまたまなのかもな‥』

成程・そおだねぇ‥😄

 
すると、突如・とんでもなく巨大な隕石が又三郎を襲い‥ここで終了。泣くマタロウ君。

オチが無いんですが・いいのか😱

彼の話、これは何かの前フリなのか‥?

😈 エマちゃんの前世を探る‥

つづいて、エマちゃんの前世をみることに。
前野部長がエマちゃんに『催眠』をかけようとすると、『赤いオーラの男』が全力で阻止してくる。

『どうして前世が見れないのか⁉』とショックを受け、負のオーラを放つ前野部長。

そこにすかさず、臼見沢先生が(ずっとソコに居たンですねィ)髪の毛を飛ばしてきて‥
シャドウサイド化『ゼンセーライセー』。

リトルコマンダーの新必殺技『無重力ハンド』のチカラもあり、無事に倒す。

結局のところ、エマちゃんの前世はつかめなかった。

が、エマちゃんは一瞬だけ『金髪さん』の意識とシンクロして、なんだか安心したのだという。

エマ:『金髪さんは、私を見守っている・守護霊のような存在なのかも‥私に『受け入れる準備』ができたということなのかも😊』

するとメダルが出現‥
ミステリアル『本当にあった前世の話(⭐️3)』と技メダル『ダブルアタック(リトルコマンダー)』『虚影の太刀(紅丸)』。

今回も、ブルポンが当然のようにミルテリアルメダルを食べて、立ち去る。

😈 学園長の前に現れたのは‥?

学園長室を現れたエマちゃん。
‥なんだか、いつもと雰囲気が違います。

すると、エマちゃんから赤いオーラが出現し‥

学園長:『おまえは‥』

『久しぶりだな、じいちゃん』
エンマ大王になりました。

エンマ大王は、青年の姿ですね

 
学園長:『おお‥やはりお前か。エマのカラダに宿っておったとは』

『最初は、お前はエマに転生したと思っておったが‥本質が違うと感じておった』

学園長‥先代エンマ大王は、気付いていたようです

といいますか、
学園長ってそのまんま・先代エンマだったんですね⁉

エンマ大王のこれまでの経緯

エンマ大王により、状況説明がはじまります。

エンマ:『オレたちの世界‥妖魔界は、空から来たヤツらに滅ぼされてしまった』

『そのときオレは、生体エネルギーが極めて弱くなり‥さまよった末に、エマのカラダに行きついた』

エマちゃんに宿ったのは、計算ではなく・行きついた先だったワケですね

 
『エマから少しづつ生体エネルギーをもらうことで、ようやく姿を現せるようになった』

ヤツらは、人間界への浸食も始めている』

『(オレはまだ)完全回復はしていないが、こうして話せるようになったことで、反撃のチャンスがうかがえるようになった』

『ぬらりも、オレと同じように誰かのカラダの中で眠っているハズだ』

学園長:『おお・それは朗報だな(棒読み)』

言うほど朗報かね?😊

 
エンマ:『娘を可愛がり過ぎて、オレたちのことを忘れないでくれよ?』

😈 極悪妖怪‥ミケッティオの存在

エンマ:『敵が持っているチカラは絶大だ』

『コチラの妖怪のチカラを無効化されてしまう‥このまま戦っても、負けるだけだ』

『ヤツらと戦うには『ミケッティオ』のチカラが要る』

学園長:『最強・最悪の妖怪‥ミケッティオ』
極悪ランキング、100年連続1位。
空亡と並ぶ、妖魔界の問題児‥とのこと。

(参考図で)空亡だ‼

 
エンマ:『妖魔界が襲撃されたとき‥

ミケッティオが封印されていた『無限牢獄』が破壊されてしまった』

その時、ミケッティオの魂は『赤・青・黄』3色の猫妖怪に分かれて、人間界に飛ばされたという。

学園長:『リスキーではあるが‥空亡と同等レベルのミケッティオのチカラなら、侵略者たちを撃退できるやもしれぬ』

エンマ:『そういうことだ、じいちゃん・それでは早速、作戦会議を‥』

すると、苦しそうに倒れ込むエンマ大王。

そのオーラは、エマちゃんにうつる。

まだエンマ大王の『生体エネルギー』は全く足りない、ということですね。
21話は、これにて終了。

かっこんの考察

この妖怪学園Yの世界で『空亡が存在していた(過去形?)』ということは‥私の中で、かなり大きなできごとです。

『空亡が存在する』ということは、
『鬼族が、妖魔界を苦しめた世界が存在している』
ということは⬇️
妖怪学園Yは、シャドウサイドと続いている世界…と言えるんですよ😊

‥ということは、どこかにカイラがいるんですよ😁
(カイラ‥なぜ・私はこんなにもカイラ再登場を望むのだ‥自分でも謎)

ぬらりの転生先も気になるんですけどねェ、

やはり、ラントくんがカイラの転生先というのは‥諦めないですよ・私は‥

…と・余談はこのくらいにして、

ミケッティオの封印されていた魂は、
三色それぞれ、エンマ大王によって、Yサークルで封印され直していた…ということですね。

ブルポン=ブルームーンが登場することにより、ミケッティオが出現するのでしょうか?

もうちょっと待って‼️もっとじっくり楽しみたいっス😂

今後の展開、注目です。

こちらの『あらすじ』もどうぞ

💡 人物ごとに紹介しています

💡より深く知るなら こちらの詳細記事で❗

こちらの記事もどうぞ

Copyright© KAKKON.NET , 2020 All Rights Reserved.