【あらすじ😈妖怪学園Y】第26話感想‥クマ子ちゃんが美少女転校生クウカとして復活⁉

2020-07-05

第26話「美少女転校生 七雲クウカの事情」‥今回は、クマ子ちゃんによるラント愛回だったので、丁寧にあらすじ感想させて頂きます❗

クマ子ちゃんカワイすぎる‥

では、まいります😃

謎の美少女、クウカ

Y学園に『謎の美少女』が転校してきて、学園中が朝から騒然となる。

転校生とYSPメンバーは顔を合わせるが、どことなく彼女は『挙動不審』である。

彼女の名前は『七雲 クウカ』
『2-A』ラントくんのクラスに配属された。

クウカ:『ラントくん‥』
彼女はなぜか、ラントくんを気にする。

さて、そんな彼女を気にする軍団が登場。敬称略

  1. 美少女研究クラブ『早乙女ノゾム(CV.とーま)』
  2. 地下アイドル応援クラブ『トサカ丸(CV.虫眼鏡(東海オンエア)』
  3. 転校生研究クラブ『日夜トモキ(CV.さとちん)』
  4. 業界人クラブ『福P(CV.レオンチャンネル)』
とーまさん、声がいつもとちがう(笑)|虫眼鏡さん・声優さん並のイケボですね❗|さとちんさん、味がしっかり出てる‼|レオンチャンネルさんは美味しいトコ持っていかれましたね‥(笑)

 
クウカちゃんにメロメロなマタロウ君。

ジンペイは『マタロウ君が校内案内をしてあげたがっている』と分かると、強引にクウカちゃんの元に引きずって行き、マタロウくんに誘わせる。

・・・が、クウカちゃんはマタロウ君の誘いを断る。

その直後、ラント君の元に行くクウカちゃん。
クウカ:『学園内のことを教えて欲しいんだけど、案内してもらえるかな?』

ラント:『いいだろう。これも生徒会長の務めだ』

マタ:やっぱり顔か⁉ 顔なのか〜‼️

(全視聴者)だよ

クウカ=クマ子ちゃん‥その努力

ラント君と2人きり、校内案内してもらうクウカちゃん。

クウカ:(ラント君‥やっと会えた。ウチ 頑張ったんだよ)

そこでクウカちゃんの心情が描写されるが‥早速、彼女がクマ子ちゃんであると明かされる。

思ったよりネタバレ早い!!!!

 
Y学園を退学となったクマ子ちゃんは、
再び学園に戻り、ラント君を助けるため‥すさまじい努力をしていた。

必死に運動して➡ オリジナルのダイエットマシンを作りだし➡ 脂肪を全て燃やし‥、
クウカ:『身長も伸びた‼️(前回比2倍)』

身長も努力で😅⁉

 
別人のルックスに生まれ変わったクマ子ちゃんは、七雲クウカとしてY学園に戻ってきた‥ということだった。

クウカ:(来星ナユたち(風紀委員)に、ウチがクマ子だってバレちゃダメなんだ‥)

なのだが、乙女なクマ子ちゃんは、
『ラント君にだけは、自分であると伝わって欲しい』と思ってしまう。

副田チヨちゃん、動く

ここから、小学生時代のクマ子ちゃん&ラント君のエピソードが続くのですが、

クマ子ちゃん・カワイイ~‼️😊

2人とも同じ小学校だったんですね🤔

小学校時代には余裕だったのに、『鬼盛バーガー』を食べきれないクウカちゃん。体質が変わり・少食になってしまっていた。

彼女の残したバーガーを全て食べきるラント君。
『初対面のクラスメイトの食べ残しを食べちゃう』ラント君がちょっとショックだった方、分かります😅

食べ残しの悪を気にするのか‥(笑)

 
一方で、風紀タワー。
ナユちゃんは、副委員長『副田チヨ』の報告により、クウカちゃんの存在を認識した。

チヨちゃんは、マインドコントロールの邪魔になりかねるから『転校生を処理』するという。

いまいちヤル気が無いナユちゃんにイラつく、チヨちゃん。

チヨ:『あのお方の評価を受けるのが私になっても、恨まないでくださいね』

彼女、宇宙人として話をしているようですね‥

『あのお方』とは誰なんだろう?

相合傘の距離とは‥🤔

クマ子ちゃんの小学生時代の回想シーン。

ラント君とクマ子ちゃんは、2人で雨宿りしていた。

相合傘をすると、ラント君の肩が濡れている。

クマ:(ラント君の肩幅は31.9cm、ウチのハラ幅は35cmで‥)
ラントくんの肩幅を超える、クマ子ちゃんのハラ幅!!!!

ぴったり寄り添えば『ラント君の肩は濡れない』のに、ラント君は(傘の下で)クマ子ちゃんと距離をとる。

それを寂しく思うクマ子ちゃんだった。
雨があがると、幸運のダブルレインボーが🌈

💡 さて、回想シーンが終わり‥
ラント君の傘で、相合傘をする2人。

クウカちゃんは気付く‥
ラント君の肩が濡れていないことに。

クウカ:(すごく近い‥これって、今の姿なら・そばに居てもいい‥ってことだよね)

クウカ:(嬉しいことだよね‥でもなんだか胸が痛いよ‥)

すると、そこにYSPメンバーが。
メラの傘の中に、強引にギュウギュウ入っている。

フブキちゃんがぴったりとメラ先輩にくっつく‥『この状態をイヤがらないってことは、メラ先輩・私のことスキでしょ😁?

‥するとメラが言う。

メラ:『男ゴコロが分かってねェな‥たとえばあの2人』
ラント君たちを指さす。

メラ:『あの距離で歩けるってことは、全然・オンナを意識してないって証拠』

メラ:『オトコってのはなァ、気になっているオンナほど・意識して近付けないってもんなんだよ』

テレワーク中のかっこん主人:そー言われてみれば そーなのかも🤔

(テレワークしててくれ)

ラント君は、クマ子ちゃんを女性として意識していたと‥😊

クウカちゃん新ウォッチ登場

現状に辛くなったクウカちゃん。
クウカ:『もう辞めよう‥ラント君はウチに全然・気づいてくれない‥』

いや・気付かれないほうがホントは良いよね😅

(相変わらずのド天然だなぁ‥😅)

クウカ:『ラント君の中に、ウチとの思い出は残ってないんだ』

クウカちゃんはラント君から離れ、校舎の陰で1人泣いていると‥

そこに出現したのは、風紀委員会副委員長の副田チヨちゃん。

チヨ:『あなたを確保します』

風紀委員、横暴‼😂

チヨちゃんのただならぬ気配に、彼女がエイリアンに操られていると気付いたクウカちゃん。

こういうトコロはさすが有能😊

 
クウカちゃんはエイリアンウォッチに似た、見たことが無いウォッチを装着する。

クウカ:『人間に乗り移ったエイリアンを外に出す装置‥エイリアンスペクトルバキューム
操作方法はAウォッチと同じようです。

ウォッチをチヨちゃんに向けると、チヨちゃんに寄生していたエイリアンが飛び出す。

すると、『クウカちゃんがウォッチにエイリアンを吸い込もうとしている』現場を見たラント君。

ラント君が来たことで集中力が切れたクウカちゃん、エイリアンを取り逃がし‥そのエイリアンは近くに居た野良犬に憑依する。

ラント君はミストシャドウに変身し、倒すとメダル化『エイリアン副委員長⭐️4』と『彗星ランス⭐️3|技メダル』

クウカ:『なんでムチャしてまで助けてくれたの?』

ラント:『きみは‥どこか昔の知り合いに似ている』

???:『どーゆーコト~?』

ナユちゃんが登場。
クウカちゃんのウォッチを気にする。

クウカちゃんは速攻で、ナユちゃんにも『エイリアンスペクトルバキューム』を使うが‥

ナユ:『あれれぇ?吸いだせないみたいねぇ』

すると急に、マタロウくんがクウカちゃんを探す大声が響き渡る。

騒がしいから行くね‥とナユちゃんは退場する。💡 意識を取り戻したチヨちゃんには、操られていたときの記憶がないようだ。

クウカちゃん、生徒会加入

Y学園の屋上にて。
ラント君がクウカちゃんから事情を聞いている。

クウカちゃんは『エイリアンスペクトルバキューム』を偶然ひろった‥という。

クウカ:『そしてコレは、なぜか 私にしか使えないの』

クウカ:『私も エイリアンを倒したい』
ラント:『なぜだ』
クウカ:『今は まだ言えない‥』

『でもお願い❗ 私を生徒会に入れて』

ラント君は一瞬 考えたのち、
ラント:『分かった。だが さっきのように1人で勝手に行動するな』

ラント君は言い残して、立ち去る。

すると、空にダブルレインボーが現れる。
クウカ:(一緒に見たこと、忘れてるよね‥それでもいい)

(どんな姿でも、どんなカタチでもウチはラント君のそばにいて、ラント君と一緒に戦うよ)

(幸せを呼ぶ虹‥あなたはあのときも今も、何も運んできてはくれなかった※)

クウカ:(でもウチ、自分の幸せは自分で呼び込むよ‥❗)

クウカちゃんから離れた場で、
ラント君:(ダブルレインボーか‥昔と変わらない美しさだったな‥

ラスト、ラント君のあとを追いかけるクウカちゃんだった。

また一緒に居られるね😄

※『あなたはあのときも今も、何も運んできてはくれなかった』‥意味ありげなフレーズですよね。じつは・そんなことは無くて、クマ子ちゃんが気づけていないだけだ、ということなのでしょうか🤔

最後にひとこと‥

もう再びクマ子ちゃんを見ることはできないんですか⁉

日野神、スタッフ様‥お願いいたします、最後の最後で良いですから・クマ子ちゃんを復活させてくださいィィィ😂

こちらの『あらすじ』もどうぞ

💡 人物ごとに紹介しています

💡より深く知るなら こちらの詳細記事で❗

こちらの記事もどうぞ

Copyright© KAKKON.NET , 2020 All Rights Reserved.