【あらすじ😈妖怪学園Y】第41話感想‥ガッコウガーY VS巨大エルゼメキア⁉【覚醒チアキ先輩✨】

2020-10-16

アニメ妖怪学園Y‥第41話「大決戦!Yは地球を救う」あらすじ感想いたします。

イヌー特命隊、登場

宇宙に浮かぶ、NのUFO。
マゼラ:『まだ地球は手に入らないのか‥』

『わたしの刻は、満ちようとしているのである。エルゼメキアよ‥』

先週から引き続き、スゴい数の宇宙人に取り囲まれているジンペイたち。

ジンペイ:『どんだけいたって、全部まとめて飛ばしてやる❗』

ポジティブ😇

 
エルゼメキア:『UFOたん、あの子たちも ちょうだいな✨』

するとUFOから誰か送り出されたようだ‥

??:『地球の皆さん、お待たせしました』

降り立ったのは5体の犬型宇宙人。

  1. リーダー➡プーちゃん
  2. パワー担当➡トサン
  3. スピード担当➡ハスキアン
  4. ドジっ子担当➡アキコ
  5. 無口なナゾキャラ担当➡ドルルー

みんなそろって イヌー特命隊

息子:コレ元ネタあるんでしょ?🤔
ああ、それはね‥🥛

※こういう時、非オタママさんはどうされていらっしゃるのか

エルゼメキアいわく、この犬型女子5人衆は、ドーベルやピットブルよりも強いとのこと。

この見た目&雰囲気でドーベルよりも強い?😅

 
チアキ:『あいつらの姿、どこかで‥』
チアキ先輩は、彼女たちに見覚えがあるようだ。

あっっ、そういえばあの時の‥😳

チアキ:『あのさァ、アンタらと僕・どこかで会ったことある?』

プー:『はて? お会いしましたか?』

大事なメダルを落とす

エルゼメキアに『早くやっちゃって』と急かされ、『イヌー特命隊』が戦闘を開始しようとする。

ジンペイ:『エマを連れて、離れてろ』
マタロウ君は エマちゃん&ウースケと一緒に、近くの茂みに非難する。

ジンペイ達もすぐに変身。

するとジンペイが変身する直前で、ポケットからメダルが落ちる。

色からして ノーマルメダルだな

 
エマちゃんは、ジンペイが落としたメダルに注目。

エマちゃんは 慌ててそのメダルを拾って‥

エマ:『ジンペイさん、大事なメダルを落としてます❗😠』

ジンペイが落としたメダルは、
マタロウ:『宮沢さんの召喚メダル⁉』

エマ:(届けなきゃ、このメダルをジンペイさんに‥‼)

全視聴者:ぜんぜんイラナイよ😂⁉

マタロウ:『いやいやいや そのメダル、今いらないから⁉』

全視聴者:今じゃなくて ずっとイラナイよ😂⁉

 
ジンペイに駆け寄ろうとしたエマちゃん、ドジっ子属性を発揮して、

石につまづいてジンペイに突っ込んでしまう。

そのタイミングで、ジンペイがアースウォーカーに変身して、

エマちゃんと融合合体⁉😳

(このノリ、ボーボボを思い出すなァ)
 
ところが変身後のアースウォーカーの外見は、いつもと変わらないようだ。

マタロウ:『あれ?エマさんはどこに?』

エマ in アースウォーカー

YSPメンバーたちは、それぞれ『イヌー特命隊』に苦戦している。確実に敵のパワーのほうが有利だ。

エルゼメキアの前に現れた アースウォーカー‥頭の上には、いつの間にかウースケが乗っかっている。

エルゼメキアは(いつも通り)好戦的に、アースウォーカーに攻撃してくる。

エルゼメキアが向かってくる映像を眺めているのは、
エマ:『えっ?どうなってるの?』

エマちゃんが『アースウォーカーの中』から、アースウォーカーの視界を見ている。

エマ:『ここは いったい‥?』

気付くと、すぐ傍らでパイロットスーツを来たジンペイが、アースウォーカーを操作している(笑)

HEROってそーゆー構造だったんですか😳

 
エマちゃんが声をかけると、驚くジンペイ。
『もしかして、一緒にアースウォーカーん中、入っちゃったのか⁉』

(ドジっ子属性を発揮しまくる)エマちゃんが足を引っぱるせいで、実力が出せないアースウォーカー。

エマちゃんのせいで、エルゼメキアに吹っ飛ばされてしまう。

ジンペイ:『ああ ヤベ・これピンチかも‥』

珍しく弱気だな😅

 
すると、ジンペイが何か落ちているモノを発見する。見てみると、
『Y学園 高等部』のパンフレット。

内容を確認すると、高等部の女子高生が多数掲載されており‥『熟女』のチカラによって、アースウォーカーは全力を出すことができた。

ジンペイにとって熟女のハードル低すぎ‥そして・さすがに、エマちゃん怒るでしょ?😅

※この光景を目前にしたエマちゃんの反応は、ラストにて。

エンマ大王、出現

アースウォーカーが技メダルを使おうとすると、
エルゼメキアは『ジェル状の物質』をアースウォーカーにくっつけて、技メダルが取り出せなくなってしまう。これでは必殺技が使えない。

困ったジンペイは『オーケー ハルヒコ❗』

おおっ、使いこなしてるネ

 
臼見沢『ウィッス・どんな情報をお求めですか?』

ジンペイが相談すると、
臼見沢『さぁ、どうすればいいでしょうねェ‥』

『しかし、エマさんの中に眠る あの方なら、何か教えてくださるかもしれません』

ジンペイ:『あのお方?』

おおっ、ってことは⁉😄

 
すると、エマちゃんから赤いオーラが出現、カタチとなって‥エンマ大王が出現した。

ジンペイ:『あ❗オマエ・エマの金髪さん⁉』

その間にも、エルゼメキアの攻撃は続いている。

ジンペイ:『くっそ~、どうやってアイツと戦えばイイんだよ⁉』

エンマ:『アースウォーカーは、全てのワザを使える。たとえ、他の者が持っているメダルの技でも、な』

ジンペイ:『マジで⁉😳』

エンマ:『マジで😄。』

今週のラントくんは瞬殺

獅子王が 怪力トサンを相手に技メダルを使おうとすると、アースウォーカーがそのメダルを奪ってしまった。

そのメダルを『バージョンアップ』して『アルティメット百獣ナックル』に変化。

ジンペイ:『いいじゃん・いいんじゃん、この技❗』

この様子をながめ、エンマ大王は満足げにエマちゃんの中に戻っていった。意識を取り戻すエマちゃん。

アースウォーカーはエルゼメキアを相手に、調子よく戦っていたが‥またもやエマちゃんがドジっ子を発揮して、エルゼメキアの攻撃をモロに受けてしまう。

アースウォーカーの変身がとけ、ジンペイとエマちゃんが出現した。

エルゼメキア:『カッコわる~い✨ 今日のカラフルにゃんちゃん、よわよわだったネ~😊』

カラフルにゃんちゃんってワードかわいい😊

 
エルゼメキアはジンペイたちにトドメを刺そうとせずに、どこかに行ってしまう。

さてさて。
イヌー特命隊たちに大苦戦していたYSPメンバーだったが、それぞれが工夫して戦うことで相手を倒すことに成功していた(特戦隊はドルルーのみ残っている)。

いや・ナインテイルの理屈にはムリがあると思いますが‥(小声)

 
プー:『やれやれ‥みんな だらしない😑』

プー:『おや?まだ立ち上がれるチカラが残っているとは‥すばらしい耐久性です』

プーちゃんを相手にしていたDSギャラクシーとスカイスネーカーは倒されたが(今週のラントくんの影の薄さよ)、スカイスネーカー(チアキ先輩)が立ち上がっていた。

プー:『今のキミなら、あのときより イイ実験材料になってくれそうですね』

スカイ:『えっ⁉』

あの時 UFOで何があったのか?

プー:『さっきは トボけてすみません‥本当は、よ~く覚えていますよ、キミのこと』

スカイ:『やっぱ そうだったっしょ‥』

チアキ:(あの日、さらわれた宇宙船の中で‥)

『NのUFO』に拉致された チアキ先輩は、
(迷い込んだ先の部屋にあった)ポッドの中に入いた『プーちゃん』と、目が合っていたのだった。

プーちゃんは語る。
プー:『あの日は、地球の動物と 人間の遺伝子を掛け合わせた際‥』

『突然変異により生み出される『強力遺伝子』を 私たちのカラダに組み込む『実験』をしていたンですよ』

プー:『ヘビくんのチカラはいただけませんでしたが‥』

『他の子どもたちは ずいぶんと役に立ってもらいました。ありがとうございます』

その言葉に、体を震わせ怒りに燃えるスカイスネーカー。

スカイ:『お前ら‥オマエらが‥オマエらがァァァ‼』

すると、ドルルーがスカイスネーカーに『何か技を放った』ようで、スカイスネーカーはドルルーの技をくらってしまう。

気付くと チアキ先輩の姿で、

『ここは‥昔、ボクたちがライブしてた』‥想い出の広場に立っていた。

チアキ先輩、バンドメンバーと

ケンジ:『チアキ‥』
サトシ:『チアキ‥』
ミハル:『戻ってきてくれたんだね‥』

ケンジ:『オレたち、ずっと待っていたんだぜ』

チアキ先輩の足元に、無残な姿に変えられたバンド仲間たちが居た。

チアキ:『ごめん、みんな‥ボク、みんなを置いて逃げた‥』

『あのときのボクは、無力で 何もできなかった‥』

チアキ:『けど、今は違う❗』

『ボクは異星人を‥アイツらを絶対に倒す‼』

ケンジ:『そういうの、もうイイよ‥』

チアキ:『えっ』

『異星人を倒したって‥こんな姿じゃ 音楽なんてできないし‥』

『なぁ、チアキ‥』『チアキ』『チアキくん』

ムゴすぎるよ😭

 
チアキ:『みんな ごめん・ごめん‼』
追い詰められたチアキ先輩。(そもそも・チアキ先輩があやまるハナシでもないのに、可哀そスギる‼)

どうしようもなくなったチアキ先輩の傍らに、アースウォーカーが現れる。

精神世界に侵入できるのは、ブルポンの能力ですね😃

チアキ先輩、覚醒

アース:『おいおい、ライブ・やらねェのかよ?』

『ンじゃ、コイツはもういらねェな』

チアキ:『えっ⁉』

『‥つうことで、ブッこわす』
アースウォーカーが、チアキ先輩のギターを叩き折ろうとすると、チアキ先輩がギターをかばう。

アース:『な~に・すんだよ?』

チアキ:『ソレはこっちのセリフっしょ‥』

アースウォーカーは不敵に微笑み、チアキ先輩の世界から消える。

チアキ:『もう二度と、異星人のヤツらにも誰にも』

『ボクたちの夢を、壊させない‼』

メンバー:『チアキ‥』
泣くことをやめたバンドメンバーたち。

彼らはチアキ先輩の言葉に、キメラ化が解けて 本来の姿を取り戻した。(※実態ではなく、精神世界でのハナシです)

その姿を見たチアキ先輩は、
『悔し涙』を流しつつ、

チアキ:『ボクは お前らのために、戦い続ける‼』
チアキ先輩は涙をふり払い、メンバー達のために笑顔で宣言した。

チアキ先輩、つよい😭

 
チアキ先輩のオーラと、バンドメンバーのオーラが一つに融合した‥

スカイスネーカー復活

💡 ドルルーはどうやら結界を張ってスカイスネーカーを閉じ込めていたようだ。

その結界をやぶり(あっ・スグそばでバイパーがブッ倒れている😅)、スカイスネーカーが出現した。

スカイスネーカーのオーラはこれまでにない迫力。

ヤマタノオロチですね❗

あれ?チアキ先輩ってオロチ‥?(今頃)

プー:『これはスゴい‥ドルルーのトラウマ世界を破ったんですか』

うわぁ、ヤだなその技~

 
スカイスネーカーの背後には、バンドメンバーがついている。

憑いている?(メンバーは、怨霊的な存在なのかな?)

スカイ:『みんな‥もう一度、オレとやってくれるのか?』(覚醒後『オレ』呼びになってます)

メンバーを顔を見渡してから、
スカイ:『OK😁 オレの‥いや・オレたちの…』

『スネーキーなビートをお届けするぜ❗』

スカイスネーカーは技メダルを取り出し、『フィニッシュスティング|⭐️3』を発動。ドルルーを一瞬で倒した。

つづいて、プーちゃんにも(ついでに)喰らわせると、プーちゃんも瞬殺してしまった。

『すごい‥』いつの間にか、メンバーが変身をといて集結している。全員無事だった。

アース:『やれやれ‥世話がやけるよなァ』

ノズ:『チアキ‥』

心配そうにするノーズに、チアキ先輩は👍で答える。安心してほほえむノーズ。

優しいなぁ、ノーズは‥😊

オキテ破りのメテオゴン

エルゼ:『もお、イヌー特命隊ってば・アッサリやられすぎ~』

たしかにアッサリでしたネ😅

 
『こうなったら、もっと強いコたち 呼んじゃうから~❗』

エルゼ:『メテオゴンたち、カモン❗』

メテオゴンて、映画のときの…

巨大なメテオゴンが2体出現した。
マタロウ:『あぁっ、あの時のメテオ怪獣❗』

あの時のメテオゴンて、宇宙人のシワザだったんですね>

(回想シーンでタベケンが居るような‥)
 

コレはガッゴウガーを(大金かけて)呼んでこないと‥😅

(‥とかっこんが言っているうちに、)

ガッコウガーYの右腕が飛んできた。
マタロウ:『アレはまさしく‥❗✨』

超久々、超校合体・ガッコウガーYが登場❗

誰が運転しているのか?というと、
クウカちゃん率いる生徒会メンバーだった(学園長の指示だそうな)。

布袋くん(スカウター)いわく、あんなに大勢いた宇宙人たちをすべて倒したのだという。

さっすが・クウカ&生徒会(有能)

 
形成が大逆転して、無邪気に喜ぶジンペイ。

その姿を見て、
エマ:(やっぱり、私・ジンペイさんのことが好き…だから・いつかきっと、ステキな熟女になって)

(ジンペイさんを 振り向かせてみせます☺️)

なんか分からないけどそんなに好きなのかエマちゃん・・

VS 巨大エルゼメキア

エルゼ:『は~い・喜ぶのはそこまで~✨』

ラント:『姿を見せろ❗』

エルゼ:『オーケ~✨』

空から降り立ったエルゼメキアは、ガッコウガーYと同じサイズだった。

ノーズ:『バケモノか‥』

👆今さら感

 
自由自在に動けるエルゼメキアに、ガッコウガーYが勝てるハズもなく‥ガッコウガーYはあっけなく倒されてしまう。

エルゼ:『さてと・もう降参しちゃったら?』
(※もとのサイズに戻ってます)

ジンペイ:『誰がするか❗ もう一度・アースウォーカーで勝負だ❗』

すると上空のNのUFOから声が‥

マゼラ:『もうよい、エルゼメキア』

『地球は、私が自ら手をくだすことに したのである。お前は 下がるのである』

突然の退場を命令されたエルゼメキアは感情を殺し、『‥わかりました』と消えてゆく。

焦土と化す、Y学園‥

ラント:『何をする気だ⁉』

NのUFOから強力なビームが 四方に発射され‥

マタロウ:『あぁ‥ボクたちの学校が‥』
Y学園がズタズタに破壊されていく。

※ガッコウガーYが出動している➡ 緊急事態なので、生徒たちは非難済みのはず

コマ:『なくなっちゃう‥』

ジンペイ:『やめろ~❗』

エマ:『誰か‥誰か助けて‥』

全視聴者:中の人、助けて

すると、エマちゃんから赤いオーラが出てきて、エンマ大王が出現‥それを見るウースケ(※エンマが見えている)。

エンマ大王が青い光を発し、そのエリアが広がっていくと‥ビームによる火災(被害が)が収まっていくようだ‥

・・・・・・・。

・・・・・・・。

マタロウ:『あっ・・・』

マタロウ君は、気付くと『教室の机』に突っ伏していたようだ。

マタ:『あれ? ボクたしか‥』

『ジンペイくん、コマくん?』‥廊下に出てみても、誰もいない。

マタ:『あっ・まさか、ボクは迷い込んでしまったのか?』

マタ:『パラレルワールドに❗』

この不安になる終わり方、良いですね‼️🤗
今週のEDは、侵略魔少女エルゼメキアの2番でした✨

かっこんの感想

まず最初に。
ジンペイ、なんで宮沢さんの召喚メダルをポケットに入れているのか。

💡 チアキ先輩の過去
チアキ先輩のUFO内でのできごとは、私もトラウマになっていました。あまりにもムゴく、感想を書くためにビデオを見直すのもキツかった😰

バンドメンバーたちは『イヌー特命隊に命を与えられてしまった』と確定しているので、彼らが復活することはないのですよね‥

でも今回41話で、彼らの魂が救済されたよとハッキリ描かれたので、救われた思いがします。何よりもチアキ先輩が救われた。

ラント君も気の毒ですがど、チアキ先輩も本当に可哀そうだったので・安心しました‥

💡 イヌー特命隊

ビックリするほど短命でしたネ

 
💡 メテオゴン
映画・妖怪学園Yのラスボス『隕石魔獣メテオゴン』が、マゼラの差し金だったとは‥。

回想シーンでタベケンを出してるあたり、

今週もムダに攻めましたねェ🤗

 
💡 ウースケ
今週のウースケの意味ありげな動きを見るに、

まさか・ウースケがぬらり⁉

‥と思ったのですが😅、次回予告を見るに違うようですね。

ぬらり、まだ引っ張るかァ‥

 
ちなみに『マンガ5』で
エンマ × ぬらりの食マンガが読めます‼是非✨
エンマの休日
第3話の『ラーメンこまじろう』で働く『コマさん』という設定スキです!!!(弟の店で雇ってもらってるとゆーのが、コマさんらしい。

今週は以上です😄

こちらの『あらすじ』もどうぞ

💡 登場人物&組織相関図を作成しました😃
💡 人物・組織ごとにキッチリ紹介しています

💡より深く知るなら こちらの詳細記事で❗

💡 現在グッズ通販できます

こちらの記事もどうぞ

Copyright© KAKKON.NET , 2020 All Rights Reserved.