【あらすじ😈妖怪学園Y】第51話感想 新生妖魔界が誕生する⁉【HERO3人が最終形態へ】

2021-01-09

第51話「死闘マゼラボルト! 地球は宇宙の塵となる」あらすじ感想いたします。

メイン校舎を守れ

エンマダイの秘密兵器、ガッコウガーENMAが、マゼラの最終形態(あくまで遠隔操作)『マゼラボルト』にアッサリと破壊されてしまった。

ジンペイ達が怯んでいる間に、マゼラボルトは学園長室のタワーがある『Y学園メイン校舎』へと向かっていく。

『校舎を破壊されてたまるか』、と‥
ジンペイとコマくんは変身し、
いつの間に打ち合わせをしたのか?二人で合体変身‥

リトルコマンダーAが鎧化して、アースウォーカーNOAに装着することで‥
『アースウォーカーNOAアーマード』
に変身し、マゼラボルトを追いかける。

ほかのYSPメンバーたちは、えんら先生の運転するバスで、メイン校舎へ向かう。

💡 メイン校舎前にて
全員がマゼラボルトに追いついた。

マゼラボルトと対峙するアースウォーカー(※NOAアーマードの表記は略します)

それを見て メラが助太刀したがるが、九尾に『足手まといになるだけだ』と止められる。

ラント:『君たちが協力できるチャンスはある‥ここは私が行こう』
アースに向かって駆けていくラント君。

メンバーは見送ることしかできない。
‥が、そんな中で一人‥

マタロウ君の葛藤①

マタロウ:『変身して僕も戦わなきゃ』
その横に、ティーダスの霊体が出現する。

ティーダス:『待て。まだその時ではない』

マタロウ:『でも❗』
『ジンペイくんが戦っているのに 黙ってみてられないよ❗』

ティーダス:『分からないのか? 戦いはタクティクスだ』

マタロウ:『えっ?』

ティーダス:『ここは 敵の手の内を見る チャンスなのだ』

マタロウ:『手の内を見るって・・・』

アースウォーカーはボルト相手に、思うように戦えていない。そこにラント君が到着し、DSギャラクシーに変身。加勢する。

ボルト;『では そろそろ攻撃に入るのである』

DS:『今までは 攻撃では無かったというのか?』

ボルトが『攻撃』を始めると、
アースウォーカー・DSギャラクシー2人ともに、ボルトに対しまったく手を出すことができない。

アースウォーカーが吹っ飛ばされると、胸の辺りから『不思議な光』が灯り、アースウォーカーを守護するような働きを見せた。アース:『なんだこれ?』

💡 学園長室で
エマちゃん、学園長、ぬらりが戦いを見つめるなか、エンマダイはスマホで『博士』に発射の準備を急かしている。

マタロウ君の葛藤②

さて、DSギャラクシーは‥
アイテムメダルで『ダークブレイド』を取り出し、
マゼラボルトの胸めがけ、背後から一突き‥することに成功したのだが、

ボルトの胸は『空洞化』し、ダメージを与えられない。
不意打ちをくらったボルトは『ムカついた』と、DSギャラクシーの首を締め上げる。

アースウォーカーが助けようとしても敵わない。締める力がどんどん強くなり‥

マタロウ:『もう我慢できない・変身する❗』

ティーダス:『まだだ、もう少しでヤツは奥の手を使う。そうなれば、敵の力を知り・有利に戦うことができる‥待つのだ、マタロウ

マタロウ:『いま行かないと、ラント君が❗』

ティーダス:『敵はただの生命体ではない‥宇宙規模の存在だ。ヘタな正義感は身を滅ぼす』

マタロウ:『でも・仲間を見殺しにはできない❗』

ティーダス:『見殺しではない、勝つための戦略だ。我々が勝たねば、アイツも犬死にとなるぞ』

マタロウ:『なんだよ、それ‥』

『こんなのが ヒーローなの?

 僕がなりたかった、ヒーローなの?』

マタロウ:『…ティーダス、僕は君の期待に応える戦士にはなれない』

『僕は、勝つために仲間を見殺しにするヒーローなんか、』

『なりたくないんだ‼』

よくぞ言った、マタロウ君😭‼

マタロウは、ティーダインに変身する。

ン?ティーダスの合意なしに変身できるのか⁉

ティーダス:『変身してしまったか‥しかし、まだ様子見と‥』

ティーダスが『ティーダインの動き』を制しようとすると‥、

マタロウ:『ティーダス、悪いけど君の好きにはさせられない』

『僕の体は、僕が動かす❗』
ティーダインは 光球をかかげ、力をこめる‥

マタロウ、覚醒

💡 マタロウ君の精神世界にて
マタロウ:(ティーダス、僕は僕なりのヒーローでいたいんだ‥僕が信じるヒーローで)

💡 ティーダスは、本来の大人の姿である
ティーダス:(ならば、お前が信じるヒーローとはなんだ?)

マタロウ:(仲間のピンチには、必ず駆けつける‥それが僕のヒーローだ)

(仲間が苦しんでいるところを 黙って見ているなんて)

(絶対にしないんだ‼)
マタロウ君の想いのパワーに、ティーダスは吹き飛ばされ、倒されてしまう。

ティーダス:(そうか、ついにそうなったのだな・マタロウ)

マタロウ:(えっ?)

ティーダス:(君は、私の意思の力に打ち勝つほどに成長した)

ティーダス:(君は 真のヒーローになったようだ)

マタロウ:(真のヒーロー?)

ティーダスはマタロウ君の前で跪き、頭を下げた。
ティーダス:(あなたの御心に従います 地球の真の戦士にして、我が主‥)

マタロウ:(ティーダス⁉)

ティーダスいわく、これがタイトロン流の上位戦士への敬意の示し方なのだという。

ティーダス:(さぁ、マタロウ。ともに仲間を救おう)

マタロウ:(うん❗😄)

💡 現実世界にて
ティーダインが力を開放すると、
『太陽の王者:ラストティーダイン
‥にフォームチェンジした。

ナユちゃんが言っていたのはコレか‥

マタロウ君の中にまだ眠っているチカラとは、ティーダスのチカラを100%引き出せていない‥ということだったのですね

ラストティーダインがボルトと戦ってみると、ソコソコの互角のようだ。

アースウォーカーの提案で、3人で連携攻撃を開始する。

ボルトはめんどくさい、とばかりに自らの星から『メテオ』を呼び寄せる。

エルゼの託したもの

DSギャラクシーがメテオに反応し、アイテムを召喚して『ゴリラガーダー』にフォームチェンジ。

燃え盛るメテオに突進し、メテオを抱え込むが、

ティーダイン:『だめだ、このままでは彼は死ぬ❗』
しかし・ボルトを相手にして、2人ともDSギャラクシーを助けに行けない。

灼熱のメテオに、悶絶するDSギャラクシー‥

すると、ラント君は目が覚める。

💡 花畑にて
ラント:『私はいったい‥』

全視聴者:天国っぽいけど‥😅

 
???:『やあ、気がついた?』
少女がのぞきこんできた。彼女は…エルゼ王女。

ラント:『エルゼメキア‥私は死んだのか?』

エルゼ:『どうかな?』

ここはどこだ?、というラント君の問いに、エルゼは『コーリー星の花畑』と答える。

雪と氷のコーリー星だが、1年に1度だけ花が咲く‥とのこと

ラント:『私は、勝ちたかった‥復讐の為ではない。皆を守り、お前が託したものを叶えたかった』

『 私の力不足だ 』

エルゼ:『そんなことないよ。あなたは私よりも、ずっと勇気があった』

『だから、私はあなたを信じたの』

ラント:『だが、私は‥』

エルゼ:『今こそ使うの。私があなたに託したものを』

ラント:『何?』

エルゼ:『この私・エルゼの力‥コーリーの力‥そして雪の巨神の力、私の体に蓄えてきたすべてのパワーを、あなたにあげる』

エルゼ:『戦って、ラント。あなたならできる』

エルゼから発したオーラが 剣のカタチをとり、ラント君の手に渡った。

エルゼ:『最後にひとつ、いいかな』
ラント:『ん?』

エルゼ:『私の本当の名前は、エルゼ。覚えておいて☺️』

ラント:『わかった』

エルゼ:『さぁ・最後の決戦よ。私にとって、あなたにとって‥』

エルゼの爽やかな笑顔に見送られ‥

最終兵器の存在

💡 現実世界にて
メテオを止める、DSギャラクシーの背に『エルゼから託された剣』が出現した。

DSギャラクシーは 体力・気力が復活したようで、剣をかまえてメテオに突きさすと、メテオは粉砕された。

剣は、粉々に散ってしまうが、
その粉を浴びたDSギャラクシーは
ディープシャドウ ゾディアック
‥にフォームチェンジした。

ゾディアライアっぽいデザイン😃

※エルゼの力が追加された、ということか

マタロウ:『これで3人とも 最強フォームになったんだね❗』

3人でマゼラボルトを囲む。
ティーダイン:『力を合わせて ヤツを討つんだ❗』

ボルト:『諦めの悪いヤツらである』

ボルトいわく、遠隔操作の自分を倒しても、
結局のところ『星である自分』が間近に迫っており、地球を喰らう運命に変わりはない。

マゼラ本体の中に蓄積されたスターエナジーを使えば銀河のひとつくらいは吹き飛ばせる

ボルト:『(それなのに)なぜ、恐れない?』

ボルトは、なぜかフブキちゃんの存在に注目する。

💡 回想シーン
えんら先生が運転していたバス車内にて。
メラたちは、ラント君の説明で『ボルトがリモートコントロールされている分身である』と理解する。

チアキ:『本体を倒せないんじゃ、どうしようもないっしょ』

フブキ:『いえ・倒せるわ』
フブキちゃんによると、ブラックホールを消滅させられる最終兵器の開発をしていたのだという。

博士にお願いしていたのは、ソレなんですね😳

💡 回想おわり
ボルトは察する。
『オマエたちがそうしていられるのも、その希望があるから なのであるな』

『では、それを破壊して‥』

『希望を 絶望に変えてやるのである』

マゼラボルトはフブキちゃんの思考を覗けるようで‥

ボルト:(なるほど(最終兵器は)地下にあるのか‥そして、入口はソコか)

フブキちゃんはボルトの考えを察し、兵器の設置場所がバレたと分かる。

YSPメンバー5人が変身し、Y研への入り口(ですよね)を守ろうとするが、向かってきたボルトにあっけなく倒されてしまう。

新生妖魔界⁉

マゼラボルトいわく、本体が近付くにつれて、分身の力が増す。つまり、どんどん強くなっていく。

フッとばされるアースウォーカーだが、
また『青い不思議な光』がアースウォーカーを守る。

ボルト:『そろそろ終わりにするのである』

アースウォーカーは、ボルトの渾身の一撃を受け止める。

先ほどまでと、明らかに違うチカラを身に付けたアースウォーカー。

『どうして変わったのか⁉』と不審がるボルトに、エンマダイの解説が入る。

エンマダイいわく、『アースウォーカーに無尽蔵なチカラの根源が生まれた』

かっこんの解釈(ナナメ読みでヨロシク)死滅させられた妖魔界の妖怪の魂が、転生ののちにY学園にあつまり、
さらにYSP能力者が鍛錬を積み、怨霊のパワーを次々と吸収することで、
『新生妖魔界』の復活に、必要な妖力を集めてきた。

そして、その『再生した新生妖魔界』から送られるパワーが今、アースウォーカーの力を増幅しているという。

ボルト:『世界を再生した、だと? どこにあるのだ?そんな世界が』

そこにアースウォーカーが割って入る。
『やっと理解できたよ、オレの中でくすぶる、でっかい何かの正体が‥』

『オレの中で、新たな世界が工事中』

なんと壮大な話なのか😳

 
アース:『んで、ソコにいる『ソコソコ強い妖怪の皆様方』がこのオレに、パワーを供給してくれている』

エンマ:『こんなことができるのは、時空を操る力を持つ妖怪、ミケッティオのみ』

(ブルームーンの能力ですネ)

 
エンマ:『オレはそれをYサークルに封じていたのだ、3つの存在に分けてな』

エンマいわく、3つの小さな存在だからこそ、マゼラは見過ごしていたのだという。

なるほど、そういう読みだったのですね‥

 
『それでも私を倒せるワケない』というボルトがアースウォーカーに赤い光球をぶつける。

まともにくらったアースウォーカーから、コマくんが分離される。

???:『あれ?なんか身軽になったみたいだな』

『だったら、こんな感じなんで‥オレの新フォームは ブラックキャット

ブラックキャット:『宇宙最強の猫ちゃんだニャオ✨』

今週のEDも『宇宙神秘ブギ』
そして赤き魔星ついに『1 WEEKS LEFT』

かっこんの感想

エルゼは 死の間際、
ラント君に 自分の精神のカケラを託していたのでしょうね。ココいちばんの時の隠し玉として、あの剣を渡したかったのかな?

まさか・彼女がDSギャラクシーの最終形態にからむとは‥

 
そして、

今回は、なんといっても

マタロウ君のシーンに感涙しました‥

以前、エルゼメキアにトドメをさそうとするラント君を、全力で止めようとして マタロウ君は自己嫌悪になっていましたよね。

でも・ようやく『自分の目指す真のヒーローとは何か』ハッキリと答えが出たのですね、マタロウ君・良かったよ‼

じいちゃんも喜んでるハズだ‼

 
アースウォーカー・DSギャラクシーと共に、マタロウ君がラスボスを囲む立場になるなんて、誰が想像できたでしょうか?この展開、アツすぎます。

次週、マタロウ君に最強の試練があるようで‥
どうなるのか‥マタロウ君がカラむと、私は涙なしで見る自信がありません😂

マゼラ編・ラスト、楽しみに待ちます❗

続きはこちら

こちらの『あらすじ』もどうぞ

💡 登場人物&組織相関図を作成しました😃
💡 人物・組織ごとにキッチリ紹介しています

💡より深く知るなら こちらの詳細記事で❗

💡 現在グッズ通販できます

こちらの記事もどうぞ

Copyright© KAKKON.NET , 2021 All Rights Reserved.