【あらすじ😈妖怪学園Y】第42話感想‥Y学園、月へ移動⁉ エンマ大王が初めてメンバーに語る

アニメ妖怪学園Y‥第42話「脳天直下サバイバル!漂流学園Y!!」あらすじ感想いたします😄

Y学園はどこにワープした?

前回から引続き。
教室で目覚めるマタロウ君。
マタ:『ここはパラレルワールド!?』
と驚いていると、それは夢で‥

目が覚めると、マタロウ君は部室にいた。

マタロウ君は推理する‥
『これはきっと、N星人の光線で』
『校舎だけが 別の場所に飛ばされてしまったに違いない❗』

まさに漂流学校 そのものじゃないか❗』
サバイバルパニック、キターと感激するマタロウ君。

ポジティブなヤツめ‥😅

 
マタロウ君が屋上に行ってみると、他のメンバーが全員そろっていた。

ラント:『どこかに何か、手がかりがあるハズだ❗』

さがしに行こう、と
みんなが屋上から立ち去るなか‥残った2人。

チアキ:『キミは行かないの?』

九尾:『ああ。ボクらがどこに飛ばされたのか、気になってね』

チアキ:『確かに、砂漠にしては空の色がフツウじゃないっしょ』
(※メンバーは砂漠にワープしてきたと思っていた)

‥というわけで、チアキ先輩&九尾は2人で調査に行くことに。

フシギな組み合わせだなぁ🙂

調布アンちゃん

さて・学園の購買では、生徒たちが『食べ物』をめぐって争いを起こしている。

そんな中で1人、泣いている女の子がいる。
アン:『もう食べるモノも無くなって、私・餓死しちゃうんだ‥』

彼女はジンペイのクラスの『調布アン』ちゃん(超不安)。かなり気弱な性格なのだという。

すると、何か黒いモヤモヤが出現。

生徒たちを包むと‥彼らは凶暴化してしまう。

『山田兄弟まで凶暴になってる❗』

超久々の登場がコレか😂⁉

 
アンちゃんは、ノーズからヤキソバパンを大量にもらうと泣き止んだ。

(ノズ、持ち歩いてるのか‥)

 
チアキ先輩&九尾は、
『学園を取り囲む『高い壁』を超えたら何か分かるハズ‥』と、2人で壁をのぼるつもりらしい。

黒い雲の正体は‥

💡 Y学園の校庭にて。
応援団長『桶狭間カンイチ』が、
ボディービルダー部長『怒野ランボー』君に、異常事態下の両グループの団結を求めようとしていると‥

アンちゃんから黒いモヤが出て、彼らを包むと、彼らも暴走してしまう。

💡 Y学園の校門にて。
閉じられた校門の前で『生徒たちがココから出せ』と騒いでいる。

その光景に、アンちゃんから・また黒いモヤが出ると‥生徒たちは暴徒と化してしまう。

マタロウ君はフト気付き、
コナッポインに覚醒。
『生徒たちが異常になるとき、必ず2つのことが起きていました✨』

『まず1つ目は、黒いどんよりとした雲❗』

『この雲が、生徒たちの不安を増幅させていたのです✨』

『そして、この雲を作りだしていた人物‥それは、あなたです❗』

いきなり犯人呼ばわりさて、動揺するアンちゃん。

『黒い雲』の効果が倍増し、生徒たちの凶暴化がさらに増幅してしまう。

ジンペイ:『みんなを明るいキモチにさせる❗』
‥ということで、マタロウ君のカエルパンツを披露すると、生徒たちは正気を取り戻した。
カエルパンツ尊い。

Y学園のお色気担当だけある (by マタロウCV.井上 麻里奈さん)

 
しかし、アンちゃんの不安は収まらず‥
ついには怨霊となってしまう。

超久々に怨霊が登場

出現した怨霊は『ワニワニ・パニック』

息子:名前もっとヒネれよ‼😂
(的確なツッコミするなァ‥🤔)

 
臼見沢:『これは恐ろしいですねェ‥』

『彼女の不安が増幅されて、怨霊を生み出してしまったんですネ』

自分はヤッテないアピールきた‼

 
ワニを倒そうとジンペイが『バケーラ』を召喚しようとすると(バケーラ呼ぶなんて珍しいですね)

URウォッチでバケーラを召喚できない。
ジンペイ:『こんなときに故障か⁉』

ラント君&ノーズが変身し、ワニと戦闘を開始する。

なぜラント君たちは変身可能?
ジンペイたちは『怨霊や妖怪』と合体しないとHEROに変身できない。ところがチアキ・ノーズ・ラント君は『宇宙人のチカラによるウォッチ』によって変身するので、『怨霊・妖怪』が召喚できない状況でも変身できるワケですね(早口解説)

DSギャラクシーとザ・バイパー2人がかりでも、ワニは手ごわい。

物語終盤でこの強さ、アンちゃん何者なんだ

ジンペイとコマくんは超久々の『あわせ技』で、ワニを足止めしている間に、ザ・バイパーのムチ技で動きを封じ‥

最後にDSギャラクシーの彗星ランスで、トドメをさすことに成功した‥

と思ったが、

ワニワニ・パニックがムダに強い

 
怒りを爆発させて『ワニワニ・クライシス』に進化した。

チアキ先輩&九尾が見た光景は‥

💡 壁のてっぺんを目指す2人
チアキ先輩&九尾は、崖をよじのぼり・てっぺんを目指す。

コレ、チアキ先輩は落ちても大丈夫だけど‥🤔
まァ・九尾はヤバいよネ😅(ちゃんと考えながら見てンだなァ ←かっこんは?

 
崖をのぼりきると、果たして眼下に広がっていた景色は‥

チアキ:『どうやら・とんでもないところに来てしまったようだね‥』

そこはクレーターが点在する、あきらかに月面の世界だった。

ウーキ将軍&ウサギ勢

💡 ワニワニ・クライシス
さて‥、
『平常時のワニ』ですら、全員がかりでやっと倒せたのに、シャドウ化したコイツにどう立ち向かえば良いのか?

調布アンちゃん・ヤバすぎでしょ😂

 
???:『大丈夫。ココはウーに任せるもい』

臼見沢先生が抱っこしていた『ウーすけ』が突然しゃべりだして、一堂は驚愕する。

ウーすけが 太鼓を叩き始めると、

遠くから『ウサギの軍勢』が押し寄せてくるのが見える。

ウー:『あれは無敗の英雄、ウーキ将軍が率いるウ信隊だもい』

(※因みにウーキ将軍が 今週のサムネだもい)

 
マタ:『まるで秦の始皇帝、中華統一物語みたいじゃないか❗』

ウーすけの指示により、ウーキ将軍率いるウサギ軍はワニワニ・クライシスを退治してしまった。
(ノーズに技メダル出現‥ガブリエルスクリュー|⭐️3)


アンちゃんが無事に出現する。
フブキ:『きっと元の世界に帰れるから、それまで頑張ろう❗』

アン:『うん、がんばる😊』

この子の潜在能力がコワイ😨

エンマ大王、正式に出現

気が付くと、ウサギの大群は消えていた。

ラント:『怨霊は倒したが、なぜ学園が
 ココに移転してきたかは、謎のままだ‥

すると、校庭で地震が発生。
メンバーがかけつけてみると、
Yサークルの前に青い人影が‥

エンマ:『みんな無事のようだな』

『この人って』『‥エマの金髪さん❗』

エンマ:『オレが学園を ココに転移したのだ』

『あのままでは、学園は消滅していた』

『N星人の攻撃から、キミたちと学園を守るためには、こうするしかなかったのだ』

ジン:『なんかよく分からないけど、金髪さんがオレたちを助けてくれたってことだよな😁』

大王路:『彼の本当の名は、エンマ大王だ』

正式な紹介キターーー😳

 
現れたのは、学園長(先代閻魔:業炎)とえんら先生。

っていうか・えんら先生もご存じだったんですネ😳

 
『エンマ大王って‥』『どういうことですか?』動揺するメンバー。そりゃ~そうだ。

大王路:『今こそ語らねばなるまい‥』

語っちゃうんですね😳(いちいちウルサイ)

エンマ大王は何をしたのか?

大王路:『かつて、この世界に存在した妖魔界が 異星人の侵略により、滅ぼされようとしたとき‥』

あ、『ウォッチ❗』のラストで ボロボロになった武道会場😅

 
大王路:『その寸前、エンマ大王は『妖怪たちの魂』を この人間界へと転移させ‥消滅を逃れたのだ』

(回想シーン)
怒りに燃えるエンマ:『貴様らの好きにはさせん❗』

コマ:『妖怪たちの魂を転生って‥なんてスケールの大きい話💦』

エンマ:『すべては、侵略者たちに対抗するためだ』

ジンペイ:『でも・転生した妖怪たちはどこに‥?』

大王路:『妖怪たちが転生した人間には、生まれつき強い妖力がそなわっている』

コマ:『まさか、それって‥』

それは、ここにいるメンバー全員のことだった。

臼見沢先生は『自分が指示を受けていたのもエンマ大王によるもの』と告白する。

エンマ:『隠していて、すまなかった』

『だが、キミたちはオレの想像を超えるほど、大きく成長してくれた』

『今までの色んなゴタゴタは、ぜんぶお前のせいか⁉』と無遠慮につめよるジンペイ。

エンマ:『だが・それも皆、異星人から地球を守るためだ』

ラント:『我々の戦いのウラにそのような事実があったとは‥』

で、ココはどこなの?

(‥で、ソレはそれとして)
ジンペイ:『結局、ココはどこなんだよ?』

全視聴者:それな

 
エンマ:『ここは‥うん?

そこに、もどってきたチアキ先輩&九尾。
『ココは砂漠なんかじゃなかったよ』

『ここは、月だ❗』

エンマ:『そうだ。学園ごと月へと転移したのだ』

💡 なんで息ができるのか?というと、
Y学園が収まっている『巨大クレーター』の周囲に『結界』を張り、地球と同じ重力&呼吸できるようにしたのだそうな。

全視聴者:さすエン

 
エンマ:『だが、怨霊や妖怪などの霊的な存在は、地球からのパワーで行動している』

『だから、先ほどの戦いでは妖怪が召喚できなかったのだ』

なるほろね~~~~📝

 
すると、ウーキ将軍率いるウーすけが再登場。

ウーすけ:『はい、皆さん・ようこそ 月へいらっしゃいました』

ウー:『ウーはこの星、つまり月に暮らすU星人なんだもい』

ウーキ:『そして皆様が『ウー助』とお呼びになっておられるこのお方は‥』

『U星人48代目の皇帝であられる、ウードリッヒ・サギータリア様でございます』

めっちゃエラいウサギだった😂

 
『そんな皇帝が、なぜ地球に?』

ウーキ:『それは‥我が星は異星人に襲われ、ウードリッヒ様を脱出させたのです』

ウーすけ:『でも・脱出ポッドがコントロール不能になり、Y学園に不時着したもい』

『地球では能力を発揮できないウーを、Y学園のみんなは優しく育ててくれたもい』

『偶然にも月に戻れたことで、ようやく恩を返せたもい

‥と・ウーすけの話を聞いていると、
エンマ大王のようすが一変する。

🌏地球へ帰ろう

『たった今‥ヤツらは、地球制服を完了したようだ』

マタロウ:『えっ‥いま、なんて?』

エンマ:『ヤツらは、地球制服を完了した‼』
エンマ大王は 厳しい表情で告げる。

『そんな‥』『ウソだろ‥』とショックを受けるメンバーたち。

エンマ:『ヤツらはすでに、地球人をあやつり‥自分たちの支配下に置いている』

『キミたちのチカラが各段にレベルアップしたとはいえ、ヤツらを倒すには、まだまだチカラが足りない』

ここは修業的要素が来るのか⁉(クウカ先輩によるチートアイテム登場の可能性もある)

 
ジンペイ:『じゃあ・どうすんだよ⁉ また地球へ飛ばしてくれよ❗』

いま帰ったところで大丈夫なのか💦

 
エンマ:『残念だが、それはできない』

『オレも妖怪であるがゆえ、地球上でしか大きなチカラが使えないのだ』

『だが、そこにチカラを貸す者がいるはずだ』

ウーすけ:『ウーたちに任せるもい』

ウーすけカワイイなぁ😊

 
ウーすけの不思議なチカラで、Y学園を地球に送り返せるようだ。

ウー:『みんな、ありがとうもい。ご恩は一生忘れないもい』

『絶対、N星人を倒して地球を守ってもい』

『ウーはいつでも、みんなのこと見守ってるもい』

もう会えない感に息子とウルっときてます🥺

メンバーはウーすけに別れを告げて‥

次の瞬間。

空には『月』が浮かんでいる。
Y学園は、地球に帰還した。

(‥場所も元通りなのかな?)

 
喜ぶメンバーに、
ラント:『だが、本当の戦いはこれからだ』

ジンペイ:『望むところだぜ❗』

メラ:『ウーすけの気持ちに応えねェとな』

そこにエマちゃんが登場。
『皆さん、ココにいたんですね😇』

エマちゃんはいつも通り ウーすけを抱えている。

全員:『ウーすけ⁉』

マタロウ:『ついてきちゃったってこと⁉』
と聞いても、地球ではしゃべれないウーすけ(笑)

ジンペイ:『すっげぇモヤモヤする😑』

でも・カワイイからヨシ❗

 
‥今週はここで終了。

エンディングはラント君のテーマ、リターントゥ地球😄

今週のラストにピッタリですね✨

かっこんの感想

調布アンちゃん怖杉内

DSギャラクシーとザ・バイパー2人がかりでも倒せないんですよ、彼女の潜在能力がスゴすぎる‼

・ウーすけが、映画の時から『かなり意味ありげなウザギ』として登場し続けていましたが、ココにきてのこのネタバレとは❗

ウーすけの存在意義は、42話限りなのかな?

月にいるときのウーすけ、めちゃカワでしたネ😊

・さて、今回・初めて生徒たちがエンマ大王を認識しましたね。

まさか・えんら先生も通じていたとは‥😳

・今回、明らかになったのは『(エンマ大王が)妖魔界の妖怪たちの魂を救うため、人間界に転生させた』‥という情報のみ。まだまだ、これからワカルことがあるハズ❗

・シャドウサイドでナツメちゃんが『朱夏を自覚したした時』に記憶が蘇った‥というノリで、ジンペイがジバニャンを自覚して喋ったりするのでしょうか?

‥というわけで、今週は以上です。
エルゼメキアに征服された地球、どうなっちゃってるかな?😂

こちらの『あらすじ』もどうぞ

💡 登場人物&組織相関図を作成しました😃
💡 人物・組織ごとにキッチリ紹介しています

💡より深く知るなら こちらの詳細記事で❗

💡 現在グッズ通販できます

こちらの記事もどうぞ

Copyright© KAKKON.NET , 2020 All Rights Reserved.