【あらすじ😈妖怪学園Y】第49話感想 ぬらりひょん登場‼️ジンペイもう会っていた⁉【ぬ】

2020-12-12

第49話「おひさしぶりです、ぬらり師匠」あらすじ感想いたします。

残り時間は10分⁉

一堂の前に、マゼラとリゲルが出現する。
(おそらく2人を知るティーダスとナユちゃんに 緊張が走る)

マゼラ:『我が名はマゼラ』
ラント:『オマエが❗』

マゼラ:『地球を侵略し、私にスターエナジーを供給するポータルにしようと思ったが』

『面倒になったがゆえ、食すことにしたのである。だが、ただ食すだけではつまらぬ‥地球を火の海に変えることにしたのである』

と言いつつ、マゼラは地味に『お立ち台』を破壊する。

ああっ・ミケッティオ可哀そう😂

 
リゲラはご丁寧にも、地球侵略の戦力を発表する‥『メテオゴン1万体・ブラックデイモン10万体‥10分後には地球の侵略が完了する(※意訳)』

そう告げると、マゼラとリゲラは一時退却したようだ。

ラント:『事態は一刻を争う。すぐに動くぞ』

マタロウ:『でも10分しかないのに、どうすれば‥』

ジン:『オレが更にパワーアップして、メテオゴン軍団を10分で倒す❗』

‥と カラ元気なジンペイに対し、フブキちゃんは深刻な表情で打ち明ける。

フブキ:『1つだけ方法があるわ。皆には黙ってたけど、新技があるの』

プラネットタイムバインド
タイムバインドの逆で、技の範囲外の時間をスローにできる。術者の他に、YSP能力者2人の協力が必要。命を落とすくらいリスクがある。

協力してほしい2人は『メラと九尾先輩』だった(笑)

九尾:『やっぱりアレは 死亡フラグだったのか‥』

ですねぃ

 
しぶる九尾先輩を横に、
メラ:『オレはやるぜ。姫川がココまで覚悟してんだ、オレが命張らなくてどうするんだよなァ』

メラやさしいぃぃ🥺

 
その言葉を聞いて、九尾先輩は決心。了承する。

早速、クロックレディがプラネットタイムバインドを発動。獅子王とナインテイルは、クロックレディにチカラを供給する。

‥と、3人の動きが停止した。

コマ:『みんな固まっちゃってる?』
ラント:『地球全体の時間を操作するかわりに、彼らの時間が止まってしまったのだろう』

💡 ラントくんいわく、
・Y学園のみ 通常の時間の流れ
・Y学園の外は時間の流れが遅い

チアキ:『コレで時間はできたっしょ』

ところが、クウカちゃんが計算したところ‥
3人の妖力からして、残り時間は5時間。

クウカ:『敵の戦力に対して妖怪ヒーロー全員の力でも、10分の1しか処理できない』

マタ:『つまり、今の10倍のパワーが必要‥

2人の師匠はぬらりひょん⁉

ジン:『こんなとき 妖怪人間ベロンの ベローダ師匠みたいな人がいれば、最終的にパワーアップさせてくれるのに❗』

ジンペイ&コマ:『師匠😖‼』

ジンペイ:『あれ?、師匠と言えば‥』

???:『私を呼んだか?』

ジンペイ:『あ~~っ‼😳』
コマ:『あなたは❗😳』

『ぬらり師匠‼』

ジン:『え~っ・コマくんもぬらり師匠を知ってるの⁉』
コマ:『ジンペイくんも⁉』

ジンペイは、妖力のことは『あの人』から教わったのだという。

『でも・ぬらり師匠が自分と会ったことは 誰にも言うなって』
コマ:『それ・ボクも同じだよ❗』
ジン:『だからお互い・知らなかったのか』

💡 ジンペイ小学生時代の回想
川原で1人、遊んでいたジンペイ。
巨大なバケネズミに襲われる。
すると背後にあやしげな人物‥『お前にはアレが見えるのだな?』

ジン:『うん、オレ昔からああいうのが 見えるんだ』

ぬらり:『ならば・お前にはアレと戦うチカラが備わっているということだ』

すると、化けネズミがジンペイを襲ってくる。
ジン:『あんな怪物と戦えるワケないだろ⁉』

ぬらり:『足に意識を集中させ、速く走りたいと念じるのだ』

ジンペイは素直に従うと‥足に妖気が集中し、ダッシュできた。

ぬらり:『次は全身から拳に力を集めるよう に意識するのだ』

『そして、心に浮かんだ言葉を 強く叫ぶのだ❗』

ジン:『よ~し・くらえ、赤げんこつ❗』

赤い妖気に包まれた拳が 化けネズミにヒットすると、怨霊は消滅した。

ジン:『ふう、ありがとう オジさん。なんかイロイロ教えてくれて』

このながれ、もう1回来てくれ‼

ジン:『ところで オジさん誰?』
ぬらり:『そうだな(←立ち直った)』
『すべてを知る男‥ ぬらり師匠と呼ぶがいい』

(自ら師匠と呼ばせるか・ぬらりよ‥)

ジン:『えっ・じゃあこれからもイロイロと教えてくれるの⁉』

ぬらり:『ああ。だが、私のことは誰にも話してはならぬ』

ジン:『秘密なんだな、分かった✨ よろしくお願いします、ぬらり師匠』

💡 コマくん小学生時代の回想
コマくんはボーイスカウトか何かで、1人・森を散策していた。

すると、物陰から化けイノシシが出現。

コマくんは慌てて逃げると、
前方にいた『ぬらり』にぶつかって➡ 化けイノシシにぶつかり、跳ね飛ばされた。

ぬらり:『お前にはアレが見えるのだな』
『しかも当たり判定まであるようだ』

コマ:『こんなチカラいらないんだけど、見えちゃうんです』

ぬらり:『望まずとも見えるとは、お前にはアレと戦う力が備わっているということだ』

コマ:『ムリです‼😣』
ぬらり:『腕に意識を集中させ、守りたいと念じるのだ』

コマくんは素直に従い、突進してくる怨霊にむかって両掌をつきだし‥『守りたい❗』

すると、妖力のシールドによって 怨霊は跳ね飛ばされた。

ぬらり:『今度は 全身から拳に力を集めるように意識し、強くなった自分を思い描くのだ❗』

コマくんはイメージ後、怨霊に猛ラッシュ。化けイノシシを倒すことができた。

コマ:『おじさん、ありがとう❗』

コマくんがオジさんに名前を聞くと、ジンペイと同じ答えだった。そして『誰にも話してはならない』と。

エンマ大王登場

ジン:『でも・どうして ぬらり師匠がココに?』
ぬらり:『それは‥』

エンマ:『来たか、ぬらり』
大王路:『待っておったぞ』

エンマ大王との再開が久しぶりというより、ぬらりが先代と面会してるの 直で見たのって初めてかも⁉

 
ぬらり:『大王様、お待たせして申し訳ございませんでした』

ジン:『そこ・知り合い』
ぬらり:『私はエンマ大王の側近、ぬらりひょん。大王様と同じく妖魔界が侵略された際に 我が身が滅び‥』

『わずかに残る小さな魂となった私は、さまよった末に『ある生物の中』で眠っていた』

小さな、老齢の亀のようですネ‥って・転生先は人間じゃなかったんかい

ぬらり=マタロウ説、敗れ去りましたァァァ・残念😂

ぬらり:『魂の力が完全回復したことで、宿主を必要とせず動けるようになったのだ』

ああ・だから過去のぬらりはカメが居れそうな場所にしか 出現できなかったんですね

 
エンマ:『ぬらりよ、時間がない。お急ぎモードで頼めるか?』

ぬらり:『御意。』

ぬらり:『今からお前たち全員を パワーアップさせる‥だが、5時間しかない』

『その短時間でパワーアップするための方法は‥』

方法は?

ぬらり:『特訓だ~~~~‼』
Y学園のこの根性論なノリ、イイですね🤗

ぬらり師匠の特訓開始

ぬらり師匠は、4枚の式神を取り出す。

ぬの式神

 
すると、式神は4体のぬらりひょんに変化。ジンペイ達の特訓相手となる紙分身なのだという。

ぬらり:『ジンペイとコマ、お前たちは特別メニューだ。5時間でスーパーY戦士に育てる』
※ここにきて、コマくんが特別扱いとなる。

ぬらり:『これに着替えるのだ』

子安さんは何を思うか。

『ぬ』の道着は、例によってスンゴイ重いらしい(短時間で負荷をかけて云々)。

ぬらり:『ミケッティオも特訓に参加してもらう』

当然、ミケッティオは『オレより弱いヤツに従えない』と抵抗するが‥驚くことに、ミケッティオはぬらりひょんに勝てない。

ぬらりいわく、ミケッティオのパワー&妖力は強力だが、オーラを出し過ぎていて動きが読みやすい。

ぬらり:『お前は戦いのタクティクスにおいて、私の足元にも及ばない❗(ドーン)』

論破されたミケッティオは、ぬらりに従うことにした。

ぬらり師匠のもと、
マタロウ君、ラント君(ちゃんと道着を着ている)、チアキ先輩(フード無し姿はレア)、ノズはぬらりの紙分身と特訓に励んだ。

(ジンペイ達は、妖力が集まるYサークルの中で特訓している)

ぬらり:『これから呼び出す怨霊を、変身しないで倒すのだ』

呼び出されたのは、過去に戦った怨霊たち7体。

おそらくアイゾウさんが一番つよい

ぬらり:『協力してくれる 近隣の怨霊の皆さんだ』
※ミケッティオはカラダではなく、妖力で動く紙分身で倒せ‥と条件つき。

💡 第1フェーズ:攻撃の妙
小さな力で大きな者と戦うには、
・無駄な動きを少なくし、
・相手の弱点を見極め
・一点に力を集中し、倒す

💡 第2フェーズ:見極めの妙
避けられぬように見えても、相手の穴は必ずある。よく見極め、抜け道を見つけること。

💡 第3フェーズ:燕返しの妙
燕返しの極意は、相手の力を利用して 勝つこと。
ぬらり:『最小限の力で相手を倒すのだ』

ぬらりのアドバイスをもとに、3人はコスパの高い戦法を獲得し、怨霊たちを倒すことができた。

妖魔界がなぜ狙われた?

休憩中。ぬらりは話をしれくれた。
『かつて、妖魔界という世界があり、幾千年・幾万年の間、そこには妖怪という存在があった』

『地球は、人間界と妖魔界が隣り合っている世界』

『大きな困難にぶつかったとき、人間と妖怪はともに協力し、その困難を乗り越えていった』

ぬらり:『そう、異星人に妖魔界を滅ぼされるまでは‥』

臼見沢:『その先は、私がお話しましょう。なぜN星人たちは、真っ先に妖魔界を狙ったのか?』

『マゼラは地球上で、自分に対抗しうる存在とみた妖魔界を最初に消し去ろうとしました』

マゼラの判断力

 
マゼラは、思惑通りに妖魔界を消滅?させたが、その結果・マゼラ自身大きく力を消耗することになった。

うす:『そして、前進部隊のエルゼメキアが人間界を侵略する際は 人間が生み出す怨霊を利用して自滅させるという‥省エネ侵略に切り替えたのです』

ナルホド、そんな理由が‥🤔

最後の試練

ぬらり:『最後の試練は、私を倒すことだ‥ジンペイとコマ、2人だけでな』

ジン:『昔に比べたら、オレたちだって強くなってるハズだ❗』

ジンペイとコマくんは悪戦苦闘でぬらりに挑む。

上手くいかないが、
コマ:『でも・なんかこういうの』
ジンペイ:『懐かしいかも』

2人はぬらりと会わなくなってからも、力を合わせて怨霊を倒し続けていた。その時を思い出して‥

コマくんが強くなった自分を思い浮かべると‥コマさんの姿が。

コマ:『もんげ~❗ ひとだま乱舞‼』

アニメ本編でも使わなかった・ひとだま乱舞を‼

ジンペイが心に浮かんだ言葉を強く思うと‥ジバニャンの姿が。
ジンペイ:『ひゃくれつ肉球‼』

ぬらりひょんは2人の技を受け、
ぬらり:『フッ‥懐かしい技だな』

ぬらり:『よくぞ・ここまで。合格だ❗』

2人は ぬらりひょんからYSPウォッチを受け取ると、それぞれメダルが出現。

コマくんはリトルコマンダーA|変身メダル|⭐️4
ジンペイはアースウォーカーNOA|変身メダル|⭐️6
アースウォーカーNOAアーマード|変身メダル|⭐️6

ジン:『NOA(ノア)?どういう意味だ?』
ぬらり:『NOAとは‥』
コマ:『あっ・分かった❗ ノアの方舟が語源なんだ❗』

ぬらり:『違う。お前たちは、私の同門‥NOAとは、その証である‥』

NOAとは?
N = Nurarihyon
O = Official
A = Authorize
Official authorized = 公認

ぬらり:『つまり、ぬらり印のことだ』
 
ぬらり:『安心するがいい、ちゃんと使える』
(いや・一瞬でも不安にさせるな!!!!!! ←全視聴者ツッコミ)

修行の5時間が終了‥

そんなこんなで、プラネットタイムバインドの発動が消えた。
倒れ込むフブキ・メラ・九尾の3人。

クウカちゃんが駆けより、心配する。
ぬらり:『早まるな、まだ生きている』

ぬらりが念じると、3人は意識を取り戻した。

回復が使えるようになったんですネ(さすが師匠と呼ばせるだけある)

 
すると‥
リゲル:『やはり、小細工をしておったか』

『お前たちから片づけるのが 賢明なようだな』

リゲルは『リゲルHG』に変身し、動けないフブキちゃんたちにビームを放とうとした‥そこに、

ジンペイ&コマ:『お待たせ❗』『ただいま❗』

早速、新しいメダルで『アースウォーカーNOA』に変身するジンペイ(それを見て嬉しそうなぬらり←ちゃんとメダルが使えて安心してるんじゃないのか疑惑)

必殺技メダル『グランゾードネコスカドライブ』で、あっさりとリゲルHGを倒した。

そこにラント君たちが駆けつけてくる。

アース:『はぁ、手ごたえないなぁ‥』

『アイツなら、オレのテンション上げてくれるかな?』

【次回予告】なし⁉

今週のEDも『宇宙神秘ブギ』
そして赤き魔星『3 WEEKS LEFT』

かっこんの感想

いや~~~、ぬらりひょん‥
サラッと登場しましたネ・・・

マタロウ君が転生先じゃなかったンですねィ😂

 
エンマ大王よ、(ぬらりの転生先が人として)この学園に居るようなコト、おっしゃってませんでしたっけ⁉

あの老齢の小亀は誰なんじゃい⁉

ツッコミどころが‥まぁ、イイですけど(ぬらりってそういうキャラですし)

💡 マタロウ君には謎が残る
そうすると、まだマタロウ君の中にあるチカラって何なんでしょう?

何にも想像できない😅

 
💡 NOA
アースウォーカーNOA(ぬらり印)がアースウォーカーの最終形態だとしたら、シュールすぎる(笑)

来週の放送(12/18)はお休みです‥ひょっとして、残りあと2話なのかな‥😂💦

Y学園、いつまでも見ていたいよ~😂

続きはこちら

こちらの『あらすじ』もどうぞ

💡 登場人物&組織相関図を作成しました😃
💡 人物・組織ごとにキッチリ紹介しています

💡より深く知るなら こちらの詳細記事で❗

💡 現在グッズ通販できます

こちらの記事もどうぞ

Copyright© KAKKON.NET , 2021 All Rights Reserved.