【更新中❗】最新のシンカリオンZ『舞台聖地』&『登場人物父兄の皆さん』編‼【あらすじ】

2021-11-25

『シンカリオンZ』主要人物・ストーリーを、ざざっと紹介いたします。こちらのページでは『登場した舞台聖地』と『登場人物の父兄の皆さん&ほか人物』を紹介します。

シンカリオンZ 完全攻略!!
💡 リアル横川支部に行ってきたよ‼

登場した名所

💡 第1話
碓氷峠鉄道文化むら|公式
➡ 新幹線(E5はやぶさ)が運び込まれたのを目撃した人が たくさんいる

おぎのや横川店|おぎのや公式
➡ 新多姉弟・アケノ・アブト達が初めて出会った場所。走り屋も釜めしを食べる。というか全員がランチで釜めしを食べていた。かっこんも食べに行きたい。

旧丸山変電所|安中市
➡ 丸山変電所に「夜な夜な謎の宇宙人が現れる」というウワサが広まっていた。

💡 第3話
碓氷第一トンネル|安中市
➡ アブトが夢の中で父親とすれ違った

盛岡駅|岩手県盛岡市
➡ アブトが『東北新幹線はやぶさ』と『秋田新幹線こまち』の切り離しを見守った(夢に出てきた『盛岡駅』を頼りにZコードを探しに訪れた)

マリオス 展望室|岩手県盛岡市
➡展望台からZコードをさがした

『羽中線電力巡視路 分岐』と『太田薬師(ネックスのZコードを発見した)』➡こちらの方のブログ参照

💡 第6話
長野駅
長野新幹線車両センター
鏡池
森林鉄道記念館|木曽観光連盟

💡 第9話
九州鉄道記念館
➡ この地下に『門司支部』がある。
大宰府政庁跡
➡ ソニックのZコードが隠されていた。

💡 第10話
宝満山|竈門神社・地下に結晶体が存在していたらしく、ヴァルトムが怪物体を召喚した。

💡 第11話
リニア・鉄道館|JR東海
➡ この地下に『名古屋支部』がある。

💡 第12話
名古屋城 ➡Zコード探しに訪れた
明治村|博物館明治村
➡ ミニチュアサイズの『眼鏡橋』に『HC85 ヒダ』のZコードがあった。

💡 第13話
鉄道総合技術研究所|公式
➡ 昔、島 ゴイチ碓氷 トコナミが 一時期、この施設で何かの研究をしていた。(『鉄道技術研究所』時代にここで新幹線が開発された。鉄道のあらゆる事象を研究している施設)

💡 第15話
N3331|ロケットニュース24(※2017年3月31日閉店)
幻の「万世橋駅」が見えるカフェとして登場。

💡 第16話
・ソウギョク行きつけ盛岡の居酒屋『味処 美乃』は実在する(地図コチラ)
・修行旅行で訪れた新大阪駅でハローキティはるかを目撃した。
・ソウギョクはハローキティ新幹線を目撃し、思わず乗車。ハローキティシンカリオンを妄想してしまう。
・犬鳴山トンネルと犬鳴山温泉 不動口館
・犬鳴山では女性でも修験道体験ができるとのことで、安孫子さんが地獄を見た。

💡 18話
巌流島でシンカリオンE5(シン)と500こだま(ギンガ)が(個人的に)決闘した。

💡 21話
・名古屋駅の銀の時計でレイ&アスカが登場した。

💡 25話
四国鉄道文化館・南館でE6を『四国の線路』で走行できるように改造した。

💡 26話
JR釜石線 遠野駅…ソウギョク、タイジュ&大石さんが利用した。❶とおの物語の館 ❷デンデラ野 ❸道の駅・遠野風の丘…ソウギョクが立ち寄った伝承園…タイジュが初めてメーテルと遭遇した場所。
カッパ淵…タイジュがソウギョクと遭遇し、ソウギョクが『カッパはカッパです』を召喚した。

💡 27話
関ケ原鍾乳洞|岐阜関ケ原
➡ヴァルトムが巨大ガマガエルに変身した

そのほか人物

明星 アケノ(初登場第1話)


・おぎのや横川店で偶然、出会う。
・シンの宇宙人の話を優しく聞いてくれた。
・赤いGR86に乗り、カメラ片手に何か調査している様子。
・第3話で偶然、盛岡で遭遇。初めて名前を知り、自分がカメラマンであると告げた。
・第10話では鷹匠であるヤマカサの取材に、彼の自宅を訪問していた。その際に『雷がニガテ』と言っていたが、伏線か?
・第16話にて‥郡山の居酒屋にて。偶然ソウギョクと出会い、会話をしている。
・その際には自分は『旅の手帖』の記者(とは言っていないが、カメラマン兼ライター)であると自称していた。

CV. 井上 麻里奈

新多 アユ(初登場第1話)


・シンの姉。中学1年生。
・ジャーナリスト志望で、弟に負けず好奇心が旺盛。
・シンカリオンの存在は知らず、当然・弟が運転士であることも知らない。
・バカボン鬼塚氏のファン。姉ちゃん‥
・17話にてスマットの存在を初めて知る& 弟がシンカリオンの運転士であることを知った。
・アユ姉は、当初『シンカリオンに乗ることが危険である』と反対していたが、仲間と生き生きと活動するシンの姿を見ることで、応援する心境へ変化した。

CV. 高尾 奏音

新多夫妻(シンの親‥初登場第2話)

・父親は単身赴任中で不在。
・母親はポジティブな性格。第二話で十河指令、島整備長らが東京・田端にある自宅マンションを訪問し、面談した。
・母親はシンがシンカリオン運転士として戦っているとは知らず、オカルト研究のアドバイザーとして超進化研究所に所属していると思っている(しかも超人化研究所だと思っている)
・(17話にて)母がシンに、シンカリオンの運転士であると知っていると打ち明けてきた。島整備長が説明したらしい。誠実な島さんの態度に、シン母は信頼し、息子の処遇を任せることにしたようだ。
・シン母は、シンカリオンに意思があると思っているようで『シンカリオンさん』と敬称をつけて呼ぶ。

新多 キボウ CV. 花輪 英司|新多 トキ CV. 石松 千恵美

碓氷 トコナミ(アブトの父‥初登場第19話)


・アブトの父で、失踪中。
・夢で息子に『シンカリオンZの設計図』『Zギアの設計図』『Zコードのありか』を伝えた。
・テオティのような衣装を身につけている。
・島整備長に『技術とは 世代を超えて受け継がれていく』と語っていたらしい。息子への思いか?
・一時期、島整備長を伴って『超進化研究所』から鉄道総合技術研究所へ出向。『超進化電導ケーブル(超電導き電ケーブル)』を研究していた。
・テオティたちからはザガンと呼ばれている(➡以降、詳細はザガンの項目を参照)

碓氷 トコナミ CV. 田邊 幸輔

碓氷 シラユキ(アブトの母‥初登場第3話)

・安中市松井田町横川に 自宅があり、トコナミ失踪後は息子と二人暮らししていた。
・トコナミ(父親)は失踪中で不在。
・母親は全てを理解しているようで、息子を気遣っている。
・スマットの存在を認識しており、ちゃんづけで呼ぶ
・22話で、初めて 息子が行方不明であること・テオティの側に居ることをソゴウさんから聞かされた。
・夫が失踪したように、息子もそうなるかも‥という予感があったらしく、シラユキさんはその事実を静かに受け止めた。
・夫がテオティであることを知っており、シンにそのことを告げた。
・シンはそのとき初めて、アブト君がテオティの血をひいていると知った。
・息子が失踪したと知っても、レシピを見て料理を作ろうとするなど、なかなかの肝っ玉母さんである(23話)(ソコに惚れたのかザガン)

碓氷 シラユキ CV. 藤村 知可

大曲夫妻(ハナビの親‥初登場第4話)

・母親は大曲トモシビ。肝っ玉母さん系で 息子に理解がある。
・父親は大曲タネビ。ハナビが『ロック(音楽)と花火師』の道を 同時に目指そうとすることに 頑なに反対していた『どっちでもイイから1つにしろ』
・ハナビは『ロック・花火・シンカリオン』は1つにつながっているからムリと突っぱねていた。
・父親は元々、花火と音楽をシンクロさせて打ち上げていた。ハナビはそのスタイルに影響を受けていた。
・アブトの計らいで、初めて息子がシンカリオンで危険な任務をこなしていると知った両親(4話)
・父親は ハナビの生き様を知り、彼を認めた。
・17話にて、文化むらのイベントに大曲夫妻が訪れていた

大曲タネビ CV. 木村 雅史|大曲トモシビ CV. 高橋 夏生

戸隠夫妻(タイジュの親‥初登場第5話)

・息子と離れて、東京に住んでいる(理由は不明)
・自宅に島&アブトが訪問を受け、『シンカリオンの運転士になってほしい』と告げられた際、動揺せず・否定せず、息子の判断にゆだねた。器が大きい。
・第6話。祖父のマサカリは、過去のトラウマに囚われた孫のタイジュを大きな愛情で育てているのが分かる。とてもやさしい人物だ。
・17話にて、文化むらのイベントに戸隠夫妻&お爺ちゃんが訪れていた。➡親子関係に問題があって離れて暮らしているわけではないと分かる。

戸隠マサカリ(祖父) CV.宮澤 正|戸隠キリカブ CV.城岡 祐介 |戸隠コズエ CV. 元吉 有希子

中州夫妻(ヤマカサの親‥初登場第10話)

・中州家は 従業員を抱え、おきゅうと工場を営む。
・父親は 中州ドンタク(スゴい名だ)CV.藤 翔平
・母親は 中州ホウジョウ CV.古賀 晶子
・かなり裕福な家庭ながら、気さくな両親である。

安城 シナノ(ナガラ&シマカゼの父‥初登場第25話)

・(25話にて)E6を四国で走行させるため『台船輸送』で船を運転した。ふだんから海上輸送に運転士として携わっている(そのため、なかなか家に帰ることができない) CV.井上 剛

🎧 シンカリオンZ OPとED

OP:ニューチャレンジャー

BOYS AND MEN 『ニューチャレンジャー』

❶ED:キズナ・レール

森中花咲 meets ▽▲TRiNITY▲▽『キズナ・レール』

▽▲TRiNITY▲▽とは?Vチューバーの森中花咲さん、鷹宮リオンさん、葉加瀬冬雪さん、フレン・E・ルスタリオさんによるユニット

❷ED:駆け上がるボルテージ

7月16日放送の第13話より、
浦島坂田船『駆け上がるボルテージ』

『浦島坂田船』は、うらたぬき・志麻・となりの坂田。・センラさんの4名によるボーカルユニット。作詞・作曲:つんくさんによる。


アブトくんが闇落ちしたのか?というようなダークな印象のEDですね。
そして、逆光のシンカリオンZ3体の後ろ姿がムチャクチャかっこいい❗(ポスターにしてもらえませんか?🤤)

❸ED:ターミナル~僕ら、あるべき場所~

第22話より、Luce Twinkle Wink☆による新EDとなりました。爽やかなEDですね✨

こちらもどうぞ

シンカリオンZ 完全攻略!!
【💡まとめ】シンカリオンZのプラレールなど発売中おもちゃを全一覧で【ザイライナーって何?】

現在までの販売されている『シンカリオンZ』のプラレールをまとめています😃 購入の参考にどうぞ ザイライナーって何? シンカリオンZ本編をご覧になられていない親御さまへ‥ まず最初に、ザ ...

続きを見る

こちらの記事もどうぞ