【そして本伝へ‥ネタバレ感想】フジリューver. 銀河英雄伝説第6巻‥➁【紋章刻印グラス開封も】

   

ヤンジャン公式サイト

前回から続いてまいります‥記事の最後には、ニッセンコラボ企画の帝国紋章刻印グラスの開封画像もありますので、どうぞお楽しみに❗️

今回のアスターテ会戦は『もう敗色濃厚だよ』というヤンの不吉な言葉で終わりました。つづきを見て参りましょう。頑張れ同盟。

#052 ラインハルト・フォン・ローエングラム上級大将 アスターテ会戦 各個撃破Ⅰ

さて‥なぜ前回あんな大敗退をした第二艦隊が、今回も出撃しているのかというと?‥パエッタ中将の回想シーン開始。

パエッタ中将は、国防委員長トリューニヒトの『宣伝材料』として動いていることが分かりました。

トリューニヒトの息がかかる軍人が華々しく活躍すれば、彼の政治的地位があがると。

今回のアスターテ会戦には第二艦隊:パエッタ中将のほかに、
第四艦隊:パストーレ中将
第六艦隊:ムーア中将(旗艦にラップ搭乗)

この3人ともにトリューニヒト派。
今回の会戦では総司令官はあえて決めず、3人で功績を争わせるスタイル。
『1番の功績者には将来の地位を約束するよ』‥と言われたパエッタ中将は、欲に燃えます。

そんなパエッタ中将に、数日前に作戦案を提出したというヤン。パエッタ中将は、いつもどおり速攻で却下。そして諦めてしまうヤン。

諦めるヤンに対し‥、

第六艦隊旗艦・ペルガモンではラップが、司令官・ムーア中将へ進言を試みます。

ラップ:『ローエングラム伯爵を恐れ、ほか艦隊と合流すべき』‥言われたムーア中将は怒ります。

‥確かにムーア中将の気持ちもわかります。
ローエングラム伯はまだ20歳、しかも帝国軍の数は同盟の半分。布陣も完璧です‥負けるはずがない、と。

ムーア中将、怒りながら手をあげるスタイル。(この艦のりたくないよ~、同じ無能ならパエッタ中将のほうがマシだよ~)

中将から殴られても、(婚約者ジェシカのために)諦めないラップ。

ヤンとは違うなァ‥。ジェシカはそこに惚れたのかな‥。
わたくし高校生の時分から、結婚を経験した今でも分からないんですよ、なぜジェシカはラップに決めたのか(笑)

第二艦隊旗艦では、ヤンがアッテンボローに説明します。
ラインハルトは、3方位に分かれた同盟を1つずつ各個撃破するだろうと。
物理的にそれが可能だ、とのこと。なにせ同盟と違って士気も高いですしね。

まずラインハルトが最初に襲うのは、数が少ない第四艦隊。

第四艦隊通信係:『正面に敵影!』

パストーレ中将:『どうしているの?あと2時間後に遭遇でしょ?』

第四艦隊通信係:『ものすごい速さで突進してきた模様!!
ラインハルト艦隊チートすぎる(T▽T;)
(猪突とウォルフが居なくてもこの実力です)

#053 ラインハルト・フォン・ローエングラム上級大将 アスターテ会戦 各個撃破Ⅱ

しょっぱな第四艦隊を襲うのは、ファーレンハイトたち5提督。
ファーレンハイトは、簡単に崩壊する第四艦隊を目の当たりにして、ラインハルトの実力を認めた様子。

余談★ファーレンハイトはスカーフをしていないのですね。‥ビッテンフェルトもそうですね‥これはこの一派を『開襟枠』とでもいいましょうか(笑)

さて。
メルカッツ大将旗艦ネルトリンゲンでは。

ネルトリンゲンの艦橋、メルカッツの椅子の背後になんだか妙な巨大オブジェがありますけど!? 気になりますよ!!!( ゚Д゚;)ギャグ要素だったらどうしよう。

そして、メルカッツ副官・シュナイダー中佐が登場!!
【朗報】シュナイダー、イケメン枠を勝ち取る

チラっと見た感じ『ちょっと気弱そうなロイエンタール並のイケメンさ』じゃないですか!
銀英キャラ中で『シュナイダーが一番好き』というかっこん夫、良かったですね。シュナイダーが一番好きってどういうことなんだろう。

メルカッツ:『ローエングラム伯は名将になるかもしれない』

シュナイダー:『提督がそんな高評価するなんてスゴイ❗️』

メルカッツ:『褒めてないよ❗️( ̄^ ̄*)

シュナイダー:『(頑固者)

早くも、良い味を出してくださってますね!!!

ただ藤崎先生、メルカッツがデレるのはまだ早いですって!(笑)もうちょっと先までとっておいてください😁

というわけでフジリューver.ではメルカッツ(ツンデレ)でした。めでたし❗️

そうこうするうちに第四艦隊はほぼ壊滅。
掃討戦はせず、続いて4時間で到達の距離にある第六艦隊へ向かいます。

ラインハルトに狙われている第六艦隊では、未だラップがめげずにムーア中将に進言を試みますが、ひどい暴行を受け‥ついには営倉に放り込めと命じられてしまいます。これはひどいな‥。

#054 ラインハルト・フォン・ローエングラム上級大将 アスターテ会戦 各個撃破Ⅲ

同盟の首都星ハイネセンのお隣、惑星テルヌーゼン。
すっかり美しい女性になったジェシカが、ラップを案じます。(ジェシカの美貌、ラップのルックスと不釣り合いじゃないか‥/^^;)

さて場面はアスターテ星域に戻り、第二艦隊。
帝国の発していた妨害電波のせいで、第二艦隊はラインハルト艦隊を見失います。

さすがにヤバイ、とみたヤンはようやく立ち上がり‥

ヤン:『パエッタ中将‥』ポクポクポク
全読者の声:その設定ちゃんと生きてる❗️( ゚Д゚ )

ラップと同様に、すぐに第六艦隊と合流するよう進言します。
パエッタ中将は合流せずに、単独で討ち取りたいのだそうです。トリューニヒトの件がありますからね。

まだ交戦中であると思っている第四艦隊へ向かい、背後から帝国を討つつもりです。

進言を諦めちゃうヤン。

パエッタ中将:この戦いの敵は帝国じゃなくむしろ、第四艦隊と第六艦隊❗️❗️

おおっ・いいですねぇ中将、この腐りっぷりが同盟軍の醍醐味ですよね⭐️
銀英の序盤は、同盟の無能上司に振り回されるヤンを楽しまないと。

さて、あれから4時間が経過したのでしょうか。
第六艦隊ではムーア中将が食事中。
敵味方の識別が不能なラインハルト艦隊が迫っても、中将には意味が分からず行動しようとしません。

ボロボロのラップは、中将から殴られても蹴られても、最後の進言をしようと試みますが‥

#055 ラインハルト・フォン・ローエングラム上級大将 アスターテ会戦 宿敵登壇

無防備な状態で、第六艦隊の旗艦が砲撃を受けます。

ラップはついに諦め‥
ラップ:『ジェシカ‥結婚式はおまえがおばあちゃんになって天国に来てからだ‥』
↑この言葉、意味を考えると悲しいですよね(´;ω;`)

ヤン、ジェシカを頼んだぞ‥と宇宙に消えるラップ。

‥6巻にして初めて、ちゃんと登場したキャラの死を迎えましたね。(あんなに明るいルックスのキャラでも戦死してしまったか‥)

旗艦ブリュンヒルトで、ラインハルトは、メルカッツとファーレンハイトを評価。いずれ、き下に加えたいとのこと。上手くいくかな?( ̄ー ̄)

第六艦隊はほぼ壊滅。
つづいて残る第二艦隊をターゲットにします。

ラインハルトは『もう勝ち戦だから、妨害電波を止めていいよ』と命令。

さあ、妨害電波が晴れると‥第二艦隊は自らの状況を把握します。
絶体絶命のピンチに、アッテン:『こりゃやべっすね、ヤン先輩(焦)』

ヤンは突如、自作の歌を披露。
『♪いくら頑張って~も~~ダメなものはだめ~~~~♪』
(ダメな歌:意味=すでに敗北している)これはジェシカ惚れませんわ‥

そう歌いながらも『最後の悪あがき』と端末に何か操作しています。
何もしないで諦めたら、ラップに悪いと。
そうですよ、多少はラップを見習うべきっスよヤン先輩。

ラインハルトは第二艦隊への攻撃を指示。
それに対し、パエッタ中将は玉砕覚悟で(とくに覚悟してないか‥)前進を指示します。

第六艦隊と同様にして、まともに砲撃を受けてしまう旗艦パトロクロス。
旗艦の被弾を見て、士気がガタ落ちする第二艦隊。そりゃそうだ。

死者が出ている艦橋内で、パエッタ中将は(ようやく)戦意を喪失します。

そしてこの名セリフ。
パエッタ中将:『健在な士官でどうやら きみ(ヤン)が最高位だ。きみが指揮をとれ』
このセリフは記憶に焼き付きますよね。

負傷したパエッタ中将は退出。ヤンがマイクを握り、全艦に向けて通信。

その通信を聞いたラインハルトは、『エル・ファシルの英雄』ヤン・ウェンリーの登場に大興奮です。

ところで、帝国語と同盟語は違うそうですね。
フジリューver.ではどうなのでしょうか‥公式設定によると‥銀英wiki、“帝国軍・同盟軍とも士官教育で敵国の言葉を教わっており、通訳なしで会話ができる。”‥のだそうです。

#056 ラインハルト・フォン・ローエングラム上級大将 アスターテ会戦 常勝と不敗Ⅰ

ヤン:『司令官は艦隊に責任をもたなければならない』
ヤンは持論を用い『エル・ファシルの再現をするから安心してね!』と、士気が落ちていた第二艦隊を元気づけます。

ヤン:『新たな指令を伝えるまで、各艦は各個撃破に専念せよ』‥と、よく見ると難しい注文をしてますね(笑)

司令官の地位を得ても、ダラダラするヤン。またダメな歌をうたっちゃいます。ああ、(ヤンの)ダメさ加減がものすごく表現されている‥

ダラダラしながらも、ヤンが見出したラインハルトに抵抗する方法‥『ラインハルトの、常に勝つための戦いを逆手にとる』

ラインハルトは、簡単に握りつぶせると思った第二艦隊の、『英雄』ヤンの挑発を真に受けて極端に突進してきます。

ヤンはその陣形を確認後‥、
ダメな歌を歌いながら用意した『作戦』を確認するよう全艦に指示します。

ヤン:『私が彼に勝つことは不可能だろう』

ヤン:『私は彼に「負けない戦い方」で挑もうと思う』

第二艦隊、生還できるのか?‥つづきは次巻。

銀河英雄伝説7巻は2017/8/18発売予定とのことです!

ニッセン:紋章刻印グラスを開封します!

昨年末に購入し、ようやく開封の時が参りました。
購入時のエピソードは
I.Gストアに行ってきましたよ【Production I.G公式ショップ】
【トゥールハンマーは管理者権限が必要❗️】フジリューver. 銀河英雄伝説第4巻【ネタバレ感想】
それぞれ記事の最後にありますので、よろしかったらご覧ください!

さて、開封しちゃいますよ⭐️

IGストアスタッフさんにより、手書きメモつきです。ありがたや⭐️

梱包をはがして、

化粧箱はしっとりとした、黒い化粧箱です。

‥パカっといきますね。

おお!!!期待が高まりますよ!

こちらです‥

カッコイイ!!!


こちらゴールデンバウム王朝。
想像していたよりも・かなり彫りが深く、彫りの中で陰影ができています。これは凝った作業をされていらっしゃいますね。
(プロイセンの紋章に似てるのですよね、カッコイイなぁ‥)

つづいて、

こちらローエングラム王朝。
綺麗に細かく、獅子の翼が表現されています。

これは新旧王朝、甲乙がつけがたい❗️❗️❗️
両グラスを眺めるのが至福です‥

‥ニッセンさん、良いものをありがとうございました。

主人からは使いなさいと怒られるのですが、使えないんですよね~。
おそらく私の中で『プロージット(ガッシャーン)』のイメージが強いので、簡単に割れるイメージがあるんですよ(笑)
大事にいたします❗️

‥というわけで、以上です。
長々とお付き合い頂きありがとうございました。また次巻でお会いできれば幸いです⭐️

ヤンジャン公式サイト

 - マンガ・アニメ, マンガ関係