【🏫2024年に向け】小学校がデジタル教科書に移行⁉‥タブレット学習の波😳【ランドセルも一考を】

2020-10-30

今回は、小学校の『教科書のデジタル移行』について考える記事です。

じつは、すぐソコまで波が来ていたんです😂

🏫 それは突然の話だった‥

今週のできごとです。

夕方の子どもたちと入浴中‥
小学3年の長男がフト思い出して言いました。

今日、先生が言ったんだけどね‥
来年から、教科書が無くなるかもしれないンだって😄
‥はぁぁぁぁ😳⁉

息子いわく「先生はまだ・分かんないんだけど」と言っていたそうで‥教育現場も急な対応についていけていないのかな?😅

じゃあ・タブレットが教科書になるのか😳?
ん~、そこまでは言ってなかったケド、

なんと、今週の月曜に登校すると
教室の中に『人が2~3人が入れるような金庫』が鎮座していたのだそうです(笑)
そして・その金庫には絶対にさわるな、と命令されたそうな‥(笑/童話みたいな展開)

(その中にタブレットが入っているのだろうなァ‥🤔)

🎒 じつは以前からあった話だった

わたくし・そんなただちにタブレット学習に移行するとは思っておりませんで、驚愕いたしました😳

こんな近くまで波が迫っていると、皆さまはご存知でしたでしょうか?

ネットでザッと見てみますと、

(前略)平井卓也デジタル改革相と河野太郎行政改革相は10月6日、教科書の原則デジタル化や規制緩和など教育分野のデジタル対応を加速するよう文部科学省に求めたという。出展:「教科書、原則デジタル化を」はおかしい|論座

次回の小学校の教科書の改訂が、2024年に予定されているのだそうです。

その改訂のタイミングで、デジタル移行を狙っているんだって😳

へぇぇぇ、そうだったのですか‥❗

2024年にいっきに移行すると負担なので、徐々に移行を開始する‥ということでしょうか。

教科書がデジタル移行にするとどうなるのか?
良し悪しを考察してみますね😃

🏫 教科書デジタル化メリット


💡 教科書の分が軽くなる
通学が身軽になるのは、最大のメリットじゃないでしょうか。
ランドセルだけでも重いのに、教科書をドサドサと持ち歩かなくて良くなるワケです。

💡 教科書を忘れた、がなくなる
次点のメリットは『教科書忘れ』が無くなることでしょう。

小学校時代の私が知ったら、狂乱して羨ましがるだろうなァ

ADHAなどのお子さんには、とてつもない朗報となるハズ。

💡 確実に理解度が深くなる
息子が現在『進研ゼミのタブレット講座』を受けているので良く分かるのですが、

アニメーション・音声があることで、子どもの理解度が深まります

集中力の無いお子さんも、クギ付けにできるので‥確実に基礎的な学力が向上すると思います。(平均点が上がると予想)

💡 教科書を廃棄する必要がなくなる(親側)
年度がかわると、教科書は捨てても良いのですが‥教科書って捨てづらくないですか?😂
デジタル化すれば、新しい教科書の内容はタブレットにDLされる‥のでしょうか?

💡 ペーパーレスに貢献
先ほどの内容と同じですが、ペーパーレスにより何かしら環境に貢献できる‥かな?

さて、つづいてデメリット考察に参ります

🏫 教科書デジタル化デリット


💡 近眼が進むのでは?
紙の教科書と、タブレット画面とでは目の負担が違うように思えます。

子供の目に大丈夫なのかな?😶

‥という不安がありますよね。
この件に対して、すでに対策が講じられているようです☟

普及に向けた課題は、デジタル端末の長時間利用による近視や斜視といった健康上の懸念だ。このため「各教科等の授業時数の2分の1未満」の利用になるよう、文科省は2018年にガイドラインを定めた。児童や生徒の健康に配慮しつつデジタル教科書を活用していく方法については、文科省は7月に有識者会議を設置し、議論を進めている。「2分の1未満」の制限について平井大臣は「私からするとナンセンスだ」と批判した。「教科書は原則デジタル化を」平井デジタル担当相、文科相に提言|ITmedia NEWS

デジタル化してしばらくの間は、授業時間の半分だけデジタル教科書を見る‥ことになりそう。先生も気を使って大変だなァ😅

💡 タブレット端末が高い(運営側)
教科書に比べると、タブレット端末のコストのほうが高くなってしまうとのこと。でも・こーゆうところにこそ税金をですね‥

💡 大容量の高速通信の用意(運営側)
タブレット端末はネットワークに接続されている必要があるので、その回線の確保が必要となる。

コロナの休校時に思いましたが、

学校側からのアンケートで『自宅にWIFI回線があるかどうか?』をしきりに質問されました。デジタル化移行にともない、家庭でもネット接続環境が必要になってくるのかも。

💡 教科書をつくる側の不利益(出版側)
『教科書』という絶対に売れる商品を作っていた『出版社&印刷会社』にとって、デジタル移行は大打撃です。

教科書だけに言えることではありませんが、出版業界は『紙媒体から電子媒体への移行』による転身を本腰を入れて考えねばならないですね。

🙇 親としてお願いしたいこと

かっこん、デジタル移行には大賛成です。日本は、アジアにおいてIT・電気電子機器業界でガンガン追い越されていってますもの📉

デジタル移行を反対される方、
『気付いたら日本だけがデジタル移行に取り残されていた』‥と世界から笑われても良いのでしょうか。
『先進国のくせに(笑)』と言われるのが想像できます(何をもって先進国というのか?最近・定義が分からなくなりますけどネ🤔)

さて・『デジタル移行・大いに結構』の立場で、
親として教育現場にお願いしたいのは‥

筆記用具で文章を書くチカラを、十分につけていただきたいこと。

わたし自身、日常ではまったくペンを握っておりません(キーボードはムチャクチャ叩いてますが)。💡 そうするとどうなるか?
子供の担任に一筆をする際に、ペンの握り方に違和感をおぼえるのです😂‥そして、当然ながら文字はガタガタです。筆記用具をにぎり、チカラを入り・抜きして、腕を動かす‥という動作が、容易なことではないのだ‥と痛感いたします。

さらに言うと、今後の図工もどうなるのでしょうね‥

ゆくゆくは、図工もデジタル移行するのかナ‥PCでペンタブレットをつかって、CGを描く😅?

🎒 ランドセルも言いたい

この流れなら言える、
ランドセルもどうなんですかねぇぇぇ~‼

いっとき問題提起された『ランドセル重すぎ問題』

空っぽの状態が1.3kg‥そこにいろいろと詰め込むワケで。肩こり&腰痛に悩むお子さんもいらっしゃるとか。

ランドセルはデメリットが多すぎるのですよ

重くて大きいのに容量が少ない・材質的に詰め込めない。中を見渡しづらい。そしてお値段が高い。

機能的に、リュックで良いじゃないですか

リュックのデザイン性の自由を認めたくないなら(←こういう子供の自由を認めない考え方は、もうヤメるべきでは😐)、学校指定のリュックで良くないですかね。

🏫 総括

私が今回の件で思ったことは、
日本はもっと、世界の先進国と同様に効率主義になってよいのでは?ということです。

気付けば日本は、形式・様式を尊重しすぎて他の国々から取り残されているように見えます。
日本独自の文化も大事ですが、このままでは渡り合えなくなるのではと。

そんな中での脱ハンコは、大改革だと思います

 
‥というわけで、今回の記事は以上です。

皆様も、ココロの準備を‥
デジタル関係、お子さんに負けないように🤤

こちらの記事もどうぞ

Copyright© KAKKON.NET , 2020 All Rights Reserved.