【ネタバレ考察】青鬼X 卓郎編❶生存END!攻略あり【序盤の拉致~神殿玄関前まで】

2022-03-16

青鬼Xの卓郎編の全ストーリー分岐を追います。長いので前後編でお送りします😃

更新遅すぎてごめんなさい!!😭

※攻略ネタバレ注意申し訳ございません、MAPが分かる記事ではありません。『あらすじ的ストーリーを追う』のが目的です。ご了承ください🙏 暗号の答えは明記してます。ネタバレに注意してください

【卓郎編ルート】
どこかで目が覚めた
牢屋に閉じ込められた
墓地から脱出した
宿屋に戻った(30%/ここまで死ぬ要素なし)

卓郎、拉致される

画面が真っ暗な状態でスタートする。

???「いやーしかしこいつ、本当にイキが良いな

???「ああ、青神さまもお喜びになるに違いない

拓郎:「…?車の中?どこかに運ばれてる?どういうことだ…?俺たち確か宿に泊まって…」

???「他のやつらもうまく運べてるだろうか

???「今日はただでさえ人が足りないからな

???「まぁな。いよいよ大祭儀本番だ。ちゃんとやらねぇとな」

拓郎:「…よくわかんねぇけど、なんか逃げないとヤバそうだ」

拓郎:「どうにかしてここから脱出できないかな」

(ここでようやく、拓郎が画面に出現)
“壁は隙間なく固定されている。”

拓郎は狭い空間に閉じ込められて身動きが取れず、さらに真っ暗で何も見えない。

???「そろそろ着くぞ。念の為に開ける前にまたガス吹いとけよ」

“シューーー”という音とともに、また画面が真っ暗になる。

謎の牢屋

次の瞬間、暗い牢屋の中で目覚めた卓郎。牢屋の中には、巨大な青い腕がある。

拓郎:「おー-い‼おーーい!だれかー!!!」

卓郎が叫ぶと、
???「…ろう?卓郎!聞こえますか!?」
この冷静な受け答えは…

拓郎:「ひろし!ひろしか!?お前も無事だったんだな!」

ひろし:「卓郎、そこから出られそうですか?」

拓郎:「いや、鍵がかかっていて出られないみたいだ…他のみんなは?」

ひろしは『ちとせ』と合流して、みんなを探しているところだという。

ちとせ:「卓郎!大丈夫!?…卓郎ごめん、あたしのせいで…
拓郎:「ん?」

この会話が終わると、卓郎いる牢屋の床にるマンホールから『青いガス』がシューーーっと発生する。

拓郎:「あれ…なんだこのガス…!!」

すると・ガスに反応して、青い腕が動き出した!
パニックになり、出口に向かう卓郎。

卓郎は牢屋の扉に何回か突進し、扉を破壊して脱出に成功する。

さすが卓郎、ひろしやたけしにはできない演出。あのままあの牢屋に居たら、どうなっていたのだろうか😅?

ひろしと合流

卓郎がたどり着いた先は、どこかの広いフロア(プレイヤーには見覚えがある)

拓郎:「なんだここは…早くひろしと合流しないと…」

つぎのエリアは、外。暗い。
足元にアイテムがある…『北門の鍵』をゲット。

すると、ひろしとちとせがやってきた。互いの無事を喜びあう3人。

ちとせは卓郎に「村で休んでいて」と提案する。ひろしも村まで送っていくという。

卓郎は素直に同意して、ひろしに先ほどの『北門の鍵』を渡す。

ひろしが「墓地のほうに出る」というと、卓郎は「ここ墓地なの!?」とギョッとする。
ちとせいわく、卓郎が居た施設は「遺体を燃やす焼却所」なのだそうな。

…と話していると、
卓郎の背後に青鬼が迫ってきた!

拓郎:「うわっ!くるな!!」

ビックリして飛び上がる卓郎。すると、
拓郎:「‥くそ、足くじいたみてぇだ…お前らだけでも先に行け!!」

卓郎おなじみの終盤展開キター!!(早すぎ)

ポンちゃん登場

卓郎を置いていけないとちとせが抵抗すると…

遠くでとつぜん、猫が鳴く。
ポンちゃん:「ニャー!!」

ちとせ:「え…ポンちゃん!?」

ポンちゃんは、青鬼に向かってこっちに来い!!と煽るように鳴く。
ひろし:「卓郎!今です!早くこっちに!」

卓郎はひろしのほうに進み、青鬼はポンちゃんのほうに向かう。

ポンちゃんは上手く逃げていったようだ。

とりあえず墓地から脱出した3人。

ひろし:「卓郎、足は大丈夫ですか?」
拓郎:「あぁ、なんとか大丈夫だ。歩けるぜ」

ひろしが村へ向かおうというと、
「卓郎は自分は大丈夫だから他のやつらを探してこい」という。

ちとせは「危険だ」と反対するが、ひろしは卓郎の意思を尊重し…、

卓郎は、足を引きずりながらゆっくり村へ向かう。

卓郎、最悪なスタートですね😅💦

卓郎、宿屋に戻る

卓郎は宿泊していた旅館の部屋に到着する。

(素直にソコに帰ってよいのか?)

すると、すでに避難してきたたけしも(押し入れに)居る。
拓郎:「ったく、なんなんだよここは!!ひろしたちもおせーし、美香は大丈夫なのか?」

たけし:「そ、そんな大声だすなよ…またあいつらに見つかるぞ…」

拓郎:「こんなとこで待ってたって何も解決しねぇ。俺も美香を探しに行く」

たけしは「足をケガしてるのに?」と心配するが、卓郎は「もう大丈夫」だという。

拓郎:「ひろしだけにいいかっこさせてらんねぇからな。俺も連中に一泡吹かせてやるぜ」

男らしい(それは美香も惚れますネ)

マジかよ、と怯むたけし。
「お前も行くか?」と卓郎に聞かれ、
たけしは「行かない‼無理無理…ガタガタガタ」

拓郎:「情けねぇやつだな。まぁいいよ。無事帰れる方法見つけたら呼びに来てやるよ」

たけしは再度、押し入れにこもる。
たけし:「気をつけろよ…俺も宿の中になんか使えそうなものがないか探してみるぜ…

宿屋を探索

一人で探索を開始する卓郎。

宿屋のフロントに置いてあるノートを見ると、
20XX年 X月X日 100人記念?で無料で泊まれちゃった!ラッキー♥明日は撮影!たのしみ!」

拓郎:「美香の字だ…あいつ、大丈夫かな…」

宿から出ようとすると、出入口にカギがかかっている。

するとジリリリリ、と電話が鳴る。
ビックリして飛び上がる卓郎。(コキャるなよ)

電話に出ないか・出たほうが良いのか?と葛藤する卓郎。

💡ここで選択肢
📌 電話に出る
📌 ちょっと考える

➡『電話に出る』と…、
???「こちらB班副長。宝玉の捜索状況を報告せよ

「宝玉?」と卓郎がとまどっていると、電話の相手が「どうした?」といぶかしむ。

💡ここで選択肢
📌 は、はい!何も見つかってません
📌 発見しました!
📌 お前誰?宝玉ってなに?

➡『発見しました』にすると…、
???「了解。至急神社にいるE班に合流し、宝玉を引き渡せ。あとお前、無線がオフになってるぞ。以上」

電話をやりすごし、ホッとする卓郎。
フロントでアイテム『宿の鍵』をゲットする。

このカギで、宿屋の出入口を開けて脱出する。

(…墓地から戻ってきたとき、どうやってココに入ってきたんだろう…🙂)

はしごをゲットする

宿屋を出ると、目の前にポンちゃんが居た。

拓郎:「あっ、さっきの猫!さっきはありがとな、本当に助かったぜ」

ポンちゃんは、卓郎に「こっちについてこい」と鳴く。ついていく卓郎。

左手のエリアに進むと、ポンちゃんはガケの上に居る。卓郎は登れない。

卓郎:「ハシゴでもあれば…」

💡 はしごを入手する必要がある。
宿屋のあるエリアに戻り、
❶エリア右下に行くとアイテム『木材』ゲット
❷エリア右上の家に入るアイテム『ハンマー』
❸宿屋の押入たけしからアイテム『釘』ゲット

アイテム同志を組み合わせて、
アイテム『はしご』をゲット。

ポンちゃんが待つガケ下でハシゴを使うと、登ることができる。

ポンちゃんと合流して、先に進む。

ポンちゃん、仲間になる

“しばらくポンちゃんについていくと…”

拓郎:「なんだ・この堀(へい)は…」
目の前に、高く長い塀が横に伸びている。
塀のはしっこに穴が開いていて、そこから塀の中に入れそうだ。

塀の先は、おなじみの巨大な神社。
拓郎:「なんだここ?」

???「いやぁ…まいったな…ほんとに…」

村人が近づいてきたので、慌てて隠れる卓郎。

???「聞いたか。山と墓地に続いて、依代(よりしろ)の代わりも逃げ出したみたいだ」

???「ここまで失敗したら、本当に大祭儀が成り立たなくなるぞ…」

???「ああ、なんとしても本殿の儀式は遂行しなければ…」

拓郎:「ここが儀式とか言ってるやつのメイン会場ってことか!」

拓郎:「ここをぶっ壊せば、あいつらの企みは失敗するってことだな!」

拓郎:「俺たちみんな死にかけたんだ。ぜってー許さねぇ!」

ポンちゃん:「にゃー!」
拓郎:「お?お前もそう思うか?」
ポンちゃん:「にゃー!にゃー!」

拓郎:「よし、いっちょ中に入ってめちゃくちゃにしてやろうぜ!」
ポンちゃん:「にゃー!!」

“ポンちゃんが仲間に加わった”

神殿への鍵を入手する❶

卓郎の左がわにある灯篭を調べると、
「右の灯篭(とうろう)はあかりがついていないようだ」(左側の灯篭は明かりがついている)

境内エリア右上にある祠(ほこら)を調べると、
拓郎:「なにかお供えできそうなくぼみがあるな…」

近くに落ちているお札を拾うと、
アイテム『なにかの御札✕2』をゲットする。

拓郎:「ん?なんだこれ?どっかにお供えするのかな?」

先ほどの祠(ほこら)で御札を使うと「御札をお供えする」ことができる。

拓郎:「うーん、まだくぼみの深さに足りないなぁ…もっと御札が必要みたいだ…

御札は神殿のあちこちに落ちているので、50コ(×2枚=100枚)拾い集める必要がある。最後にまた祠に来てお供えする

正面の建物の扉を調べると、閉ざされている。
拓郎:「やみくもに中に入ってもしょうがねぇよな…なにか中のことが分かる資料とかないかなぁ」

卓郎、なかなか思慮深いですネ

境内の左下にある小屋に入る。

奥の部屋から青鬼(ランダム)が出てくるので、すぐ手前の部屋のロッカーで回避すること。それに間に合わなければ境内の井戸でもOK

奥の部屋◆掛け軸のお盆を調べる

この奥の部屋で、掛け軸のある場所の
「左側のお盆」を調べると「色とりどりの巻物が置いてある」と表示される。この巻物の色の配置を覚えておこう。

「右側のお盆」を調べると、
拓郎:「一本くらいもらってってもいいかな…?」
アイテム『神事の巻物(ここでの儀式について詳しく書かれているようだ)をゲットする。

ゲットした巻物を「使用する」と読むことができる。

“聖殿にて執り行われるべき神事の手順をここに記す”

“三つ社(やしろ)で「???(謎のマーク)」を示し、青神様への天地の力を捧げよ”

“壱之社(いちのやしろ)はヒカリの社。大鏡(おおかがみ)を陽の光に 百日集め、大祭儀の日に子鏡(こかがみ)によって社を巡らせよ”

“弐之社(にのやしろ)はヤミの社。地深く百マスの道を作り、聖門にて整え、大祭儀の日に流水をもって示せ”

“参之社(さんのやしろ)はホネの社。贄(にえ)を百用意し、黄金に染め百日捧げ、大祭儀の日に崩せ。”

“社は青神様がお通りになるまで、決して取り崩さぬこと。”

神殿への鍵を入手する❷

手前の部屋へもどる。
❶壁を調べると「頑丈そうな金庫がある」
❷その横に電子錠、暗証番号を入力する必要あり。

❸左側のタンスを調べると「ボタンのついた棚がある」

💡ボタンを押すとボタンの色が変化
赤➡青➡緑➡紫➡赤とループする。

➡先ほどの『左のお盆』に置いてあった巻物の色にする。

棚が開くと、アイテム『ロウソク』をゲット。

❹右の棚を調べるとアイテム『マッチ』ゲット

境内にある『右側の灯篭』に行き、ロウソクを使うと➡ ロウソクを立てる

その状態でマッチを使う➡ ロウソクに火をつける

すると、灯篭の内側に数字が浮かび上がる➡ 4925

先ほどの小屋に戻り、暗証番号を入力する。

金庫が開き、アイテム『神殿の鍵』をゲット。

境内に出て、正面の建物『神殿』の扉を調べると中に入ることができる。

今回はここまで。 つづきは別記事にて…お待ちください!

こちらもどうぞ

青鬼X 生存死亡ルート分岐

こちらの記事もどうぞ