【家づくり:上棟後5week】階段ができてました&棟梁の仕事観【しもことしくよろ❗️】

      2017/02/01

今回、上棟後4week~5weekの間でお正月休みが5日間ありました。
ですが便宜上、そのまま週数を数えて参ります。

1/4、2017年の仕事始め。
棟梁とお互いに『今年もよろしくお願いいたします』と年始の挨拶を交わしまして、見学させていただきました。(旅行のお土産という名目で、年始のお菓子もお渡ししつつ…⭐️)

さて、今回見学のメインは階段です。
前回はまさに階段づくりを開始するところでしたが…どうだろうか??

まずは以前の状態がコチラです。

ドキドキしながら階段に向かうと、こちらの状態に…❗️

おおー‼️

この間、作業日数なんと1日です。
W棟梁は前回撮影12/28の翌日、12/29にお一人でこちらを完成させたようです。
職人さんってスゴイですね。


綺麗に、キッチリと作られているようですね。

▼階段の中心部分を見上げたところ

前回、棟梁がミゾを削っていましたよね。
それが側面ボードの右側部分です▼(白い側面の間と黄色の壁の間のミゾ)

そこに、壁面ボードを上から『かませる』のですね。
ようやく意味が分かりました。

かっこん:とうりょ~、階段のぼってイイですか~?
棟梁:い~よ~⭐️

…というわけで、初階段のぼりです❗️

妙に感動&興奮いたしました、
階段途中の撮影を忘れたくらいです(笑)


我が家の階段の『踏み板などの色』は、クリエカラーからしかチョイスできませんでした。

階段終わりの框(かまち)の色も、クリエカラーのみのチョイスです。

我が家は廊下が全て『ラシッサDフロア:メープルF』なので、階段色はクリエペールで違和感の少ないようにいたしました。

小屋裏に行けるようになった❗️

なんと、今回ようやく謎のフロア・小屋裏へと続くハシゴがかけられたので、行けるようになりました。新ダンジョン解放といった感があります(笑)

余談ですが、このハシゴは今まで1F~2Fの行き来で使用していた、棟梁お手製のハシゴです。

コレを、棟梁おひとりで2階に持ち上げて、コチラに設置されたそうで。

かっこん:コレをお一人でやられるって、スゴイですね
棟梁:軽いからね、コレくらいは。エヘヘ(笑)

棟梁がリアクションに困ったように笑うので、

かっこん:え・コレぐらいは(皆さま)当然ですか(゚Д゚;)

主人がチカラ仕事&DIYができないので、こういうことがヒョイヒョイできる男性に感動してしまう私です…(笑)

失礼いたしました、話を戻します。
2.5Fというべき場所、小屋裏です。

広さは10畳ほどあります。
広々として見えますが、天井がMAX1400mmまで下がりますので、残念ですが実際にはもっと狭々するはず。

階段を中心にして、左右に空間があります。


画像の赤い部分が壁。
中心の白い部分が吹き抜け部分になります。…吹き抜けといっても、アクリルパネル&手すりで転落防止にして、灯りが抜けるだけです(^^;)

これは間取り打ち合わせ段階で、担当営業からの提案で決まりました。
HMショールームでも同じ造りで、見て感じが良かったので『あ・じゃあソレでお願いします★』と気軽にお願いしました。どうなるのかドキドキです。


天井部分を間近で見ることができましたが、ウレタンがモッコモコに吹き付けられてました。コレで、夏の暑さをどうにかしてほしいものです。

今月の棟梁予定

月に一度のお楽しみ★棟梁の予定コーナー❗️

そんなに予定はないようです。
1/14に上棟に出張されるのか、お疲れ様だなぁ。。


(平野ノラ)と書いてあるところに気遣いを感じます。

スケジュールボードに貼ってあるマグネット関係は、今までのお施主さんの『差し入れに付いていたドリンクの景品』のようです。
我が家の差し入れだったMETSのマグネットも、右上に貼ってありました(笑)

今週の棟梁に聞いてみよう

かっこんの2016年末の疑問。

なんでコントレックス飲んでるんですか?

W棟梁:オレね、硬い水が好きなの❤️
かっこん:(爆笑)

まさか、コントレックスを好きで飲んでらっしゃる方が居るとは!

棟梁、かなりの水マニアなのだそうです。痛風ということもあり、普段からマメに水を飲んでいらっしゃるとのこと。やはり痛風でしたか…(白子の件)

棟梁は軟水・通常の水道水を飲むと、冷たくても『ヌルく』感じるのだそうです。でも、

棟梁:『ドイツのシュタイなんとか言うヤツは、さすがのオレでも硬すぎてダメだったんだ⭐️』
…そ・そーですか( ̄▽ ̄;)(笑)

棟梁の和室のお仕事。

和室を作る家が少なくなり、作り手(大工)も減った…、というお話で。

仲間に頼まれて、和室だけを作りに行くことも珍しくないW棟梁。

棟梁:Mにある(某大手マンション)Sのマンションの最上階で、そこのオーナーが和室を作りたいっていうことで、和室だけ作りに行ったの。
かっこん:予算がスゴイだろうから、材料はスゴイの使えたんじゃないですか?
W棟梁:そーなのよ❗️床柱なんか、おお・スゲーー❤️って(笑)
かっこん:それに比べてウチ、ゴメンね棟梁(´;ω;`)
W棟梁:いや、い~のよ(笑)

造り手さんとしては、最高の材料で作るほうがテンション上がるでしょうからねぇ。

棟梁のお仕事観。

現役までギリギリ働いたとして、あと200棟しか建てられないだろうなァ。という棟梁。

かっこん:棟梁・そういう考え方をされるンですね?
棟梁:そりゃそうよ❗️だから、大事に使ってくれる人の家を建てたいんだ。

棟梁は面白いことをおっしゃいました。

本当は、ローコストハウスのオーナーの家がイイんだよ…

意味ありげな物言いに、…ん?どういうイミですか?と尋ねると、

お金が無くて家を建てる人は『一生・住む家』として、家を大事にしてくれるの。
でも、お金持ちの家の人はチガウんだよね。
ああ❗️、リフォームとかリノベーションを気軽にしちゃうんですね❗️
そう。こっちがせっかく丁寧につくってもね…。

棟梁にリフォームの依頼も来るそうですが、だいたいは赤字になるのでイヤなのだそうです。(生真面目に仕事をされる方には、割に合わないのかな)

建売住宅は『お施主さんが見えない』から受けない、アパートも同様にイヤだと。
棟梁は、お施主さんありきで住宅のお仕事を受けていらっしゃるんですね。

棟梁から今回のお話を伺って、そんな想いで作ってくださった我が家を大事にしよう、と思いました。

我が家のリフォームも『オレが生きている限り』来て下さるそうです。長生きしてくださいよォ❗️

棟梁の家づくり以外のお仕事。

棟梁は、年に2回は『家づくりとは関係のないお仕事』を入れて、気分転換できるようにしているそうです。

バートンのスノボ大会のコース設営をされていたり…、

W棟梁:新国立競技場の現場も誘われてて、今からチョー楽しみなんだよね❤️
かっこん:ええっ・あの隈研吾さんの!?

▲隈研吾さん大好き

基本的にフリーでお仕事をされていて、仲間内でお仕事を紹介しあっていらっしゃるようです。イヤな仕事を受けない、というポリシーのもとで楽しみながらお仕事をしてらっしゃるんですね。

こんな忙しい方に家づくりをお願いしたのか、ウチの担当営業は…。
我が家が『気分転換できる楽しい現場』なら良いのですが(笑)

かっこん・今週で決めること

ついに、タイルの発注をいたします。
㎡数を計算して、実面積の2割増しにして、さらには箱単位で計算して、担当営業に発注をかけてもらいます。もう大変ですよ。←オノレのせいだろうが

タイルのお話もぜひ、させてください。というわけで今回は以上です。

 - 上棟後の経過報告, 家づくり