【家づくり:上棟後9.5week】木完チェックの巻。室内ドア設置・床柱が登場❗️【営業と交渉も‥】

      2017/02/06

上棟後9.5週を経過しまして、大工工事が終了。

本日は、大工工事が終わったことを確認する『木完チェック』がありました。

いや‥正確には、大工工事は終わってません。
詳細は、こちらの記事の最後でご報告いたします。

さて、木完チェックのこの日(2/4・土曜日)は‥

なんと、5歳の長男が朝から39.2度の熱を出してしまいました。

インフルエンザか!?と大慌てで小児科で診て頂くも、判定は陰性。
午後には熱が37度に落ち着きました。
それでも、安静に‥ということで外出中の母を呼び寄せて、息子の看病をお願いしつつ、約束の時間になんとか現場に到着いたしました。大変でした(T▽T;)

木完チェックとは?

大工工事が完了したのちに、石膏ボードの上に『壁紙クロスを貼る作業』に移行します。


クロスを貼る前に、石膏ボードに不備が無いか?の確認を、

営業・現場監督・施主の3人で家中すべてを見て回るというイベントです。

見るべきポイントは、
ビスが既定の間隔でキチンと打たれているか否か。

石膏ボードの張り合わせ部分に、極端なスキマが無いか否かです。

この写真くらいのスキマでしたら、クロス屋さんがパテで埋めるらしいです。

W棟梁の話だと、ビスの頭もパテで埋めていくそうです。
クロス屋さん大変ですね‥その作業・ぜひ拝見したいです!

部屋の中をグルグルと(テキトーに)見ているなかで、前回の記事で搬入された室内ドアが設置されてるじゃないですか★

ドアの写真あんまり撮れていないです、だって木完チェックでしたしね。営業の手前‥(←かっこん、担当営業だけには遠慮する)

脱衣室のチェッカーガラスのドアが、民芸調で気に入ってます。
また今後、ご紹介いたします★


子供部屋の<可動>間仕切りも設置されていました。

…普通にドアですね(笑)
Panasonicの可動間仕切りは、本当に『壁』の分厚さ&質感でした。その分、お値段もすごかったですが‥。(余裕で30万円↑だった気がします)


左手の壁に3枚建てのドアが引き込めるようになっています。(この図面では私がテキトーに書いてますので矛盾してます)

ドアは外せるんですか?
監督Sさん:いや~~~

施主で外すのは、ドアを絶対にキズつけちゃうから辞めてくださいとのことでした。プロなら大丈夫なんだそうです。プロすごいな。

いきなり登場の床柱!

和室が先延ばしに‥さらに‥

清濁あわせて書かねば、施主系ブログとは言えません。
以下からはダーク部分です。濁だけに。

こちらで報告する機会を逸していた内容を書きます。
じつは、和室に関してちょっとトラブルがありました。

我が家のハウスメーカーは、和室の建具をLIXILにオーダーしていたのだそうです(以前の和具のSさんとは別の建具とのこと)。

(どういう事情が存じませんが)和室の建具の納期が、かなり先になるという回答がLIXILからあったそうなのです。LIXILさん、滅多に和室の発注がかからないのかなぁ‥

和具が入ってこない→和室が完成できない→家が完成できない
‥ということで、

我が家の引き渡し日が10日間も先延ばしになってしまいました。

和室を作ることを楽しみしていたW棟梁は、一切・和室に手をつけることができずに『次の現場の開始予定日』がきてしまいました(T▽T)

‥W棟梁の手が空き次第、我が家に来てくださって和室づくりをしてくださるそうです。棟梁、ご迷惑おかけします‥(T_T;)

和具の納期を見越して、もっと早く発注をかけることができなかったのか?
施主としては不満です。

滅多に和室づくりを手掛けていないという、我が家のハウスメーカーの弱点が露呈しちゃいました。

他にも、コンセント&スイッチ『アドバンス(Panasonic)』の発注でトンデモナイ差額(追加9万円)を請求されてビックリしたり。

クロスの差額(追加21万円)請求でビックリしたり。

クロスの施主支給は一切・許されないとのことでした。
一時期あこがれた『輸入壁紙』なんて、もってのほかでした(笑)

施主にとってキツかったこと

今回、何が問題だったのかと言いますと、
『アドバンス差額』『クロス差額』も、かなりの追加金額が発生するにもかかわらず、

担当営業は『見積額の提示~施主の発注承認』という過程をとばして、

『(勝手に)発注をかけてから、施主へ事後承諾』‥という荒業を繰り出してしまったこと。

その理由は『早く発注しないと、納期に間に合わないから』だそうです。

‥え?(゚Д゚;)

納得できましょうか‥
わたくし・納得できないことに5,000円以上は払えません。‥にしたって、コンセント&スイッチをカッコよくしたというだけの理由で差額9万円ですよー?その額を事前に知っていたら、どーにかしてましたよ(T▽T;)

これから家づくりをされる方は、『必ず明確な見積を作成して、それを施主に提示して、承諾をとってから後に発注をしてください』と営業さんに事前にお願いをされたほうが良いですよー。

勝手に発注されるのは、施主の精神的に本当にキツいです。
(それに比べてW棟梁は、発注前に何度も金額の確認をしてくださいました(´;ω;`*)‥現場仕事の棟梁のほうが施主に丁寧とは。)

(後日記:結局『アドバンス・クロスの発注は取り消せない』ということで、ハウスメーカー(正確には工務店)側で1/3ほど差額を負担して頂くことで了承することになりました。今までにこの対応で、お施主さんとトラブルになってこなかったのか不思議なのですが‥)

(後日記➁:この翌日。クロス屋さんもこの経緯を知ってか知らずか‥
 顔を合わせてまず、言われた言葉が『言いたいことは言っておかなきゃダメですよ!』
 家づくりとは、そういう世界のようです‥(笑)励まされました(´;ω;`*)

‥ちょっと湿っぽくなっちゃいました。
やはり濁部分は、程々にしないとダメですね(^-^;)

でも・こんなこともありつつ、の家づくりです。

いろいろあっても、ほぼ妥協のない家に仕上がりつつあることは確かです。
このまま、頑張ります。

 - 上棟後の経過報告, 家づくり