【ネタバレ注意🎬前編】映画妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS【永遠の友達、出会い編‼】

投稿日:2018-12-17 更新日:

妖怪ウォッチ5本目の映画『FOREVER FRIENDS(フォーエバーフレンズ)』。2018年12月14日上映開始の翌々日、家族で観に行ってまいりました。
映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS

注意:かなり詰め込まれた内容だった為、聞き取れなかった部分がかなりあります。かっこんの勝手な解釈でカバーしている部分が多いことをご了承ください。1年後に地上波で見て『全然・違うじゃん!』かもしれません

✅ 事前感想。
見ようかどうか?迷っていらっしゃる方。
今回の内容は『地味な内容』ながらも、
ノスタルジックな世界観と相まって、シミジミとして、ラストの爽やかな気持ちは何とも言えません。オトナが見たほうが考えさせられるモノがあると思います‥ぜひ、パパさん・お子さんとご覧になられてください❗

エンマ大王の出生の秘密が明かされるので、エンマ大王が好きな方は、必ず見てください❗

そして何より、興行収入次第で次回作の有りや無しやが決まります‥自作へ繋げるためにも、是非・映画館へ‥‼

‥では、参ります。

以下から、ネタバレあらすじ感想となります。まだ知りたくない❗という方は、ご覧になられませんようお願いいたします。こちらへどうぞ映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS

 

(同時上映なし)

プロローグ

??:『‥人は皆、守護霊に見守られている。祖先、家族それぞれじゃ。お主は果たして誰に見守られているのかのう?』
アキノリのおばば声の語りから、始まる。

冬の季節。どこかの街の夕暮れ。
高級車が止まり、老紳士が車から降り立ちます。

老紳士:『‥外は寒い。お前は中でまちなさい。』

『会長、今夜はお車の中で待たれては?』
という付き人の声を断り、寒空を歩き出す老人。

橋の上。
ここが彼の目的地のようです。
1人、つぶやきます。

老人:『‥先日、タチの悪い病が見つかってな‥。ここにくるのも最後じゃ‥』

老人:『全てはこここら始まったんじゃ。そうだろう?』

夕闇が迫る川面をみつめ、
『‥じぁあな、イツキ。』

すると急に川が黄金に染まり、老人は驚きます。‥彼の瞳に映るのは、誰なのか?

シン、そして母の死

物語は過去へと移ります。

冬の季節。古い時代。活気ある街。

張り切って新聞配達する少年。そのすぐそばには、彼の守護霊?がチョロチョロと動きます。

少年は街に佇む『豪邸』を見て『いつかこんな家に住めたらな‥』
 

新聞配達の給料を受け取った少年。
評判の『大判焼き屋』で大判焼きと、薬屋で『高い薬』を購入します。
少年:『母ちゃんに、飲ませてやりたいんだ』

家に帰宅した少年。名前は『(下町)シン』。
家には病床の母親と、『ノロ』という亀が待っています。

頑張り屋のシンに、恐縮する母親。そんな母に、
『何事も気の持ちよう、強く願えばきっとかなう!』という『シンの父』の口癖を言います。
 

シンはゴハン(卵焼き!)も作って、母親にふるまってくれます。とても優しい子です。

そんな何気ない、食事時‥。
母は急に、何か乗りうつったのか?ケモノのように豹変してしまいます。

母親は家を飛び出し、通りに出て、車の前に飛び出してしまい‥
 

母親は寸前で『正気を取り戻し、』シンと目を合わせますが、走ってきた車に跳ねられ、即死してしまいます。

倒れた体からは、憑依していた『禍々しいモノ』が抜け出て、天に上ってゆきます。

イツキ・タエとの出会い

慌ただしく母の葬式が終わり、家にただ1人残されたシン。

『母ちゃん、辛かったのがわからなくてごめんなさい‥でも、なんでオレ1人を置いていったのか‥ふざけんなよ!』と泣き崩れるシン。彼は母親が、生活苦の為に自殺してしまったのだ、と思っています。

1人ふらふらと、シンは橋の上‥飛び込んで自殺しようとします。

『守護霊』が一生懸命にシンを止めようとしますが、すり抜けてしまう。

飛び込む!
‥気の強そうな男の子が、シンを掴んで引き止めます。

男の子:『死んでも何もならないぜ。死んでどうなるのか?それは、そいつの生き方しだいだ。』

その男の子は『(高城)イツキ』、と名乗りました。
イツキ:『一緒に、犯人探しをしないか?』

イツキいわく、犯人は証拠を残さない。人にとりつき命を奪う。

そして『魂を取り戻せば、生き返る』と。

イツキ:『だから最後までなげんな。人生まだまだ捨てたもんじゃねぇ!』

シンとイツキが2人、河原で話し込んでいると、ふと・急に少女が現れます。

彼女は『シンの守護霊にが見える』と言います。

彼女の名前は『(有星)タエ』。
『霊と妖怪が見える』と言うタエに『妖怪と闘う同士だ!タエも来い!』とイツキが強引に誘い、タエちゃんも行動を共にすることになります。
(ちなみに:みんな呼び捨てで呼び合っています。)

謎の執事・臼田

『オレの家に来い』と2人を連れた先‥イツキの家は、冒頭でシンが見ていた大豪邸でした。

イツキの家には、ただ一人だけ男性が存在している?ようです。

彼は‥ウィスパー‥?
ではなく執事の臼田(うすた)
『最近入った執事』だそうで『なんか不気味だ‥』というイツキ。

イツキのことを『おぼっちゃま』と呼び、喋り口調は『‥でうっす〜。』

イツキが連れてきた『お友達』2人を全力でもてなす臼田。‥完璧執事のようです(笑)

イツキの部屋に入ってみると、部屋の中は妖怪の資料だらけ。

イツキ:『姉ちゃんが殺されて以来、妖怪を調べているんだ』

イツキによると、今回の犯人は『玉藻前(たまものまえ)』という妖怪とのこと。

イツキ:『人間に化けて女性の魂をくらう妖怪で、人をあやっって魂をうばう』

イツキの姉は、建設中のビルの屋上から飛び降り、落下して亡くなってしまったそうです。

イツキはお姉さんを追いかけて、飛び降りた姉に手を伸ばしたが『届かなかった』。

この話をしている間、お茶を運んできた臼田。彼には、シンの『守護霊』が見えているようです。

『とっておきのコレで倒す』、というイツキ。
取り出したのは『アーク』です。

『猫又(ねこまた)河童(かっぱ)座敷童子(ざしきわらし)』

イツキ:『でも、呼び出すには『肝心のブツ』がない』ブツとは、‥妖怪ウォッチ。

シン:『‥それはどこにあるの?』

イツキによると、妖怪ウォッチは『やまんば屋敷』にあるそうです。

やまんば屋敷

『やまんば』とは、老婆の妖怪だそうで‥
やまんば屋敷に行ってみると、大きく立派な廃屋(寺院?)でした。

イツキ:『やまんばの弱点はおはぎだ。おはぎを見ただけで逃げ出したらしい。』

‥というわけで、臼田製のおはぎを持参してきたイツキ。

『やまんばが出たらおはぎを投げつける』んだそうで、シンとタエの分もキッチリあります。

タエは『私のお札のほうが効果あるかも‥?』とお札を取り出します。

そしてタエちゃん、やたらこの廃屋に詳しいことが分かります。なぜか?

タエ:『ここは、元々・私のおばあちゃんの家なの』

タエの家、有星(ありほし)家は、妖怪の知識を語り継いている家。

専門家であるのは『おばあちゃん』であって、タエは『妖術師見習い』の立場なのだそうです。

タエは偶然にイツキ&シンと出会ったワケではなく、『妖術探知機』で探していたら彼らを見つけたのだそうです(探知機に引っかかったのは、シンの守護霊なのか、それとも‥イツキか)

タエ:『おばあちゃんは悪い妖怪に憑り憑かれて、『やまんば』になっちゃった』

言いづらい話を今まで言い出せなかったタエに、イツキは『仲間なんだから・もっと早く言え!!』とタエちゃんを励まし(?)ます。

その瞬間『やまんば』が登場。
弱点のはずの『おはぎ』を無視して、アグレッシブにムーブするお婆ちゃん。

『立て、最後までなげんな』とタエを励ますイツキ。

『やまんば』と対決

その言葉を聞いて‥タエちゃんの回想シーン。
(おばあちゃんの声は、アキノリのおばば。)

お婆ちゃんと一緒に妖術の修行中のタエちゃん。
上手くいかない妖術、めげそうなタエちゃんに『最後まで投げずにやってみるのじゃぞ‥』と励ますお婆ちゃんの声を思い出し、1人『やまんば』に立ち向かうタエちゃん。

五芒星の印をむすび攻撃しますが、『やまんば』には通用しません。

今度こそ・やまんばに追い詰められる!

その時、シンの『守護霊』が走り込み『おはぎ』をシンに差し出します。

タエちゃん:『これは、シンの守護霊!』
このとき初めて、シンとイツキに『守護霊』が見えました。

やまんばの『背中にある目玉』におはぎを当てると、『お婆ちゃんの昔の記憶?』が蘇り(良心が復活した?)‥、

やまんばがうろたえる間に、イツキがタエちゃんの持ってきた『お札』を貼ると、やまんばは『小さなライトサイドの姿』へ変化しました。同時に、タエのお婆ちゃんも無事に憑依が解けました。

お婆ちゃんいわく、有星家とは『月の女神 “ツクヨミさま” に守られた一族』なのだそうです。

『元凶である『やまんば』に、トドメをさせ』というイツキ。

シンとタエは、やまんばを助けろと止めます。
その間にやまんばは、不敵に笑いながら逃げてしまいます。悔しがるイツキ。

タエちゃんのお婆ちゃんは『やまんばの中からずっと見ておったぞ‥弱い心に打ち勝って、えらかったな』とタエちゃんを称えます。

妖怪ウォッチ零、登場

お婆ちゃんにこれまでの経緯を相談し『妖怪ウォッチを貸してくれ』と頼むイツキ。

イツキ:『妖怪ウォッチをあやつって、妖怪を倒したい』

婆:『あやつって倒す‥というのは違うな。妖怪を友とし、仲間にしなければならん。』

お婆ちゃん所有の『蔵』から出してくれたのは『妖怪ウォッチ 零(ゼロ)』というエルダ。

イツキが喜び勇んで装着しますが、『零』は彼の腕から逃げてしまいます。

婆:『妖怪ウォッチは、選ばれたものしか使えないのじゃ』

悔しがるイツキ。しかし・その間、シンがアッサリと『エルダ零』を装着します。仰天するおばば。

イツキは、選ばれた者が自分ではなく一瞬・無念そうな表情を浮かべますが、

イツキ:『これで、玉藻前と戦えるぞ!』

スーさん、正式に合流

夕暮れ時。
街の奥に海が広がる美しい景色を見渡せる山腹で、3人並んで座っています。
シンの『守護霊』は周囲で、チョロチョロと遊んでいます。

イツキ:『オレのおふくろも、早くに死んだんだ』(この言葉に、シンは強くイツキに共感したことでしょう)

イツキのお父さんは、大きな会社の経営者だったそうです。

イツキ:『親父は不正を背負わされ、すべてを手放し、その責任を取った』

イツキ:『人の上に立つということは、その人の人生を背負うということだ』

お父さんは間もなく過労がたたり、病気で亡くなったそうです。

イツキ:『でもそんな親父を、尊敬しているんだ‥大きな男に、オレはなる❗
 

タエちゃんも、一人前の妖術師になりたい❗‥そうです。現在は『妖術師見習い』だそうです。

ところで、シンの守護霊は『なぜ突然・見えるようになった?』

タエちゃんの解説によると、
シン&イツキは『やまんばの強い妖力』に接することで、守護霊が見えるようになったんじゃないか?とのこと。

シンが守護霊に向かって『名前は?』と聞いてみると、守護霊は話しかけられたことにビックリしつつも、

守護霊:『スーさんと呼んでくだされ』

イツキ:『なんであの時、シンの母親を守ってやれなかったんだ?』

スーさん:『 “カタナ”をなくして以来、力がうすれ、記憶もなくし‥』

スーさん:『かつては、一目おかれる存在だったような気もするが‥』

スーさん、フラグ立ててますな~。

『お前もチカラをかせ!』とイツキが誘い、スーさんも正式に仲間として合流しました。

『零』で猫又(ねこまた)召喚!

イツキ邸へ帰宅した3人。
臼田の所有する『玉藻前』の映像を見ています。

『玉藻前』‥通称『たまも』
凶悪な、恐ろしいキツネの姿の妖怪です。

『じゃ・早速、妖怪ウォッチ零でアークを使ってみよう❗』としますが、

イツキ:『どーすんだこれ?』
(全視聴者:『だよね』)

臼田:『わたくし・知っとります』

臼田:『アークを指して、こういうのです‥おれのともだち・出てこい猫又!
(かっこん、『ココはケータくん口調でふざけるのかナ?』と期待しましたが臼田はマジメでした

猫又:『猫又❗ またまたまたまた・登場ニャン⭐️』
全員:『いや、初めて会うんですけど‥』猫又がカワイイです⭐️

猫又・河童・座敷童の3体はアッサリと呼び出され、『たまも討伐メンバー』面接会が始まります。
 

  1. 『猫又』の特技は、どこでも寝れる。
  2. 『河童』は、休日は家族サービスしてる。
  3. 『座敷童子』は、女性の時間を3秒間停止できる。

座敷童子は多少・使えそうですが、どの妖怪もイマイチ期待できそうも無いようです‥

そんななか『猫又には秘密のチカラがある』と本人が自称しています。
それ『爆発的なおなら』。冷たい水があると、どーにか納まるらしいです。

『たまも』と対戦!

3人で、イツキのお姉さんが急におかしくなった、という場所に行ってみると‥

そこには『大判焼き屋』がありました。
お店のお姉さんには『猫又が見えた』ということから、イツキは『大判焼きのお姉さん』が『たまも』であると見抜きます。(シンも直前でココで買い物をしていたため、狙われたのか?)

ついに、姿を現した『たまも』。
3人を追いかけまくります。
偶然・カーブミラーで自身の姿を見た『たまも』は、錯乱し、シン達を見失いますが、すぐに追いつかれてしまいます。

河原ということで、エルダで『河童』を呼び出しますが、気の毒なほどに瞬殺。
 

『オレに考えがある』と走り出すイツキ。
みんながイツキについていった先は『鏡池(かがみいけ)』。

池にかかる橋の上で、シンにエルダで『猫又と座敷童子』を召喚させて‥、

追いかけてきた『たまも』の時間を、3秒ゴロシで停止させ‥、

停止している間も意識がある『たまも』は、『鏡池』に全身が写っているのを見てしまい、悶絶してしまいます。

その間に、猫又の『一撃必殺肉球』をクリーンヒットすることに成功。『たまも』を倒すことができました。
 

池の岸に泳ぎ着き、『ライトサイド』に変化した『たまも』。

『奪った魂を返せ』というと、

たまも:『これはエンマ大王様のご指示だ』

すでに『魂はエンマ大王様に送っている』とのこと。

3人は、妖魔界に居るという『エンマ大王』のもとに向かうことになりました。

妖怪電車で妖魔界へ‥!

3人が居るのは『むこう谷駅』。

タエちゃんが言うには、妖魔界に行く方法は『妖魔大全』に書いてあったこの方法‥。

満月の夜、『むこう谷駅』で『妖魔切符』があれば、妖魔界ゆきの『妖怪電車』が来ると。

妖魔切符は、お婆ちゃんが書いたものだそうです。(すごいな有星家!)

妖怪電車が駅にすべり込んできます。
妖魔切符が読まれ、乗車できました。

電車の中には、花子さん、しゃれこ夫人、KANTETSU、じんめん犬など妖怪がたくさん乗っています。

妖魔電車は、美しい景色の空をいくつも渡り‥
一面の花畑、さくら🌸が咲き乱れる林の上‥

妖魔界『きもだめし駅』に到着しました。

妖魔界にはコマさん、キュウビ、黄ばんドール(なぜ・黄ばんドール?)、懐かしい妖怪がたくさん居ます。

アイタタタイムズにエンマ大王の居所を聞いてみると、
アイタタ:『エンマ大王様は、いまピリピリしてるから会わないほうがいいぞ』

明日、エンマ武道会が開催される‥『新しいエンマ大王様を決める』武闘大会が行われるのだそうです。

エンマ大王&ぬらり

河童の交渉術?を使い、シンたち3人+猫又たち3体の妖怪は、エンマ大王の居る宮殿内部に入り込みます。

‥が、黒鬼により捕らえられてしまいます。
 

『エンマ大王の間』へ、引っ立てられる6人。

巨漢のエンマ大王と、大王につきそう・ぬらりひょん。ぬらり、なんだか若々しい。
 

『たまも』の話を聞いたエンマ大王。
エンマ:『ワシは魂を集めろ、と指示した覚えはない』

ぬらり:『たまもは、紫炎(しえん)様に従っていた妖怪‥』

紫炎とは、エンマ大王の息子なのだそうです。

(紫炎は、明日のエンマ武道会でエンマ大王と戦うため、人間の魂を集め、妖力を強化しているようです)

エンマ:『紫炎には、『チカラの真意』を気付かせる必要がある。』

今のあいつに大王の座を渡すわけにはいかぬ、というエンマ大王。

話を聞いたイツキは『オレもエンマ武道会に出たい❗』と願い出ますが、

ぬらり:『人間がそんな場に出ても、命を落とすだけだ』と冷静に反対。

が、エンマ大王はシンの腕にある『魔導鏡』を確認し、出場を認めます。

エンマ:『人と妖怪の仲をとりもつチカラを持つ者‥なんとかなるかもしれぬ』
 

* * * * *
一方、紫炎の居城。
紫炎のもとには、酒呑童子が居ます。

何やら、苦しんでいるような紫炎に、
『チカラを求めすぎては危険ですよ?』と、からかうように言う酒呑童子。

紫炎は、エンマ大王を倒すために魂を集めています‥

ぬらり:『紫炎様は人の魂をくらい、極限の妖力を手に入れている』

エンマ大王は、この人間達の勇気で、紫炎に気付かせてやりたい‥と言います。そして、シンたちの『背後の存在』に気付いているようです。

シン・イツキ・タエに期待を寄せるエンマ大王。

さあ、続きは【後編へ】‥❗
エンマ武道会からスタートします!!!

こちらの記事もどうぞ

Copyright© kakkon.net , 2019 All Rights Reserved.