【🏡LIXIL玄関ドア】玄関ドア電池交換こんな感じ❗【カギを迷う方へ、自動開閉は超絶ラクだよ】

2018-12-03

我が家のLIXIL玄関ドア鍵🗝の『電池交換』をいたしました。今回は『電池の交換手順』と‥、

新築の建設途中で『玄関ドアの鍵のタイプをどうしようか?』迷っていらっしゃる方へ『リモコンキータイプ』をご紹介いたします。

めっちゃ便利ですよ😄

✅ 我が家の玄関ドアは、LIXIL・ジエスタ2です

💡 リモコンキーの電池交換は こちらでご紹介

🗝タイプ別:鍵の開けかた

我が家のドアは、購入時に『鍵の種類』を選ぶことができました。

  1. カードタイプ(電池式)
  2. リモコンタイプ(電池式)
  3. ハンズフリータイプ(AC100V式)

LIXIL玄関ドアジエスタ鍵の種類は

画像はLIXIL公式より転載

ハンズフリータイプ(AC100V式)が最上位なのですが、

ここまで便利だと 逆に私は怖い😅

なんでコワイと思うか?
ハンズフリーは、(キーを所持した人が)近付いただけで開錠できちゃいます。意図せずに施錠・開錠できちゃいそうなので、不安なのです😅(その辺・上手くできてるのカナ?)
ちなみに主電源を引っぱってきているので、電池交換が不要です。

詳しい概要はこちらのpdfをご覧ください。

🗝 ドア鍵の電池が切れると‥?

さて。玄関ドアの電池は、突然キレません。

電池がキレる前に、予告してくれます😃

玄関ドアの電池が『切れそうになる時期のかなり早め』に、開閉時のタイミングで 派手にピーピーピーと警告音を鳴らしてくれるので、とっても分かりやすいです。

焦燥感をあおりまくってきます

LIXIL玄関ドアジエスタ電池交換
電池交換のタイミング
玄関ドアの電池交換のタイミングは、
我が家の場合は 10か月に1度です。

リモコンキーの電池寿命は?
1年8か月経過した現在『リモコンキーの電池』は、まだ交換したことがありません。

💡 交換したよ❗ リモコンキー電池交換

🗝 電池交換してみます

実際に、電池交換がどんな感じか?ご覧ください。
LIXIL玄関ドアジエスタ電池交換

玄関ドアを開くと、電池BOXが仕込まれてます

電池BOXのカバーは、ネジで固定されています。
小さめのドライバーが必要です。

LIXIL玄関ドアジエスタ電池交換

ネジをクルクル回してカバーを外す。

🗝 フタをあけると中は?

中はこんなかんじです。
LIXIL玄関ドアジエスタ電池交換

単三電池がみっっしりと。

単三電池8本で稼働してます

そうなんです、けっこうな本数なのですよ😅

前述いたしましたが、電池交換のタイミングは(我が家の場合)10か月に1度です。
ものすごく便利ではありますが、電池は喰っていくと思われたほうがよろしいかも。

ちなみに、内部からのドアの開閉は‥、
LIXIL玄関ドアジエスタ電池交換
写真の『ココ』ボタンを押せば、(屋内で)カギを持っていなくても 開錠・閉錠できます。

私は電池が勿体ないので、内部からの開閉は『サムターン』を手動で回してます。貧乏性です。

🗝 リモコンキーはこんなかんじ

余談ですが、リモコンキー自体にもコイン電池(CR2032)が必要です。
LIXIL玄関ドアジエスタリモコンキー

リモコンキーは3個付属してきます。

最大の難点は、鍵が重いんです😅

 
カギの重さを計測すると35.8gでした。

普段から荷物が重くなっちゃう私にとって、このリモコンキーの重さはバカになりません。こちらに決定される方はご注意ください。

‥そういう意味では、カードキータイプのほうが軽量なんでスよねェェ‥

LIXILさん、カード型のリモコンキーを頼みます🙏

予備のカギがAmazonで買えるよ

Amazonで 予備のリモコンキーを購入できます。
‥1個1万円❗、いま所持しているモノを大事にしないとなァ😅

‥ということで、今回の記事は以上です😃

自動開錠&施錠、めっちゃオススメします

 

💡 リモコンキーの電池交換はこちらをどうぞ

こちらの記事もどうぞ

Copyright© KAKKON.NET , 2021 All Rights Reserved.