【第59話🍲】主人、号泣回‼スザクがセイリュウのため石化へ‥【シンカリオン】

投稿日:2019-02-24 更新日:

かっこん主人が、子どもの付き添いで『シンカリオン』を見ているうちにキッチリとハマりまして…
以前から『そんなに好きならば、感想を書いて』と言い続けておりました‥今週からいよいよ始動するようです。どこまで頑張れるのか?見守って下されば幸いです😃

シンカリオン|公式
ストーリー・各話あらすじ|公式

🚅第59話『繋げ!!シンカリオンと鍋の力』

(2019/02/23 放送)
タイトルでギャグ回か❓と思わせるのですが、なんと・まさかの号泣回。多数の視聴者が、感涙したようです😭

【一言感想】
私(かっこん主人)も今週の内容には、泣かされました❗️
最後のスザクとセイリュウが抱き合うシーンで、不覚にも号泣してしまいました。

では最新話あらすじ感想、参ります。

冒頭

まずOP曲前、冒頭。先週からの流れで‥、

Dr.イザ:『いいか速杉、セイリュウ。私のもとへ来るような愚かなことは考えるな。お前たちに交渉の道はない。』

『進める道はただひとつ‥』通信が途絶える。
ここまでスザクにより、Dr.イザとシンカリオンとの通信ができていたが、ここで限界に達した。

Dr.イザが続けようとした言葉、『ただ一つの道』とは『どちらかが倒れるまで戦い続けるしかない』、ということなのか?
 

『鍋』と家族。

京都支部に居るハヤト。
先週からの重い空気を断ち切るため、タカトラ・ギン・ジョウの3人が鍋を作ります。(そして出水司令長は、鍋にもウルサイ)

⚠ ここでの趣旨は『鍋を囲むと家族になる、鍋を食べさせたいのが“家族”である』というメッセージ。

その言葉を聞いたセイリュウは、『お前たち人間が大切にしている“家族”とは、何なのか?』と質問します。

出水司令長:『美味しいものを食べたときに、自分と違う誰かにも食べさせたいと感じる‥おそらく、それを思う相手が“家族”なんだ』その言葉を聞いたゲンブは、『セイリュウたちのもとへ帰りたい‥“家族”を呼びたい』と言っていた、とセイリュウは知ります。

セイリュウ:『(ゲンブは)オレたちを、“家族”だと‥?』
驚くセイリュウ。

 

ソウギョク、スザクに選択を迫る

一方。
ソウギョクが、スザクに語りかけます。
これまでに、ゲンブ・ビャッコ・セイリュウが裏切った。このままではセイリュウも処罰(石化)されるだろう、と。

そしてその3人と長く一緒に居たスザクも、裏切るのではないか?と『カイレン』は思っている‥と。

その言葉に、スザクは『私はわたし‥一緒にしないでくれる?』と答える。

ソウギョクは『オレはまだセイリュウは助けられると思っている』
『お前が行動で示せ』‥スザクがセイリュウを説得してこい、と脅してきました。

‥カイレンにより石化されたビャッコに向かい、語りかけるスザク。
セイリュウは人間世界に馴染んているみたい‥ソウギョクは私を利用しようとしている。私はどうすれば‥。葛藤するスザク。

思い悩んだ表情でスザクは1人、京都へ降り立ちます。
 

スザクとセイリュウ、初めて対峙する

京都支部に居たハヤト達の警報が鳴り、セイリュウとシンカリオン達(E5・Dr.イエロー・トリニティ・N700A)は、スザクのもとに駆けつけます。(スザクは既に捕縛フィールド内)
 

スザクと気付いたセイリュウは、動揺します。『まさかお前が来るとはな‥』

スザク:『仕方ないの。あんたを倒さないと私がやられる。』

炎で攻撃してくるスザク。
タカトラ:『接近戦はムリだ‥近付けない上に遠距離攻撃もきかない❗』

タツミ:『ここは兄貴とハヤトのウルトラグランクロスに頼るしかない』

しかし、そこで異変に気付くリュウジ。
リュウジ:『おかしい‥最初の火炎攻撃を繰り出したあとで、何もしてこない?』

リュウジ:『まるで、ウルトラグランクロスを待っているかのようだ‥』
 

スザク、石化を選ぶ‥

その言葉に気付くセイリュウ‥『スザク‥お前、自分で石化するつもりか⁉』

スザク:『つまらないじゃない‥ビャッコもゲンブもいないこの世界に残っても、もう楽しくない‥』

セイリュウ:『ウソだ!お前はそんなことで石化の道を選んだりはしない!』

スザク:『たしかに‥でもビャッコだったらこうすると思ってね‥』

『まさか、オレが地上でやっていく邪魔にならないように‥⁉』と悟るセイリュウ。

スザクは『セイリュウが人になっていく姿を見ているのが楽しかった』、と語る。

⚠ スザクはこれまでに、セイリュウが人間に近づていることを“これはこれで良いんだろうな”と、温かく見ていた。でも上司から命令され、板挟みになり最終的に決断します。
 

スザク:『さよなら‥セイリュウ。』
目を閉じ、炎に包まれるスザク。‥石化しようとしているのか?、セイリュウがハッとします。

スザク、石化‥

ハヤト君:『橋だ‼』
このままではスザクに近付けないので、捕縛フィールド内の線路を切断して、橋をつくって炎を渡ろうと提案するハヤトくん。(スゴイ冷静な判断だなァ・ハヤト君‥/ かっこん)(この辺の急展開、子どもたちは理解してないと思います💦)

橋を渡り、石化を止めるためスザクへ駆けつけるブラックシンカリオン・セイリュウ。

セイリュウ:『行っちゃダメだ、スザク❗』
ブラックシンカリオン・紅へ進化し、超高速でスザク(ロボ形態です)に抱きつく。

セイリュウ:『さよならなんて言うなよ‥もう“家族”は、お前しか残っていないんだぞ‥』
セイリュウはここで初めて、『家族』という言葉を意識して使った。

びっくりするスザク。
セイリュウ:『だから、最後までこの世界で生きてくれ‥ゲンブやビャッコも、それを願ってる。オレたちが、家族として居続けることを

スザク:『何なのよ、その“家族”って‥』

(そりゃギモンですよね。)

『家族とは‥鍋料理を食べさせたい人だよ』、と泣き笑いでスザクへ語るセイリュウ。
 

ホクト、八代元所長との対話を決意

場面は変わり、京都支部研究所で夜空を見上げる速杉親子。

ホクト:『やっぱり・お父さんは鹿児島へ行って、八代さんと直接・話がしたい』
⚠ 八代さんは鹿児島・桜島の地底にいるハズ。

その言葉に、ハヤトは『オレもそれが良いと思う❗』

『寒いから、シメの雑炊たべよ~~』で、今週は終了。そういえば、鍋が食べかけでしたもんね。

あらすじ以上 ⭐️
続いて、感想&展開予測❗
 

今週の感想

私はアニメを見て泣くということが無いのですが、今週のシンカリオンでは不覚にも泣いてしまいました。隣で見ている子供たちは、ストーリー展開が分からずポカーン( ゚д゚)としていましたが(笑)

✅ 泣いたのは自分だけかな?と思い、ネット検索で今週の感想を見てみると『まさか朝から泣かされるとは』、『出勤前なのにどうしてくれるんだ』と、皆さん泣かされたようで、安心しました。

なぜ自分も含め、皆さんが泣いたのか。
最初は敵として登場し、あの生意気だったセイリュウが様々な体験を通し、家族をようやく理解することができ、泣きながらスザクを助けようとした。セイリュウの心の成長と‥、

何よりもスザクの『セイリュウを思いやる、不器用ながらも優しい心』

『シンカリオン』は親子で見て、楽しめて・考えさせられる内容だなと常々思っていますが‥今週の私の涙は、親の立場からの涙だな‥と思いました。
 

✅ 最近のセイリュウは、主人公級の大活躍ですね。
ウチの息子達もブラックシンカリオン大好きですもん。合体しなくても強いところがいいみたい。
 

今週の格言

タカトラ:『夢をもつことは、素晴らしいという反面、つらさもある』

子供向けアニメとは思えない、深い意味を持ってますね。夢を追うと、現実と夢とのギャップに苦しむことになる‥ということですね。

夢を本気で叶えるためには、辛い経験にも立ち向かう覚悟が必要だよ、と。

⚠ 今週のシンカリオンに当てはめると、
出水&ホクトが『超進化速度の達成』という夢を追いかけたのだけれど、その結果、八代元所長の裏切りとなってしまった。

ホクトは『夢を諦めないから、逃げない』=八代元所長と対話する‥という決断をしたということになりますね。

 

展開の予想

ホクトさん、八代さんに捕まっちゃうんですかね?

(↑ かっこんの雑予想)

主人:シンカリオンでは基本的に『悪いヤツ』は居ないので‥Dr.イザがなぜこんなことをしているのか?解明されるでは‥

Dr.イザが、最終的に味方になるのではないでしょうか。

いま現在も結果的にセイリュウが味方になっているところを考えても、キトラルザスと人間が共存できる道を模索しているのでは?と思います。

では、また来週🚅
(✍この記事を書いた人:かっこん主人)

こちらの記事もどうぞ

  • この記事を書いた人

かっこん

旅行大好き、とにかくどこかに行ければ良し。ただ・現在は2人息子の世話で忙殺中。 フォークソングを聞きながら、ブログを書く時間が至福です。kakkon.netについて詳細

Copyright© kakkon.net , 2019 All Rights Reserved.