【超初心者向き】IKEAのまわり方.04【1階マーケットホール~商品ピックアップ編】

      2016/08/03

こちらの記事では、IKEAの『1階マーケットホール~ピックアップ』までの流れをざっくりとご紹介いたします。

まずは、▼位置関係をご確認ください。前回(イケアレストラン)の続き『2階ショールームから』階段でおりて、『1階マーケットホール』へ行きます。
IKEA案内図-1階マーケットホール
1階マーケットホール入り口には、カートが用意されていますのでお買いものされる方は、必ず1台、連れて行ってください。

大型カートは、まだ必要ない
『棚』などの大型商品をピックアップするために、この時点で大きなカートを連れて行くと『連れまわす』のが大変です。広いですし、人がたくさんいますし…身動きが取れなくなります。必要な大きさのカートを選んでください。

カーテンが見どころ!

IKEAのカーテン、私はおすすめです。公式カーテンのページ

ベロア調の高級感のある生地で、色数豊富にあったり。現在は販売されていないようですが、以前『しっとりとした透け感のあるワインレッドのカーテン』を購入したのですが、映画に出てきそうな雰囲気のある部屋になり、お気に入りになっています。

はたまた、真逆で北欧調のカワイイ柄もあったりして楽しい。オトナ向けとコドモ向け、それぞれに魅力がありますよ。普通のカーテン屋さんではちょっと見かけない質感のモノがあります。お値段もお高くは無いです(注意:『お直し』をすると、結局は相応にお高くなりますが)。
IKEAカーテンについて

ソーイングサービスの利用も考えて

カーテンを購入する際に、ソーイングサービスを利用したほうが良いかもしれません。『カーテンレールにどうやって通すか』や、『プリーツのデザイン』を選べたり、自宅の窓丈・窓幅どおりの寸法になおしてくださったり、必要な要望にすべてこたえてもらえます。

価格はソーイングサービス(公式)からご確認を。注文から10日後に発送、送料¥600ほど。オーダー料¥3,000~。良いと思いませんか?

今回、三郷店でオーダーカーテンの展示をしげしげと見ておりましたら、お直しのスタッフさんが声をかけてくださいました。とっても親切な方で、『完全オーダーでカーテンを作ると高くなってしまうので、既製品(袋に詰められて製品になっているカーテン)をなおして作られたほうがオトクですよ★』とのことです。

カーテンの購入を考えていらっしゃる方は、1度はイケアを覗いてみてください。ただ、お安さを求めるとギャップがあるかもしれないので(お直しをするとそれなりのお値段になります)、『外国センスの質感・色』を目的としたほうが良いかもしれません。

IKEAといえば壁面棚収納の提案

IKEAといえば壁面収納台
壁に直接取り付ける『天板』と『足(?)』のバリエーション…すごいですよね。日本には、こういう棚を直接、壁に取り付けるという考え方は無いですよね。私もやりたいのですけど、壁に穴をあける勇気が無くて…(笑)

IKEAといえば照明!

IKEAの照明って、アチコチで見かけませんか?美容院やらブティックやら(^_^)。

これだけは確実に言えます、IKEAの照明は『オシャレ且つ、お安い』です。数ある商品の中で、一番コスパが良いのではないでしょうか?
IKEAの照明も見どころ!
2015年秋に私が気になったのは、こちらのシェードです。内側の銅板の色味がステキです。しかもお値段もお安い(一番大きいのが『値下げして』¥3,200だそうです)。

IKEAの照明、気に入りました
スタンドは別売りです。このシェードはクルクル巻いて収納できるみたいなので、気分次第で気軽にシェードを取り換えられますよね。いいなぁ、欲しいです。

マーケットホールには、他にもいろんな商品がありますよ。子供のオモチャ、カトラリー(食器いっぱい)、花瓶、鏡類、赤ちゃんグッズ、布団類、タオル類、カーペット、ブラインド、造花、キャンドル…どれもデザインが良く、見ていて楽しい。すべて丁寧に見て周ると、足腰が崩壊します。

離乳食期の赤ちゃんに超オススメ
離乳食を食べさせるのに、ベビーチェアに座らせますよね。でも、7か月頃の赤ちゃんはまだナヨナヨと頼りない。
そして、チェアは硬いでしょう?そんな硬い椅子に座らせるのって可哀想ですよね。そんな時に、PYTTIG(サポートクッション&カバー ¥799)

浮輪のように空気を吹き込んで膨らませます。そして、ベビーチェアに敷き詰めると…赤ちゃんが梱包材に包まれて、安定して座ることが出来るのです。座布団をひくと完璧ですよ。ポンポン具合は、空気の量を調節すればOKだそうで…IKEAさんアタマ良い(TT)。超オススメですよ!

続きまして、『2階ショールーム』でショッピングリストに記載した商品をピックアップしに参りますよ。

『セルフサービスエリア』へ突入

1階マーケットホールが終わると、通称『セルフサービスエリア』という倉庫に強制的に突入します。(案内図の右上から進入します)
IKEA案内図-1階セルフサービスエリア
何も知らないで訪れた方は、『なんじゃココは!?』と混乱すると思います。歩いていたら普通に倉庫に放り込まれるのですから(^_^;)
IKEAセルフサービスエリア
このエリアでは、『2階ショールーム』の商品タグに記載されていた『列・棚』の番号に、その商品が置いてあります。

★まずは、入口で大型のカートを入手してください。

商品をピックアップしてみましょう

では、例題を出します。私は今回、子供にURBANという緑色のチェアを購入するつもりです。商品タグに『列17:棚39』と記載されていました。こんなカンジです▼
IKEAショッピングリスト記入~ピックアップの流れ

それでは、ショッピングリストを見ながら自分で探し出してカートに積みますよ!(どんなに大きな商品だろうが、自分でやります。わたくし最初ものすごく驚きました/笑)

IKEA自力でピックアップしていきます
まず、目的の『列』まで進みます。(手の届かないような『棚の上の方』はストックだと思われます)
『17列』まで到着しました。

『棚:39』まで進みますよ!
IKEA商品のさがしかた
列の通路に入ると、『棚1』から始まりずっと奥に向かって番号が続いていきます。
もしも『列・棚』が分からなければ、通路中央の端末で商品名(商品番号)を検索して『列・棚』番号を検索できたはずです。

分からないようでしたら、スタッフを探してください。でもスタッフさんを探す方が手間だったりして…(ホントです)

IKEA商品を見つけました!
ありました!気を付けてカートに乗せます。すべての商品をこのようにしてピックアップしていきます。大変ですよ、がんばって!…小さなお子様連れの場合、大型商品のピックアップはとくにお気を付けてください。

恐ろしいことに品切れ状態もあり得ます
その場所に商品がない場合、『欠品状態』ということで購入できないそうです(…ココまで来てそれが分かったら、私なら立ち直れない)。
その際には、PC端末・スタッフ常駐のインフォメーションコーナーがありますので、スタッフさんに助けを求めてください。

どーでも余談:『セルフサービスエリア』というのがイマイチ、ピンとこないので、私と主人の間では『ピックアップエリア』と呼んでいます。

ちょっとした『ワザ』をご紹介
じつは、『セルフサービスエリア』を抜けた先に『アウトレットコーナー』があります。そこには常時、ワケアリ商品として『テーブル』がかなりお安く販売されています。

もしも、テーブルを購入する予定の方は、購入予定の商品をピックアップする前に、まずは『アウトレットコーナー』をのぞきにいってください。

なぜなら、先に大型商品をカートにピックアップして『アウトレットのテーブルでいいじゃん!』となりますと、商品を戻しに行くのが面倒臭すぎるのです。老婆心ながら、強くオススメいたします。

つづきましては、ようやくレジへ到達します!
【超初心者向き】IKEAのまわり方.05【アウトレット~レジ・配送エリア編】へ。

 - おぼえがき ,