【背景美術展】「アニメ背景美術に描かれた都市」金沢で開催【攻殻機動隊・劇場版パトレイバー・AKIRA etc】

2023-06-19

金沢で、超有名作品のアニメ背景美術の展示会が開催されています!

金沢って、横浜の金沢でしょ…?

…と思いきや、
なんと石川の金沢での開催!

かっこん・行けるかもッッ

「アニメ背景美術に描かれた都市」

アニメ背景美術に描かれた都市
令和5年6月17日(土)~ 同年11月19日(日)
開館時間:9:30 ~ 17:00(入館 ~16:30 )
休 館 日 : 月曜日(祝日は開館)
7月18日、9月19日、10月10日、10月31日
【 観覧料 】
一般800円、65歳以上600円、高校生以下無料
※団体700円[20 名以上]

どんな展覧会なのか?ご覧ください👇

開催の概要

パンフレットから抜粋紹介いたします😃

『1980年代末~ 2000年代初頭にかけて制作された、日本を代表する SF アニメーション作品の手書きの背景美術の展示している。

さらに制作のために必要となったロケハン写真・参考書籍の展示のほか、クリエイターへのインタビューもあり!

今回の展示は『アニメ研究者のシュテファン・リーケレス氏』と『メディア芸術領域のアーカイブ研究者である明貫紘子氏』の資料調査によって実現した海外での巡回展をベースとしており、今回が日本国内で初めての展覧会となる ➡ 今回6作品が集結する展覧会は初なのだそうです

アニメーションにも造詣の深い『建築評論家の五十嵐太郎氏』を監修に迎えて、都市の側面から企画構成したものである 』

💡学芸員さんによる展示解説あり 
 1回目  7月 8日(土)14:00~15:00
 2回目  8月19日(土)14:00~15:00
 3回目  9月 9日(土) 14:00~15:00
 4回目 10月14日(土)14:00~15:00
 5回目 11月11日(土)14:00~15:00
参加費:企画展観覧料のみ(申込:不要・当日先着順) 

created by Rinker
¥3,300 (2024/07/12 14:55:35時点 Amazon調べ-詳細)
具体的な展示物がこちらです👇

超豪華な展示作品…!!!

💡展示されている6作品
❶AKIRA(1988/監督:大友克洋/美術監督:水谷利春)
❷機動警察パトレイバー劇場版(1989/監督:押井守/美術監督:小倉宏昌)
❸機動警察パトレイバー2 the Movie(1993/監督:押井守/美術監督:小倉宏昌)
❹GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊(1995/監督:押井守/美術監督:小倉宏昌)
❺メトロポリス(2001/監督:りんたろう/美術監督:草森秀一)
❻鉄コン筋クリート(2006/監督:マイケル・アリアス/美術監督:木村真二)

これら作品たちの背景美術。
何がスゴいかというと、手書きの緻密さの美。
時代が『デジタル作画の直前』なのだそうで、北大学大学院の五十嵐太郎教授いわく『背景美術がピークに達した時の作品』なのだそうです(引用ソース)

画像出展|「アニメ背景美術に描かれた都市」告知.PDF

AKIRA 1988年公開|公式サイト

機動警察パトレイバー劇場版 1989年公開|公式
機動警察パトレイバー劇場版 1993年公開|公式

改めて、劇場版パトレイバーって意外に古い作品なのですね😯
画像出展|「アニメ背景美術に描かれた都市」告知.PDF

GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊 1995年公開|公式

画像出展|「アニメ背景美術に描かれた都市」告知.PDF

メトロポリス 2001年公開|公式

画像出展|「アニメ背景美術に描かれた都市」告知.PDF

鉄コン筋クリート 2006年公開|公式

背景美術も主役

(アニメ研究者シュテファン・リーケレス氏いわく)『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』や『機動警察パトレイバー 劇場版』、『機動警察パトレイバー2 the Movie』は、都市自体が大切な主人公になっているアニメだ」。これらの作品は、舞台となっている都市が描かれた背景美術を見せることによって、物語の世界観やストーリーを観客に感じさせることができるという。

(前略) 企画展「アニメ背景美術に描かれた都市」が金沢で開幕|IGN Japan
おっしゃるとおり…

私がドハマりしたのが『攻殻機動隊S.A.C』なのですが、果たしてあの背景無くして・ココまでドハマっただろうか?とずっと自覚しておりました。

『都市の中で生きるキャラクターたち』…という設定って『キャラクター』と『都市』は、同じレベルの魅力が無いとダメなのですよね。

…なので、キャラクターが画面内に居なくても、背景画をながめるだけでその作品に浸れるんですよね~。惹き込む魔力があるというか…

💡現在・アニメーション制作会社の多くで、
背景画やその資料の『保管コスト問題』が発生しているのだそうです。

背景画が処分されてしまう恐れがあるんだって😰

今回の展覧会で盛り上がりがあれば、何か良いステップになるかもしれません!

興味のある方、ぜひ今回の展覧会へお出かけください!!!

開催場所はどこ?

谷口吉郎・吉生記念 金沢建築館

※ 一般駐車場なし
🚙 金沢駅からタクシー約15分
🚌 最寄りバス停 ▼
 城下まち周遊バス、北陸鉄道バス「広小路」
 金沢ふらっとバス長町ルート「野町広小路」

…ということで、
かっこんぜひ行きたい。

長男が今年・受験生なので難しいかもしれないけれど。
…でも行きたい。
なんとかしたいと思います。

背景美術を愛する方、ぜひどうぞ!
今回は以上です😃

追記✨行って参りました!

期待通り…いや・期待を超えて、サイコウでしたよ!!!

拝観中はドップリと世界観に浸ることができて、美術館から退出するときは、映画館から出てきたような気分でした。

描写がむちゃくちゃ緻密でリアルなんですけどね、

無機質なスーパーリアリズムとは違って、
描き手の表現がビシビシと伝わる感じ…、

やっぱりアニメ背景、サイコウですよ。

あれは全国巡回すべきです…良いものを見せて頂き、ありがとうございました🙏🏻

こちらの記事もどうぞ