【疑問解消】新型コロナワクチン接種前に知っとこ❗接種予約~当日ながれ‥2回目いつ打つ?妊娠中でもOK?

今回は『新型コロナワクチン接種』これだけ知っておけば安心でしょ⁉特集です😇

今回の記事目的は?接種当日、些細なギモンを質問することで 時間がかかってしまいます。当日、スムーズに接種を受けることができるように、あらかじめ注意点を解消しておいてください😃 今回の記事を読んでみて『私は接種できるのかな‥』と不安な方は、事前にお医者さんに相談を❗

💉 新型コロナワクチン接種ながれ



接種会場を探す|ワクチンナビ



2回目の予約は、1回目と同様にとる。

1回目のワクチン摂取をした病院で、次の予約をして帰ることになると思います🙂

ワクチンを受けるには|厚労省

『接種のながれ』が分かったところで、詳細に入りますネ😃

💉 予診票の内容

接種日の当日に記入して提出する『予診票』内容は以下です。

新型コロナワクチンの接種を初めて受けますか?(接種を受けたことがある場合‥1回目 月 日| 2回目 月 日) はい いいえ
接種を受けたことがある市町村と、クーポン券に記載されている市町村は同じですか? はい いいえ
説明書を読んで(※後述)、効果や副反応について理解しましたか? はい いいえ
接種順位の上位となる対象グループに該当しますか?(今回は一般年齢が接種すると想定し、省略します) はい いいえ
現在、何らかの病気にかかって、治療(投薬など)を受けていますか?
病名:□心臓病 □腎臓病 □肝臓病 □血液疾患 □血が止まりにくい病気 □免疫不全 □その他(   )
治療内容:□血をサラサラにする薬(   )□その他
はい いいえ
その病気を診てもらっている医師に 今日の予防接種を受けてよいと言われましたか? はい いいえ
最近1か月以内に熱が出たり、病気にかかったりしましたか?
病名(        )
はい いいえ
今日、体に具合が悪い所がありますか?
症状(        )
はい いいえ
けいれん(ひきつけ)を起こしたことがありますか? はい いいえ
薬や食品などで、重いアレルギー症状(アナフィラキシーなど)を起こしたことがありますか?
薬・食品など原因になったもの(      )
はい いいえ
これまでに予防接種を受けて具合が悪くなったことはありますか?
種類(     )症状(     )
はい いいえ
現在 妊娠している可能性(生理が予定より遅れているなど)はありますか?または授乳中ですか? はい いいえ
2週間以内に予防接種を受けましたか?
種類(     )受けた日(     )
はい いいえ
今日の予防接種について質問がありますか? はい いいえ

💡 最後に『接種を希望します』のチェックマークにチェックし、署名する。

この色がついている部分に ☑チェックが入ると、要注意人物としてマークされるワケですね 🤔

💉『説明書の内容』

予診票と同時に受け取る『説明書』の内容は以下

 
・今回摂取するワクチンの会社名 ※01
・ワクチンを受けると、受けていない人よりも発症確率が少ない
・筋肉内に接種する

今回摂取するワクチン会社名 【例】ファイザー社製
接種回数 【ファイザーの場合】2回|2回目は3週間後に受けること ※02
接種対象 16歳以上(16歳未満の有効性・安全性は現時点で未知である)
接種量 1回 0.3ml。合計2回

※01 ワクチンの種類を統一する
1回目のワクチンと2回目のワクチンは 必ず同じワクチンを接種すること

※02 接種間隔について
接種後3週間を超えた場合は、できるだけ速やかに2回目の接種を受けてほしい。

逆に3週間未満だと 速すぎるそうです

 
※ ワクチン接種後も油断しないで
(ファイザーの場合)ワクチン接種で 十分な免疫ができるのは、2回目の接種を受けてから7日程度~とされている。

接種しようがしまいが、適切な感染防止策を行う必要がある(現在、コレが問題視されているようです😅)

💉 予防接種を受けられない人は?

新型コロナワクチンの予防接種を受けられない人は?

以下に該当する人は、必ず 接種前の診断時に医師に伝えること

・あきらかに発熱している‥37.5℃以上。

ただし、平熱を勘案すること

・重い急性疾患にかかっている
・今回のワクチンの成分に対し、重度の過敏症の既往症がある

アナフィラキシー、全身性の皮膚・粘膜症状、喘鳴、呼吸困難、頻脈、血液低下等、アナフィラキシーを疑わせる複数の症状。

・上記以外で、予防接種を受けることが不適当な状態にあるのなら、相談すること。

💉 予防接種を受けるのに要注意な人は?

予防接種を受けるのに要注意な人は?

以下に該当する人も、必ず接種前の診断時に医師に伝えること。

・抗凝固療法を受けている人、血小板減少症または凝固障害がある
・過去に免疫不全の診断を受けた人、近親者に先天性免疫不全症の方がいる
・心臓、腎臓、肝臓、血液疾患や発育障害などの基礎疾患がある
・過去に予防接種を受けて、接種後2日以内に発熱や全身性の発疹など『アレルギーが疑われる症状』が出た
・過去にけいれんを起こした
・今回のワクチンの成分にアレルギーが起こるおそれがある

・妊娠中、または妊娠している可能性がある
・授乳中の方は 接種前の診断時に必ず医師に伝える

妊娠中でもワクチンOK?
基本的には、OK ➡ 妊娠中、授乳中、妊娠を計画中の方も、ワクチンを接種することができます(ソース厚労省)
ただし、摂取する側は 接種者が『妊娠中、授乳中、妊娠計画中』であることを事前に知っておきたいので、必ず伝えてください

💉 接種を受けた後の注意点は?

接種を受けた後の注意点は 以下です😃

💡 会場で待機する

・ワクチン接種後は、15分以上 or 過去に重いアレルギー症状を起こした人などは30分以上‥接種会場で待機する。

体調に異常を感じたら、速やかに医師に連絡する(急な副反応に対応できる)

・当日は入浴OK。 注射部分は清潔に、こすらないように。
・当日の激しい運動は避けること
・アルコールも、常識の範囲内ならOK。(かっこん情報‥タバコは避けたほうが好ましいようです)

💉 副反応について

💡 主な副反応は以下
 注射した部分の痛み|頭痛、疲労、寒気、発熱など|間接や筋肉の痛み
・まれに重大な副反応としてショックやアナフィラキシー。
・新しいワクチンなので、未知の症状が出る可能性がある。
‥接種後で気になる症状が出たら、接種医 or かかりつけ医に相談すること。

💉 予防接種 健康被害 救済制度について

予防接種では、極めてまれではあるが『健康被害』が起こることがある。
そんなときのために『救済制度』が設けられている。
・今回の接種で健康被害が生じた場合、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられる。
・申請に必要となる手続きについては、住民票がある市町村に 相談すること

💉 参考までに

📝 ファイザー社製の新型コロナワクチンの成分有効成分 トジナメラン(ヒトの細胞膜に結合する働きを持つスパイクタンパク質の全長体をコードする mRNA)
添加物 ALC-0.15:[(4-ヒドロキシブチル)アザンジイル]ビス(ヘキサン-6,1-ジイル)ビス(2-ヘキシルデカン酸エステル)
ALC-0159:2-[(ポリエチレングリコール)-2000]-N,N-ジテトラデシルアセトアミド
DSPC:1,2-ジステアロイル-sn-グリセロ-3-ホスホコリン
コレステロール
塩化カリウム リン酸二水素カリウム
塩化ナトリウム リン酸水素ナトリウム二水和物
精製白糖

 
💡 他社の成分もわかるよ
武田/モデルナ社の新型コロナワクチン詳細|厚労省アストラゼネカ社の新型コロナワクチン詳細|厚労省

💉 新型コロナワクチンFAQ

質問一覧|新型コロナワクチンQ&A|厚生労働省
Q. 妊娠に関わる人は?
A.『妊娠中、授乳中、妊娠計画中』でも接種可能。ただし、事前に『そのこと』を 伝えること。➡ 厚労省ソース

Q. 赤ちゃんにも抗体ができる?
A. 妊娠中(特に妊娠後期)にワクチンを接種することで、新生児にも抗体が移行する可能性があると報告あり➡ 厚労省ソースソース

Q. アルコールは? 入力は?
A. ほどほどなら飲酒OK。入浴もOK。

Q. 生活上の注意点は?
A. 接種当日と翌日、ものすごくダルくなる可能性があるので『休日』の予定にすることが推奨されている。➡ 厚労省ソースソース

Q. 副反応で発熱したらどうすれば?
A. 市販の解熱剤を飲んでOK。厚労省ソースソース
ただし、以下に該当する人はかかりつけ医・薬剤師に相談すること。・他の薬を内服している
・妊娠中、授乳中、ご高齢
・胃・十二指腸潰瘍や腎機能低下など病気治療中
・薬などによるアレルギー症状やぜんそくの経験者
・激しい痛みや高熱など 重い症状が 長く継続する
・ワクチン接種後としては典型的でない症状がみられる(➡シロウトにどう判断すれば‥)

Q. 接種費用はかかるの?
A. 無料。

Q. 本人確認書類は 写し(コピー)でもOK?
A. NG。原則としてホンモノを持っていくこと。

Q. ワクチン接種を見送ったが再挑戦できる?
A. ワクチン接種を一度見送ったが、後日接種を希望する場合‥また接種の予約を取り直せばOK。
ただし、接種券には有効期限がある(後述)。期限内に接種を行うこと。

有効期限 新型コロナワクチン接種が受けられる期間は、令和3年2月17日から令和4年2月28日までを予定されている(2021年6月時点)

Q&Aは随時更新されるので、のぞいてみてください😃

 
‥ということで、
『ワクチン接種は体調のよいときに受けるのが基本ですので、特に基礎疾患のある方は、病状が悪化していたり、全身が衰弱している場合は避けた方がよいと考えられます。』➡ 厚労省ソースソース

無理の無いように‥😅

かっこんも正直・コワイですが、旅行大好きなのだから‥‼

こちらの記事もどうぞ