【あらすじ😈妖怪学園Y】第62話感想 アトランティスと地球の未来どうなる⁉【オズマ戦が決着】

2021-03-27

第62話「ジョビアッチ この手よ君に届け」あらすじ感想いたします😃

僕こそが オズマ

ライム:『星の意思に逆らう者どもよ‥よく聞くがいい』

『僕が‥僕こそが オズマだ❗

ライム君から、オズマが発していた『赤いエネルギー』がほとばしる。

(オズマは動きを停止し、眠りについたようだ)

漆黒丸:『オマエが オズマ?』

DSエンシャン:『どういうことだ?』

HERO全員がライム君の突然の宣言に動揺する。

テング:『オズマの気にやられましたか?』

ライム:『違うよ、僕はいたって正常だ』

『キミたちが戦おうとしているオズマは、僕なんだよ

アマ:『ライム、あなたがまさか‥』

漆黒丸:『おい、ライム❗ ギャグ言ってる場合じゃないだろ?』

そう言われてもしょうがないよね、と冷静なライム君。

ライム:『あの日、僕はこの世界に生まれたんだ‥僕が(初めて)見たオズマは、恐ろしい姿だった』

『でも僕は、どこかで安心もしていたんだ』

そーだったのか‥🙂

 
『その時は、その不思議な感情の意味が分からなかった‥だけど、今はハッキリとその理由がわかった』

『それは、僕がオズマから生まれた‥いや、そうじゃない』

『僕が‥僕こそが、オズマだったんだ』

過去、オズマが咆哮を放つと『緑色の小さなエネルギー』が放出された。
その光は宙をさまよい‥地上にふれると、ライム君の姿となった

ライム:『なぜ、忘れていたのだろう‥だけど、いま・ハッキリと思い出した』

『僕が すべきことを』
(過去‥ライム君は 誕生と同時に、オズマと共鳴して同時に雄たけびを上げていた。彼らは一心同体だったのだ)

ライム:『オズマの言葉を ここに伝える‥』

『人は 母なる星の意思により、滅びるのだ』
深刻な表情で、そう告げるライム君。

テラノーグ、圧倒的

フドウ:『ライムが私たちの敵ということか‥』
スサノ:『おいおい、勘弁してくれよ』

カッパ:『まずは とことん話し合うべきではないのか?』

お、ノズ・理性派🤗

 
DSエンシャン:『だが、アイツがオズマだというのならば、倒すしかない』

さすがラント君・容赦ない🤗

 
ライム:『僕を倒す?‥アトランティスが滅びなければ、地球の未来が壊されるんだよ?』

DSエンシャン:『それは どういうことだ⁉』
聞き捨てならない言葉に 思わず聞き返すラント君。

ライム君は無言で、魔神ウォッチに『ATアクセラレーター』を装填。

テラノーグに変身して、HEROたちに攻撃を開始する。

圧倒的なパワーに、フドウ・スサノ・カッパ・ロクロ・ザシキ・ニンギョ・ナマハゲ達(ココまで早口)は 簡単に吹っ飛ばされ、反撃不能となる。

漆黒丸は、なんとか攻撃を避けている。

MTバウンサーは回避しつつ、手持ちの槍でテラノーグを攻撃する。

さすがMTバウンサー、漆黒丸が避けるだけで精いっぱいなのに・攻撃できるのか😳⁉

 
しかし、テラノーグは軽くかわし、MTバウンサーをカウンター攻撃。さすがのMTバウンサーも、それ以上は反撃できない。

つづいて “ド根性エース”(精神論でどーにかする男)、DSエンシャント。

テラノーグが『MTバウンサーへ向けた攻撃』のスキに、攻撃を仕掛けるが、

やはり攻撃されてしまい、DSエンシャントも反撃できない状態に。

そこへすかさず、漆黒丸が登場。
勢いをつけてテラノーグに突っ込むが、軽々と投げ飛ばされてしまう。

アトランティスが地球を滅ぼす?

HEROたち全員が 地に伏し、身動きが取れない。

テラノーグ:『キミたちに恨みはないが、これも地球を救うためだ』

DSエンシャン:『クッ‥さっきからナニを言っている?』

すると、ライム君は説明してくれるようで、
天に右手をかざすと、スクリーンが出現した。

💡 そこに投影された映像は‥
テラノーグ:『発展しすぎたアトランティスの科学力は、やがて恐ろしい兵器を生み出す』

『その恐るべきチカラを駆使した戦争は、星に生きる すべての生命を焼き尽くすんだ』

テラノーグ:『分かったかい?』

『アトランティスは、未来で地球をほろぼす‥これは、マザーによって計算された 地球の未来だ』

テラノーグ:『マザーは間違えない‥それに、僕も感じている‥滅びの訪れを‥』

漆黒丸:『だから・なんでオマエにそんなことが分かるんだよ❗😡』

テラノーグ:『僕は人間じゃない‥人を超越した思考能力を持っているんだ』

テラノーグ:『僕には、未来がハッキリと見える』
(ライム):『人類を救うために、アトランティスは犠牲にならなきゃいけないんだ』

ライム君が当初からなんとなく十字架のように背負っていた『宿命』は👆このことだったのか‥薄々・気付いていたのかもしれませんね🤔

 

漆黒丸:『そんなよくわかんねぇことで たくさんの人を殺すなんて、』

(ジンペイ):『オレは認めない❗』

『未来で悪いことが起こるからって、罪もない人を犠牲にしてイイわけない❗』

殴り合いになる テラノーグと漆黒丸。

(ライム):『大儀(たいぎ)には 犠牲が伴うものなんだ❗』
テラノーグの力強いストレートパンチを受ける漆黒丸だったが、漆黒丸は耐えた。

(ジンペイ):『命は大事なものなんだぞ❗ 命はつないで、つながれていかなきゃならないんだ‼』

『オレのこの命だって、母さんからつないでもらった命なんだ』

父・陣人の想い

💡 回想シーン
夕暮れの公園のベンチで、ジンペイと父親の2人が座っている。

陣人:『参観日に父さんが来て、カッコ悪かったか? おばあちゃんに来てもらっても良かったけどな』

ジンペイおばーちゃん居るんだネ😳(いや・そりゃ居るだろうけど😅)

ジンペイのそばにランドセルが置いてあった‥参観日おわりのようだ。

小学ジンペイ:『ううん・全然❗ オレ・父さんがいいし🙂』

陣人:『そうか‥母さんな、お前が生まれた日に死んだんだ‥』

『だけどな、オマエの母さんは ココにいる』

父親は、拳でジンペイの胸を かるく叩いた。
小学ジンペイ:『えっ?😯』

陣人:『事故で大ケガしたのに、オマエを産もうと必死に頑張ったんだ』

『その命はな、母さんがお前に必死で つないでくれた命だ』

小学ジンペイ:『母さんが‥😯』

陣人:『だからジンペイ、その命‥母さんの命、大切にしろ』

小学ジンペイ:『うん😊❗』

陣人:『オレは母さんを守れなかった‥けど、オマエなら自分の大切なものを 守れる男になれる』

『強くなれ、ジンペイ』
『強い者は、弱い者を守るものだぞ』

ジンペイ:『分かった父さん、オレ・強くなる❗』

陣人:『母さんが、赤ん坊のお前に言い残した言葉がある』

ミホ:“あなたに、命をつなぐことができて よかった”

(この言葉、劇場スクリーンいっぱいに写る予定だったのだろうな‥やはり今回・造りが映画用ですネ😃)

~ 回想 終わり ~

ジンペイ VS ライム

(ジンペイ):『オレの母さんはな、オレに命をつないでくれた。だから、オレも命をつないでいく』

ジンペイとライム君は(精神世界で)、お互いを見つめている。

『命を 未来につないでいくんだ』

(今の世の中、とても大事な言葉ですよね)

 
(ジンペイ):『アトランティスには、たくさんの人がいる。犠牲にしていい命なんて、ひとつだってない❗』

『オマエみたいに頭のいいヤツが、なんで・そんなことも わかんないんだよ⁉』

(ライム):『だから、ソレが滅びにつながるんだって言ってるだろ‥なぜ分からない?』

(ジンペイ):『わかんねぇ❗ そんなに先のことなんか分かるハズがない

僕にはワカル、というライム君に『じゃあ・なんでオマエはオレの行動が読めないんだ⁉』というジンペイ。

コレは論破だネ・ライム君

 
『オマエは、オレの行動が予測できないって言ったよな?』

(ライム):『それはおそらく・キミが未来の人間で、僕が見たこともない経験をしていたから‥』

(ジンペイ):『オレの行動も読めないヤツが、地球の未来のことが分かるハズがない❗』

【朗報】ジンペイ、頭よい🎊

 
しかし、ライム君はうろたえない。
(ライム):『僕はすべてを掌握(しょうあく)している。キミのことも、自分のことも、この世界のことも‥』

『僕に分からないことなんて‥ないんだ😡‼』

あっライム君・ブチ切れた😅(ジンペイの論破が ジワジワ効いていたか‥)

 
テラノ:『僕はこの星が生んだ 全知全能の存在なんだ❗すべてを見通すチカラを持っているんだ❗』

話し合いは決裂、と‥再びなぐりあう2人。

漆黒丸:『そんなヤツは いねェんだよ❗』

テラノーグ:『キミのような・ちっぽけな人間には 分からないんだ❗』

(ライム):『僕のジャマをするキミには、ここで消えてもらう』

(ジンペイ):『そんなの本当のオマエじゃない‥オマエはふつうの人間で、ふつうのオレの友達だった』

漆黒丸:『教えてやる‥お前だって人間で、ちっぽけだってこと』

漆黒丸は地上にいるHEROに向かい、
『みんな、チカラを貸してくれ。オレはライムを取り戻したい』

フドウ:『皆の者 寺刃ジンペイにパワーを送るんだ』

HEROたちが強く念じると、漆黒丸に全員のエネルギーが向かう。

漆黒丸は 必殺技メダルを装填、
『グランドオーダー・アースブレイク』

最初はその攻撃をかわしていたテラノーグだったが、トリッキーな動きに 捕まり‥漆黒丸に喉元を締めあげられる。

‥が、テラノーグは逃れる。
しかし・すがさず漆黒丸は 必殺技メダルを装填、
『ファイナル・黒い稲妻』

剣をかまえて猛突進で 突っ込んでいく漆黒丸。

テラノーグは バリアを3重に貼り 防御するが、漆黒丸の刃は バリアを突破。テラノーグを斬りつけた。

その攻撃は テラノーグにとって、大きなダメージだったようだ。

オズマ、最終形態へ‥

テラノーグ:『ハァ‥ハァ‥しかたない‥』

『この姿のまま キミたちを倒したかったけど‥僕は自分の存在を消してでも、僕のすべきことをする』

『僕には、そうするしか‥ないんだ』

(ジンペイ):『ライム❗』

💡 精神世界にて
(ライム):(ジンペイ‥キミは不思議な人間だな)

(こんな僕でも、いま・生きているって感じるよ)
意識の海に沈んでいくライム君‥

(僕も、人間に生まれたかった‥)

(そしたらキミと、友達とかライバルとか‥そんな感じになれたのにな)

(ジンペイ):(ナニ言ってんだよ❗)

ジンペイ:(ライム、オマエがどんな生まれ方をしようと、正体が何であろうと‥)

(オマエはオレのライバルで、友だちだ❗)

目を閉じ、沈むに任せていたライム君だったが、

ジンペイの言葉に目を開け、
ジンペイにむかい手を 伸ばす。

(ライム):『ジンペイ‥』

(ジンペイ):『ライム❗』
‥ジンペイも ライム君に手を伸ばすが、

💡 現実世界では、
テラノーグがオズマに向かい落下しつつあり‥、

突如・オズマが目覚めると、口を開け‥

その口の中に、テラノーグが落下していくと‥

オズマ:ニャオ~ン❗

オズマは『分身であるライム君(しかも最強状態)』を取り込むことで、最終形態となった。

姿は、猫のバケモノというより、巨大怪獣。

本編中では、第二形態には名前が無かったが、その後の『ぷにぷに』で『テラオズマ』という名前が発表されました

‥というワケでテラオズマと呼びます

???:『敵は すさまじいチカラを
 持っているようだ』

来ましたネ・解説大王🤗

 
エンマダイが ぬらりを伴って(まさかの)登場。

『なんでココに来たん?』というHERO達のギモンに対し(← 良く見るとヒドイ質問だナ😅)、

エンマダイ:『オマエたちが入ったホールから発せられるパワーを感じ、オレとぬらりは飛び込んだのだ』

ぬらり:『しかし・出口の検出に手間取り、遅れてしまった』

テング:『ソレって道に迷っていた‥ということですか💦』(ワームホール内をさまよっていた)

エンマダイ:『まぁ・そうとも言うな。案内役が居なかったのがマズかった』

(勝手に来ちゃったら・そらそうなるネ😅)
(それな🙂)

禁断奥義・融合合身

エンマダイ:『それよりも、アイツをどうするかだ』

ぬらり:『大王様、もはや・打つ手は 一つしかありません』

エンマダイ:『そのようだな‥』

漆黒丸:『ライムはどうなったんだ?』

DSエンシャン:『おそらく、ライムの自我はないだろう。今のアレは、地球を喰らおうとする破壊神だ』

『ライム‥』飛行艇から 心配そうに見守ることしかできないアマーナ。

エンマダイ『ひとつだけ、倒す方法がある‥融合合身(ゆうごうがっしん)だ』

『融合合身とは、命と命をつなぎ、ひとつにして そのチカラを格段に引き上げるという、妖魔界の禁断奥義だ』

『失敗すれば、全員が命を失う』

ぬらり:『それでも戦ってくれる者は いるか?』

テング:『それって・愚問じゃないですか?😌』

ナマ:『確かに・ここに逃げ出したいなんて ひよったヤツなんていねェよ🙂』
チアキ&ノズも不敵にほほえむ。

MTバ:『僕だって最後まで戦いたいです😃❗』
フドウ&スサノも納得の表情。
コマ・フブキちゃんも賛同する。

(ラント):『戦おう🙂❗』
(ジンペイ):『ああ😃❗』

ではいくぞ、とエンマダイは 印をむすび‥
エンマダイ:『妖魔界禁断奥義・
妖滅融合合身‼

HERO全員が青いオーラに包まれ、エネルギーの塊となり浮かび上がる‥

エンマダイと ぬらりも それにならう。

全視聴者:この2人もやってくれるんだ😳

エネルギー塊は上空で一つとなり、
出現したのは‥

なんだコレ😳

 
アマーナ:『伝説の光の巨人?』

3分で帰りそう
(👆ツッコミの腕をあげたナ・息子‥🙂)

 
アースマン:『ジョビアッチ❗』

巨人は巨人ですから

例の 伝説の巨人 が登場。
巨人は そのまんま巨人だったのだ❗
(アマーナ様ったら・深読みしすぎ😇)

巨大怪獣 VS アースマン が開始。

どんなに感動的なシーンがあっても・映画から一貫してブレない妖怪学園Yに敬礼👏

 
チカラは、アースマンが上のようだ。

アースマンは テラオズマを弱らせ、
必殺技(あえて名前はない)で トドメをさそうとする‥が、

ジンペイが躊躇し‥
するとアースマンは攻撃をやめて、

(ジンペイ):『うおぉ~❗ ライム❗』

アースマンはテラオズマに向かい、突進していく。
心配する他のメンバーたち。そりゃそうだ。

(ラント):(どうしたというのだ⁉)

アースマンは、テラオズマの『腹部にあるコア』に手を突っ込むと‥

(ジンペイ):『この手よ、届け❗』

『届いてくれ~❗』
(※先ほど、ライム君に伸ばしかけた手が伏線になっていた‥)

ジンペイが必死に 手を伸ばした先には、光の塊が‥

ジンペイは確信すると、
その塊をつかみ、オズマの体内から放り出した。

アースマンは改めて、必殺技の光線で テラオズマを攻撃。

テラオズマは 撃破された。

これは 現地時間で3分以内🙂

 
アースマンは、舞い降りてきた『緑色の光の塊』をやさしく受け止めると、光はライム君の姿となった。

アースマンは ライム君を地上に横たえると‥

『ジョビアッチ❗』
‥と・かまえると、光が分散し‥それぞれのYSP能力者へと戻った。

マタロウ:『飛び去っていかないんかい❗😂』

ライム君、帰還

(ジンペイ):『ライム😄❗』
晴れやかな笑顔のジンペイ。

ラント:『ライムをオズマから切り離し 人間の姿に戻した』

『どんな危険をおかそうとも、ライムを助けたかった というわけか』

『寺刃ジンペイ、オマエらしいな‥😌』
納得して 微笑むラント君。

ラント君は常に『倒すか・倒さないか』の二択ですもんね(生真面目だから)

 
(ジンペイ):『ライム❗』

意識を取り戻した ライム君が立ち上がると、勢いよく飛んできたジンペイに抱きつかれる。

『はぐっ』『良かったぜ❗』
(アマーナもホッとしている)

ライム:『ジンペイ、どうして僕を助けたんだよ?』

ジンペイ:『助けたかった、だから助けた😁‥それだけだ、悪いか』(陽キャの答え‼)

ライム:『でも・僕は人類を滅亡させるために 生まれたんだ。僕を助けたら、また‥』

‥と心配するライム君に、ジンペイは『友達だからほっとけない』という。

ライム:『でも・僕の役目はこの世界を滅ぼすことなんだ‥消えたほうが良かったんだ』

(確かに、アトランティスがこのまま存続すると、人類史はどうなるんだろう‥🤔)

 
ラント『思うのだが、ライム君』

『キミは、世界を滅ぼすために生まれたのではなく、滅びない道を探すために 生まれたんじゃないのか?』

ライム:『えっ⁉』

エンマダイ:『星に意思があるとして‥自らの上に生きる者たちを たやすく滅ぼそうと考えるハズがない』

『星は、地球に住む すべての生物の未来を守るために、人類に今一度・考えさせようとしたのかもしれない』

ぬらり:『たしかに🦀』

ライム:『でも、このままじゃ・地球は‥』

アマーナ:『マザーは依然として、地球が滅ぶ未来を示唆しています‥』

アマ:『でも、地球の未来を決めるのは マザーじゃない』

『 私たちよ 』

アマーナ様、その言葉が聞きたかったのです、ありがとうございます🙏

 
ジンペイ:『そうさ❗ 先のことなんて、知ったこっちゃない』

『世界を滅ぼすとか救うとか‥そういうのわかんないけど、』

『友だちは大切なモンだろ? 消えたら悲しいじゃんか😃』

ライム:『ジンペイ‥ジンペイ‥ジンペイ❗
ライム君は涙をうかべて、ジンペイに抱きつく。

その目から、涙があふれ出した。

その様子を 満足そうに見守るメンバー。

???:『ライム様・アマーナ様❗』

研究チームのメンバーが現れると、ライム君に何かを見せたいようだ。
『ライム様が 以前 設計された “宇宙エンジン” の構想をもとに、我々は研究を進めてきました‥それが、ついに実現できそうなのです❗』

研究員:『これで、長きにわたる宇宙の旅を実現する【恒星間宇宙船】を完成させることができます❗』

アマーナ:『ついに、この時が来ましたか』

『これで私たちは、宇宙へ旅立つことができます。はるか彼方の星を開拓し、この地球で生まれた可能性を 宇宙の彼方で輝かせるのです』

アトランティスの科学力なら、宇宙に出ても どうにかなりそうですね

 
アマーナ:『これで、この地球は進歩の歩みを間違わないように 再びやり直すことができます😊』

アトランティスの旅立ち

💡 場面は変わり‥
アマーナ:『アトランティスの民たちよ』
アマーナは群衆に向かい、演説している。

『我々アトランティスは、地球の未来を守るため、宇宙に旅立つことを決めました』

『この地球は、未来で生まれる 新たな人類に託します』

『それが 我らアトランティスの決断です』

群衆は 歓声でアマーナの演説に応える。
民衆に 宇宙への移住を受け入れてもらえたようだ。

その様子を見ていたライム君、
『ジンペイ』『ん?』

ライム:『地球を‥地球の未来を頼んだぞ』

ジンペイ:『おう・任せとけ😄❗』

宇宙船が、つぎつぎと宇宙へ飛び立つ。
その中には、ライム君の姿も。

ジンペイ:『ジンペイ、またいつか会えるといいね』

宇宙船群は 宇宙空間に到達すると‥

アマーナ:『跳躍飛行に移ります』

そう言ってアマーナが押したボタンのマークは、ラント君が以前に拾って『ペンダントにしていたパーツ』と同じカタチだ。

これがどういうことなのか?考察せよと日野神からお言葉がありましたよ🧐

すると、宇宙船の底に🅰の文字が次々と浮かび上がり‥

OPのアルファベットって、このシーンを示唆していた?(なんだか感動)

 
マタロウ:<アトランティスの人々は、宇宙に向かって旅立ちました>

<遠い時間が すぎたのち‥>

<人類はいつか、彼らと出会える日が>

<来るのでしょうか?>

<僕たちはまた、何気ない日常へと 戻っていきました>

<そして、ここからが僕にとっての>

<Y学園での最後の時間の始まりとなるのです>
教室で寝ているジンペイ。次男が『夜じゃないよ』と純粋なツッコミを入れていて草でした(4月から小1)

今週はこれにて終了。

かっこんの感想

ジンペイ達は、どうやって未来へ戻ったのだろう😅

エンマに任せると、また迷いそう(笑)

最終回前に決着しましたね❗
ライム君が、登場当初から浮かない表情だったのは、オズマとしての宿命を、知らず知らずのうちに背負っていたからなのですねぇ‥

💡 かっこん言いたい
わたくし、妖怪学園Yシリーズのシナリオは本当によく練られているな‥と何回も感動したのですが、

今回、感動したのは以下エピソード。
アトランティスの治政は、マザーの言うとおりで‥ハッキリと言うならば、マザーの言いなりで動いてきた世界でした。

わたくし・ソレで良いのか🤔?と引っかかっておりました

それを良しとするなんて、妖怪学園Yらしくない❗と。

すると、今回‥

👇不意打ちで、嬉しかった‼

『マザーの言葉は絶対である』と、いちばん理解しているハズのアマーナ様が、

マザーの予測のせいで ライム君を失うようなことはさせない‥と決断してくれました。

その言葉を待っていました😭‼

 
そうなんですよ、
『自分たちの未来は自分で決める』‥それが妖怪学園Yからのメッセージなんですよね❗

エルゼメキアも “ラント君のように運命に逆らえば良かった” と言ってました‥自分の運命は自分で決める、というのがこのアニメの正解であってほしい。

💡『主人公』ジンペイ
エルゼメキア編は、ラント君・マタロウ君の心理描写が細かくて、ジンペイは置いてけぼりなところがありました(私・ソコがたまらなくスキなのですが/笑)

でも、高等部編では『明るいサイコパス(by 田村睦心氏)』であるジンペイの 心理描写がされて、

最後の最後に 主人公らしい活躍を見ることができて、大満足です😊

『妖怪学園Y』の1年3か月は、本っ当に濃かった‥‼

次週、マタロウ君の転校での最終回。

楽しみにさせていただきます‼

(泣いてしまうだろうから ハンカチを用意しておかないと‥/今週も泣いちゃいました‥💦)

また来週にお会いしましょう😊

LEVEL5様、ありがとう

最終回をもっと楽しめる企画
『みんなで見よう最終回!#Y学園は永遠に不滅です』|LEVEL5

【ダウンロード可能期間】
2021年4月16日(金)12:00まで

『データをダウンロード・プリントして作れる「おうちで送別会参加キット」全5種類を配信開始!
アニメで開催されるマタロウの送別会におうちから参加して、一緒に盛り上げよう!』
① ジンペイの扇子
マタロウの送別会シーンに登場するジンペイの扇子!これを持ってTVの前で応援!
② ガーランド
マタロウの送別会会場をイメージした飾りつけ!お部屋を飾って、送別会気分を高めよう!
③ ケロピのフェルトワッペン型紙
何度もアニメに登場したケロピのフェルトワッペンの型紙!
帽子やカバンにつけるもよし、もちろんパンツにつけてもよし!最終回でも登場するかも!?
④ ペンライト型応援グッズ
好きなキャラクターが登場したらこれを使って応援しよう!
実際のペンライトを組み合わせても使用可能!
⑤ Y学園校歌(フルバージョン)歌詞カード
みんなで校歌斉唱!アニメでY学園校歌が流れたらジンペイたちと一緒に歌おう!こちらから期間内にDLできます

💡 アンケートで人気だったアニメ名場面振り返り❗ 期間限定で特別配信開始✨
LEVEL5ch|YouTube

💡 Twitterでキャストコメントを公開❗
3月26日より『ゲーム「妖怪学園Y」公式』Twitterで、毎日2人ずつ公開!
※さらに各ツイートが100リツイート達成でそれぞれのキャラクターのアニメ設定画も翌日公開される。

💡 最終回前日にスペシャルショートムービー「ワイワイTV」公開❗
4月1日(木)19時頃に、主要キャストの3名が声の出演で盛り上げる「ワイワイTV」を、YouTube LEVEL5chでプレミア公開予定!
LEVEL5ch|YouTube

💡 次回 第63話(最終回)のあらすじ感想はこちら

こちらの『あらすじ』もどうぞ

💡 妖怪学園Y 最後の開封記事
💡 人物・組織ごとにキッチリ紹介しています
💡 登場人物&組織相関図を作成しました😃

💡より深く知るなら こちらの詳細記事で❗

💡 現在グッズ通販できます

こちらの記事もどうぞ

Copyright© KAKKON.NET , 2021 All Rights Reserved.