【善光寺御開帳2015】御朱印帳で大賑わい

      2016/08/03

今回2015年の善光寺御開帳での御朱印について、記事投稿しておきます。

9/15 追記:

たくさんのご訪問ありがとうごさいます。耳寄り情報を…『ミニ回向柱』がまだ本堂前の授与品所でお買い求めになれますよ!シルバーウィークなどに是非どうぞ(*^^*)

とにかく混んでいます

御開帳限定の御朱印が頂けるということで、もの凄く混んでいる!!ということは聞いておりました。御朱印ブームですしね…

5/30。明日が最終日なので、さらに混んでいるだろうな…と思いつつも善光寺に向かいました。

Q: 御朱印の受付時間は?
お朝事の始まる1時間前、午前4時半から午後8時頃まで
(この時間は、御開帳のとき限定ですよ!)
よくある質問

私は受付時間が5時からだと思い込んでおりました。
それでも4:45に到着すると、もう20人ほどの行列ができておりました。

並びます

この時点で、書き手さんは1人だけです。8時から2人に増えるそうですね?
ですので、てんてこ舞いの忙しさ。

受付は2か所あるらしいので、場所をしっかり確認し、どちらが混んでいるか見極めるのも大事そうです

宿坊のスタッフさんが受付に何十冊もドサっと持ち込んでいらっしゃいました。

そこで、選択を迫られるのが…

  1. あなたの持っている御朱印帳に書いて欲しいのならば、お預かりして、(朝5時→)11時頃にお渡しします。
  2. 予め書いておいた御朱印に、目の前で日付けだけを記入してお渡しします…これならばすぐにお持ち帰りできます

私は、頂ければ良し!なので、日付だけお願いしてすぐにお持ち帰り。
それでも、30分ほど行列に並びました。

購入したもの:

  • 御開帳限定しあわせ朱印セット(散華つき)¥1,500
  • 御朱印帳もこの機会に購入 ¥1,700?
  • 母は、御詠歌の色紙を購入(散華つき)¥1,000

『6時間、待っても良いからぜひ御朱印帳に書いて欲しい!』という方がいっぱいいらっしゃいました。しゅごい(◎_◎;)皆様、何して時間つぶすの~!

実際にはこういうかんじです

こんなかんじ
善光寺の御朱印帳は、通常の御朱印帳よりもなぜか大きいです。
他のお寺さんで御朱印をいただく際に、書き手様はさぞかし書きがいがあると思います。

そして、デザインがモダンでクールですよね。他にも何種類かあります。

御姿から始まる
開いてすぐには、善光寺の御本尊である『一光三尊阿弥陀如来』像の摺仏。

秘仏でいらっしゃるんですが…じつはその像は存在していらっしゃらないんじゃないか?とか、私の周りの人間はよく議論しています。
武田信玄が持ち帰ったとか返したとか云々。(信州北部の人間は議論好きなのです)

いらしても、そうじゃなくても、神秘的でロマンですね。この先ずっと、秘密な存在であっていただきたい。

以下のページは、帰宅してから御朱印帳にノリ付けしたものです。

本堂

右ページ:御詠歌
左ページ:本堂

『前立本尊御開帳』の印が全ての御朱印に押してあります。

びんずる

右ページ:山門(文殊菩薩)
左ページ:びんずる尊者(撫仏)

『撫仏』の御朱印が御開帳限定なのだそうで…
恥ずかしながら今回初めて知ったのですが、善光寺っていただける御朱印の数がたっくさんあるのだそうですね。今度、世尊院の毘沙門天をお願いに行こうと思っております(^_^)

散華
私がいちばん、手に入れたかったのはこちら、散華です。

Q: 散華とは?
寺院で法要を巌修する時に、仏を供養するため花や葉を撒き散らす。法要に散華を行うのは、華の芳香によって悪い鬼神などを退却させ、道場を清めて仏を迎えるためとされる。
元来、蓮などの生花が使われていたが、現在は蓮の形を模った色紙で代用することが多い。その形から分かるように蓮華を模っている。これは釈迦と深い繋がりがあり、葬儀など仏を供養する場で撒かれることがある。
Wikipedia:散華

7年前の中日定義大法要の際に撒かれた散華を、我が家に出入りしている工務店の方が持ってきてくださったのですが、それがすごく、5月の新緑の季節と共にキラキラと特別なものに思いまして。今回も手に入れることができて、とっても嬉しいな…。

皆様、散華はどうやって保存されてるんだろう?
私は思い切って、このように御朱印帳に貼り付けちゃいました。たまに開いて、眺めようと思います。

以上です。次回の善光寺御開帳で御朱印を頂きたい方の参考までに…
御開帳ではなくても、平時でもぜひ機会がありましたら善光寺にいらしてください。とても良い空気がただようお寺さんですよー!

善光寺御開帳 訪問の記事もどうぞ。
宿・ホテル予約ならじゃらんnet
びゅう 乗って楽しい列車旅!

 - イベント報告 , , ,