【ネタバレ注意🎬後編】映画妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS【エンマ大王出生の秘密でかっこん号泣寸前】

投稿日:2018-12-18 更新日:

前編は、エンマ武道会の前日までのお話でした。

今回・後編は、激戦~ラストまで参ります❗

エンマ武道会、開幕❗

さて・翌日、エンマ武道会の当日となりました。

『エンマ武道会』では、勝者は敗者の妖力をうばい、自分のものとできる‥どんどん強くなって勝ち上れるそうです。
 

『トーナメント戦』とはいえ、バトルロワイアル制のようで、大人数でいっきに戦います。

紫炎の側の出場者、カラス天狗。
自分の味方すら見境なく倒し、妖力を蓄えてゆきます。

カラス天狗の起こした凄まじい『竜巻』を前に、
シンは『たまも』を呼び出します(いつの間にアークもらってたんや(゚Д゚;)が、たまも瞬殺。

つづいて『猫又』を呼び出します。
呼び出された猫又は『最初からムリだって分かってるのに、召喚するのはやめろ!!!』と怒りながら(気の毒に/笑)竜巻に巻き込まれ‥、

猫又はカラステングの妖力を取り込み、『怪猫カマイタチ』に変化しました。声はシャドウサイド・ジバニャンの声です。

『カマイタチ』はカラステングを倒しますが、何者かに吹っ飛ばされ元にもどってしまいます。
 

吹っ飛ばしたのは、紫炎。
紫炎は試合(雑魚戦)を見ていることに苛立ち、エンマ大王へ直接戦えと煽ります。

エンマ大王:『紫炎よ、チカラの大きさなど意味はない。王のチカラをどう使うかが大事なのだ。』

エンマ大王は、『チカラの意味を知ることをお前に求めたのだ。』と紫炎を諭そうとしますが、紫炎は『チカラこそ全て』と聞く耳もたず‥。

 
ついに剣を交える、エンマ親子。
紫炎の剣はついに、先代をつらぬき‥

エンマ大王は倒れる際、紫炎へ語りかけます。

息子よ‥真の王とは何かを再び求めよ。

 今のお前は、チカラに溺れたただの臆病者じゃ‥』

エンマ大王は倒れ‥倒れたエンマ大王から、紫炎は容赦なく『大王のチカラ』を奪います。

紫炎は武闘会の観客に『これからは私にしたがえ!』と勝ち誇ります。

ぬらりひょんは『許せん❗』と紫炎へ飛びかかりますが、
紫炎:『じゃまだ』と、あっさ~り吹っ飛ばされてしまいます。(あまりにミッチー的な扱い)

イツキ、じつは‥

紫炎の次の標的にされたイツキ。

紫炎は、地面に刺さっていたエンマ大王の剣をあやつり、剣はイツキの身体を貫通します。

が、何故かイツキにはダメージがありません。

ぬらり:『イツキよ‥きみは命を持たない‥』

その言葉に、ハッとするイツキ。
イツキ:『オレ、思い出したんだ‥』
 

工事現場の高所で、落下しようとする『姉』を止めようとしたとき、じつは、イツキも一緒に落ち、絶命していたのでした‥。
(たまもが『姉の魂を飲み込む』のを確認してから、イツキは息絶えた)
 

イツキが絶命した次の瞬間。不思議な女の子‥『ククリヒメ』が呼びかけてきました。

ククリ姫:『あれれ?死んじゃったね?』

イツキが『姉ちゃんは!?』と聞くと、『あっちの魂は、魂を取られて死んじゃったのよ?』

あなたの命をレンタルしてあげるわ。
 あなたは、お姉さんをとりもどしたら?
 コチラとしては、あなたが誰かと良い縁をつくれれば良いから』

ククリ姫:『思い残すことがないように、頑張ってね👍』

と、現世に送り返されたそうです。
(=イツキの身体に落下ダメージがあっても、そのまま何事もなく回復したことになります。それとも・復活後は幽体のような存在だったのか?)

エルダ・神(ゴット)を入手

⭐️回想シーン終わり、再び武道会。

不思議と力がみなぎってくる、というイツキ。過去を思い出し、覚醒したようです。

(ぬらりは、倒れたエンマ大王を手当てしています。大王はかろうじて無事で、意識があります

紫炎に立ち向かうイツキ。
その身体から、賢神(けんしん)アマテラスの幽体が出現します。

アマテラスは、守護霊をこえた存在とのこと(イツキとどういう縁で出現したのか?は謎です)。

イツキの腕には、選ばれし人間に神が与えるというエルダ魔導鏡‥妖怪ウォッチエルダ 神(ゴッド)が装着されました。

『私のチカラを解放するのだ』というアマテラス。イツキがアマテラスのアークを使うと、アマテラスは実態をともなって出現しました。

アマテラス:『私は、チカラを持つ者をたばねる神‥』

『お前たちも闘うのだ』、とアマテラスの影響により‥

  1. 猫又=猫王バステト
  2. 河童=河童王サゴジョウ
  3. 座敷童子=天狗王クラマへ進化します。

 

ゴットサイド妖怪たち4人かがりとなると、さすがの紫炎も苦戦します。

 
『まだまだ負けぬ‥』と、紫炎が変化したのは黒く禍々しい物体。
(シャドウサイド・フクロウの最終形態に似ているようです)
 

『紫炎だったもの』は凄まじいチカラを放ち、バステトたちの進化がとけてしまいます。

アマテラスは、放たれる力からイツキたちを守っていましたが、チカラ尽き、消えてしまいます。
(ちなみに、ぬらりは大王に抱えられて守られていたようです/ ̄▽ ̄ヨカッタネ
 

紫炎、暴走‥変化したのは⁉

ぬらり:『このままでは妖魔界を滅ぼしてしまう‥ヤツは暴走している。

エンマ大王いわく、紫炎の結界の中に入り『紫炎の良き心』を呼び覚ませば、暴走を止められるそうです。

それには、人間でもない・妖怪でもないイツキならば、紫炎の結界の中に入れるかもしれないと。

心配性のぬらりひょんが止めます。
ぬらり:『失敗すれば、憎悪そのものにとらわれ、永遠に苦しむことになるぞ❗』

イツキ:『これは俺の役目だ、大王たのむ❗』
強い意志を持つイツキに、大王は想いを託したようです。
 

イツキは心配する皆を置いて、大王の手により紫炎の結界の中へ‥。

紫炎の結界の中へ入ると、囚われている人の魂でぐちゃぐちゃです。

はるか遠くに紫炎の良心が見えます‥助けてくれ、としがみついてくる魂を引き剥がしながら、イツキは懸命に『紫炎の良心』へ向かいます。
 

一方で『紫炎だったモノ』は‥。

何やら、カタチを成し‥進化して、

なんと、空亡(そらなき)となりました‥❗

エンマ大王:『空亡‥。以前、妖魔界を滅亡寸前にまで追い込んだ、邪悪の化身』

エンマ大王:『あやつが息子に取り憑いていたのか‥』
(空亡の存在を、エンマ大王は見抜けなかった)
 

このままでは妖魔界が危ない、と判断したのか?
ぬらりひょんは杖を振るい、空亡&廃墟となった武道会場の空間まるごと、人間界へ転送してしまいます。

全視聴者:おい・ぬらり、人間界に何してくれてんだ(゚Д゚;)⁉

酒呑童子は『面倒なことになった、退散するか‥』と退場してしまいます。

夜叉エンマ、登場❗

『紫炎の良心』とイツキが合体に成功したようで、夜叉エンマが颯爽と登場します。

夜叉エンマは、武器である『炎魔棍(えんまこん)』に『紅華』のアークをさして変化。

夜叉エンマは、ルックスが3種類あります。
デフォルト以外は『炎魔棍(えんまこん)』にアークをさすことで、他2タイプへ変身できます

紅華:必殺技=炎を操る『乱舞紅華(らんぶ べにばな)』

一方で空亡は、ヤマタノオロチを召喚。

夜叉エンマは、紅華から『羅雪』へアークで変化。
羅雪:必殺技=氷を操る『絢爛羅雪(けんらん らせつ)』

羅雪で、ヤマタノオロチを撃沈します。
 

つづいて空亡は『我がしもべ、阿修羅(あしゅら)』を召喚します。

剣武魔神である阿修羅は、かなり強いようです。

阿修羅のチカラにより、炎魔棍が飲み込まれ、夜叉エンマは封印されてしまいます。(注意深く見ているのですが、どうやらエンマ属は『剣武魔神にはギリギリ勝てない』という設定のようですね)
 

そこへ、タエのおばあちゃんが駆けつけて来ます。
その手には有星家・伝家の宝刀‥退魔の剣・草薙(くさなぎ)が握られています‥でも、刀はボロボロです。

『成敗してくれるわ!』とお婆ちゃんが気合いを入れると、立派な刀に変化。有星家すごいな‼(小学生の感想)

軍神スサノオ、登場❗

スーさんが『やっと見つけた』と、草薙と呼ばれた剣を手にすると‥

スーさんは軍神スサノオに変化。
 

スサノオが『目覚めよ、我が同志たちよ!』と声をかけると、

  1. シンの亀(ノロ)は『玄武:ゲンブ』
  2. 街のねこ像は『白虎:ビャッコ』へ。

スサノオと合わせた、この3体の活躍により剣武魔神・阿修羅を制することに成功。

夜叉エンマが再び動けるようになり、炎魔棍も取り戻されました。(阿修羅は夜叉エンマにより討伐された‥と思います、スミマセン・家族全員ココ、ちゃんと見れていません💦)
 

『空亡を、どうすれば良い?』と、夜叉エンマが素直にスサノオに尋ねると、

スサノオ:『強く願えばなんでもかなう❗』
その言葉に、シンは『(スサノオは)父さん?』父親を重ねます。
 

空亡のチカラはあまりに強大で、皆の持っているチカラを遥かに上回ります。

皆が吹きとばされる中‥、
 

スサノオ:『シン、妖怪ウォッチで『妖怪達のチカラ』を集めてくれ❗』

その言葉を受け、シンは呼びかけます。
シン:『俺にチカラを、貸してくれー❗』
日本中の、お馴染みの妖怪たちがチカラを提供。

集められた妖怪たちのチカラは<神のつるぎ>アメノムラクモへ変化します。
(映画シャドウサイドで、おばばが『日本古来の妖怪じゃないと対抗できない』といったのは、このことか❗)
 

『アメノムラクモ』は、夜叉エンマの手に渡り‥

夜叉エンマ必殺技:『斬無一斬(ざんむいっせん)』
 

夜叉エンマの必殺技を受けた空亡は、散り散りとなりました。
散った煌めきは、解放された魂なのだそうです。

空亡、散る。‥そして別れ

渾身の必殺技にチカラ尽き倒れ、川に落ちる夜叉エンマ。

傷ついたエンマ大王が、橋の上から妖力で夜叉エンマを救い、そして全てを見届けたかのように、ぬらりと共に妖魔界へ消えます。
 

これで終わり、と思いきや。
まだ空亡は、せめてタエちゃんだけだも‥と背後から襲おうとします‥

すると『ツクヨミ』が、たえちゃんから抜け出て『浄化~~~ッ⭐️』

じつはツクヨミの正体は、逃がした『やまんば』でした。『やまんば屋敷』の騒動以来、タエちゃんを守護してくれていたようです。
 

夜叉エンマは、イツキへと戻ります。

『オレは、一緒には帰れないんだ』というイツキ。

イツキ:『お前(シン)が、妖怪を救おうという気持ちがこの世界を救った。』

イツキ:『オレはエンマ大王になる。だからお別れだ、シン。』
 

その言葉に抵抗するシン。
シン:『おれも妖怪になりたい❗ 妖怪ならずっとイツキと一緒にいられるし❗』

イツキ:『それはダメなんだ。いつかエンマ大王様になれたら、迎えに来る

イツキ:『俺たちは永遠にともだちだよ』

シン:『俺たちは永遠にともだちだ』

橋の上。
‥イツキは消えてしまいます。

 
エンマの間。
傷ついたエンマ大王と、ぬらりが戻ってきました。

すると、鏡の前に転送されてきたものが浮かんでいます‥

かわいい、金髪の赤ん坊です。

ぬらり:『あの少年(イツキ)の魂が、紫炎様の魂とともに、新しい命として生まれ変わったようです』

エンマ大王は、納得したようで‥『いつか、妖怪と人間が再び仲をとり戻す日まで、妖怪ウォッチを封印するのだ』
 
・・・・

戻ってきたイツキは‥!?

・・・・現代。

橋の上の老紳士は、黄金に染まる川を見つめています。
 

そこに現れたのは。
 

エンマ大王でした。
 

黄金の船に1人たたずみ、エンマ大王が、年老いたシンの元へ近付きます。
 

シン:『‥おまえなんだな、イツキ

   待ってたんだよ、オレ・ずっと待ってた。

   あんまり待ってて、待ちくたびれたよ』
 

エンマ(イツキ):『ごめんな、待たせて。』
 

シン:『連れてってくれよ、妖魔界に』
 

エンマ(イツキ):『悪いけど、それはできない』

『オマエにはまだ、この世界でやらなければならないことがある。』
 

シンは、世界中の子供達に夢を与えてきたそうです(具体的な仕事内容までは明かされなかった)

エンマ大王は、ずっとシンの活動を見てきたようです(イツキとしての記憶がしっかりあった、と)。
 

エンマ:『これからオマエには、新しい道が示される』
 

シン:『私にまだ、時間が残されているというのですか?』
 

エンマ:『最後までなげんな、まだまだ捨てたもんじゃない😁❗』
 

シン:『イツキ‥』
 
 

大王を乗せた黄金の船がシンから離れ、空をゆきます。

シンは、奥さん(老いたタエちゃん)と一緒に橋の上からエンマ大王を見送ります。

シン:
(イツキはたくさんのことを教えてくれた。

  勇気とは何か、友達とはなにか。
 

  お前に出会えて、本当に良かった)

 

~ 終幕 ~

EDのカットも大注目❗

ここからEDです。
東方神起による「大好きだった」、爽やかな曲にあわせてEDロールが流れます。

同時に、映画のその後の展開が描かれます。
 

シンのお母さんは無事に復活できた?ようで、シンと一緒に食事しています(と・私は思いたい。このあとのイツキの家族描写からは、こちらはシンの回想シーンとも受け取れますが‥)。

イツキの家族4人(父母・姉とイツキ)の、平和だった頃の風景も描かれています。

シャドウサイドの面々‥なんと・酒呑童子、洞潔も描かれます‥表情がコミカルです。
しかもハルヤくん(&ナツメ)、島之内先生(&トウマ)のシーンまで‥❗この2人が大好きな私にとっては豪華なカットです!!!

描かれるカットは、シャドウサイドのメンバーだけではなく‥

なんと、以前の『妖怪ウォッチ』の光景も描かれます。

ビックリしたのが、チビチビ組立~る時代の『イナホたんロケット』完成の図が(T▽T*)
まさか・1カットでもイナホたんを拝めるとは思わなかったので感涙しちゃいそうでした(かっこん、イナホ好き)

カイラ&じい(ウーラ)。カイラは、相変わらずライバルのエンマを気にしているようです。
 

現在のシンについて、も描写されます。
その後・身体の調子は良くなった、とドクターの前で夫婦で喜んでいるカットが。シンがエンマ大王に会えるのは、まだ先の話になりそうです。
 

それだけではなく、『映画ではあの時、じつはこーだったんだよ』というカットも丁寧に流れます。こういうのすごく良いですね❗
臼田さんが『エプロンをつけておはぎをこさえてくれた』んだなァ、とか(笑)
 

ED後に待つ、ラスト。
信じてるぞ、最後までなげんな‥

シン:『お前は最高の友達だ‥この先もずっと』

~ 以上 ~

 
つづいて、かっこんによる疑問投げかけを。

かっこんによる疑問・考察

・先代エンマ大王は、なぜ今・不在なのか?
・ぬらりは、エンマ大王に不満を持っていた(@5つの物語だニャン)。先代との継承の仕方に不満があったのか?

・執事の臼田は妖怪なのか?おそらく・イツキが死人であると知っているようだったが‥
⇒イツキが復活した際に、サポート役としてククリヒメが送り込んだ存在か?

・有星タエは『アキノリのおばば』とどういう繋がりなのか?‥タエちゃんは、シンと結婚したということで、有星家の人間ではなくなった=今後・シャドウサイド本編には出てこないのでしょうか。

・今作は、妖気に影響を受ける、とか吸収する、という概念をよく見かけました。前回の鬼太郎の妖気でキタニャンになった、みたいな。今後、キャラたちは気軽に変化しそうですね。

・たまもに魂を奪われた者たちは、身体が無くても復活できたのか?
⇒ククリヒメが、深刻な落下ダメージのあるイツキを何事もなく復活させたように、『魂が奪われた人間は、特例で』身体付きで復活できたのでは、と思われます。

ただ・どうあれ『死んだ人が生き返る』をやってしまうと‥今後の世界観が大丈夫なのか(笑)⇒シャドウサイド映画でトウマくんが絶命しかけたとき、エンマ大王は手助けできなかった。あの時はダメで、今回はOK‥と軽々しくやっちゃうと、子どもに理解できるのかなァと心配😅

・酒呑童子は本編にからみすぎず、道化役に徹していますね。映画EDでも、洞潔&酒呑童子はコミカルに描かれていました。立ち位置が良く分かりませんね(^^;)最後までこんな感じで、彼らには『敵なのか・なんなのか?ポジション』でいて欲しいのですが‥

かっこんによる感想

・妖怪ウォッチは、今までEDが2曲でしたが『今回は1曲のみ』でした。
そのぶん、EDのカットがすごくこっていて、とても良かったと思います❗

・ラスト、シンのセリフ‥『イツキはたくさんのことを教えてくれた。勇気とは何か、友達とはなにか。お前に出会えて、本当に良かった』‥これは、エンマ大王(イツキ)もそっくりそのまま、シンに対して思っていることでしょうね。シンという存在が居なければ、イツキは『エンマ大王の資質』を持つことはできなかったのですから。

・シンのお母さんやイツキのお姉さんの症状が『空亡ウイルスっぽい』とは思いましたが、まさか、空亡が出てくるとは思いませんでしたね❗

・イツキは空亡の存在のせいで死んでしまった、紫炎も空亡のせいで‥元凶は空亡です。お馴染みの『エンマ大王』は、空亡の存在によって誕生したのですから、因縁が深いですね。

・書かせてください‥❗‥紫炎が気の毒です。
紫炎の本来の人柄がどうだったのか?分からないのに、結局、彼が正気にもどる描写が無く‥結果からみると魂をイツキに乗っ取られたわけですから(T▽T;) ← 夜叉エンマ、その後のエンマ大王といい、紫炎要素ゼロじゃないスか(T▽T)
子供向けコンテンツだから、闇堕ちしたら・もう精神面の救済の必要はないと解釈されるのかな?シャドウサイドでも、フクロウが可哀そうでしたよ。

かっこんのリクエスト

今回の正直な感想として、前回シャドウサイドの時と同じように『詰め込み過ぎ・かけあし過ぎて、もったいない!!!!』

もっと人物描写を、丁寧に掘り下げて描いていれば、号泣不可避の名作でした!!!
 

たとえば▼(以下からは、かっこん劇場)

プロローグ段階で、シンが金銭目的ではなく・懸命に支援活動している姿。

弱る病気の身体を押して、時間を惜しんで・子どもたちの為に頑張っている‥という描写をいれておいてから‥

ラストで、エンマが船に乗せ連れて行っちゃう。

エンマ:『お前は、もう十分がんばった。』

『でも、妖魔界でずっと一緒にいるわけにはいかないんだ、まだ・転生した先で、新しい命を燃やして頑張ってくれ‥』という、未来のある展開にしつつ、

シンは『霊体』がカラダから抜け出して、エンマ大王と一緒に船に乗る。

本体のカラダは、タエちゃんが泣きながら抱きかかえる(せっかくタエちゃんが居るのだから、ここに意味を持たせたい!!!)。

老人であったシンは、いつの間にか少年にもどり、微笑んでタエちゃんに手を降る。

そこまでずっと泣いていたタエちゃんは、シンの穏やかな微笑みを見て『はっ』として納得。シンに微笑み返す。

エンマもイツキに変化し、少年シンと笑い合いながら、黄金の船は天へ消えていく。

その船を、タエちゃんが微笑みつつ、涙を流しながら見送り‥付き人が『どうしたんですか!?』と駆け寄る。

~ 終わり ~
 

だとしたら、もう・かっこん嗚咽してスタンディングオベーションでした。(こういう宇宙人系の映画ありますよね)

じつは・わたくし勝手にその展開を予測して、号泣する準備してたので、

上映終わりで、1人グスグスと中途半端に涙目になっておりまして‥(笑)

すれ違った掃除のお兄さんは『ああー・このオバちゃん、妖怪ウォッチで泣いてンなァ‥』と思ったことでしょう。うん、オバちゃん・妖怪ウォッチで泣いてましたよ。
 

主人:イツキの声がエンマ大王って気付いてた?(ドヤァ)
かっこん&息子達:🙂(なにドヤってんだ?)

 

✅ もう一つ、こうだったらなァ‥ポイント。
先代エンマ大王が、エンマ武道会のときに紫炎にやられて・消滅していればなぁ‥(←トンデモ発言)

あの話の流れで、『アレ?なんで先代まだ生きてるの?』と皆さん・思いませんでしたか?

あそこで先代が紫炎にやられてしまっておいて‥で、残ったぬらりがラストで『赤ちゃんエンマ』を1人で授かり、育てていたという設定だったら‥!!!

その展開だと『5つの物語だニャン』で、ぬらりが少年エンマ大王を半人前としてみなすのも、合点がいくのですよ❗
所詮は、自分が面倒をみた存在、生意気な存在、ということで少年エンマ大王をナメていた‥と。
 

先代、紫炎のあのダメージでも生きてるってスゴイですね‥😅そもそも、今までの歴代エンマってまだご存命なんでしょうか? 皆さん引退して、どこかで余生を過ごしているのだろうか。
 

ともあれ、『死の概念』にもっと厳しく線を引いてほしいと思います。子供向けアニメだから、と子供をナメちゃいけません❗

最後は書きたいことを書かせて頂きました😅
最後までご覧いただき、ありがとうございました。ぜひ、皆さんも劇場へ足を運んでください❗
 

私も息子も息子の友達達も、まだまだ妖怪ウォッチが大好きです。日野社長、最後まで投げちゃダメですぜ
妖怪ウォッチ、次作も“最後まで投げない”決意固めた日野晃博に小栗旬が勇気もらう

📝 kakkon.net ネタバレ感想
2018年度:FOREVER FRIENDS【前編】
2017年度:シャドウサイド 鬼王の復活
2016年度:空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!
2015年度:エンマ大王と5つの物語だニャン!

こちらの記事もどうぞ

  • この記事を書いた人

かっこん

旅行大好き、とにかくどこかに行ければ良し。ただ・現在は2人息子の世話で忙殺中。 フォークソングを聞きながら、ブログを書く時間が至福です。kakkon.netについて詳細

Copyright© kakkon.net , 2019 All Rights Reserved.