【ネタバレ的感想】中間管理録トネガワ第3巻【なんと限定ver.が登場…!】

      2016/12/10

中間管理録トネガワ第3巻が発売‥!

8/5の発売日から1か月近く経過しているのに、アマゾンのマンガ部門ランキングで18位って…利根川先生さすがです!
皆様、お目が高いなぁ!

今回は、なんと限定版が登場しています。何が『限定』なのか?
利根川先生が大好きなかっこんとしては、『限定版』を入手せずにはおれません。

ところが、私が第3巻の発売に気付いたのは、不覚にも8/29!

発売日は8/5でした!…『限定版』を、まだ入手できるのか!?

近所の書店へ急ぎました!

到着後、速攻で新刊コーナーへ…!

どこだ・どこだ??
3巻の通常版は何冊もありましたが…限定版が見当たらない…ああっ!
20160829-01
カベに1冊だけ、掲示されてました(笑)
店員さんによる手書きで『トネガワ③ 彡限定版彡』

20160829-02
今回の表紙は、満を持して兵頭会長が登場です。

通常版は、トネガワが先頭を走りますが、
限定版は、お爺ちゃんが先頭です。私は断然コチラ!!

オビにもありますが、限定ver.にはオマケとして、

SNS社会にとどめを刺す‥!
悪魔的コミュニケーション道具(ツール)‥!
「帝愛特製ふせん」付き

です。内容は、この後でじっくりご紹介。

『買えてよかった‥限定ver.‥』

ホッとしながら、レジへ…すると!

レジスタッフ:『お会計、せんえんとなります~

『千円とな!?』

20160829-03
限定版は、1,000円します!…お値段を確認していなかったため、ぎょっとしてしまいました(笑)

画像でも書いておりますが、『オマケのふせん』が400円ほどするのです。

400円がいかほどのものか?、一緒に確認いたしましょうか。

20160829-04
ふせんは冊子になっております。単行本と同じサイズ。
裏表紙には、悪魔的使用例が掲載されてます。

20160829-05
6パターンあります。
コレは使いやすそう!
(焼き土下座のは、コラ絵を描くと楽しそう)

20160829-06
各20枚ありました。これだけあれば、充分でしょう。

まさか3巻の発売でこんなこと企画してくるとは思わなかったなぁ…4巻はいかに。

それでは、トネガワ第3巻の感想を綴らせていただきますよ。ぜひ、お付き合いください⭐️

第15話『採用』

『当日はあなたらしい
自由な服装で
お越し下さい。』

面接会場の服装は自由…っ!
でもこれは、悪魔的罠…!

就活生の間でも『帝愛ファイナンスは上下黒のスーツ』って常識なのですか⁉

確かに空気が読めなきゃ、あのお爺ちゃんのもとで働けないわな…

誘導!
第3面接室
利根川ブース!!!

利根川ブース(笑)

帝愛ファイナンスを褒めたたえる就活生に対し、
利根川:「気をつけてお帰りください……!」(失格)
山崎:えっ⁉

利根川:「帝愛は漆黒…ブラック中のブラック…!
山崎:「う…た…確かに…!」

↑山崎さん、ブラック企業に勤めている自覚がおありなんですね。

萩尾(はぎお)の弟を落とした理由は、黒服姿でみんなが並んだ時に『特徴がないと困るから』。

でも特徴が圧倒的すぎても困ると。
帝愛の面接は深すぎると悩む、有能・山崎さん。
大変なお仕事ですね…

そんなこんなで、来年度は25名の新卒採用となりました★
めでたし!(珍しくハッピーエンドでしたね)

オマケカットの利根川先生が愛らしいです。

第16話『昼時』

↑タイトルからして、既に面白いんですが

利根川:ククク…待ちに待った昼休憩…
なんで昼休憩でそんなに悪魔的なんですか!

カツ丼大盛り(メガ級)が運ばれてきて、グニャ〜っとなる利根川先生。

このお店のメニュー表が細かい!『キッズにプリン付き』
『さながらK2(カツ)!登破するのは命がけ!』というコメントも細かくて、丁寧な笑いだなぁ。

通常サイズだと思っていた、サラリーマンがオーダーしていたかつ丼は『レディースサイズ』!(笑)

安息のランチタイムが、悪魔的地獄絵図に…ッ!

黒服たち:
『そういえば帰りが遅すぎる…!』
『何かあったのかな…⁉』
はい、何かありました。

第3会議室に到着したものの、殺気を放つ利根川先生。

この表情…恐らく、勝利…そうでなくとも善戦されたことでしょう。

と、ページをめくると…おお!笑顔で完食!
さすがは私達の先生…!

第17話『手招』

今回は、なんだか悪魔的なタイトル!!

相変わらず空気を読まない海老谷。
謝罪の場でデラックスパフェをつついてます。

利根川:百歩ゆずってコーヒーゼリー…!
に作者様のセンスを感じます。

今回は、なんと『マルチ勧誘セミナー vs 利根川』!

決め台詞、カッコいいです、利根川先生…ッッ!

しかし海老谷、救いようがない…!
オチがテンポ良いなぁ(T▽T)!
海老谷…お縄…!

行くとこまで行ったか、海老谷ぃ。

第18話『追走』

今春からオープンする帝愛ホテル。
最上階には会長プロデュースのレストランが。

ここにきて、新キャラが登場します。
利根川と並ぶNo.2の座を争う『黒崎義裕』

会長の地雷原を平気な顔で突っ走れる男。

(利根川を『利根川さん』と呼ぶ。)

お爺ちゃん:足りとらんのかの…カルシウム…
このお爺ちゃん、たまに日和るのがカワイイんですよね。

『どこまで地雷に近付けるのか?』だんだんとチキンレースの体をなしてきました。

が、結局。

利根川 着弾…!
兵頭クレイモア…!

会長にボコボコにされている利根川先生を見て、黒崎さん、最後は純粋に心配してくれてましたね。
悪い人じゃないようですね。

第19話『計測』

ああ、限定ジャンケンの話ね!
忘れておりましたよ。

例の利根川先生の同期の『権田さん』健在のようですね。前巻ではインフルエンザ大変でしたね。

左衛門ちゃん、いませんね?

…と思ったら、いたー!快適空間~~~!
黒服が各々、5時間という時間をいかに快適に過ごすか?
箱の中に工夫の結晶が凝縮されています★

(…こんな展開、どうすれば思いつかれるのでしょうか…)

努力の方向性が違うけれど、キラキラしている黒服たち。

それを見て…、

利根川…
圧倒的もやもや…!

わたくし、爆笑してしまいまいました。
利根川:鳴き声だけは注意してな…!

この作者様の発想力…天才のそれとしか言いようが…

第20話『飲会』

急遽、一週間の大阪出張。

利根川を待ち受けるのは、大阪支社のトップ、木根崎。
これがまた、空気を読まない男。

出張期間の定時をすぎて、クロスワードを始める利根川先生。
お別れ会(飲み会)に誘われるの待ちです。

結局、帰路の新幹線で1人ビール&たこ焼きです。寂しい。

大阪支社の木根崎は、先生が純粋に攻略できなかった唯一の男ですね。再登場はあるのか…

第21話『講習』

実際にエスポワール号に乗り込み、黒服・今年度新入黒服による限定ジャンケンのリハーサルです。

熟練の黒服はテーブルの中…!(結局、それ採用したんですね)
左衛門ちゃん相変わらず、中でゲームしてます。

カイジの本編キャラ『遠藤』がきましたね!

遠藤による、多重債務者講座…!

ゲスト登場の多重債務者…この後ろ髪の長い…スタジャンを着る、冴えない後ろ姿の男…もしや…⁉

後藤:「渡辺くんだ…!」
あ、似てるけどチガウ人でしたね。

渡辺くんによる、圧倒的クズエピソードにドン引きする新卒黒服たち。

多重債務者の洗脳教育?を受けて…新卒黒服たち、クズのオーラ漂いすぎてません⁉
コレ、方向性として大丈夫なのか⁉

ページをめくると、テーブルの中から『ニャー』

ダメじゃん、萩尾(はぎお)…っ!

第22話『人生』

新卒黒服たち…圧倒的、無気力…!!!

あっ、東(トン)さん!(3巻にもキッチリ登場)

人生ゲームにのめり込み、『仮そめの人生』に逃げる黒服たち。

ゲームにしか夢中になれない。
コレ、携帯ゲームにのめり込む方々への風刺でしょうか。

『謎の帽子、CHC中根チーム』何か元ネタあるんでしょうか、テンポが良すぎて面白い(T▽T)

悪魔的手際の良さで仕切る遠藤。でも、

利根川:違う…限定ジャンケンは…そういうゲームじゃない…!

あ、そうでしたね。22話は珍しく、オマケカットなし!アレが無いと、とんでもなくさみしいですね!

第23話『接待』

でました、裏カジノ・難攻不落『沼』!!!

…ということは、彼のとこに行くわけですか!

きましたね、一条…!中間管理録でも、イケメンです。

利根川相手の『接待』なのに、手を抜かないと不敵に宣言する一条。

ところが、この日は5年に一度の『設定Y』の日であるという。
…なんですか、そりゃ?

利根川:接待が下手…!
なるほど、カジノ側は『わざとらしくと全力で負けている』と。

接待というのは、もっと接戦させてなんとか勝てた…をいかに演出するかが腕の見せ所…ということだそうです。一条はまったくダメ!というわけですね。
中間管理録では一条、無能キャラでしたかー。

突如、沼が『オーン オーン オーン』

一条:『沼が泣いている…』

本気でビビる一条。

利根川:そりゃあ 泣きたくなるだろっ…!沼もっ…!

面白すぎます。

オチがまた味があります!!


お疲れ 利根川…
お疲れ 一条…

お疲れ 沼っ…!(まだ泣いてる)

ラストのオマケカットでは、カジノに飾られていた写真を撮影してます。
この後、目に線入れるんですよね★

総括

『トネガワ』も、早くも第3巻。

正直申しまして…、
『そろそろパターンも尽きて、面白さも失速するだろうな』と思っておりました。

ところがどうでしょうか。

1巻を読んだ時の『なんだコレは!?』という新鮮な面白さは、今巻でもまったく衰えておりませんよね。

制作サイドは、どういうセンスをされているのでしょうか…!
発想力が、ナナメ上だったりナナメ後ろだったり…縦横無尽すぎる!

第3巻は、1巻・2巻の大ヒットを受けて、調子に乗って限定版発売となりました。
今作も、アマゾンのランキングを見る限りは売れ行きが良いようです。こんなにも面白ければ当然の結果…!!

次巻も、期待して待ちます。面白かった…!

 - マンガ関係