【⛄2018年度エリア】大雪警報🌨でチェーン装着しないと罰則😲【スタッドレスNG】

投稿日:2018-12-14 更新日:

ここ最近‥冬シーズンに1~2回ほど『爆発的な降雪🌨』が発生するようになりました。
それにより、勾配のある国道・高速でトラックが動けなくなり災害レベルの立ち往生が発生する事態が。

この状況を受け、国土交通省が2018年度中でのチェーン規制(スタッドレスタイヤ装着でもダメ)制定を検討しているそうです。

どんな状況でチェーン規制が発動するのか?
⇒ 大雪特別警報や大雪に対する緊急発表が行われるような異例の降雪時

『大雪特別警報』または『大雪に対する緊急発表』といったとんでもない降雪事態のときに、チェーン規制が発動するそうです。

まずは、現在・国交省から発表されている規制エリアを紹介いたします。

平成30年度チェーン規制 国道版

※2018/12/10時点での予定エリア。
※表示されるルート&開始・終了地点は、正式発表のものではありません。ざっくり・だいたいの地域と参考程度にどうぞ。

  1. 月山道路‥西川町志津~鶴岡市上名川
  2. 山中湖・須走‥山梨県山中湖村平野~静岡県小山町須走字御登口
  3. 大須戸~上大鳥‥村上市大須戸~村上市上大鳥
  4. 石川県境~坂井市‥あわら市熊坂~あわら市笹岡
  5. 赤名峠‥広島県三次市布野町上布野~島根県飯南町上赤名
  6. 鳥坂峠‥西予市宇和町~大洲市松尾
➀ 山形県 / 月山道路

西川町志津~鶴岡市上名川
規制区間=27km

 
 

➁ 山梨県~静岡県 / 山中湖・須走

山梨県山中湖村平野~静岡県小山町須走字御登口
規制区間=9km

注:このルートは不確かです(勝手な予想です❗)
 
 

➂ 新潟県 / 大須戸~上大鳥

村上市大須戸~村上市上大鳥
規制区間=16km

 
 

➃ 福井県 / 石川県境~坂井市

あわら市熊坂~あわら市笹岡
規制区間=4km

 
 

➄ 広島県~島根県 / 赤名峠

広島県三次市布野町上布野~島根県飯南町上赤名
規制区間=12km

 
 

➅ 愛媛県 / 鳥坂峠

西予市宇和町~大洲市松尾
規制区間=7km

注:このルートは不確かです(勝手な予想です❗)
 

つづいて、高速道路の規制エリアです。

平成30年度チェーン規制 高速版

※2018/12/10時点での予定エリア。
※表示される開始・終了地点は正確ではありません。ざっくり・だいたいの参考までにどうぞ。

『ラッセル車の大行進』後で大渋滞が起こる恒例エリア

  1. 新潟県~長野県 ‥上信越
  2. 山梨県 ‥中央道
  3. 長野県 ‥中央道
  4. 石川県~福井県 ‥北陸道
  5. 福井県~滋賀県 ‥北陸道
  6. 岡山県~鳥取県 ‥米子道
  7. 広島県~島根県 ‥浜田道
➀ 新潟県~長野県 / 上信越

信濃町IC ~ 新井PA
規制区間=25km

 
 

➁ 山梨県 / 中央道

須玉IC ~ 長坂IC
規制区間=9km

 
 

➂ 長野県 / 中央道

飯田山本IC ~ 園原IC
規制区間=10km

 
 

➃ 石川県~福井県 / 北陸道

丸岡IC ~ 加賀IC
規制区間=18km

 
 

➄ 福井県~滋賀県 / 北陸道

木之本IC ~ 今庄IC
規制区間=45km

 
 

➅ 岡山県~鳥取県 / 米子道

湯原IC ~ 江府IC
規制区間=34㎞

 
 

➆ 広島県~島根県 / 浜田道

大朝IC ~ 旭IC
規制区間=27㎞

新しい標識が登場します❗

今回の規制から新しい標識が登場します。
この標識は常設ではなく、規制が発動するタイミングで設置されるそうです。

「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」規制標識

この標識を超えて、チェーンを装着せずに走行すると道路法に基づき6カ月以下の懲役、または30万円以下の罰金が科される‥ということです。

めちゃ性能の良いスタッドレス履いてるんですけど?(いかんの?)

(今回の件でいくつかのサイトを見て回りましたが)スタッドレスタイヤを履いていたとしても、雪道の急こう配(5%)は坂道を登っていけない(走行困難になる)。だからダメ、ということです。

ネット掲示板の意見を見ると『そんな雪道だったら、チェーン装着したってダメだろ‥』と(笑)私もそう思います😅『道路から車までの高さ(最低地上高)』に、ある程度の高さがないと雪❄をラッセルできないですし‥ねぇ😅

今回チェーン規制に関する難点

✅ チェーン脱着について。
『金属製のチェーン』は、雪道を走っていないと切れてしまいます。長い区間のトンネルは、切れてしまうから外さないといけない。

‥なので、
チェーンを装着する場所。装着する時間に加えて、チェーンを外す場所、外す時間も必要となります。
下りと上りで、スペースを上手く作らないといけませんね。

✅『2~3日前から周知させる』とあるが、本当に可能なのか?
国交省の発表では、大雪警報を受けて『2~3日前から(チェーン規制を)周知させる』とありますが‥

間に合うんですか‥

天気図から『気象庁』が速めに大雪警報を出して、早めにチェーン規制を決めると?‥できるのかな?

✅ チェーンを備えておく必要ある?
現実的に考えて‥関係するエリアに居住する人は、チェーンを買って(トランクに)常備しておくべきなのか?
タイヤチェーンには2種類ありまして、
金属製=価格安い・片付け省スペース。切れやすい
ゴム製=価格高い・片付けかさばる。切れにくい

‥というのが定説でした。
いま価格を調べてみましたが、ゴム製が装着が手軽でクチコミが良いようです(あとはトランクの中でどうかさばるのか?が問題ですね)。

余談:ノーマルタイヤの場合。
積雪・凍結道路ですべり止めの措置(スタッドレス・チェーン装着など)をせず走行すると『法令違反』となり、反則金が適用されるそうです。大型:7,000円 普通:6,000円 自動二輪:6,000 原付5,000円

参考ページ:
チェーン規制の検討状況|国土交通省
▲2018/12/10までの規制エリアを確認できます

チェーン規制標識に関するページ|国土交通省

日本自動車タイヤ協会 (pdf)

こちらの記事もどうぞ

  • この記事を書いた人

かっこん

旅行大好き、とにかくどこかに行ければ良し。ただ・現在は2人息子の世話で忙殺中。 フォークソングを聞きながら、ブログを書く時間が至福です。kakkon.netについて詳細

Copyright© kakkon.net , 2019 All Rights Reserved.