【真田丸イベント】大文化祭で昌幸×刑部トークショーに行ってきました【前半戦】

      2016/09/21

真田丸大文化祭行ってまいりました!!

長くなりますので、前後編に分けようと思います。ぜひお付き合いください!

草刈さんの報告(オフィシャルブログ)

愛之助さんの報告(オフィシャルブログ)

20160919-01

20160919-02

20160919-03

20160919-033

20160919-04
開場時間まで、3時間ほど待ちました。
ちなみに座席は先着順ではなく、あらかじめ指定された席だったようです。だったらもっとゆっくり行けばヨカタ(T▽T)

その間に、地元だとおっしゃる親子の方が同席されまして…娘さまがかなりの真田ファン。
地元事情も含めてめっちゃ詳しいのでイロイロお話を伺いました!

Q:『上田城の顔出しに、信之が居ないことをどう思います?』
A:『真田三代、というとどうしてもお爺ちゃん・父上・信繁になっちゃうンですよねぇ…』とのこと。

お兄ちゃんが居たおかげで、真田家が存続できたのにねェ!?と意気投合する私たち(笑)

上田城の顔出しに信之を加えよう運動を発足しましょう!
20160606-033

前回の知将トークの当選を知ると、その方はメチャクチャ羨ましがってくださいました。
『父上、瓜売りを舞ったんですよね!?
いえ、歌ったんです・舞ってません(笑)…ハナシに尾ひれがついてる(笑)

その方は真田まつりのコスプレ父上をご覧になられたそうで…

なんと父上に触っちゃったんだそうです!
うっ・うらやましィィ(T▽T)!

『すごかったんですよ~、父上の『徳川を倒しにいくぞ~!』というかけ声をナマで聞いて、なんだかナミダが止まらなかったんですよ~!
分かりますよ…それは!(T▽T*)

今回は、地元の方だからといって当選確率があがるわけではないようだ、とのことです。知り合いの応募は全滅だったと。

15:00で開場時間になり、こちらの方とはお別れいたしまして…(翌日の草刈さん警察員ver.ご覧になられました?コチラご覧になられていたら写真おくってくださ~い(笑))

入場券でホール前ロビーへ。
20160919-05
NHK公式イベントということで、開演前ホール内のBGMには真田丸のテーマソングが流れていました。
20160919-06

20160919-07

開演時間です。

まずはご挨拶から

①上田市長ご挨拶
今回、2500通の応募に対し350通の当選だったそうです。

上田市長の『関ケ原の感想』は、『サスケだけの報告で終わらせるのは何事か!?』(笑)

上田市の舞台が終わったとしても、大阪・九度山・上田で三角都市連携をしているので、3都市で盛り上げていこうということだそうです。
九度山、行ってみたいなぁ!

②NHK長野放送局長のご挨拶
なんと、今日のイベントは朝3時から並んだ方がいらっしゃるそうです。雨でしたよ、正気ですか…(笑)

放送局長の『関ケ原の感想』は『サクサクと進みまして』。会場に笑い(笑)

順調に進行しておりまして(進行しすぎ感あり)、もう少し余韻を楽しみたいという地元の方のイベントを本日は企画した、ということです。なるほど、うまくまとめました・さすが局長!

今回の【昌幸×刑部】というカップリング(っていうな)、じつは【実父×義父】というテーマなのだそうです!
言われるまで気づきませんでした!

【オマケ】敏腕ディレクターによる拍手の練習タイム

おそらくNHKのディレクターの方だと思うのですが、拍手の練習タイムがありました。
『これから拍手の練習をします』との言葉に、会場の一同『おお~~っ(感動)』(笑)

いよいよ開幕!

ビーーーーッという開演の合図とともに…

舞台袖の両サイドから、女性陣が登場!
『お館様、昌幸さま~!』
『刑部様、吉継さま~!』

この呼びかけに対して、二方が登場です。

草刈:『さわがしいなぁ…』

草刈さんは、以前の知将トークの時と同様グレーのスーツ姿。
愛之助さんは、ブラウンの羽織袴でした。TVでご確認を!
父上、昌幸のテーマカラーが茶色なのだから(※知将トーク参照)茶スーツにすればよろしいのに(笑)

登場して早々に、司会アナが質問。上田とは?
愛之助さんは、初めての上田なのだそうです。
草刈さんは『第二のふるさとです』…この発言に、会場盛り上がる!

ステージ中央に2脚の椅子が設置してあり、草刈さんと愛之助さんが並んで座るはずですが…

草刈:『どこ(どっちの椅子)に座るんだっけ?すっかり忘れちゃった(笑)』
草刈さん、いきなり開場を笑わせました(笑)

さらに、着席の際にはお互いに、手をススッと差し伸べて『お先にお座りください』とニコニコ無言でのやりとりがあり、会場に笑い(笑)

ところで、会場のお客さんの雰囲気もとっても良かったんですよ!
やっぱりあの『ギャグ満載な真田丸』が大好きでいらっしゃってる方々。
会場内のあちこちで『あはは!』と笑い声が聞こえるので、私も遠慮せず笑えましたし、リラックスして拝見できました。
今回の内容はクルクルと流れが変わって進行していくので、ありのままの時系列で報告させていただきますね。
かっこんによるメモ書きです。編集により、TVの内容とココでは違うかもしれませぬぞ(笑)

司会:『関ケ原はあっという間でしたね』

愛之助:『台本を見たときに衝撃でしたね(笑)

愛之助:『初めの時点でスタッフの方に「関ケ原のロケ楽しみです★」と伝えると、スタッフの方が「ロケ、無いと思いますよ…(汗)」ロケないんですか!?って(笑)』

草刈:『関ケ原はスタジオの撮影だけで(ちょっと言葉を躊躇いながら→)すっとんじゃった(笑)

草刈:『有働さんのナレ死が流行っているようですね(笑)』親父も、ナレ死しちゃうのかなぁ…(T▽T;)

司会:『関ケ原の描き方をどう思う?』

愛之助:『真田家から見た、ですからとなだめられました(笑)
分かります、刑部としては無念ですよね。
だって刑部は、合戦~死に際が演者として一番の見せ場ですもの!
刑部を描き切れていない、不完全燃焼感は否めません。

草刈:『三谷さん独特な本(脚本)ですよね』
この一言だけ。親父は見せ場がたくさんあったから満足なのですな(笑)

VTR:刑部と昌幸を振り返る

VTRが流れます。その間に、
舞台は照明が落とされ、演者にはスポットライトが。

おそらく、TVでワイプは出ないのでは!?と思いまして…この間の愛之助さんと草刈さんの表情をしっかり双眼鏡でチェックさせていただきました。(男前2人にわたくし眼福状態)

ご自分の演じる映像が流れる間、『ああ、こんなカンジだったな~』とにこやかにご覧になられるのかな?と思っておりました。が。
わたくし意外だったのですが、お二人とも『とっても厳しい表情』でご自分を見つめていらっしゃるのです。

その表情を拝見して、撮影現場の緊張感が伝わってきた気がいたしました。

草刈:『このトシで、このような大役をもらえるとは…ボクにとってはナンバー1の役です!』会場・拍手。

愛之助:『今回が草刈さんと初顔合わせでした。草刈さんと昌幸がダブるんですよね。』

愛之助:『芝居してるのか?していないのか?分からない(笑)スゴい役者さんは自然体で入られるんだなぁと…』
たしかに、草刈さんの娘さんも家族旅行先のハワイ?のビーチで、草刈さんがイキナリ『大博打のはじまりじゃぁぁ!!』と叫んで、『パパ、入ってるよ(笑)』と思ったとおっしゃってましたね。パパよ…(笑)

愛之助:『よく、演じる役の人格が自分そのものだと思われるのですが…刑部はあくまでも、お芝居でございます(笑)』

愛之助さん、公式サイトでもおっしゃってましたが…
刑部は演じるのが難しかったと。なぜならば、激しさがないから。そしてだいたいお文庫に居ると(笑)
動きがないために、演じる幅が少ないため難易度が高いということなのですね。
それでも十分にインパクトがありましたよね、愛之助さんの努力の甲斐なのでしょうね。
(刑部の声、丁寧な言い回しがステキでした~★)

草刈:『あと、治部と刑部のカンケーが面白いね(笑)あーゆうカンケーのお芝居ってのは?どう?』
草刈さん…もしかしてそれBL的なお話ですよね(違っていたらすみません/^^;)…TVではカットされてるんだろうな(笑)

どこぞで愛之助さんのインタビューを拝見しましたが、愛之助さんも意識されたんだそうですね。

治部が一緒に打倒内府で立ち上がってくれ、と刑部邸を訪れたときに、
『泊まっていけ』と声をかけたのは、そういうことなんでしょうね(笑)と。
私も急に泊まれとは何事なのかと思いましたが、そういうことなんでしょうか。

さて、この草刈さんの質問(公開処刑?/笑)に対して愛之助さんは、サラリとかわしました(笑)

愛之助:『耕司くんと治部がダブるんですよね。撮影意外と撮影、そのままの雰囲気でお芝居できる』
山本耕司さんって、気の遣い方がとってお上手そうなので、分かる気がします。

どんな話の流れだったか…草刈さんおっしゃるに、真田太平記の際にずーっと共演された『木之元亮さん』が今回の真田丸で起用されたことがとっても嬉しかったようです。三谷先生が、真田太平記をきちんと含めていると。

そして、真田太平記のお話になり…
草刈:『自分の演技が(真田太平記で昌幸を演じた)あ・コレ丹波さんのセリフ回しだ、とドキッとするんです。』

草刈:『ときどき、おりてこられてるんじゃないかと(笑)』
このお話、たびたび見かけますよね。リスペクトされていらっしゃるんですよね。それこそ、昌幸にとっての信玄公(笑)

草刈:『撮影が完全に終わった直後はホッとしました。』

草刈:『月曜日がリハーサルだったので、月曜になると「みんなやってるんだ」と(笑)』
愛之助さんも同時期にクランクアップだったそうで、↑エピソードに愛之助さんも笑って頷いていらっしゃいました。

司会:『撮影現場の雰囲気は?』

草刈:『洋ちゃんが楽しいんです(笑) 前室で沸かせてくれる。』

草刈:『洋ちゃんも堺くんも、ボクを『父上』と呼びます。』

草刈:『みんなが良いものにしようというキモチが強い』

愛之助:『大坂城も和気あいあいとしてました。』

愛之助:『撮影途中、長い空き時間ができても…普通は前室に戻ることもあるのですが、そのまま雑談してたり。』

突然、司会アナが奥様はどうですか?とグイグイとツッコんで、困惑される愛之助さん(ちょっと気の毒/^^;)

奥様と真田丸を一緒にご覧になられているのだそうです。

真田丸は明日よ!今日の何時!?と気にしてくださっているのだそうで。
…って、想像できませんねぇ(笑)
奥様、阿茶局の役をやっていただきたいなぁ(笑)

ここで、刑部と昌幸の楽屋ツーショット写真が。
草刈さんのブログに掲載されたそうですね。

司会:『どういう流れでこの写真を撮られたんですか?』

草刈:『お互いに、ブログ見てます★というハナシになって…じゃ写真撮らせてくださいよ~と…』
オフ会のノリか。

つづきは後半戦へ…こちらからどうぞ!

 - 歴史