【ネタバレ注意🎬前編】劇場版シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X‥謎の少年は誰か?

投稿日:

劇場版シンカリオン『未来からきた神速のALFA-X』‥ついに公開されました‼

公開日2019年12月27日(金)の翌日に見て参りましたので、あらすじ感想まいります😃

見に行こうか?迷っていらっしゃる方‥

絶対に行ってください❗
理由は、シンカリオンが継続できるから‥というのもありますが、

大画面で見る変形シーン・必殺技シーンが、時間をかけて丁寧に描写されているので、大満足できるんです😄

⚠ 注意事項
ネタバレを含むあらすじ感想となります、内容が分かってしまうためご注意ください。ザックリした表現になっているので、実際の内容と違っていてもお許しください。
では、まいります

【プロローグ(?)】
ハヤト&シャショットによる、劇場版の新エヴァンゲリオンのCMからはじまる(笑)

超進化研究所の基地にて。
『劇場版シンカリオンへようこそ‥』というナレーションとともに、E5が発進するところから物語はスタートする。

謎の怪獣が出現

北海道の某所にて。

『北海道新幹線の延伸工事中』のトンネル内で、作業員が『小さな穴の奥に、光る空間』を発見する。

亀裂がはしり、光の空間の奥に現れたモノは‥?
 

場面が変わり、同時刻の超進化研究所・大宮支部にて。

三島研究員がモニターを見ていると、シンカリオンのプログラムデータが勝手に書き換えられてしまう。

研究所のメンバーが戸惑っていると、北海道に『巨大怪物体』が出現する。

現場にちかい、北海道支部所属:H5の出撃が命じられる。
 

H5で出撃したミクは、巨大怪物体に圧倒される‥ミク:『あれは、まさか…』

猛吹雪のなか、H5は『ゴジラのような怪獣』に吹き飛ばされ、怪獣は消える‥

ヴァルハランとは?

宇宙空間を走る、光る列車。

銀河鉄道ですね

列車は、巨大な宇宙ステーションのような場所‥『メトロポリタン・ヴァルハラン』の、メトロポリタンステーションに到着する。

列車は変形し、見たことのない怪物へ。

それを2人の人物が見守る。
 
??:『ヴァルドルが、宇宙最強となる』

??:『我々ヴァルハランには時間がない‥』
どうやら今回の敵が現れたようだ。

父・ホクトのノート

場面がかわり‥大宮。

自宅ベランダから『ALFA-X』が走行するのを見て、思わず拝むハヤト。

ハヤトはしばらくシンカリオンを運転していないが、鉄道好きは相変わらずのようだ。
 
速杉家は家族でスキーに行くらしく、旅行の支度をしている。

ハヤトはふと気づいて、ホクトの子供時代のノートを見つける。

そこにはホクトによって『列車や新幹線のイラスト』がたくさん描かれており、さらに超進化速度という言葉も‥。

主人:ホクトは、子供の頃から空想していたんですね。生まれながらの技術者という感じ

ノートをめくっていくと、途中で破られたページを見つける。不思議に思うハヤト。

なぜ、このページは破られたのだろう?

久々の大宮支部とALFA-X

北海道のトンネルに、出水指令長が到着。

亀裂の奥に完成したトンネルがあり、凍りついたALFA-Xが発見されたそうだ。

ありえない光景に、一同は驚愕する。
 

場面は変わり、
ハヤトは、久々に休みが取れたホクトと、北海道へスキー旅行。

ところで・ハルカちゃんは『北の国から』マニアでした

ホクトは青函トンネルが子供の頃からの憧れで、家族全員で通れて嬉しいという。
 

その頃、アキタ・ツラヌキ・シノブが緊急の要請を受け、半年ぶりに大宮支部に到着。久しぶりの再会に喜ぶ一同。

✅ ゲンブは労働に勤しんでいるようで‥
1日1回のE5見学と、3食のスイーツ契約で超進化研究所で働いている。

主人:あんなに力仕事をしていうのに安く無いですか?超進化研究所ってブラック企業?😅

✅ スザクは独り暮らしを始めて、悠々とセレブ生活を楽しんでる。

✅ ビャッコは、カイレンを復活させるため音信不通とのこと。

大宮支部では新たに開発を進めている『シンカリオンALFA-X(アルファエックス)』のシミュレーションをするが、アキタたちシンカリオンメンバーは、誰もALFA-Xに適合しない。

フタバさん:『ALFA-Xは、未来の運転手たちにつなげるための新幹線です』
どうしても、ALFA-Xの適合者を探さなくてはならない。

ミクのスキー場ライブ

北海道のスキー場に到着した速杉家。

JR東がこの機会に思いっきりスキー推し

するとスキー場で、突然ミクのライブが開始。

ミクのライブとは・さすが北海道だけれども、

スキー場のライブってレベルじゃない❗️

ミクは『チェンジ❗シンカリオン』を歌う。

ライブ終わりのミクは、ハヤトを見つける。

ハヤト:『ビックリしたよ、歌・上手いんだね‼️』

ミク:『なぜか本能がうずいてしまって…』

(主人:こっちが本業だし😅)

 
するとスキー場上空から、巨大怪獣が出現する。
ハルカ:『ゴジラとおもわれ‥』

同時に、大宮支部も『黒い粒子』に似た物質を観測する。
 

エヴァンゲリオンの世界へ‥

ゴジラ的怪物に『捕縛フィールド』が射出(しゃしゅつ)され、怪物を捕縛。

ホクトとハヤトは『北海道支部と連携をとって出撃』することを決意する。

ハヤト母&ハルカちゃんは、ミクにつれられて避難する。
 

さっそく『E5・MkⅡ』で出動するハヤト、父ホクトは『923ドクターイエロー』。

速杉家だけに出動はやすぎ‼️😳

 
捕縛フィールド内は吹雪。
大宮支部はここで、映像を初めて確認する。

本庄さんにより、コードネームは『雪のゴジラ☃️』に決定。

雪のゴジラには、シンカリオンの攻撃が全くきかない。

圧倒的なパワーを持つゴジラのエネルギー放射を、『E5・MkⅡ(ハヤト)』はまともにくらってしまう。

ハヤトのピンチに、ホクトは必死で『光のエネルギーの中』に飛び込み…
 

‥ハヤトが目覚めると、知らない天井が‥‼️

エヴァかな?と思っていると‥

✅ 病室のベットで、エヴァンゲリオンの委員長(洞木ヒカリ)姉妹がいる。

季節はセミが鳴く、夏。

さらに、綾波レイとアスカが登場。

レイ:『シンカリオン適合者…超えてきた』

ちょっと意味深な言葉を残して、場面は終わる。
 
すると、地上波のエヴァ回で現れた使徒が出現する。

対して『500Type EVA』が登場。

500Type EVA、カッコイイですねぇ❗
主人:『やっぱり曲(残酷な天使のテーゼ)もいい‼️』

 
『500Type EVA』運転士は当然‥、
シンジ:『いくよ、ハヤトくん』

ハヤト:(思い出した、去年の夏にみた夢だ…今頃・なんで?)

シンジ:『ハヤトくん、これは夢じゃない』

父ホクトが行方不明‥

ハヤトが『うわぁぁ‼️』と飛び起きると‥

ハヤトは病室のベッドで寝ていたようだ。

※ 地上波のエヴァ回ではハヤトがエヴァンゲリオンの世界にある第3新東京市に迷い込んだ設定でしたね。パラレルワールドに来た感じでした。

ふと気づくと、ハヤトの隣のベットで、誰か見知らぬ少年が寝ている。
 

(✅ ハヤトは超進化研究所の北海道支部のベットで寝ていた)

✅ これまでの経緯、何があったのか?
『E5・MkⅡ』とドクターイエローの2体は、ゴジラのエネルギー放射に飲み込まれた。

捕縛フィールド解除後に、ゴジラは光のカタマリの中に入った。

その後・光のカタマリは、シンカリオン2体をはきだした‥

ところが、ドクターイエローは無人で帰還した。ホクトは現在、行方不明になっているのだ‥
 

ハヤトは母に電話する。

ハヤトは母に『お父さんは行方不明』と恐る恐る告げると、

ハヤト母は『大丈夫‼️、ハヤトは心配しないで❗️』と力強く励ます。
 

✅ ハヤトの隣で寝ていた『身元不明の少年』は、現場で倒れていたそうな。

少年は、新幹線の絵を描いている。
それは昔の『200系新幹線』。
 
場面はかわり、
ナハネ:『降りるぞ、わが故郷へ…』

謎の少年の正体は‥

リュウジ、アキタたちが北海道支部に到着。

『‥あれ?そういえば・あの男の子はどこに?』

正体不明の少年は『シンカリオンALFA-Xのシミュレーター』を勝手に起動して、適合していた。

『これまでに誰もALFA-Xに適合していなかったのに‥😳』と、一同は驚愕する。
 
少年はアズサに『へんな睫毛と思われ…』

みんなが思ってて言わなかったことを言った😳

‥その口調、ハルカ(ハヤト妹)にそっくり?
 

超進化研究所・北海道支部の格納庫には、なんとALFA-Xが2編成停車していた。

✅ なぜALFA-Xが2つあるのか?

  1. 超進化研究所が開発したALFA-X
  2. もう1編成は、トンネルで発見した『起動できない状態で見つかったALFA-X』➡ 誰の所有なのか?不明

(※不明ポイント‥ 書き換えられたのは、ALFA-Xの起動データだけではない、全シンカリオン)

 

場面はハヤト&少年へ。
ハヤトには少年に、心あたりがあるようで‥

ハヤト:『君の名は?』

少年:『速杉ホクト、9歳』

速杉ホクト・9歳

ハルカはお父さん似なんだ⁉️‥とパニックになるハヤト。

パニくる要素はソコじゃないというツッコミが必要

『ホクトが子供に戻った?』とチームシンカリオンは驚く。

ホクトさん、完全なる陰キャだったんですネ(意外)

ホクトくんは、現在・中学受験で大変なのだとか。

大変な時期に異世界転生しちゃいましたネ

 
無邪気に『鉄道のハナシ』で喜ぶハヤトたちに『ビックリした』‥という、ホクトくん。

ホクトくんを含め、周囲の友だちは、勉強が大変でそれどころじゃないそうだ。

ホクトさん大変な幼少期だったんだね

 
受験のために、鉄道好きを自粛していたというホクトくんに、ハヤトは‥

ハヤト:『受験があったとしても、好きなものは、好きなもののままで良いと思うよ‼️』

この言葉に、救われる人は多いんじゃないでしょうか😊

 
ホクトくんはチームシンカリオンと交流を深め、親しみを深めていく。
 

ハヤトよりも『理論派』な、ホクトくん。

✅ 自分のノートに『空想鉄道』を書いて、そのページをやぶり、ハヤトに渡す。
 

ハヤトの母とハルカが『超進化研究所・北海道支部』に駆けつけて、ホクトくんを確認する。

ハヤト:『オレたちがお父さんと仲良くなると、お父さんがもう、元に戻らない気がして‥』

不安がるハヤトを、お母さんは『大丈夫』と励ます。さすがホクトが惚れた女性ですね…😇

そこにホクトくんがあらわれる。
お母さんはホクトくんの手を取り、

母:『ハヤトのこと、よろしくね‥』

ホクトくんは気持ちのこもったハヤト母の言葉に、何かを思う。

『光』のキトラルザス人

小田原駅付近に、謎の新幹線が出現する。

チームシンカリオンが出撃。
N700のぞみ・800つばめ・トリニティ

シンカリオン3体が『捕縛フィールド』の中に入ると、なぜか昔の時代の光景が広がっていた。
 

セイリュウいわく『光の粒子が原因』らしい。彼の説明によると、

キトラルザス人には2タイプあり、それぞれ『光』と『影』の力を使う。

『影』のキトラルザス人は、
地底に移り住んだキトラルザス(セイリュウたち)が使っている。

✅ 一方で『光』のキトラルザス人は‥

遥か昔・これ以上、地球に住めないと知った彼らは、

地球に変わる新天地を探し、時空を越えて、宇宙の遥か彼方へ向かった。

彼らが使う『光の力』は、制御不能な危険な側面もある‥とセイリュウは聞いているそうだ。

ハヤト:『時空を越えられるチカラ…』

ハヤト:『お父さんは、子供に戻ったのと違うと思うんだ。光の粒子のなかに、答えがある気がする…』
⚠ 混乱しないよう・ここで書いてしまいますが、ホクトは『(大人ホクトと少年ホクトが)入れ替わった』のだそうです😃
 
すると岩手県内に、
ブラックシンカリオン<オーガ>が出現する。

リュウジは、ホクトにかわりドクターイエローに搭乗する。

ハヤトも出動しようとE5に駆けつけると、
ホクトくんがALFA-Xの前にいた。

ホクト:『自分はこの時代の人間ではない…過去からきたんだ』

ホクト:『自分は、ハヤトのお父さんなんだろ?』

ホクトくんは、これまで見た光景とハヤト母の言動で、すべてを悟ったようだ。

ホクト:『自分がここにいては、ハヤトと家族が悲しむ‥自分は元の世界に帰るべきだ』

ハヤト:『わかった❗️』

ハヤトはホクトくんと出撃することを決意する
 

さて、前半はここまで❗

次回、ホクトくんがALFA-Xで出動❗‥そして全車集結‼

 

✅ 続きをこちらからどうぞ😄

めっちゃ売れてるらしいデス😃

劇場版シンカリオン|公式

こちらの記事もどうぞ

Copyright© kakkon.net , 2020 All Rights Reserved.