【最新話は⁉】アニメ妖怪ウォッチ・シャドウサイドの主要人物とストーリーを追う❗

      2018/11/30

『妖怪ウォッチの最新話、どうなってるの⁉』
12話でついに蛇王カイラが登場し物語が動き始めたので、これを機にkakkon.netで『シャドウサイド』のこれまでの主要人物・ストーリーをざざっと紹介いたします。

最新話:第34話 妖怪だけの妖怪探偵団 更新❗

かっこん:今週ひとこと感想

『不動明王ボーイ』って今後こんなカンジで来るンですね‥?
⬇人物名を押すと説明文へ飛びます

2018/11/09 非主要キャラは別ページへ

妖怪ウォッチ シャドウサイド キャラクター

主要3人

天野 ナツメ

天野 ナツメ

・中学2年(13歳)の女子。『天野ケータ』の長女。
・妖怪ウォッチ『エルダ』の使用者として、エルダ自身から選ばれた。
・現在の世界で『妖怪を召喚する(エルダを使う)』ことができるのは、『ナツメ』と弟の『ケースケ』のみである。
cv. 悠木 碧(イナホの声⭐️)

月浪トウマ

月浪 トウマ(つきなみとうま)

・中学2年(13歳)の男子。ナツメのクラスメイトで幼馴染。
・映画シャドウサイドでは、トウマ君が『オーガ&不動明王』を入手するエピソードが描かれている。
・一見すると暗いが、気の良い男子である。ナツメとはお互いに特別な感情はない。
・両親は研究員で留守がちである。
cv. 長谷川 芳明

有星アキノリ

有星 アキノリ(ありほしあきのり)

・由緒正しい神社、有星家の(恐らく)跡取り。
・映画シャドウサイド終わりで『妖怪探偵団』(メンバー=ナツメ、トウマ、アキノリ)を結成。放課後は自宅神社?の離れのアキノリ部屋にて、メンバーでたむろしている。
・『妖術』を使えるが、強くはない。探偵団で1人だけ召喚できないため、悔しい思いをしていたが‥、
・13話にて、朱雀から『アニマス天上鏡?(てんじょうきょう)』を授かり、唯一『幻獣』を呼び出す力を手に入れた。
・オカルトが大好きで、積極的にオカルト事件に関わりたがる。妖怪不祥事案件を『うすらぬら』でチェックしている。
・アキノリだけ、ナツメ・トウマとは違う『もみじやま中学校』に通っている。
・『姫乃アヤメ』が大好き。
cv. 田村 睦心

天野ケースケ

天野 ケースケ

・さくら元町第一小学校の小5年生。『天野ケータ』の長男で、ナツメの弟である。
・映画シャドウサイドでは目立たない存在だったが、アニメ版でケータ君ポジションを獲得した。
・オカルトが大嫌い。ケータ君とは違い、用心深い性格である。
・『妖怪不祥事案件』による被害者になることが多い。可哀そう。
・ケースケは『亡霊番長』とは幼馴染という繋がりから、エルダを使って『番長』を召喚することができる。
cv. 戸松 遥

みつえちゃんオババ
有星 光江(ありほしみつえ)

・有星家の(恐らく)当主。アキノリの祖母。通称『おばば』
・物心ついた時から巫女として修行していた。コマさんとは長い間、一緒にいる仲である。
・若いころからカラクリ工作が得意だった。そのおかげで『妖魔レーダー』『妖魔レントゲン』を作ることができる、DBのブルマ的キャラ。
・オババの若かりし頃、技の修行中に誤ってコマ犬を倒し、オババの知らないうちにコマさん&コマじろうを死なせてしまっていた(27話で全員が初めて死因を知り、和解した)。当時は、周囲のオトナからコマさんが死んでしまった原因は聞かされていなかったそうである。
cv. 真山 亜子

姫乃アヤメ

姫乃 アヤメ(ヒメアヤ)

・15話から転校生として登場。トウマくんのクラスに転入してきた。
・ルックス抜群、成績優秀、運動抜群、親切・博愛、と誰からも好かれる人物。
・空手を習っていて、腕っぷしが強い。
・なぜか妖怪を見ることができる。
・アキノリに誘われ、妖怪探偵団に入団した。
・有名避暑地に別荘(大邸宅)を所有している。
・じつは、すでにOPで『ナツメちゃんと並んでお弁当を食べているカット』が。レギュラー入り確定。
・彼女は、酒呑童子が探している『姫』なのか?ネット界も騒然とした。
・16話にて、妖怪に襲われると無意識に『妖術(アキノリと同じ五芒星を描くもの)』を使って身を守った。本人もなぜ妖術が使えるのか?心当たりはないという。
・18話で、妖術を使いこなしていた。ちょこちょと覚醒を始める。
・21話にて・酒呑童子&洞潔の前に半覚醒状態で正体を明かした。
・30話にて、500年前の彼女の祖先が『伝説の霊媒師』であったと判明(そのため、妖術が使えたようだ)。その霊媒師が『女郎蜘蛛(ジョロウグモ)』を封印した。
・女郎蜘蛛が体内から抜け出たことにより、女郎蜘蛛の呪いにかかり瀕死の大ピンチとなった。ミッチーが女郎蜘蛛を倒したことで回復した。
・33話にて。ヒメアヤは『狙われる自分の身をを守るために、強くなりたい』と希望して、有星家に弟子入り?した。修行中のヒメアヤは『巫女(みこ)』の格好をしていた。
・皆さんご存知の通り、ヒメアヤの妖術は、既にアキノリよりも強かった。
・必殺技は、ハートの印をむすんで、印に打撃を加えて飛ばすという『一見ファンシー』な技だが、破壊力がある。
cv. 村川 梨衣

準レギュラー妖怪

ウィスパー

ウィスパー

・シャドウサイドになってからは一般妖怪が出現しない為、しったかぶる必要が無くなった。
・ウィスパーだけは、過去の記憶を保持しているようである‥ジバニャンを見て『お久しぶりです』と言った。ジバニャンに対して、特別な感情はないようである。
・『エンマから直接・頼まれて、エルダの使用者を探していた』ことから、エンマと何か特別な繋がりがあるようだ。
・かつてケータ君にしたようには、ナツメちゃんには付きまとっていない。ミッチーと共にアキノリの部屋に入り浸る。
cv. 関 智一

ミッチー

ミッチー(ミツマタノヅチ)

・映画シャドウサイドでナツメへの忠誠を誓うことになった。
・ナツメへの好意のせいで、召喚していないのに勝手に出現するので、ナツメは迷惑している。
・ナツメを守りたがるが、残念ながらAランクの活躍である。
・第14話で『ハイパーミッチー』に60秒のみ(推定)変身できる能力を得たらしいが、その実力は未知である。
・ナツメと出会う以前は、妖魔界で同族の『ミツマタミヅチ』と共にピンポンダッシュするなど黒歴史がある。
・ライドサイドである『人型』にこだわっているのは、➀妖魔界でアメコミヒーローが流行っている為、➁ナツメを守るヒーロー(ナイト)ととして存在している、というコダワリがあるためである。
・『ミッチービーム』は格上の相手には効かない(30話)。なんとも正直な告白である。
・『ミッチービーム』の相手を石化させる効果は10分程度とのこと。トントン拍子で弱体化した『女郎蜘蛛』の石化に成功し、ミッチー自身がその『石』を落として割ることで女郎蜘蛛を『倒した』。
cv. 小野坂 昌也

ジバニャンライトサイドジバニャンシャドウサイド
ジバニャン

・とある横断歩道で、未だにトラックにムカついて粉砕を繰り返している。
・第11話『オレさまはネコ妖怪である』にて、つい最近まで『記憶が無かった』ことが判明した。
・エミちゃん母娘と再開することにより、記憶がよみがえったが、ケータ君のことを思い出したか?の描写は無い。
・シャドウのジバニャンはかなり大きい。技は『百猫烈弾』で強力。判断力が良く・機転がきく。不動明王よりも頼もしい。
・種族はモノノケ族。
cv. 黒田 崇矢

ジュニア

ジュニア

・自分が見たものそっくりに変化する能力をもつ。このルックスでも『ランクA』でウィスパーより高ランク。目の前にあるものにしか、変化できない。
・シャドウ=『レッドヘッド』。種族はウワノソラ族。
・自分のことを『じーたん』と呼ぶ。
・声は、旧ジバニャンの『小桜 エツコ』さん。ジュニアの正体はじつは‥ジバニャンのお腹がえぐれ、そのパーツから出現した(11話より)妖怪。そのことは(ジュニア含め)誰も気づいていない。
cv. 小桜 エツコ

鬼まろトリオ

・オグ・トグ・モグ。映画『鬼王の復活』で登場。
・元々は敵であったが、トウマ・ナツメの人間たちの想いに触れることにより、自分たちの命と引き換えにトウマを助けた。
・死んでしまった、と思いきや22話で『(あれ以来?ずっと)鬼王のかけら(カビラ)と戦っていた』らしい。
・22話でカビラを倒したことにより、無事に外界へ。ナツメにアークを授ける。
・今後はジーたんと共に、賑やかしグループに加わる。
cv:藤原夏海(オグ)佐藤はな(トグ)佐藤恵(モグ

コマさんライトサイドコマさんシャドウサイド
コマさん

・種族はオマモリ族。
・映画シャドウサイドでは、コマさんの出自が『有星家の飼っていた『信繁』という犬』が妖怪に変化したものである‥という設定で、旧作アニメとは異なる。
・物事に達観している。
・ジバニャンとのカラミは全くない。
・絵心がある。(25話より)
cv. 平川 大輔

コマじろうライトサイドコマじろうシャドウサイド
コマじろう

・昔、オババによる不慮の事故により、コマさんと共に死んでしまった『カエル』コマじろう。
・有星家の『本殿の裏』に林があり、そこにコマさん兄弟の墓がある。
・コマさんとは実の兄弟ではないが、生前から互いに兄弟であると認識していた(生前は会話できなかった)。妖怪として、ようやく本当の兄弟となることができた。
・コマさんのことを『兄つぁん』と呼び、口癖は『もんゲロ』
・シャドウサイドの姿は、ひょろ長になるだけであるが、かなりのパワー系。必殺技はコマさんと同様で『落カエル岩石』。コマさんとは違い、連続で岩石を落とせる強力な技。オババもかなわない?
・カエルなので『蛇系妖怪』であるミッチーを嫌う。
cv. 遠藤 綾

キュウビ-ライトサイドキュウビ-シャドウサイド
キュウビ

・TVアニメ版では第18話で、初登場。ライトサイドも初お目見えとなった。
・キュウビのアークは有星家の所有物だった。
・性格は、旧作のキュウビを思い出せない程に『穏便・気さく・寛容』な性格になった。
・『キツネ妖怪界』では、“キュウビさま”として『伝説の大妖怪』と認知されている。
・『神社に仕える妖怪は、みだりに人間に姿を見せることは禁じられている』というルールが存在するが、第18話の『イナリ&おばあちゃん』には、何らかの手段を用いてルールを解禁させた。大きな権力もしくは、権力者へのコネを持っているのでは?と推測できる。
cv. 矢部雅史

オロチ-シャドウサイド
オロチ

・映画シャドウサイドに登場しなかったオロチ、26話にてようやく初登場。キュウビがSSランクに対し、オロチは剣武魔人と同等のSSSランクである。
・強い相手を求めて『さすらう妖怪』‥移動はバイク。オロチはライダースーツを着用している。
・26話‥偶然に辿り着いたナツメ達の住む街で『心無い人間に捨てられた動物たち』をみて、人間を激しく憎む。オロチのシャドウサイドの力は、剣武魔人である朱雀を凌ぐ。
・が、全ての人間が悪ではないと知ったオロチは気が済み、ナツメ達にアークを授けた。
・その後、地下水道に留まることにしたようだ。動物たちには優しい表情を見せる。
・まだ地下に残る犬たちの為に、バイクでドッグフードを買い出しに行っている(ノーヘル)。その際、ハルヤのジャケットと物々交換でドッグフードを一袋あげた。

青龍

青龍

・『青龍』は、過去に『幼いナツメ』に助けられた(映画シャドウサイドより)ことから、ナツメを恩人と思っている。
・第8話でナツメちゃんは初めて『青龍』を高ランク妖怪にも関わらず、サラっと召喚し、視聴者を驚かせた。
cv.置鮎龍太郎

妖怪ウォッチは‥❓

💫 エルダ 💫

・『エルダ』は現在、唯一の妖怪を召喚できる妖怪ウォッチ。(他の妖怪ウォッチは回収されたらしい)

・なぜかナツメ(&弟ケースケ)が使役者として選ばれた。
・従来のように『サーチ機能』がある。
・『妖怪メダル』ではなく『アーク(鍵)』で妖怪を召喚する。
・エルダにアークを差し込み、回す。回す方向でライトサイドとシャドウサイドを選択できる。
・アークを回すと、エルダのフタが開き、その上にアークをかざすと妖怪が召喚される。

★『アーク』は1個250円で販売。妖怪アーク 1st ~ひらけ!第一の扉~

『妖怪アークホルダー』が第14話にてウィスパーから気軽に手渡されました。

💎 オーガ 💎

・『オーガ』は、元々は羅仙の配下からもらった『鬼眼ギア』であったが、鬼太郎により『オーガ』へと変化した。

・オーガは、召喚ではなく『憑依召喚』。召喚者であるトウマくん自身が『変化』する。
・憑依している間、トウマ君には意識がある。
・憑依召喚できる種類は限られていて、『幻魔』と『剣武魔人(不動明王)』のみ。詳しくは後で記載します✨
・『剣武魔人』が姿を変えた『小さな妖聖剣』をオーガに刺すことで、『妖気周波を調整して』剣武魔人を呼び出している。(第14話アキノリ解説)

💫 アニマス天上鏡(てんじょうきょう) 💫

・幻獣である朱雀がアキノリに託したウォッチ。
・『幻獣ディスク』を使うことで、幻獣のみ召喚できる。
・アニマスを使用し、幻獣を召喚している間は召喚者はずっと痩せ細る。

全視聴者:ああ、だからスザクはアキノリを選んだのか!

・21話で明らかになったのは、スザクは幻獣として未熟であったため?アキノリのカロリーを必要としたらしい。通常の幻獣召喚にはカロリーは必要ないようである。
‥と思いきや、22話で麒麟を召喚すると痩せるアキノリ。前回の朱雀の説明はなんだったのか‥
・『幻獣』は、『剣武魔人』には勝てない。理由は剣武魔人の項目を参照。

ナツメの両親は!?

天野 ケータ

・ナツメとケータの父親。この世界では11+30で41歳。
・イケメンに成長したが、寝ぐせは健在。
・妖怪ウォッチを没収される際に、妖怪に関する記憶も消されたらしい。
cv.佐藤 健輔

天野 文花(フミちゃん)

・映画版からずっと謎だったが、ようやくハッキリと顔が出て、ケータくんの奥さんは『フミちゃん』で確定された。
cv. 遠藤 綾 ‥フミちゃん!

美空 イナホ

たまに『シャドウサイドでイナホはいないのか?』という検索ワードで、こちらに辿り着かれてる方をお見かけします。
残念なお知らせです‥イナホたんはシャドウサイドに出ていません。

かっこん期待:謎の大富豪博士の夫人として、豪快に登場してください。

剣武魔人

・『幻王』から認められた物だけが『剣武魔人』になれる(幻獣の項目参照)
・『剣武魔人』を憑依召喚するには、剣武魔人の持つ『小さな妖聖剣』をオーガに差し込む。
・妖怪ウォッチ オーガを使い、トウマくんに『憑依召喚』することで、トウマくんが不動明王に変化する。(※トウマくんという『よりしろ』が必要。剣武魔人のみで存在できない)

不動明王

・初登場は‥映画シャドウサイドで、隠居中(歴代閻魔に封印されていた)を、エンマ&トウマくんにスカウトされた。
・ああ見えて、めっちゃ本人の意思がある。
・普段は『フドウ雷鳴剣』に宿っている。
・第12話にて酒呑童子から『他の剣武魔神と戦えるから、こちら側につけ』と言われ、了解した。戦いたがっている様子。
・第14話にて、アッサリとトウマくん側に寝返り直す。
・『フクロウ』に憑依召喚することで、『不動明王・邪』に変身した。
・その後にトウマに憑依召喚すると、なぜか『不動明王・天』に変身。
・滅多に登場しないというのに、たまに出てきた30話で『女郎蜘蛛にアッサリ敗北する』など、良い印象が全くない。
cv.津田 健次郎

不動明王ボーイ

不動明王ボーイ

・32話にて、不動明王・天が『女郎蜘蛛』によりチカラを吸いつくされたのちに(トウマくんによる憑依召喚ではなく)、そのまま出現した。
・小さな不動明王で、声・態度も若々しい。本人に記憶はなく、自分の名前も思い出せない。ウィスパーの適当な命名で『不動明王ボーイ』となった。
なぜか不動明王・天よりも強い。が、気まぐれなので眠くなったら突然・眠ってしまう。
・必殺技?は『ドッカン雷鳴切り』という、力任せに雷鳴剣を振り下ろす(だけ)の技。
・(34話)初登場以来、アキノリの小屋周辺に居るらしい?屋根の上で寝ていた。
・(34話)怒ると無意識に放電し、周囲の者を吹っ飛ばす。
・(34話)ジーたんからもらったチョコボーを気に入った。

剣武魔人・朱雀

朱雀(第21話から剣武魔人)

・フドウ雷鳴剣に対抗すべく、カイラから命じられて妖魔界『祈り山』に棲む朱雀を探した。
・21話までの姿は『幻獣』。幻王を『幻ちゃん』と呼び怒りを買うことで『幻獣の姿に戻された』。『幻王のうつわ・小っちぇェェ!!!(アキノリ)』
・ワープ能力がある(第14話。妖魔界から人間界に移動した)スナックワールドのようにデアファルコン様ポジションになってしまうのか、早くも心配されている。
・と思ったら、翌週の15話では早くも『ワープじじい』を垣間見せていた。
・21話にて、アキノリ達の功労により、封じられていたスザク蒼天斬を入手(剣は朱雀と『契約』している、アキノリにしか抜けない)。これにより朱雀は本来の『剣武魔人』の姿になった。トウマくんが『ミニ・スザク蒼天斬』をゲット。
・剣武魔人へ復帰後でも、幻獣の姿にもなれる。
・必殺技は『蒼天十字(そうてんじゅうじ)じょう』
cv.堀江 瞬

剣武魔人 玄武

玄武(第31話から登場)

・「海をも断ち割る」と言われている妖聖剣『ゲンブ法典斧』を持つ。
・玄武は、妖魔界のどこか湖の中‥巨大な亀の背にそびえる『宝剣殿』を居城としている。
・『宝剣殿=亀』は、ワープ能力を備えており、人間界へ移動できる。
・玄武は『ゲンブ法典斧』を欲するナツメたちの主張を聞いたのち『チカラを見せてみろ』ということで、トウマくんが朱雀を憑依召喚。玄武は朱雀の姿を見て『その姿を見るのは久しぶりだな』と言った。人柄は、穏やかであるようだ。
・玄武 vs 朱雀は『ゲンブ法典斧』が強力なぶんだけ、玄武が上手(うわて)である。
・チカラで勝てないと悟った朱雀は機転を効かし『その斧がそんなにスゴイなら、女郎蜘蛛の糸を切ってみないか?』と煽ると、『玄武:いいだろう』と剣アークになりトウマくんのもとに来てくれた。玄武の登場により『不動明王』の影がまた薄くなる予感が‥
・32話にて、女郎蜘蛛の糸を見事に断ち切ったが、それだけで全パワーを消費したようで憑依がとけた。蜘蛛の糸を積極的に溶かす酒呑童子のほうが、格上ということになる。
・必殺技は『法典断獄斬(ほうてんだんごくざん)』
cv.

❓妖聖剣とは…❓

・剣武魔人1人につき、1本所持している剣。
・召喚されていない間は、小さな『妖聖剣』に姿を変えている(オーガに剣を突き刺すことで、魔人に変身)。
・『妖聖剣』は5本存在している=5本集まると『姫』のチカラを覚醒できる(14話。酒呑童子)


『妖聖剣ホルダー』第14話にてウィスパーから気軽に手渡された。

こちらを見るかぎり、すべてそろうと1本の剣になると思われますが‥。

・カイラ大王いわく『妖聖剣』には『妖聖剣』でしか対抗できないとのこと。
・豪炎丸 =洞潔(島内先生のこと)所持
・スザク蒼天斬 =朱雀が所持


 

❓幻魔とは…❓

幻魔
オーガを使い、4体の『幻魔』を憑依召喚することができる。

  1. 弁慶(ベンケイ)
  2. 義経(ヨシツネ)
  3. 五右衛門(ゴエモン)
  4. お松(おまつ)

ヨシツネ

ヨシツネ(幻魔4体のうちの1体)

・『幻魔』には意思・感情がある。
・ぷにぷにのランクを見る限り、SSランクで格が高い。
・不動明王と同じく、『憑依召喚』なので召喚者のトウマ君が『幻魔』に変化する。
cv. 代永 翼

幻獣とは

❓幻獣とは…❓
・妖魔界でも『位が高い妖怪』。
・幻獣たちを束ねる王『幻王』から認められた者だけが、『剣武魔人』になれる。
・幻獣には、幻魔・お松の回復が効かないらしい。
・アニマス天上鏡により、幻獣ディスクをセットすることで幻獣を召喚できる。

麒麟(キリン / 幻獣)

・21話で初登場。双剣山にて『スザク蒼天斬』の見守り役として存在していた。
・同じ幻獣として、朱雀とは旧知の仲である。
・ワープを使い、素早く動く。オーブを飛ばす遠距離攻撃。
・当初はアキノリを未熟とバカにしていたが、アキノリの仲間の頼もしさ(主に不動明王)を知ることでそのチカラを認め、アキノリに自らの幻獣ディスクを授けた。
cv. 奈良徹

敵キャラクター

酒呑童子酒呑ハルヤ
酒呑 ハルヤ(酒呑童子)

・ナツメとトウマのクラスに転校してきた。
・『姫』を探している。
・5本存在する『妖聖剣』すべてを揃え、一本の剣としたいようだ。
・第13話のカイラの話から、ハルヤ=酒呑童子と(視聴者にのみ)確定した。
・21話で姫から『美しい人間の男を探している』と突然に告白され、戸惑いながらもその人物を探すことを誓った。
・30話にて、ついに『姫』の目的の『男』を探したが、姫に用済みと告げられ激昂する。が、女郎蜘蛛のチカラに敵わず捉えられてしまう。『女郎蜘蛛』は、酒呑童子の目的とする『姫』では無かったそうだ。
・32話にて、ついに主要キャラ達の前で『酒呑童子』に変化する。
・皆がさんざん手こずった女郎蜘蛛を簡単に追いつめる = これまでの登場人物の中で、酒呑童子はダントツの強さである。
・女郎蜘蛛が(ミッチーにより)倒されたあと、ナツメたちに何もせずに人間の姿に戻り大人しく立ち去った『(トウマくんから、なぜ助けたのか?と聞かれ)借りをつくるのは好きじゃないから(助けた)』。
・桜の状態からして、まだ近くに『姫は居ることは確か』必ず探し出す‥というハルヤくん。
・33話にて、正体がバレても学園生活をエンジョイするのかと(かっこん的に)期待していたが、『あれ以来』島之内先生とともにハルヤくんは、姿を消したという。残念。
cv.遊佐 浩二

洞潔島之内 厳流
島之内 厳流(洞潔 / どうけつ)

・さくら第2中学校1年の、ナツメとトウマの学級担任。
・ハルヤの部下で、正体は剣武魔人・洞潔(どうけつ)。
・21話、洞潔と朱雀の対面では『剣武魔人同士として』既に顔見知りなのか?はイマイチ不明だった。
・『姫(実は女郎蜘蛛)』に不信感を持っていた。
・『私がしっかりせねば‥』という言葉が、30話にてじつはフラグだったことが判明。負傷した酒呑童子を守りつつ、『女郎蜘蛛の糸は玄武法典斧で切れ』とナツメたちにアドバイスした。
cv.森川 智之

< 姫 >

・酒呑童子いわく、『姫』は妖魔界を制するチカラを持っている。
・姫の登場には、5本の妖聖剣が必要である。
・33話にて、洞潔&酒呑童子は『空亡(現時点ではハッキリと存在は分かっていない)』が姫を狙っている、と察知していた。

< 姫(女郎蜘蛛)>

・酒呑童子が初登場時からずっと探していた『姫』?。
・18話、とある『桜』が咲き乱れると出現すると言われている『姫』。ヒメアヤにその桜の枝を当てると、桜が反応した。(その後、ヒメアヤは覚醒した?)
・『おばば』いわく『(我々にとって)相当よくないヤツ』
・21話の時点では、姫として存在し続けるにはまだ力が足りず、真のチカラを覚醒させるためには以下が必要と言った。

  1. 五本の『妖聖剣』(←ウソだった)
  2. 『美しい人間の男』

・30話にて、酒呑童子が探し出した頭蓋骨(アヤメの祖先・伝説の美しい霊媒師)から『魂』を吸い取り、完全体となり、アヤメから抜け出る。
・その禍々しい姿を見た酒呑童子は、『騙された』と一瞬で悟る。
・蜘蛛の糸を使う攻撃。人・妖怪が糸に触れると、魂を吸い取られて倒れる。
・不動明王『天』、一瞬でやられる。女郎蜘蛛の糸は、フドウ雷鳴剣がきかない。
・32話にて、『ゲンブ法典斧(ほうてんふ)』により女郎蜘蛛の巣が断ち切られた。
・さらに、酒呑童子には蜘蛛の糸が効かなかったため、ミッチーによって倒された。(最近のミッチーの大活躍は何かのフラグなんですかね‥)

空亡(そらなき)

・14話にて絶望する『フクロウの意識』の中だけで登場した。
・酒呑童子にも『空亡』の存在は不明らしい。
・33話にてカイラが話した内容は以下。
・『空亡』とは、遥か昔より存在すると言われている、邪悪な妖怪。彼は『人々の憎悪を編んで生まれた』という。
・ナツメたちの住む街に、空亡は『ウィルス』をバラ巻いている。それは、人や妖怪の心の揺らぎにつけ込み、人や妖怪の心に眠る、後悔や怨みを増幅させるものだという(以上:カイラ談)
cv. 村上 裕哉

妖魔界の主要人物

カイラ

蛇王 カイラ大王

・映画シャドウサイドでは完全なる陰キャだった。
・エンマとは幼馴染。過去から現在まで、エンマにはチカラが及ばずコンプレックスの対象である。
・『策略』により、エンマから大王職を奪ったが務まらず、妖魔界の長老たちはついてこなかった。
・『羅仙』を倒すためにエンマと共闘することで成長し、人望を集め、改めて妖魔界をたばねる『カイラ大王』となった。
・なぜ『蛇王🐍(じゃおう)』なのか謎(『邪王』を想像してしまう)。
・妖聖剣・蛇王剣を所持。
・とりあえずナツメたちに忠告だけするポジション。
cv. 福山 潤

エンマ覚醒エンマ
エンマ / 覚醒エンマ

・映画シャドウサイドのラストで、改心したカイラから『大王職を返上する』と言われたが、『そのままカイラが大王やってていいよ』と答える爽やかイケメン。
・その真意は、何やら巨悪を感じたため、身軽に動ける『無職』を選んだようだ。現在、行方不明中。
・妖聖剣・エンマブレードを所持。
・エンマが本気を出すと『覚醒エンマ』に変化する。
・強さで言うと、『幻魔』と同格な気がする。
cv. 木村 良平

闇エンマ

闇エンマ

・カイラとエンマが融合し、闇エンマへと変化した。
・カイラの要素が入ることで『闇』を冠するとは、その事実自体が『闇』である。
・魔顎(アギト)という武器を使う。
・必殺技「闇しばり」。強大な電撃を放つ。

ぬらりひょん

ぬらりひょん

・ランクSなのかSSなのか不明。『S』のままだと(かっこんとしては)嬉しい。
・カイラの策略でエンマが幽閉されている中、一人だけエンマを支えた。
何気なくカイラにタメ口を使い、かっこんを戦慄させた。
・映画シャドウサイドのラストでは、旅に出るというエンマに、嬉しそうに付き添っていった。エンマと共に行方不明中。
cv. 子安 武人

公式動画で本編を確認

本放送1週間後に、コロコロチャンネルからシャドウサイドの動画を閲覧できます。

‥ということで、現在ここまでです。
本編の進み具合で、リアルタイムに修正予定です😉

準々レギュラー倉庫のページはこちらです

こちらの記事もどうぞ

 - 妖怪ウォッチ