【2016年始ver.】『POUL&JOE』でどえりゃあ無双【使用口コミ】

      2016/11/17

2015年の年末に、冬用ファンデ・ファンデーション下地・口紅が無くなりました。

私は今回、化粧下地にこだわりたかったので、@コスメさんでランキングをチェック。すると、『POUL&JOE(ポールアンドジョー)』の評判が良いようです。

POUL&JOE beaute / コスメ一覧

地元には『POUL&JOE』店舗が無く、だからこそ以前から気になっていたブランド。年末年始に名古屋に滞在する機会を利用して、購入してみることにしました。というわけで、今回は購入レビュー記事です。

記事の前半は、使用した感想。後半では購入時のエピソード(完全なる余談)を紹介させて頂きます。

それでは、購入商品を見ていきます

状況:大晦日のマリオットアソシア名古屋のとある角部屋のデスクにて。背後のテレビでは紅白が放送されている中で今回は撮影しております。(この説明必要か)
『POUL & JOE』無双…全品俯瞰図
わたくし、昨年はインフルエンザ中の出産というちょっとした地獄をみまして。その後の育児疲れも相まりまして、今回は爆買いさせていただきました。

購入したモノは、

  1. 化粧下地
  2. ファンデーション(+ケース)
  3. プレストパウダー(+ケース)
  4. コンシーラー(筆)
  5. リップ(+ケース)
  6. グロス
  7. ファンデ用スポンジ

まずはファンデーション。

現在の『POUL&JOE』のファンデーションのバリエーションは4種類です。固形ファンデが1種類、リキッド2種類、半固形1種類…今回は、BAさんの強力なオススメを受けまして、この半固形…『ジェル』ファンデーションをチョイスしてみました。
『POUL & JOE』無双…エクラタン ジェルファンデーションのケース
『エクラタン ジェルファンデーション』。ふれた瞬間、ひんやりと心地よく。水系成分約80%だからこそ叶うハリ、ツヤ…というキャッチコピーです。

たしかに、肌に乗せると『ヒヤっ』と冷感です。ケースを購入しますと、ケースに収まるサイズのスポンジが付属してきますが…これでは小さ過ぎます。

このジェルファンデーション、ポンポンと肌に乗せていくように着ける必要があるそうです。それには、別売りの大きなスポンジで、肌をキュッキュッと優しく包むように抑えたほうが断然効率が良いですし、何よりも気持ちが良いです。

BAさんのアドバイスによると、このジェルファンデは『コンシーラのように硬く指に乗せて、気になるポイントに密着・抑えることができる』そうです。

使用した感想としましても、ファンデーションというよりもコンシーラーを顔全体に伸ばして『薄〜い膜』を作り、カバーするイメージです。

あくまでも、このファンデーションの目的は『薄付きに仕上げること』に感じます。それにより、お化粧崩れもひどくならずに直すことができるのです。

ですので、『私はバッチリとカバーできなきゃ落ち着かないわ😓』という方には、こちらのジェルファンデーションは不向きです。

『POUL & JOE』無双…エクラタン ジェルファンデーションのケース内部
ケースの鏡はちっちゃくて、実用的ではありません。とりあえず『ある』レベル。

ケースは独特な構造で、スポンジにジェルファンデーションをとったときに『ペットリ』付き過ぎるのを防止するために、メッシュのフタがされています。

ジェルファンデは、長期間放置しておくと固まってしまうようなので、その場合には保存容器に入れておいてくださいとのこと。購入は、使い切ることを前提に。

つづいて、プレストフェイスパウダー。

私は肌のくすみが気になるので、『ピンク』を選び、明るい印象になるようにしました。
『POUL & JOE』無双…プレストフェイスパウダーのケース
粒子がこまかく、パフで抑えるとお肌がサラサラになります。このパフがまた、何気なくカワイイ😄。

特筆すべきは、ケースが軽い!ですので、気軽にバッグに携帯してお化粧直しに大活躍できますよ。

以上のジェルファンデ&フェイスパウダーをしても、崩れるモノは崩れます。わたくし、普段から『のぼせ』る体質です。すると、顔が熱いのです。結果として、脂がにじんで崩れやすいのだそうで…これはしょうがないと諦めております。

そこで最近、達観したのが『だったら、上手に崩れよう』です。下手な崩れ方をすると、どんなにお粉をたたこうが、脂の噴出を抑えられない気がします。薄くお化粧して上手に崩れれば、『ササッ』のお化粧直しでなんとか体裁を保てます。

今のところ、『POUL & JOE』の崩れ方はキレイだと思います。コレは有難い。

ケースにこだわりを感じます

『POUL & JOE』無双…いただいたサンプルたち
ファンデーションやパウダーのケースの開閉で驚きました。とっても感じが良いのです。とくに、開けるときに、カチッじゃなく柔らかな『パフっ』とした感触は、なんだか『いたわってもらっている』ような…特別な気分にさせてくれます。

かなり以前に、クリニークのファンデーションケースの開閉が『ベンツのドアの開閉』に似せて作られていると雑誌で読んだことがあります。P&Jもかなりこだわって作っていらっしゃるのだと思います。

さらに進みます

P&Jは、リップケースが別売りなのですよね。で、好きなデザインのケースを選べるという乙女ゴコロくすぐり要素があるわけですが…
『POUL & JOE』無双…限定リップケース素敵です
このケース素敵じゃないですか⭐️と見ていたら、なんと限定品でリップケース別売り『税別¥3000』とのこと。ひやぁぁ、そこまで無双できませんでした。でも、そこまでコダワれる選択の奥行きを持たせてくれるのは嬉しいですよね。私はおとなしく通常版ケース『税別¥1000』を購入です。

つづいてリップとグロス

BAさんの『どんなお色が好みですか?』の質問に、『ピンクオレンジですね』と答えると、オススメされたのがリップ03(ナチュラル)と、グロス07です。

リップのタイプは3種類。『クリア』『ナチュラル』『フルピグメント』です。順番に、テクスチャが濃くなるのかな?色のネーミングセンスの乙女チックさ加減も良いですよね⭐️
『POUL & JOE』無双…リップとグロスとパーフェクトメイクアッププライマー(ファンデ下地)
グロスは、見た目ほどキツく色はつきませんが、唇がパッと華やかに明るくなります。07の、この見た目の色も大好きです…キレイだなぁ。

つづいて化粧下地です

そもそも、私は下地を購入しに参りました😅『モイスチュアライジング ファンデーション プライマー』の口コミ人気につられまして。

ところが、BAさんのプッシュされた品は『パーフェクトメイクアッププライマー』でした。最上級ラインということもあり😅、ほかの下地の良いトコロ取りなのです。保湿してくれるのに、SPF30のPA+++で安心感があります❗️

ちなみに他の下地のラインナップは…『保湿特化』、『UV対策(SPF39PA+++)』、『くすみ対策(パール入)』の3種類です。瓶に入っています。出しやすいのかな?

『POUL & JOE』無双…パーフェクトメイクアッププライマー(ファンデ下地)の容器がよいです
『パーフェクトメイクアッププライマー』ノビが良いです。適量は半プッシュちょい。(もうちょっと粘性があると私好みなのですが)割とサラッとしています。

この下地の良いトコロは、容器です(笑)
プッシュして、液体を必要量で取り出しやすいのが良いです。フタの付け外しも簡単。このフタがまた、オシャレで良い味してます。先ほどのコンパクトケースもそうですが、デザインされた方はかなり考えてらっしゃるのだろうと思います。

筆ペンのコンシーラー

タッチアップの際に、目の下のクマの話題になりまして。このようなブログが趣味なもので、わたくしクマがすごいのです(早く寝なさい)

私は普段はコンシーラーをしておりません…面倒くさくて。いま所持しているコンシーラーの容器が、面倒な作りなので手が伸びないのです。

BAさんが取り出したのは、筆ペンタイプのコンシーラー『イルミネイティング タッチ ペン』
『POUL & JOE』無双…イルミネイティング タッチ ペン
『カチッ』とペンを1押しすると、適量の液状コンシーラーが筆ににじみます。それをそのまま目の下のクマへ。目の下から放射線状に乗せて下さいとのこと。均一にムラなく薄くつけることが出来ます。

コレが、かなり楽チンなのですよ。容器が良くて。顔の中心が明るくなるので、印象がだいぶ変わります。保湿効果もあるそうなので、小じわケアにも良いかも。

ただ、カバー力は期待できません。コレは、色を『塗りつぶして誤魔化す』というよりは『薄める、反射させる』というイメージです。100%消したいという方には不向きです。でも良いですよコレは、クマの色が自然に薄まるかんじで…

総括!

先ほどから書いておりますが、『POUL & JOE』は容器が使いやすいので楽しんでお化粧できるのが嬉しい。

かといって、実用的なのにパッケージも『キチンと可愛さを忘れていない』のがニクいです。

今回、初めての『POUL & JOE』の購入となりましたが、大満足しております。さすがアルビオン、オトナの女性の厨二病的部分をくすぐるのがとてもお上手です。

ただ、ちょっと注意が必要かな?と思うことは、

こちらも終始、書いていることですが、、『POUL & JOE』はあまりカバー力に重視していないように感じまして。

ちゃんと日頃のスキンケアで、素肌美を保ちつつの『メイクアップ』というブランドイメージを受けました。ハイエイジ向けではないですね。私もいつまでお付き合いできるかな…😅

では、以下からは購入時のエピソードを記して参ります。お時間のある方は、お付き合いください😄、離脱される方はPOUL&JOE beaute / コスメ一覧

大晦日の名駅高島屋

ジェイアール名古屋タカシマヤ。主人に、子供達と上の階でなんとか時間を潰してもらうことを確約してもらいまして…3階の化粧品売場へ、いざ出陣じゃあ‼︎

コスメ売場に着いてみると、とんでもない混み具合です。『あれ!?バーゲンセールでもやっているのか?』という女性達の熱気。『イヴサンローラン』なんて、お客さんが売場から溢れて収まってません!わたくし、初めて見る光景にあ然です。

気を取り直して『POUL&JOE』へ…わわ、やはり混んでます。3人いらっしゃるBAさん、皆さんがてんてこ舞いでお忙しそうです。

声をかけづらいな…でも・子供達を待たせているのに、無意味に待つわけには…とソワソワしていると、お目当ての化粧下地がディスプレイされて並んでいます。

口コミが良いのはコレかぁ…と思って商品に近づくと、その商品のナナメ向かいに1人のお姉さん(お客さん)が待っていることに気づきました。

(お姉さんも順番を)待っていらっしゃいますか?
ええ、待ってます

ニコっと感じよく笑ってくださいます。

あの…どうすればイイんですかね?皆さん、お忙しそうで…
あ、店員さんをつかまえて番号札をもらうんですヨ⭐️

そう言いながら、手の中のプラスチックの番号札を見せてくださいました。

『な…っっ⁉︎…化粧品を買うのに、番号札を貰うんズラか⁉︎(◎_◎;)』と驚愕しつつ、早速・すみませ〜ん‼︎とBAさんをつかまえて無事に番号札を入手しました。

いやぁ…私の住んでいるトコロはイナカなので、番号札をもらって並んでまで化粧品を買うことなんて無いんですよね〜😅と、お姉さんに話しかけると上品に笑ってくださいました。タレントのすみれさんに似たとても可愛らしい方で、大学生だそうです。

この広い化粧品売場、数ある中で同じブランドを選んだ者同士。
折角なので、お姉さんは何を購入しにいらっしゃったのか?待ち時間を利用して質問してみました。

友達に薦められて、この下地を見に来たんです。お願いしてサンプルをもらってきなさいって言われて(笑)

モイスチュアライジング ファンデーション プライマー』…って、私もソレを見に来たんですよ‼︎…これはよっぽど評判が良いのですねぇ。

『私はサンプル頂くだけなので(待ち時間が)早く終わりますよ⭐️』とお姉さん。

お姉さんがおっしゃるには、『いつもこんなに混んでいない』そうです。『皆さん、年内にどうしても買いたいンじゃないですか?(笑)』と。確かに私もそうなのです(笑)、女性心理というものでしょうか?😅

お姉さんの順番が呼ばれ、楽しく過ごせてありがとうございました、と挨拶して別れました。

続いてBAさんに呼ばれ、私の出番に。
目の下のクマの話をしているときに、突然『明るいんですね』と言われて、『いえ、(クマで)暗いですよ?』とマジメに答えると、『いえ、お客様の中身が(笑)』そんなことないんですよ😅

大晦日の名古屋タカシマヤは、閉店時間が18時です。私は17:45まで接客していただいたのですが、3階のコスメ売場の混雑はいっこうに収まりそうもありません。

この状態で、本当にあと15分で閉店できるんですか?
そうなんですよね!毎年、かなりゴーインに閉店しちゃいます(笑)

爆笑しました。BAさん、お世話になりました!…今回、楽しい思い出になりました。皆さまに感謝です。
(長文すべてご覧下さったあなたにも感謝😊)

 - 買ってみた感想