【耳垢シリーズ⑥】子供が耳垢栓塞(じこうせんそく)!【その6】~感想戦~

      2016/08/03

今回の耳垢栓塞(じこうせんそく)騒動の原因とポイント、思ったことなど。
今まさに悩んでいる方のヒントになれば幸いです。

『耳垢は放っておくのがベスト』という風潮はどうか?

今回の問題の原因は『面棒で耳垢を奥に押し込んで、固まらせてしまった』ということなのだそうですが。

言い訳ですが、私にはそんなつもりは全くありません。

だって、そんなに息子の耳をみておりませんもの(堂々と言うことじゃない)。

初めて子供の耳の奥をのぞいたときから、かなり奥の届かないところに『膜のように大きな耳垢がある』のは、知っていました。

でもその時点では、フタにはなっておりませんでした。

「いつか自然に取れるハズなんだから、気にしちゃダメだよ!」
と、私が子供の耳垢の心配をするたびに、母と主人が言い続けていました。

でも、結果がこれなのです。

『いつか耳鼻科でとってもらおう』…と先延ばしにしていた結果、こんな苦労をすることになっちゃいました。

ですので、もしも子供の耳垢・掃除などのワードでヒットして
こちらをご覧くださっているママさん・パパさん!
明日にでも遠慮なく耳鼻科に行っちゃってください!(念のため電話してから)

じゃないと、もう・ほんっと~に、こんなに面倒くさいことになっちゃいますよ!

子育て経験者である母も、今回の件では
「こんなハナシ、聞いたこともないけどねェェ」
と首をかしげておりましたが、ネットで検索すればザラに経験談がでてきますもの。なる時はなる、ということですね。

ちょっとポイントかな、と思うこと

★薬液をキチンと注入できたつもりじゃなかったのに、耳垢に浸透できたワケ…に、心当たりがあります。

  • 耳垢が完全にフタをしきれていなくて、中央に大きく亀裂が走っていたこと。
  • 初診のときに先生が外耳まわりの耳垢を、少しだけ剥がしかけてくださったらしいこと。

そのお陰で、簡単に耳垢全体に浸透できたように思います。

ですので、もしもできればですが…フタに多少のキレツがあるかどうか、初診時に先生に伺えたら質問してみた方が良いです。

完全にフタをしていないようでしたら、今回の体験記のように『3回の薬液注入で済む』と思います。

まさに今、悩んでいらっしゃる方、がんばってください!
解決できてよかった。

子供が耳垢栓塞(じこうせんそく)!【その7】で〆ます。後日談です。

 - 子供の健康 ,