【耳垢シリーズ④】子供が耳垢栓塞(じこうせんそく)!【その4】~薬液注入クライマックス編~

      2018/11/17

前回(その➂)から引き続き、『3歳児の耳に水を入れて10分間じっとさせる』という難題に挑まなくてはならない管理人。もう泣きそうです(T▽T)

『初回の薬液注入』は、子供が熟睡中ということでなんとか成功しました。

さて、翌日の朝です。
(この日の午後、耳鼻科へ再訪問する予定です)

ここからが『薬液注入の本番』でした‥

予想外!注入の難易度が上がる

朝。いつもよりも早く起きて、
まだ熟睡している子供に2回目の薬液注入を狙います。

『昨晩もなんとかなったし、なんとかなるっショ⭐️』と軽い気持ちでした。

ところが、薬液をチュ~ッと注入すると…

子ども:『んんーーっ(ー△ー)(首ふりふり)』
うわわっ

首を動かしてしまい、薬液がこぼれそうになります。

さらに『無意識に』指を動かして、耳から薬液を出そうとします。ムズがゆいのでしょう。

見ていていたたまれません。かわいそうに、ごめんね!と思いつつ注入。

注入後、耳たぶをひっぱり・よく馴染ませて‥

なんとか両耳の点耳を済ませましたが、結局、首をふってしまって『10分間、薬液をヒタヒタにしたまま放置』なんて・できませんでした。

子どもがムズがるということは‥
多分、コレは良い兆候なのだと思います。
注入後に子供が無反応ということは、まだ耳垢の栓に『薬液が浸透できていない』ということです。
子供が反応するということは『栓を超えて』耳の奥まで薬液が垂れていったといえます。

なんとか3回すべてを終えた!

結局、注入2回目(朝)はイマイチ手ごたえのない処置になってしまいました。
『これでイケてるんだろうか‥』と不安でしたよ。

そして、問題の最終・3回目。
3回目は病院に行く直前に行います。

今までは熟睡時に薬液を注入していたので問題が無かったのですが‥起きている子を相手にどうするか?

『昼寝をさせて、寝ている間・奥深くに注入するか‥』

この案しか浮かびませんでした。

正々堂々と子どもと対面して耳に『薬液』を入れたら、泣き叫ぶでしょう。
(ンなことされたら私だって泣き叫びますわ)

なんとか、息子をお昼寝させまして。

さあ!! 今だ(゚Д゚)!!!、『チュッ』と薬液注入しましたら、注入時点で起きちゃいました。

子ども:(ナニしてんの!?(゚Д゚;)

と怯える子供(そりゃそうだ)

寝起きのどさくさで、ススッと好物のお菓子を食べさせて、その隙にチュチュっと注入しました。
結局、大号泣されてしまいましたが…。私だってやりたくてやってるンじゃないですわィ(T▽T)

これでなんとかノルマ3回を終了しました。

さあさあ、いざ耳鼻科へ!
果たして、結果はどうなのか??…耳垢の蓋は取ることができるのか?

‥次回で耳垢栓塞シリーズ最終回!ご覧ください▼

こちらの記事もどうぞ

 - 病気トラブル (子ども&赤ちゃん) ,