【ミリオタ御用達か】マグプルのiPhoneケースを買ってみました【バンパーケース感想も】

      2018/06/14

『iPhone6のケースを新調した』と、ミリオタ(非ガチ勢)な友人が自慢げに見せてきたものがあります。

かっこん:ほほう…
米軍が使っている銃のマガジンやグリップ部分を作っている会社が製造してるモノなんだよ(*^-^*)
かっこん:なんかそのエピソードすごいっすね。

手に取らせてもらうと、確かに質感が銃のグリップっぽい(私、トイガンしかさわったことがありませんが‥)

かっこん:『今度スマホケース買うときにはソレにします~( ̄▽ ̄*)』…先日、私のiPhone5sのケースに不具合が発生しました。

▼最新版の購入エピソードも是非!

買う時がきました。

改めましてマグプルとは?
マグプル・インダストリーズ・コーポレーション /wiki

Magpulはポリマーを用いた銃器の設計および製造で知られる銃器メーカー。
社名の「マグプル」は最初に製造した製品、米軍が使用するSTANAGマガジンに取り付けるストラップで、弾倉(magazine)と引きぬく(pull)を合わせた名前である。

創業以来、主にAR-15小銃およびその派生型を対象としたアクセサリーの設計・製造を行なってきたが、近年では銃器そのものの設計も行なっている。

マグプルのスマホケースとは、『銃器に使われている素材と全く同じポリマーを使った携帯ケース』ということだそうです。

何色にしようかな♪…わ(゚Д゚;)

20161201-11
一刻も早くケースが欲しかったのですが、2日間ほどかけてムチャクチャ悩みました。

ミントグリーンも可愛くてシャレてる、レッドもパッとして良いな、オレンジもタフな感じでイイなぁ…と・ものすごく悩んだ結果。

『フラットダークアース』というシブ好みな色にしました。

早速、注文。
到着が待ち遠しい!

届きました

20161201-01
ポストに投函されていたようです。
20161201-02
これか~!
20161201-03
『並行輸入品』とのことで、パッケージは英語表記でした。

20161201-04
白熱灯の下で撮影しているため、色が赤くかぶっております。
実際はもっと『彩度が低い茶色』です。

20161201-05
装着してみました。
カポっと簡単に入りました。おお~★

20161201-06
このスマホケース最大の特徴、肌触りの良さはすごいものがあります!さすが米軍御用達。

高級車のダッシュボードな肌触りです。スベスベスベ…といつまでも触っていたい。

本体・格子状のアミアミの理由は持ってみると分かりました、指がかりになってとても持ちやすいのです。

ネットでも皆さんおっしゃられていますが、このグリップ感は驚きますね。

各パーツ部分はどうなっている?

20161201-07

電源ボタン

完全にカバーされています。
iPhone5 ver.は押しづらいです! iPhone7とiPhone8の電源ボタンは押しやすくなってました。

音声+-とミュートon/off

ミュートon/off は剥き出しです。
iPhone5 ver.は『+-部分』も、電源ボタン同様に硬くて押しづらいです( iPhone7とiPhone8の電源ボタンは押しやすくなってました)。

イヤホンジャック・充電・スピーカー部分

コネクタ類が干渉することなく、スッキリとしています。
ストラップを付けても問題ありませんでした。

MAGPUL™ BUMP CASE – IPHONE® (公式サイト)

ものすごく満足しております

購入を迷っていらっしゃる方、ぜひどうぞ★

一風かわったiPhoneケースをお探しの方も是非♪

今まで使用していたモノ

せっかくですので、私がこれまでに使用していたiPhoneケースをご紹介させて頂きます。
20161201-08
『Cleave Aluminum Bumper Mighty』というものです。deff /公式サイト

フレームで囲ってガードするタイプ。『バンパー』というジャンルのようです。

お値段、9千円近く。

バンパーフレーム購入を検討されていらっしゃる方のため、3年間使用した私の感想を…

どうやってくっついているのか?と言いますと、
20161201-10
『アルミのフレーム2本』を対角線で1本ずつ2か所・小さなネジで締めて、iPponeにくっつけています。

オモテ面だけではなく『背面』も剥き出しになるので『背面をガードする保護フィルム』が必須となります。

(▲例えばこんな感じの商品)

使用感ですが、カッコよいのですけども、痛い(笑)
アルミのフレームが握っていて痛い(T▽T;/だから今回のマグプルのグリップ感の感動がハンパない)

長電話するときやスマホゲームの時など、手にフレームのあとがつきます。

その代わり、3年間のあいだ・通りすがりの人も含めて1回も、同じものを使っている人を見ませんでした。メリットそれだけか!?

で、今回なぜ不具合が起きたのか…という冒頭のお話につながるのですが、

ある日とつぜん、フレームが微妙にパカパカしだしたのです。
気のせいかな?と気付かないフリをしていると、主人が
『これ、ネジが無いよ?』
20161201-09
2本のネジ、両方ともにフッ飛んでました。
フレームは惰性(ド根性)でくっついていたようです。ナイス根性!

本来ならば、定期的にネジを外してお掃除するべきなのですが、わたくし無精者なもので怠っておりました。

で、日々ネジが緩んでサヨナラしてしまったようなのです。

ちょうど3年間使用しまして、小キズ・塗装はがれも目立ってきていたところでした。良いタイミングだったと思います。

今までありがとう!、合掌。

iPhone6・7ver.も販売されてます。

合コンなどで目立てると思いますが、悪目立ちしないように気を付けてくだされ…(老婆心)

▼最新版の購入エピソードも是非!

 - iPhone