【無印良品】かっこん、理想のこたつを求める🍊【こたつ紹介】

投稿日:2019-01-21 更新日:

コタツが欲しいんですよ

寒冷地のかっこん家、年明けの厳しさに『コタツ』が欠かせません。

現在、我が家に『コタツ』はあるのですが‥

なんと、独身時代に主人が購入したコタツを使い続けております。

もう10年以上は頑張ってくれてます。

なんとな~く、毎冬・使い続けておりましたが‥今冬はもはや限界。家族のライフスタイルから外れ、使いづらいのです

🍊かっこんのコタツの理想

  1. 天パンは『木目柄』が良い

    → ☝完全にかっこんの趣味

  2. オトナが並んで着席、食事を出せる

    → コタツで食事をしたいが、現在は家族4人でギュウギュウ状態

  3. 電源口がスッキリしてて欲しい

    → コタツ本体からの電源口が、足に干渉してウザい

  4. コタツ周囲がスッキリ

    → コタツ布団&敷布団&座布団が、掃除しやすいようにスッキリしていて欲しい

  5. 天パンの高さが低いこと

    → 高いと、リラックス感がない (※後述)

  6. お値段は、そこそこで‥💰

    → 布団など全込みで5万円以下❗

🍊一般的なコタツ『高さ』は‥?

一番、注目したいのが『天パンの高さについて』。
無印良品のこたつ

自然と良い姿勢になれちゃう(リラックス感、無し)

現在の我が家のコタツは、天パン~床の高さが40cm。

高いんですよ、40cmって。

座面がブ厚めな座椅子にでも座らないと、顔の位置が低くなって、落ち着かない。

コタツの高さなんて、バリエーションがあるでしょ?

と、わたくし家具屋をあちこち巡り、コタツの高さを見て回りました。すると、
無印良品のこたつ

ニトリ・こちらのコタツがせめて低かった

一般的に販売されているコタツの天パン~床までの高さは、38~40cmのようでした。

38cmなら、まだ許せるのですが‥天パンの柄が好みじゃなかったり、お値段が高すぎたり‥ほかの条件がマッチしません。

あれ?イイのが無いぞ‥💦

今すぐにでも、『理想のコタツ』欲しい。

イナカ住まいの最後の頼み、無印良品へ出かけてみました。

🍊無印良品へ

真っ先に、家具コーナーを覗いてみます。

コタツがディスプレイ展示されてますよ❗

わあ‥‼‼

無印良品のこたつ

こたつ用品|無印良品

かなり大きいのですが、ちんまりして見えます。なぜか?

『コタツ布団』が天パンに沿ったオーバル型で、コタツ周囲のモタつき感が無いのですよ‼

実際に座ってみると天パンの位置が低い❗
高さ35cmなのだそうです、それは低い(笑)

無印良品のこたつ

楕円こたつ(大)|無印良品

ⓁⓂ表記はかっこんが便宜上つけているだけで、公式ではありません

天パンは、雰囲気がある木目柄。色もナチュラルで良いですよ。

お値段💰も許容範囲でございます。

無印良品のこたつ
かけ布団は、MAXで伸ばしてココまで伸びます。子どもが引っ張ってもウザくない範囲です。

このコタツが全体的にスッキリ見えるのは(オーバルかけ布団のスッキリ効果もありますが)、『天パンのエッジが薄いから』という理由もあるでしょう。

よく考えられた商品だと思います‥スタイリッシュ・コタツだ。

🍊こたつ掛け布団

さて、オーバルかけ布団はどんな感じか?
無印良品のこたつ
実際に手に取ってみると、フランネルで手触りフカフカ。かなり薄めに感じます。

コチラを使用するならば、

  1. 中に毛布などを仕込む
  2. コタツ以外の暖房で室内を温める

という必要がありそうです。温かい地方のかたはこれ1枚で十分なのかな?(うらやましい)

⚠ コタツ本体はⓁⓂ2種類の大きさがありますが、かけ布団はワンサイズなのだそうです。

🍊こたつラグ (敷布団)

つづいて、ラグ(敷布団)はどんな感じか?
無印良品のこたつ
こちらも、薄めな印象です。

掛け&ラグは、寒冷地仕様ではないかな‥

🍊購入しました‥‼

というわけで、レジにて『コタツⓁ & オーバル掛け布団』オーダーして参りました。

割引、適用できず‥😂

なんと、かっこんが購入する前日まで『コタツ10%OFFキャンペーン』をしていたんだそうです(泣) かけ布団は20%OFFで購入できました。

次回の『無印良品週間(会員10%OFF)』は3月中旬。『3万円以上購入・配送料無料サービス』もいずれあると思いますが、それまで待てませんでしたっ😂😂

ちなみに配送料は1,490円。
配送日は購入翌日から5日後を予定、午前便 or 午後便を選択できました。

到着が楽しみです‥設置できましたら、報告させていただきます😃
(主人のコタツよ、10年以上ありがとう✨)

こちらの記事もどうぞ

  • この記事を書いた人

かっこん

旅行大好き、とにかくどこかに行ければ良し。ただ・現在は2人息子の世話で忙殺中。ブログは癒しでございます。kakkon.netについて詳細

Copyright© kakkon.net , 2019 All Rights Reserved.