【家づくり:失敗編】キッチンキャビネット‥選択を失敗して6.6万円出費したお話ッ😂

投稿日:2019-06-05 更新日:

今回は『家づくりの失敗編』をお送りいたします。家づくりブログでやっぱり読みたいのは、失敗譚ですよね。ぜひ参考にして頂ければと思います😂

かっこんが失敗したのは何か?と言いますと、IHヒーターの下に仕込んでいる『キャビネット(棚)』の選択を完全に読み違いまして‥それにより6.6万円の出費をいたしました‥。では、詳細をご覧ください❗

🍳 ポケット収納を選択してしまった

家づくり・打ち合わせの際に‥LIXILのショールームで、キッチンのキャビネットをさんざん眺めました。

同じキャビネットでも、シンプルなものもあれば、多機能そうなキャビネットもあります。それがコチラです▼

画像出展:スライドストッカー・らくパッと収納|LIXIL

キャビネットに『ポケット状の棚』が仕込まれている、機能キャビネットです。『機能的そうなもの』に弱いかっこんは気に入ってしまいました。

SRスタッフ:でも・コチラ、選ばれる方はあまりいらっしゃらないんですよ😅(消極的)
いや~でもLIXILさんが開発したからには便利なんじゃないんデスか?😊

ショールームのスタッフさんが止めたにも関わらず‥私は『機能的なのでは?』という淡い期待で、IHヒーターの直下部分にポケット機能付きのキャビネットに決定しました。

さて、実際に使ってみると‥やっちゃいました~😂

🍳 ポケット収納をつけた感じ

写真をご覧ください。キャビネット扉サイドに、ポケット部分が仕込まれているのです。

コレが想像を絶する邪魔さ加減。

(仕込み収納のせいで)手前スペースを15cm弱ほど取られている為、鍋・フライパン類の『とっ手』を真横にしないと収納できないのです。
『とっ手』部分のスペースが、なんともムダ。入れることができるモノ🍳がかなり少ない❗

肝心のポケットスペースは、こんな感じです。

現在のLIXILでは、コチラの機能が(不評だった為か?)廃止されているので、詳しく紹介できないのですが‥『キャビネット扉をプッシュすると、ポケットが飛び出す』という機能です。
キャビネット本体収納部分とは、完全に区分けされています。

さて‥。

🍳 不要だと気付いた『ポケット収納』

当初は『ポケット収納に🗡包丁を入れたり、バリバリ使うぞ⭐️』と思っていたのです。が、

ところが・この当時。
下の息子が『やんちゃな2歳児』で危なっかしかったため、このポケット部分を完全封印することになってしまいました。(ココに小物を収納したところで、引っ張り出してきちゃうだろうな、と🤨)

ポケット収納を使わないで半年が経過‥1年経過‥1年半‥2年目。

スミマセンこれ今後も使いません😭

ポケット収納を使わなくても事足りる😂、と断言。
そうなると、ポケット収納部分が邪魔でジャマでしょーがなくなりました。

じつはハウスメーカー(工務店)の1年点検の際に、メンテナンスで訪問されたYさんへ

ココのキャビネット交換となると、💴おいくらでしょうか‥😅

(ポケット収納付☞何もなし収納に変更)

Yさん:はぃぃッ⁉キャビネットを交換したいンですか⁉

🍳 後からキャビネット交換はヤバイ

キャビネットの(物理的な)交換自体はカンタンです。バコッと外すことが可能。

ところが、手配が難しいのだそうです。YさんはLIXILさんに問い合わせたり、イロイロと手を尽くしてくださって分かったこと。

💴まず金銭面
キャビネットのお値段66,000円とのこと。
私の判断ミスで無駄に6.6万円がッッ‥😂‼主人に土下座で謝りました。

🔨手配できるか?不安
Yさんが一番、心配しているのは『コレと全く同じものを手配できるか?が不安だ』

えええっ⁉まだ買ったばかりですが、もう廃版の可能性があるんですか⁉
そーなんですよ😅こういったものは早いんです‥

☎LIXILさんが対応してくれるか不安
LIXILさんは、後からの変更に対して厳しいのだそうです。ココだけ替えたいから追加発注で‥という対応に良い顔をしてくださらないのだとか。(他メーカーさんは不明です)

以上3つの不安・課題を乗り越えて、2年点検を過ぎた・この日。

新しいキャビネットを手に入れてくださったYさんが、我が家を訪問してくださいました。

🍳 ポケット収納キャビとの別れ

ついに、このポケット収納キャビネットとお別れか‥

66,000円の手切れ金は勉強代とします‥

ポケット収納キャビを取り外し、さっそく新しいキャビネットを設置して下さるYさん。

新品のキャビネットを何度も開閉して、レールの滑り具合を確かめてくださいました。

‥問題無いようですね、ああ・ヨカッタ😅
上手くハマらない可能性もあったんですか?
‥あります😅、完全・別手配なので‥

キャビネット面も、他キャビネットとまったく同じ柄でした‥6.6万円は痛い出費でしたが、なんとか手配してくださったYさんに感謝しかありません😂

使い勝手に違和感アリならすぐ相談❗

キャビネットの発注が、あと少し遅かったら完全にアウトだったそうです。同じものは手配できない、と。

Yさんとのお話から察すると『購入から3年以上経過してしまうと、もう発注できない』ようです。2年ちょいまでが限界?😅

もしも、こちらをご覧になられている方でキッチンキャビネットの使い勝手に超不満がある‥という方は、

新築から2年以内でしたら、急いでハウスメーカー営業へ相談してみてください。お金で解決できるならマシ、かもしれません。

🍳 かっこんからのオススメ

今回の件から、かっこんのキッチンキャビネット結論は‥

画像出展:19リシェルSIカタログ|LIXIL

ヒーターの下エリア
鍋・フライパンとそれらのフタ。『フタの置き場所』が意外と要注意。
👇
キャビネットは=シンプルなもの。
あとから使い勝手よく、自分で仕切りを入れて収納すると良い。

シンクの下エリア
おたま・フライ返し・ボール・皮むき類など小物キッチンツール。
👇
キャビネットは=立体構造の機能的なもの。
上から見て『一瞬で小物がパッと見渡せる』と、料理時のストレスが軽減されます。

‥というわけで、今回は以上です。
いや~‥後からキッチンキャビネットを交換しようとすると、こんなに大変なことになるとは‥どなたかに教えてあげてください😂

こちらの記事もどうぞ

  • この記事を書いた人

かっこん

旅行大好き、とにかくどこかに行ければ良し。ただ・現在は2人息子の世話で忙殺中。ブログは癒しでございます。kakkon.netについて詳細

Copyright© kakkon.net , 2019 All Rights Reserved.