【家づくり:上棟後8week】玄関収納が設置されました⭐️【吊下げライトに問題】

      2017/02/01

今回は、玄関収納(下駄箱)が設置されました。
その様子をメインにご紹介いたします。

前回の記事・上棟後7.5weekの間に、棟梁が作業していたこと。

棟梁は、玄関収納のユニットを組んでいらっしゃいました。

『パモウナ(カップボード)』のように、組まれたユニットが搬入されるのかと思いきや、下駄箱って棟梁が作るものなのですね!ちょっとビックリです。

(こんなコマゴマしたモノも作成して頂くのだから、差し入れって大事だな~(-"-)とシミジミ思いました)

我が家の玄関ホールのイメージ

我が家の玄関ホールのイメージからご覧ください。

さて、コレが現実世界ではどうなっているか?

ばばーん!

想像どおり!!
玄関収納はおなじみLIXIL製品です。
色はクリエペールでお願いしたのですが、爽やかな白木色ですね~。良いなぁ♪

収納の上台の扉を開いてみますと…

何やら下部に台がありますよね。
その台のなかに、間接照明のダウンライトを仕込みます。W棟梁お手製です。

アップでご覧ください。

指を入れて板を引き出す『穴』に、指あたりが良いように角度をつけて削ってくださってます。

かっこん:Wさん❗️すごい丁寧な仕上げですね❗️
棟梁:でしょ?オレの半分は優しさでできてるから⭐️

超久々に聞きましたよそのフレーズ。

棟梁:そんなことより、問題があるんだよ❗️

問題発生してました


天井から黄色いわっかが見えてますよね。
あそこから、玄関ホールの象徴となるような『吊下げ照明』をぶら下げる予定なのですが…

棟梁:上台の扉を開けると、

ペンダントライトと上台の扉が思いっきり干渉するゥゥゥ!?

なんということでしょう(落胆)この段階まで気付けませんでした!

棟梁:オレも、天井のどの位置に照明が来るか、図面で知らなくてね。
棟梁:電気屋がコードを出していった時点で『アレ?』とは思ったんだよね
どおすれば良いですか!?
棟梁:位置・変えちゃお~⭐️

まだ、間に合う段階なのだそうです(でも電気屋さんに迷惑をかけることは確か!ごめんなさい)。

棟梁に、良い位置を見繕っていただきます。

まず、入ってきた人から見てキレイに見える位置は、『玄関ドアを開いた中心』。

つづいて、測る場所は…?

じつは玄関照明のセオリーの位置があるんです。
それは、框(かまち)の真上。

『家人と訪問者』が対面するのが『框を挟んだ場所』になります。
お互いの顔に影ができないように、框の真上に照明を設置するのがベストとのこと。

棟梁はそのセオリーにさらに上乗せしました。コレはウラ技ですよ~⭐️

上台の『扉のライン』が『框』の近くにあるようなら、照明の位置を扉のラインに合わせること。

そうすることで、玄関収納を正面から見たときに、

ラインがスッキリと整って美しく見えるそうです。おおっナイス・理屈⭐️


玄関収納の上台の下板に、これから電気屋さんが3か所『穴』を開けてダウンライトを仕込む作業をされます。どうなるのだろうか、楽しみです。


ちょっと焦るくらいに収納の扉が開けづらいのですが、こういうモノなのでしょうか(゚Д゚;)
デザイン的に取っ手を付けたくないので、ガマンするしかないのか…

ちなみに。
ハウスメーカーから依頼されて、主人が作成した『玄関ホール断面図』がこちらです。

今まさに、私の隣で主人は未だにダウンライトの種類を悩んでます。

あちこちの空間で、最期の最後に『照明』がネックになってます。奥が深いんですよ。このお話も、いずれ。

さてさて。
我が家の郵便ポストは、玄関外壁を貫通して設置される『防風ポストくち』。

その『くち』を受け止める棚のアイデアを、お施主さんブログでたくさん見かけまして…我が家もマネさせて頂きます(*^-^*)ノ

‥ということで、W棟梁にザックリとお願いして出来上がったのがこちら。
『使いやすいようにやっとくから⭐️』とおっしゃった棟梁、たしかに実用的な大きさですね、大満足です。


いま、主人を悩ませている新たな懸念材料が1階トイレのコーブ照明。
このことについては、また今後の記事にて触れます。

K棟梁:トップライトについて

K棟梁とトップライトのお話になりました。

トップライトは、職人さんの意見では『できれば避けてほしい』という話をよく聞きます。

実際のところ、どうなのか?
K棟梁の意見を載せます。

まず『トップライトは消耗品である』と理解すべきだそうです。

必ず、ガタがきて施工し直さなければならないそうです。
傷みやすいということかな。

寒冷地では特に注意すべきでとのことです。

南面ならば『良い』のですが、北面にトップライトを配置した場合。

冬場は雪が凍り付いて、ずーっと冷やされっぱなし。
夏場は暑くて‥という温度差を何度か経てしまうと、窓枠?の傷みのスピードが凄まじいのだそうです。

つい最近にも、北面のトップライトをつぶす作業をされたそうです。
北面って、明かり取りのためにトップライトを配したくなりますよね?
今回のような『落とし穴』があるようですので、ぜひ・ご注意ください!

というわけで、今回は以上です。
次回はキッチン搬入予定!!(1/27のできごと)

 - 上棟後の経過報告, 家づくり