iPad Air2購入【WIFIモデル】と【セルラーモデル】で迷う方に【SIMフリーモデル】もあるよ

      2016/08/03

『iPad Air2』を購入する際に迷ったこと。

各モデルのメリットとデメリットを挙げていきます。

WIFIモデル

携帯会社では購入できない。電気屋 or appleショップ

メリット
  • 最安値で手っ取り早く購入できる
  • テザリングできる携帯があれば外出先でもネットできる
デメリット
  • 『自宅・会社など使用する場所にWIFI環境が無い&テザリングができない』とネット接続ができない(基本的なことですが書いておきます)
  • GPS機能が無い(圧倒的欠点か否かは個人差あり)
  • テザリングできる携帯があっても、(GPS機能が無いため)地図で現在位置を正確に把握できない。

…例)車でナビとして使いたい時に、ザックリとしか位置を把握できないそうです。

セルラーモデル

メリット
  • 外出先でもネットに接続できる
  • GPS機能を使える
デメリット
  • 本体代金がWIFIモデルに比べて高い(電波を飛ばすアンテナ+GPS機能の分だけ、WIFIモデルに比べるとスペックがあがるため。1.5万円以上の差がある)
  • 回線契約することにより、2年間の縛りが発生する
  • SIMフリーモデル

    メリット
    • テザリングできる携帯があれば、GPSもそのまま機能する。
    • 格安の通信会社と契約して、格安SIMを挿して機能させることができる。月額料金が安いだけではなく、会社の契約内容によっては縛りが無い、など自由がきく。
    デメリット
    • …SIMフリーモデルは実店舗で購入できず、公式ネット通販のみ。ネット通販に抵抗がある方にはハードルが高いか?

    /////////////////つづいて、各具体的なお値段(64GB)

    4年間フル活用する前提での料金を比較してみます。

    WIFIモデル

    本体代金¥69,984(税込)

    ※前提として、後の2モデルと同等に比較するならテザリング料金が無料であること。
    例)テザリング料金が¥540/月額かかる契約ならば、¥540×48=¥25,920を加算するべきです。

    本体代金¥69,984+4年間のテザリング料金が発生する場合は¥25,9204年間総額¥95,904

    auではプランによってはテザリング料金が無料になります。私も今回そちらに乗り換えました。他会社もおそらく同様の措置がされているでしょう。

    セルラーモデル

    ※今回は本体料金は一括支払いver.で計算します
    (ほかに36回・24回分割払いが選択可能)

    本体代金¥85,080(税込)

    auによるキャンペーン値引▲¥5,400

    本体代金¥85,080-値引¥5,400=¥79,680をまず、店頭レジで支払う

    以下からは月々の回線料金です。
    auの場合『スマホとのデータシェア』で安い料金で契約できるそうです。(※今回はスマホ契約していることを前提とした通信料金になっています。スマホではない方はさらにお高くなるようです)

    割引額が36回払(3年間)の場合、割引¥1,080/月額×36ヶ月=¥38,880が割引総額
    ※36回払=3年間のみ割引が適用される。3年1か月目からは月々の割引が無くなります。

    4年間分のデータ通信料金は
    通信料金¥2,160/月額×48ヶ月=¥103,680

    この金額から先ほどの割引額を引きますと
    4年間分の通信料金総額¥103,680-割引総額¥38,880=¥64,800

    というわけで、4年間分の実際にかかる通信料金総額は¥64,800。

    本体代金¥85,080+4年分通信料金総額¥64,800=¥149,880

    セルラーモデルの場合は4年間で総額¥149,880

    ※余談!!!!!!!

    途中解約したい場合…2年ごとの解約可能月以外は、
    違約金¥9,500+解約手数料¥3,000=¥12,500(税抜)必要となります。

    ▲『解約可能月』『違約金』などの言葉は主人が分かりやすい言葉に置き換えております、実際にはオブラートに包んだ言い方をしています(笑)

    私の思い込み

    どうしてもGPS機能が欲しいのだけれど、テザリングすれば良いから4年間分の通信料金は払いたくない。

    だったら、

    1. セルラーモデルをauで購入して、
    2. 解約金を支払い、
    3. 即解約すれば良いじゃないか?

    …という結論になりかけました。auのお姉さんの前で。

    ところが『そんな回りくどいことをするくらいなら、いまオマエの所持しているiPhone5sからiPhone6+に替えたほうが良い!』と普段は仏のような主人がブチ切れました(笑) 子供も『早く帰りたい!』とブチ切れ(本当ゴメン😂)

    そこで一旦、破談になり…ココはひとつ冷静に出直そうということになりました。

    帰宅後に『セルラーモデルで公式ショップ以外で、他にiPad Air2を販売しているところが無いか?』イロイロ検索してみると、価格.comで『SIMフリーモデル』という言葉を見つけました。

    『SIMフリーモデルって、日本で公式販売してるんだっけ?』

    Appleストアを見てみると、フツーに売っていました(笑)…ド無知ですみません!

    そこで、以下の第三者登場です…

    SIMフリーモデル

    本体代金¥85,104(税込)

    我が家はコレでいい…!!!
    …先程ネットで購入いたしました。その流れもこの後に別記事でアップいたします。

    AppleCare+ for iPadに加入するならば+¥9,400(税抜)が必要です
    ※AppleCare+ for iPadは保証期間2年間です(公式ネット通販でも簡単に加入できます)

    つづきまして、こういう方はこのモデルをオススメ!をご紹介いたします。

    こういう人にはSIMフリーモデルをおすすめ

    今回の結論では、SIMフリーモデルを選びましたがネット環境により選択肢は変わると思います。

    【WIFIモデル】を選ぶべき人
    1. 自宅・会社など使用する場所にWIFI環境がある
    2. 基本的にiPadを外に持ち出さない
    3. 持ち出すならば、スマホからテザリングできる
    4. iPadをナビとして使わない(GPS機能が必要ない)

    (むやみに野良WIFIを拾わないようにしてください、危険だそうですよ!)

    【セルラーモデル】を選ぶべき人
    1. 家にWIFI環境が無い。買うべきです。
    2. スマホからテザリングできない・スマホを所持していない
    3. テザリングによりスマホのバッテリーが減るのがイヤ
    4. テザリングでいちいち繋ぐのが面倒臭い
    5. GPSでiPadをナビとして使う必要がある

    注⭐️スマホ契約していない場合、先程の料金シミュレーションよりも、かなり金額が上がります!正確な見積りをとってもらって下さいね。

    【SIMフリーモデル】を選ぶべき人
    1. 先程のセルラーモデルの条件に多く合致する
    2. 外出先でテザリング接続、GPS機能を使いたい【我が家はコレ】
    3. 格安SIMを挿したい
    4. 大手携帯3社の2年縛りがイヤである
    5. 番外:Appleストアで購入するので刻印サービスを選べる(WIFIモデルも同様ですが)
    余談:我が家の使い方では、せっかくSIMフリーモデルを購入したのに『iPadのアンテナが使われていない』という勿体無い使い方をすることになります。本当はWIFIモデルにGPS機能がついていれば良かったのですが…

    余談2:担当のauスタッフの方は『GPS機能が無いのはダメですよ~』とかなり強めの営業をかけてきました。
    なぜか?…WIFIモデルを販売していないためです。

    そして、セルラーモデルとWIFIモデルの2択しか用意してくださらなかった。
    後に分かったことですが、SIMフリーモデルの選択肢を意図的に隠しているように感じました。それが『営業』と言うものでしょうね(^^;)

    格安SIMとは言えども…

    今まで『格安SIM』と適当な言葉を使っておりましたが、通信量が多くなると大手3社との料金に大差がなくなってきます。

    ですので、格安月額料金で最大通信量1~3GBあたりで契約した場合には…
    『家ではWIFI接続、外ではLTE接続』して、さらに『外出先では動画は見ない』など通信量を節約する努力が必要になります。

    ※こちらの記事内、正確な数字ではないことをご了承ください。あくまで目安としてご参考までに…

     - iPad