【悲報💉】なぜインフルエンザには季節が関係なくなったの!?【流行が早いとどうなる?】

投稿日:2019-11-24 更新日:

11月15日に厚労省が『インフルエンザの流行シーズンに入った』と発表したそうです。‥なんだか早いと思いませんか?😅

💉 厚労省の発表を見てみる

厚労省のサイト‥インフルエンザに関する報道発表資料を見てみると、ずらずら~っと『インフルエンザの感染者数』が発表されておりまして‥、

✅ ここ最近の流行シーズン入りの日付を見てみると、
2019年➡ 11月 15日
2018年➡ 12月 14日
2017年➡ 12月 1日
2016年➡ 11月 25日
2015年➡ -月 -日
2014年➡ -月 -日
2013年➡ 12月 27日
2012年➡ 12月 21日
2011年➡ 12月 16日

今年は、例年に比べても確実に早い

⚠ 過去2番目の早さなのだそうです。

💉 11月中旬の気温はどうだった?

インフルエンザが流行する時期というのは、

『吐く息』が白く見えて、『吸う空気』が冷たくて・ノドがヒリつくようになってから‥というイメージが私にはあります。

ところが、
今年の11月中旬なんて、ま~ったく寒くありませんでしたよね。なんなら暑い日もあった気がします。

ちなみに東京都の2019年11月の気温は‥
平均最高気温➡ 19.1℃
平均最低気温➡ 10.0℃
 
こんなに暖かいのに『インフルエンザが流行を開始した』と言われてもピンときません。

なぜこんなに早く流行しだしたのでしょうか?

💉 その理由は?

2019年11月22日(金)のFNNニュースによると、

インフルエンザ流行入り “過去2番目の早さ”はラグビーW杯が関係?|FNN

ラグビーのワールドカップのせい?😳

実は、9月下旬から始まったラグビーワールドカップの意外な特徴が関係しているという見方がある。

今回のワールドカップでは、日本が対戦した南アフリカや、ニュージーランドなど南半球からの参加国が多く、たくさんのファンが訪れた。

NPO法人医療ガバナンス研究所の上昌広理事長によると、こうした南半球の国では、ちょうど冬の終わりで、すでにインフルエンザが流行していた可能性があり、日本での感染拡大を早めた可能性があるという。
FNN PRIME

‥はぁぁ、はるほど。

日本も、2月・3月といった冬の終わりに、インフルエンザが超絶・猛威を振るいますよね。

日本の2月・3月の人が、どこかほかの国へ出かけてインフルエンザを広めてしまう‥と‥、そういうイメージですね。

💉 流行期が長引くとどうなる?

でも・インフルの流行が早まるなら、そのぶん・早く流行が終わるからイイじゃ~ん?😙
‥と、思うでしょう?

 
ところが、そうはいかないんですって。

ここ最近のインフルエンザの流行りかたを見ていて、皆さんお気付きではないでしょうか?

流行の前半期(年内~1月とか)で、例えば『A型』が流行ったら‥

流行の後半期(2月~3月とか)で『B型』が流行る‥というように、

後発で、違う型が流行としてクルんだそうです。

いやはや‥

💉 どうすれば良いのか?

では、どう対策すれば良いのか?
かっこんが予想させて頂くと…

➡ インフルエンザ予防接種を『冬シーズンに2回する』のがスタンダードになる。

‥というのも・11月に予防接種を受けると、3月には予防効果がキレちゃうらしいのです。➡︎3月あたりにインフルが猛威をふるうのは、この原因もあるそうなんですよ。

しかし、1シーズンに2回も予防接種をするのは

  1. お金がかかる
  2. 手間がかかる
現実的じゃないです😂

ちなみに。
インフルエンザ予防接種を‥注射ではなく、鼻から吸引する『経鼻インフルエンザワクチン』というのが登場しているそうです。

メリット➡ 痛くない。注射よりも効果が長持ち

デメリット➡ 年齢制限あり2歳児~49歳。1回8,000円ほど。
経鼻インフルエンザ生ワクチン|ユアクリニック様より)

コチラも、まだ現実的じゃないなぁ…

💉 真夏にインフルエンザの謎

最後に余談となりますが‥今年の真夏。
『夏なのにインフルエンザにかかっている人が居る』‥というニュースを見たのですが‥そのとき、

『なんで真夏にインフル?🤔』
かっこん母:『南半球から来た人からうつったンじゃないの?😶』
『‥ンなわきゃないでしょ~🤔』

 
私の読みは浅かった‥

‥ということで、今回は以上です。

こちらの記事もどうぞ

Copyright© kakkon.net , 2019 All Rights Reserved.