【ざっくり解決💡】Google広告アカウントが使用停止状態というメールがきた【アドセンスとアドワーズ】

      2018/11/14

本日、目が覚めまして。朝いちばん。メールを確認すると、未明3:57受取りで気になる件名メールが目に入りました。

件名&出だし『お客様のGoole広告アカウントは利用停止状態になりました(費用が発生していないため)』

うわっっアドセンスで規約違反があったか!?


ドキドキしながら文面を読んでみると『広告費用が発生していないため』、とあります。

あれ?(おかげさまで)アドセンスの広告費は、発生してるけどなぁ‥?

あわてて再開希望メールを出す

Googleさん、間違えたのかナ?

『このまま放置すると、24時間以内にアカウントが停止する』と書かれているので、無思考状態で『アカウント再開おねがしゃす』とメールを送りました。

Googleさんにメール送信した後、なにか引っかかるものがあり‥同じ状態の方がいらっしゃるか検索したところ、以下サイト様で理由を確認。
「お客様の Google 広告アカウントは利用停止状態になりました」というメール|MacRuby

今回の件は、アドワーズの話なんだそうです

『そーなのか?』と思いつつ、いただいた警告メールをよく見てみると▼

あっっ、アドワーズのロゴが・・・

冒頭に『Google Ads』のロゴが貼ってあり、『差出人:Google Ads』とありました。

Google Adsさん、完全にごめんなさい。

『アドセンスで規約違反が見つかり、広告の掲載を停止された』というお話をよく見かけていたので、てっきり今回アドセンスが停止されたのだと早合点してしましました‥

あわてて再開希望の取消しメールを出す

Adsさんへ、すぐに謝罪メールを送信。
かっこん内容⇒ 先のメールは破棄で❗ 平謝。

するとAdsさんから2時間後に返信、
Adsさん内容⇒ 大丈夫、気にすんな。

は~、朝から焦った‥。

いや~‥、
でもヒトコト『アドワーズのアカウントを停止するよ』って書いてくださっていれば‥ね?

なぜ『Google AdWords』に登録していたか

‥というわけで、わたくし『アドセンス』と、さらに『アドワーズ』に登録していたのですよ。

『アドセンスの広告対策に、アドワーズを気軽に登録しちゃって良いよ』というサイトさんを多くお見かけしまして、『ホントに良いの?』と臆しつつ登録しておりました。

『Google AdWords』に登録した理由
アドワーズに登録した理由は『どのページでどういう広告がクリックされているか分かる』と知った為です。

ですが、イマイチ使い方が分からず・ほったらかし。そのまま放置しておりました。

忘れたころに、Adsさんからこんな警告メールが飛んでくるとは思っておりませんでした(ただ・登録してから、15か月も経過しておりませんけどね?)。

もしもこちらをご覧の方で、アドセンス対策のために『Google AdWords』をお気楽に登録しようという方、私のようにドキィィッとなるのでオススメしません(笑)

せっかくなので、最後に『Google AdSense』と『Google AdWords』の違いをザックリ解説いたします。

アドセンスとアドワーズの違い

Google AdSense

Google AdSense

アドセンスとは?
『Google AdSense』に登録申請し、許可がおりたサイトはアドセンスが用意した広告を、サイトに貼りつけることができる。

閲覧者に広告をクリックしてもらう + 広告を閲覧してもらえば広告料が発生し、指定の口座へ振り込んでもらえる。

⚠登録・維持など、いっさい無料。

Google AdWords

Google AdWords

アドワーズとは?
『アドセンスは広告料をもらう側』に対して、『アドワーズ』は広告料を支払う側です。

お店の経営者がアドワーズに広告料を支払い、広告を掲載・宣伝をしてもらうのが目的です。

⚠無料で登録することはできるが、一定期間・広告費を収めないとアカウントが停止される。

『Google広告アカウント』って?

今回気になった言葉『Google広告アカウント』

そのワードでざっと調べてみたのですが、Google公式・私的ブログいずれも言及しているページは見つかりませんでした。

『Google広告アカウント』=『Google AdWordsアカウント』と理解してよろしいのですよね?

うーーん。
わざわざ日本語に訳したり、英語をそのまま使ったり‥ややこしくないですか?😅
もっと用語を分かりやすくしていただけると、助かりますよ。

では、今回は以上です⭐️

こちらの記事もどうぞ

 - 知ってて便利な覚書き