【新旧ジーク対談に神光臨!!】キルヒアイスのイゼルローン訪問記・新旧スタッフの想いを知る‼

      2018/06/18

キルヒアイスのイゼルローン訪問記

今回、完全にネタバレ内容となりますので『これから見る予定』という方は、どうか今記事をご覧になられませんようお願いいたします。

『キルヒアイスのイゼルローン訪問記』とは、『ディノイエテーゼ』でキルヒアイスを演じられている梅原裕一郎さんが、公式テーマカフェ『イゼルローンフォートレス』を訪問される30分番組です。

かっこんが2018年5月に訪問した記事はこちらからどうぞ‥【銀英ダイニング】イゼルローンフォートレスへ行ってきましたよ(感涙)‼【その➀ 店内編】

さて、ドキドキワクワクで番組を拝見いたしまして‥期待以上に濃い内容かつ・楽しいお話でした✨
既にご覧になられた方が『番組内容を回想できるように』今回の記事を作成いたしましたので、皆さんで一緒にニヤニヤしましょう😁‼️

梅原ジークご来店

冒頭、イゼルローンフォートレス前の交差点を歩く梅原さん。

梅:『現在、イゼルローン回廊を歩いているんですが…

『イゼルローンフォートレス』=イゼルローン要塞なので、その周辺はイゼルローン回廊なわけですね(T▽T)❗️
字幕にも『イゼルローン回廊』と表示されてます(笑)おもしろいィ!
(フォートレス=要塞、という意味だそうです。いま知りました😅)

そして、番組ナレーションがノイエテーゼの本物の方ですね‼️(笑)

お店に入られた梅原さん。
梅原さんが着席されたお席がなんと、私たち家族が訪れた際にとおして頂いたテーブルでした。感動(T▽T;)

『いま・僕はここに居ますね』と、壁面の星系図の中にある『イゼルローン要塞』を指差す梅原さん。私もソレやりましたよ。

『御着任、おめでとうございます』と梅原さんに頭を下げられるのは、店長のシュトックハウゼン長谷さん。『シュトックハウゼン‥』とつぶやく梅原さん(笑)

私の訪問時に、この方が店長でいらっしゃるとは存じ上げず‥、
フロアマットの向きを変えて頂いちゃって写真撮影させていただいたり、息子に話しかけてくださったりしました。その節はお心遣いを頂きありがとうございました😊

梅原ジークご試食

まず梅原さんに運ばれてきたメニューは、
『同盟艦隊のトールハンマー攻め』

店:『お席でトールハンマーが発射されます、射程外までお逃げください
梅:『どこまで来るんですか(焦)』
…このリアクション、わかります(笑)

店:『それでは提督も一緒にファイエル、とお願いします。』
梅:『ファイエル❗️(イケボ)
こちら、梅原さんの貴重な『初ファイエル』なのだそうです。

同盟艦隊を召し上がられる梅原さんを見ながら、私の息子が、

息子:『これ、めっちゃ美味しかった❗️自分・一人で食べちゃったんだよね』

かっこん:『そーだね‥(T▽T)』
そのエピソードはこちらから‥実食編

続いて運ばれてきたのは『ジークカイザーサラダ🥗』

店:『わたくしが黒胡椒をおかけいたしますので、胡椒はもういいよというところで、大きな声でジークカイザー❗️とお願いします。』

店:『言わないとずっとかけ続けますからね?』
梅:『ハハハ、激辛になっちゃいますね(笑)』

巨大なペッパーミルを一捻りするだけで、けっこうな量の胡椒がでます(笑)

『まだいいかな‥』と、かなり粘る梅原さん。
かなりの量の胡椒がかけられたところで…

ジークカイザー‼️(イケボ)

おおっ❗️ジークによる『ジークカイザー』😭これは貴重ですね✨

梅原さん、一口召し上がって…
『胡椒の量がバッチリですね。良いタイミングでジークカイザーできたと思います✨(キリッ)』

二口めを召し上がって…
あまりの辛さにむせてらっしゃいました(笑)

続いて『キルヒアイスにちなんだお飲み物』をお出しします…という、シュトックハウゼン長谷店長。

『つけこむ隙も逃げ出す隙もないキルヒアイス(ブラッドオレンジのゼリーを敷き詰めたピーチ系の爽やかなカクテルにアイスをのせて。)』が運ばれてくるのですが‥そちらを持って現れたのが、

広中ジークご来店

なんと広中雅志さん‼️‼️
アニメ版キルヒアイスの髪色そのままの色のスーツをお召しになられてます(笑)

恐縮する梅原さん。
広中さんは『キルヒアイスの特番をやるというから』駆け付けてくださったそうです‼️

広中さんは『もしも彼の声をまた演じることができるなら、ほかの仕事を断ってでも駆けつける』と公言されていることを本当に実行してくださいました❤️
実現して下さった制作者の方に、ファンとして心から感謝いたします。

プロージットで乾杯されるお二人。
『梅原さんは、“梅ちゃん” でいいかな?』と人懐こくお話ししてくださる広中さん。
広中さんって、普段の地声はナレーション業の時とはまったく違うんですね‼️😳

この時の撮影は2018年の4月中旬だったそうです。
『収録はどこまで進んでるの?』という広中さんの問いに、『佳境まで進んでますね』という梅原さん。
ファンとしては、最後まで行けたのか否かとても気になりますよね。
ぜひ完走して頂きたいのですが…。

現場の雰囲気は?

梅原さんいわく、ディノイエテーゼの現場は『背筋を伸ばすような緊張感』があるそうです。

広中さんの当時のアフレコは、途中からブロック撮り(声優さん個別の収録)になったそうです。

それに対してディノイエテーゼでは、全員集合しての収録(純撮り)とのこと。
『(今は)分かりやすくていいね(笑)』という広中さん。
当時は苦労されたんですね。

広:『当時は、まったくどういう話か分からないで帰られる声優さんが多かった(そのシーンだけの撮影なので)』
とくに同盟側のストーリーは分からなかったそうです(これは広中さんのことなのかな?)
キルヒアイス役をやられていらっしゃる方が、同盟側の動きまで考えてお仕事できませんよねェ(笑)

梅原さんは『アフレコに参加してない話もあるので、原作を読んで補完して…』という努力をされているそうです。全体の話は把握していらっしゃる、と。

広:『石黒版は見て入ったの?』
梅原さんは配役を受けてから、石黒監督ver.をチェック開始されたそうで‥まだ石黒ver.全部を見切れていないそうです。長いですからね(笑)

梅:『いちおう、キルヒアイスが出てくるところまで…』
広:『出てくるところまで(笑) 意味深なコトバだね(笑)』

旧作スタッフとしての想い

広:『IGの郡司さん(郡司幹雄さん/Production I.G)にもお手紙を書いたんですけど』

広:『イロイロ言われて当然だと思うんですよ。どっちがああだ、と言ってくる人が居ると思うんですよ。でも言うということは興味を持ってくれているということ。

広:『これだけ大きなプロジェクトになっているということは、僕らもワクワクするし。だから(多田監督版スタッフは)、良い緊張に替えてやってくれれば嬉しい。』

★わたし、こちらのお話を伺ってビックリいたしました。
広中さんですら、こんなにも賛否両論を心配なさっていたとは‥。

広:『見ていて決定的に違うのは、戦闘シーンは違うな‥って。前のボレロを使ったなんとも素朴かつ優雅な戦闘っていうのも味があって‥。』

梅:『石黒版と多田版で見比べて意見を言ってくれるのは、それだけ銀英に対する熱意があるんだな、と思いますね。』

★広中さんは、『戦闘シーンのBGM:ボレロ』に強い思い入れをお持ちのようですね!確かに、戦闘に優雅さを感じるあの雰囲気は、キルヒアイス(ヤンも!)の戦場に一番ふさわしいですよね。

広:『三間ちゃん(三間雅文音響監督-多田版)はどうですか?』

梅:『 “両監督を比べていろいろ言う人が居るだろうけど、梅原さんにお願いした理由があるので自信を持ってキルヒアイスをやって欲しい”‥と、一番はじめにおっしゃられました』
梅原さんは、その言葉で自信を持つことができたそうです。

ノイエテーゼ音響監督の三間さんは、明田川さん(明田川進音響監督/石黒版)のもとでお仕事をされてらっしゃったそうで、新作に対して思うところがあるのではないか?という広中さん。(なるほど…)

広:『梅ちゃんいくつ?』
梅:『27です。』
広:『わか‼️』
あはは(笑)

広:『僕も堀川も、当時は(笑)劇場版のときで28くらい。現場で一番若かったね』
そりゃ、新進気鋭の若者2人が帝国のオジさん・お爺ちゃんに囲まれるハナシですもんね。声優さん側もそうなるわけですね(笑)

梅原さんも、現場では一番若いそうです。

広:『この間オンエア見たら、子供時代(キルヒアイスの声)やってないね?(自分は)子供時代やったよ?』

梅:『僕らもやるべきだったんですかね?(笑)』

広:『まてぇ〜( ←少し子供口調で/笑)』
私も思いました、子ども時代はやらないんだ~と(笑)

梅:『キルヒアイスを演じるにあたり、一番大切にしていたことは?』

広:『僕は『ある理由』から、一期の終わりからしばらく出ないことがあって…(笑)』

梅:『(失笑)…とある理由で(笑)』

広:『で、最後には外伝でたくさん出させてもらったんですけど。』

広:『(ブランクがあったので)大丈夫かな?とスタジオに入って、キルヒアイスの絵を見て‥ジークの持っているブレないストレートな気持ちで入ることができたので、素直に入ればいいかな?って。』

広中さんのおっしゃること、とても伝わりますよね。
キルヒアイスの普遍的な存在感。顔を見れば安心するかんじ(笑)。
広中さんご自身も、ジークの存在に癒されて?いたのではないでしょうか。

ここで特別メニューが到着。
『トマトソース焼き バルバロッサ添え』
トマトソースをパン(誰が見てもバルバロッサ)につけながら、お召し上がりくださいとのこと。

梅:『美味しいですか?(イケボ)』

…等やりとりしている間に、どなたか来店されましたよ。

田中神 光臨

スペシャルゲストが登場‥

田中芳樹神じゃないですか‼️
田中先生もキルヒアイスのカクテル🍸をお飲みになられてます。

私が利用させて頂いたテーブルに、田中神・広中さん・梅原さんが着席されている…(゚Д゚;)ガクブル)

マジでヤバイです

主人のカバンを置いていた場所に、田中先生が座られたとは!?
このことを知った息子、

息子:『勿体なかったね』

オマエ‥いつからそんな感想が言えるようになったんだぃ‥(T▽T;)
いや・それでもかっこん冥途の土産ですわぃ‥

取り乱してすみません。話を戻します。
田中先生もイゼルローンフォートレスのメニューには、感心されてらっしゃるそうです。

広中さんは、田中先生の原稿の話題へ。
広:『可愛らしい字ですね。』

田:『小学生の作文の字だと言われます。』
私もビックリいたしました。田中先生の書かれる字は、丸文字で可愛らしいのですよね。この書体で、あの銀英を書き上げられたんですね😳アルスラーンも創竜伝も!

広:『田中先生は(各ジャンルの制作スタッフへ、自分の作品を)お任せしたので、一観客になります…というスタンスでいらっしゃると伺うのですけど?』

田:『ぼくは歴史小説を書くわけですけど…歴史という原作を、作者が勝手に自分の解釈・意見で書いて、ノンフィクションをフィクションにするわけですね。』

田:『自分のやっていることを考えると、アニメの方にはアニメに、劇場の方には劇場に。それぞれの方達の考えていらっしゃる銀英を存分にやって頂きたいと思っております。』
(『思う存分』という👆を聞いて真っ先に藤崎先生を思い浮かべたかっこん)

こういう田中先生の冷静な自己分析、ヤンのイメージさせますね!

田中先生の創作方法

『もう一つだけいい?』と広中さん。

広:『先生の大勢の登場人物たち、途中でワケ分かんなくなりませんか?』

田:『ハハ(笑) あれは不思議と必要な時には思い出しますね〜。』

広:『途中からキャラ(のせい)で話が(予定から)変わっていったりするんですか?』

田:『どう言ったら良いのかな…』

田:『東京から大阪まで鉄道で行くとして、まず東海道線で行くのか?中央線経由で行くのか…というのを決めて話を進めるんですけども、風景を見ていて、ココ面白そうだと思ったら予定ではなかった駅に降りたり…』

田:『最後には目的地にちゃんと着くんですが、そこまでのコースはいくつもコースがあるという感じです。』

梅:『登場人物は、ラインハルトから最初に作るんですか?』

田:『銀英伝の場合はラインハルトから考えて、その『鏡』みたいな感じでヤンを作っていきました。』

『キルヒアイスの出方ってすごいですよね…』という広中さん。
おそらく、キルヒアイスの途中退場についての件じゃないでしょうか。
ネタバレになってしまうので『キルヒアイスの存在意義』に言及できなかったようですが‥、ぜひぜひ田中先生のご意見を聞きたかった‼️

メニュー提案

店長が、メニューの提案をお願いします…ということで色紙を差し出されました。この時・卓上にはケーキが🍰(アンネローゼのケルシー(巴旦杏)ケーキ ですよね)。

広中さんの提案は‥
外伝に出てくるキルヒアイスがラインハルトに買ってきたお土産の『フランクフルタークランツ(バームクーヘン)』。
フーバー夫人のコーヒー添え☕️。

田中先生の提案は‥
『キルヒアイスのわんこそば(逃げ出すスキもつけいるスキもない)

かっこん&息子:ぎゃははは(T▽T*)

先生、絵がかわいい!!(笑)
シュトックハウゼン店長、絶句して読めなかったという(笑)

田中先生:『ドイツ風🇩🇪ばかりでは面白くないかなァ、というアレですけども‥』

先生ェェ(T▽T*) 面白すぎてイイんですかぃ!

番組の最後、『帰りたくないなァ』という甘え口調の田中先生(笑)
田中先生もイゼルローンフォートレスの居心地に大満足されていらっしゃるようですね(^-^*)

梅原さんと『収録がんばってください』とお別れされ、番組は終了。

なんという濃い30分番組だったのでしょうか。
満腹です、ご馳走様でした。

シュトックハウゼン長谷店長‥!?

まとめ

視聴者としてはノイエテーゼのお話メインかな?と思いきや‥、

石黒ver.サイドのお話を存分に聞くことができ、とても嬉しいですね。旧作に携わった方も、ワクワクされているんだと。ファンとして、それはとても嬉しいですよね。

制作スタッフの皆さまが、旧作信者が新作のアンチと化してしまうのでは?と恐れらいらっしゃるようですが‥

そもそもが『多様性を認めよう、価値観が違ったとしても平和的に共存しよう』というのが銀英のテーマ‥ですよね。
争うことは愚かだ、と古参ファンであるほど深く理解していると思うんです。

ですので、私はそんなに心配なさらなくて良いと思うんです。
節々で『旧作へのリスペクト』さえ感じられれば‥(←老害がウザイこと言ってるかな?)。

『DieNeueThese|ディノイエテーゼ』=直訳で『新しいテーマ』という意味なのだそうですね。

私は『新説』と解釈してます。ということは、旧作を忠実になぞる意味が無いんですよね。
新鮮な銀英を純粋に楽しませて頂きたいと思います。

スタッフの皆さま、期待しております!
銀河英雄伝説 Die Neue These

余談:コレだけ言わせてください!
ムライの声に大塚芳忠って、痺れます・そのセンス!!!!!!!!!!大塚芳忠さんなんて、シェーンコップでも良いくらいですぜ?(笑)
タフなムライを堪能させて頂きます!

 - 銀河英雄伝説