【ヤン初登場】フジリューver. 銀河英雄伝説第2巻【ネタバレ感想】

      2016/08/02

フジリューver.銀河英雄伝説第2巻が2016/5/19に発売されました。

ヤンジャン 銀河英雄伝説 特設サイト

いま初めて見たのですが、2016年5月現在のヤンジャンのトップページ(PC ver.が凄いのでPC起動してください❗️)が、ヤン&水着グラドルですね!!!シュールです!…こんな場面が見れる時代が来るんだから、長生きするモンですなぁ。思わずスクショ保存しましたわぃ。

今回の第2巻発売は、当サイトに『銀河英雄伝説 第2巻』の検索ワードでいらしてくださったため、発売日が近いことに気付くことができました。本当にありがとうございます(^^;

前回の第1巻の感想も、想像以上の方にご覧いただきまして。恐縮です。今回も催促されるかのように『第2巻 感想』で検索をかけてくださっている方が多数いらっしゃいまして。2巻も、はりきって参りますね★

注*漫画を読むにあたり、原作との読み比べをしておりませんので、公式設定との対比がおろそかです。ヌルいファンで申し訳ありません😅
(取り急ぎの更新ですので、これから時間をかけて体裁を整えます。文章・誤字脱字が著しくお見苦しいことをご了承ください)

第2巻の表紙は…

表紙はあえて、ネットで調べずに店頭で見ました。書店で思わず『…おおっ!、』
20160519-01
今回の表紙はヤンですねぇ。印刷が鮮やかで、とてもキレイですね。加工が相変わらずカッコイイ。

今回の第2巻は、内容的にはキルヒアイスの表紙が良いような気もしますよね。で、イゼルローン攻略メインとなる?『第3巻』でヤン表紙の流れとか。(…今回がヤンとなると、次巻はジークでしょうか?)

20160519-02
オビを取るとこんなかんじ。挟まれていた『5月の新刊案内』にもヤンが。…このヤン、遺影っぽいカンジで私はちょっとなぁ。序盤の同盟は、もっと能天気なムードでやってほしいですよ!

前巻の感想を3行で

ミューゼル家
洗濯機は
2層式

では、第2巻感想を

フーゲンベルヒ伍長のエピソード、良かったですね。銀英は、過去にちょっとでも不正をするとソッコーで死亡フラグが立ちますよねぇ…。さて、伍長の運命は?

BIII(ベードライ)基地、辺境の星ながらも、さすが帝国の基地❗️豪華でカッコイイ(辺境にもしっかりお金かけてます/笑) と、妙に感動しちゃいました。

上官を『部下の素質があるか否か』の目で見るラインハルト様。『ヘルダー大佐はお役に立てそうにない』彼はいつだって『上から目線』です。

伍長の酒の誘いに、照れながら『未成年だから…』とお断りするラインハルト様。突然の萌えサービスシーンですね。

『かくも腐りきった わが帝国が まだ滅んでいないのは奇跡だな
俺が同盟軍なら10年でやってみせるんだが』
『同盟は同盟で何か問題があるのでしょう』…お互いに腐りきってるから泥仕合いなんですよね😅 ラインハルトの2週目プレイは、同盟からスタートして何年で銀河を統一できるか?を見てみたいですね😁

ヘルダー大佐により、BIII(ベードライ)基地から500㎞地点で燃料切れで遭難してしまう。

『キルヒアイス お前は死に場所に望みはあるか?』という問いに対して、ジークの表情に特別なコマはありませんでしたね。サラっとしてました。藤崎先生としては、どこまでの意味を持たせたかったのかな。

遭難4日目にして、同盟軍と相対。敵が来て嬉しいラインハルト様。

それにしても、キルヒアイスの表情とリアクションが若々しくて笑ってしまいます(笑) でも良く考えると、15歳ならば当然の対応なんですよね。

『ラインハルトが初めて同盟と戦ったのは、生存するためであった。』といちいち注釈のように出たのは、好戦的=好きこのんで人を殺したいわけではない、という難しいライン引きなのだと思います。なかなかビミョーなのですよね。一歩間違うと殺人鬼なんだよなぁ、ラインハルト様(^_^;

伍長はご丁寧に、戦車内の武器を減らしていた。情けで少しは残してくれてたらしいですね。
『ブラスター』、古風で優美なデザインですね!

『戦場の摩擦』予測不能な事態。この発生をいかに抑えるかが重要だと。このワードが後にフラグになりました。

『お前の考えなどお見通しだ
俺に人殺しをさせたくないと思っているな?』…のコマ、覚悟を決めているラインハルトの表情がカッコイイですね。

アンネローゼを救うために、数万人単位で命を奪う覚悟はすでにできていると。

とはいえ、人生で初めての『殺人』。
キルヒアイス一人には背負わせず、『何でも半分だ』と一緒に引き金をひいた。

同盟の寒冷地用装甲服に対して、帝国のソレは『宇宙人』的ですね(T▽T) コレをメルカッツも着てたりするのかな〜💦

15歳の自分たちに狼狽える同盟軍に対して高笑いするラインハルトを見て、ドン引きするジーク。フジリューの銀英の醍醐味はコレですね、ラインハルトにドン引きするジーク(笑)❗️

ところで…ラインハルト様たち、防寒ヘルメット的なモノ装備しなくても寒くないんですかね?キラキラした人達はそんな無骨なモン、身に付けないンですかね?😂

殺人二回目はもう、容赦ないラインハルト様。さすがです。末恐ろしい。

医療用の液体酸素の説明コマの帝国軍人がメチャメチャ貴族カット。コレが帝国軍人のテンプレというのか⁉︎

一瞬で4人を凍結させ、同盟殲滅。遭遇戦は3時間で終了。

同盟の戦車から、食糧をゲット。ラインハルトを横にがっつくジーク。
そして一言、『しかし同盟の食べ物はなんだか大味ですね…』そりゃ〜そうでしょうとも。

チシャが入っててヤダーなラインハルト様。チシャとは、レタスの類だそうです。

伍長はしょっぱなから死亡フラグ立ちまくりだったので、逆に助かってくれないかな〜と思っておりましたが、ダメでしたかー。ヘルダー大佐は禁句を発言したため、完膚なきまでの『消滅』でしたね。南無なむ。

カプチェランカ編のオチとしては、大佐クラスが行方不明だというのにお咎め無しで、ましてラインハルト達は昇進ですか…公爵夫人の陰謀事態を揉み消すための目眩しなのでしょうか。

…というところまでで、13話終了。

アンネローゼの命をロコツに狙うのは、以前まで皇帝に愛されていた『ベーネミュンデ伯爵夫人』。ノイエ・サンスーシにおいてアンネローゼを守るのは、アンネローゼをスカウトしたコルヴィッツ子爵。グリューネワルト伯爵家の執事をしていると。

サンルームでキルヒアイスとアンネローゼが対話していますが、アンネローゼ様の儚さは、鳥カゴの中の美しい鳥をイメージさせましたね。

珍しく感情をあらわにして『ラインハルトが心配だ』とキルヒアイスに訴えるアンネローゼ。こんなアンネローゼ様は本当に珍しい。
『弱音を言ってごめんなさいね ジーク…どうか許してくださいね…』
コレが、フラグとなるのですよね。
『あなた以外に頼る人はわたしにもいません…』

次の任地へ旅立った2人。…わたくし、以前から疑問だったことがあります。

軍の上層部から『金髪のコゾウ』と嫌われていたのに、何故ご丁寧に『キルヒアイスと仲良く同じ任地』にしてあげていたのか?と。

それが今回ようやく納得できました。アンネローゼが皇帝に口添えして頼んでいたというのです。そうだったんですね。

ココで舞台が変わりまして、同盟首都星ハイネセン。
おお、アルテミスの首飾りがありますね⭐️(後々を思うと、なんかもう・あの存在はギャグだなぁ…)

わぁ、ユリアン可愛い❗️初登場時から大物扱いするのですね。

でた!『アーレ、ハイネセン❗️』
かっこん家では、両手を開いてこのワードを叫ぶことで『ハイネセンの巨像』を意味してます。

やっぱりハイネセンの首都にはハイネセンの巨像がデデンとそびえていないとね…(コレって公式設定でしたっけ?)

トリューニヒトが想像以上に胡散臭いです。ココまでのルックスにしちゃいます⁉︎(笑)

ユリアンの生い立ち。私もwikiで後から見て理解したのですが、父親がハイネセンと同時に脱出した『名門』。母親がつい最近の『亡命者』たったそうですね。ってことは、境遇的にはローゼンリッターに入隊する素質があったのかな。

『捨て猫だ!しかもなんという捨て猫の風情』って(笑)
ネコ&ユリアンは、アニメを踏襲するんですね⭐️

ゴミに埋もれて初登場のヤン・ウェンリー。だけどカッコイイです‼️

どうしましょう皆さん、フジリューver.のヤン、(ベレー帽が無いと)めっちゃカッコイイですよ⁉️

『今日からここが きみたちの家だ』
って、見たとこゴミ屋敷ですけどね⁉️…と、私たちにツッコませたいんですよね?、藤崎先生??

同盟の家は簡素ですねー(T▽T)
塀が透明な素材。

この人はまた…なんでこの生活の中に他人を迎え入れようと思ったのか…。

リモコンをど〜にか一つに統合する技術は無いものか同盟ッ(T▽T)

同時に入居するネコの名前はソッコーで『元帥』に決定。

『リモコンは100均のラックに収納しておきました!』さすが同盟、100均の文化が遺ってましたか!

元帥の移動はルンバ。爆走です。

さて、続いてイゼルローン攻めのお話に進みます。

統合作戦本部ビルが凄すぎィィ❗️(T▽T)コレを見るだけでも2巻を手に取る価値がありますね(笑)建築技術は帝国に負けてるわけではないようですね?

ヤンが歩く時の擬音が……っっ❗️
『ドラえもん』系のキャラもんレベルなのですが……っ❗️
もしかして、ヤンが歩く時の音は全編コレで行きますか⁉️

「あれも参謀様の一人…エル・ファシルの英雄…ヤン大佐だ」
「あんなのが⁉️」←分かりやすくてとっても良いコメントですね

キャゼルヌ登場。当時33歳。(ヤン27歳)うわぁキャゼルヌ先輩、キリッとしたイケメンですね❗️しかしわたくし、キートン山田ボイスで脳内再生されてます。もちろんヤンは富山敬ボイスです。

トゥールハンマーの再現シーンのコマが⭐️パリパリ、ドン。

「おそらく我が軍はまた負けるでしょうね」負けフラグを立てて2巻終了。ラストの見開きは、ページ余りなのかな?(^_^;

2巻の総括

2巻までで、まだ艦隊など宇宙空間のカンジは見ることができておりませんので…お楽しみは次巻に持ち越しですね。

キャゼルヌ先輩が、まさかのイケメンキャラで登場するとは意外すぎました。私のイメージは完全に『やつれたオジさん(前線支援のため、酷使されてる)』ですよ。あれで子供が2人居るのか…

キャゼルヌがアレでしたら、シェーンコップが楽しみだな〜⭐️

次巻は2016/8/19に発売予定だそうです。期待して待ちます❗️

 - マンガ関係