👁👁『朝のコンタクトが入る確率』を高める方法は無いか?【充血を取る!】

      2018/11/25

コンタクトが『どーしても入らない日』ってありますよね?

『いま急いでるのにィ(T▽T;)』と焦っている朝にかぎって、コンタクトを入れた目が『シクシクと痛い』ときがあります。

『なんでシクシクするのだろう?』と鏡を見てみると、白目に太く血管が浮かんでいる。そりゃあ・コンタクトで痛むワケですね。

原因は『瞳👁の充血』

そもそも『目が充血している』とはどういう状態なのでしょうか。

目の充血の仕組み
充血とは、目の炎症や疲れなどが原因で、目の血管が膨らんだ状態のことです。目の血管は普段は細いため、外からは目立って見えないのですが、血管が膨らむと目立つようになり、目の表面が赤く見えます。

目の充血の仕組み|参天製薬株式会社

充血の原因は、

  1. 目の炎症が原因(ゴミ・アレルギー)
  2. 目の疲れが原因』の2タイプに分類され、

➁疲れが原因の場合は、

身体と同じように、目も疲れてくると、回復のために酸素や栄養を多く必要とします。そのため、酸素や栄養をたくさん運ぼうとして、目の血流量が増えて血管が膨らみます。

目の充血の仕組み|参天製薬株式会社

『目の血流量が増えて血管が膨らむ』という理屈は分かりました。

疲れていて、眼球の酸素&栄養が足りないと。

では、どうにか解決できないか?

薬局へ行ってみた

久々、ドラッグストアの目薬コーナーを見てみてビックリ(゚Д゚;)いたしました。

充血対策の目薬のラインナップがすごい!!!

皆さん、ご存知でした? 私は知りませんでした‥どの目薬も、『充血に効く』という力強いキャッチコピーなのです。

ちょっとご紹介。
※現在のかっこんのイチオシ

▼ 有効成分が瞳の組織代謝機能を促進し、目の疲れに優れた効果を発揮します。
また充血クリア成分「塩酸テトラヒドロゾリン」配合で、疲れ目等により起こってしまった充血にも効果的です。

▼ 4種類の有効成分を最大濃度配合。ピント調節機能を活発・目に栄養を補給・組織代謝機能を促進。つらい眼疲労改善に特化した目薬。

▼ コンタクトレンズ装着で使用可。目の疲れに効く3つの有効成分最大濃度で配合。目の新陳代謝を促進するビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩)、毛様体筋に作用し
て目のピント調節機能を改善するビタミンB12(シアノコバラミン)とネオスチグミンメチル硫酸塩を配合。清涼感のある、すっきり爽快なさし心地。

▼ スマートフォン、パソコンなどによる目の疲れ・炎症に。
デジタル機器から発せられるブルーライトを研究し、その対策を詰め込んだロート目薬「デジアイ」。
ピント調節筋に作用し、凝り固まった疲れをほぐすネオスチグミンメチル硫酸塩を配合。 さらに角膜のエネルギー代謝を促進し修復を促す FAD※1(活性型ビタミンB2)も配合。濃い黄色い薬液には、さまざまな想いがつまっています。デジタル時代の目薬がここに完成しました※こちら、気になります

▼ 充血とって澄んだ白目に。疲れ目にも効果。即効 白目クリア処方+※代謝力促進※かっこん使用してました

▼ スマイル40 プレミアムは、年齢や目の酷使などによる「つらい眼疲労」「目のかすみ」に効く10種類の有効成分配合の眼科用薬です。吸着性ビタミンA最大量配合。角膜の修復・涙の安定化を助けます。

▼ コンタクト着用で使用可能。目の疲れ、コンタクト装用中の不快感、目のかゆみをしずめる目薬です。

試してみた

朝、コンタクトを入れる前に『充血対策の目薬』をさせば、浮いている血管が引っこむハズ。そうすれば、コンタクトがスッと入るハズです。

でも・1つギモンが。

コンタクト用じゃない『薬液が瞳に入ってる状態』で、コンタクトを入れるのはマズいんじゃないか?

適切な時間があるはずです‥調べてみると、参天さんに答えがありました。

Q. コンタクト用ではない目薬をさしたいのですが、点眼した後すぐにコンタクトレンズを付けてもいいでしょうか?
A. コンタクトレンズ専用ではない目薬をさしたときは、5分もしくはそれ以上時間をあけてからコンタクトレンズを装用ください。

目の充血の仕組み|参天製薬株式会社

(理屈:5分以上経過して、薬剤が角膜・結膜上に存在しなくなってからレンズを装用する)

余談ですが:就寝前の点眼も、同じように‥寝る5~10分前までに点眼するのが望ましいそうです(よくあるご質問|参天製薬)

‥了解しました、やってみよう。

私は朝『洗顔~化粧水~お化粧』の時間が10分ほど。

そして私はいつも、お化粧をしてから締めにコンタクトを入れているので‥洗顔前で👁点眼すれば良いワケですね。

※できれば、もっと早い段階で点眼しておけば、👁血管も落ち着くと思います😅

最近・薬局で購入してきた目薬がコチラです。

サンテメディカルアクティブ


夕方になって、目のピントが合わなくなった人向けと聞いて思わず購入です。

こちら、1滴が小さく出て狙いやすいです❗
1滴が大粒だと、瞳周囲に落ちて『皮脂』を瞳に連れてきて沁みませんか?(笑)そんなことになってるの私だけかい?(^^;)

狙ったところにポチッと落ちるので、扱いやすい。さし心地は、ちょい沁みる感じ‥効いてる感が(笑)⭐️

結果、どうだったか?

出かける支度を始める前に『充血対策』の点眼する‥という生活をして、じつは既に2か月経過しております。

結果、どうか?

それでもコンタクトが入らない日は、たまーにあります

たまにありますが、何もしなかったときに比べて、入る確率が上がった気がします。

なにより、点眼の習慣がつきました。
本来ならば朝・昼・夕・晩の4回で点眼すると良いのでしょうね。

今回の記事を機会に、もっと積極的に点眼の習慣をつけようかと思います。
皆さんも私と一緒にいかがですか?

余談ですが:
『コンタクトレンズが外れにくい時はどうすれば良い?』という疑問にたいして、参天さんの回答は『コンタクトレンズ用目薬を点眼し、軽いまばたきを数回繰り返すと外れやすくなります』とのこと。できれば、コンタクト用の目薬がいつも手元にあると安心ですねぇ。

👁👁コンタクト装着時の目薬はこちらです
▼ アイリスCL-Iネオは、タウリンを配合した涙液型目薬です。防腐剤の入っていない1回使いきりタイプで清潔に保管できます。⭐️常に携帯しておくと、出先で安心です!!!とくに旅先で何回も助けられました。

▼ ソフトサンティア ひとみストレッチは、目の疲れの大きな原因であるピント調節筋のコリをほぐすネオスチグミンメチル硫酸塩とビタミンB12の2種類の成分を最大濃度配合。組織代謝を促進するビタミンB6も最大濃度配合。
防腐剤は無添加なのでコンタクトレンズを装着したまま点眼可能。しっとりしたさし心地です。

▼ ソフトサンティアは涙液に近い性質を持った人工涙液で、涙液不足に伴う目のかわき・異物感などの不快な症状を改善。コンタクト着用で点眼可能。※以前に眼科から処方されました

👁👁目のトラブルで応急処置なら
▼ 抗菌アイリス使いきりは、四種の有効成分の働きにより、ものもらい・結膜炎の原因菌の繁殖を抑え、かゆみなどの炎症を鎮め、炎症で傷ついた目の状態を改善します。
独自技術を用いた製剤設計により、薬液が目の表面に長く留まります。個別包装なので保管も安心です。※ものものらいになったらコチラです。かっこん、何度もお世話になってます。

こちらの記事もどうぞ

 - 健康話:大人ver.