【🗝更年期対策】エクオールのサプリ比較してみた&1年半継続した感想は⁉【効いてる気が😃】

投稿日:2019-02-18 更新日:

『エクオール』のサプリメントについて記事にいたします。

なんと現在、私の手元には、エクオールのサプリが3種類あります

せっかくなので、比較してみますよ❗

💊 命の母を飲んでました

私はエクオールのサプリを継続して飲み続けて、かれこれ1年半ほど経過しております。

かっこん婦人由来の不調スペック

  1. 排卵前に体調不良になる▼
  2. ノドが腫れる、熱っぽくなる(冬は副鼻腔炎
  3. 排卵期&生理直前にとにかく苛々イライラする
  4. 月経直前には最強にヒステリックになる

生理周期の影響により、トゲトゲしいキモチになって荒れまくります。

自分でも分かっているものの、コントロールできません😅

対策として、『命の母ホワイト』を飲んでおりました。

私には、当帰芍薬散(とうきしゃくやく)があっているようで、飲んでいるとかなり調子が良いんですよ。排卵期の症状が確実に軽くなる。

ところが問題が。
『命の母ホワイト』は(私には)効くのだけれど、お高いのですよ。

30日分で4,000円かかるので、なかなかチュウチョしてしまいます。ついでに言うと、1日3回×4錠を服用するのもメンドイ‥😅

そこで命の母を『エクオール』に置き換えることができるのか?‥ためしに飲むことにしたワケです😃(エクオールは1日1錠で手軽)

💊 1年間、飲み続けた感想は?

さて、1年経過した結果は?
⚠ 私が継続して飲み続けたのは。リーズナブルな『小林製薬』と『オリヒロ』のエクオールです。

穏やかに、効いていると思います

 
✅ ヒステリックになる頻度は、確実に減りました。

『もう、ムシャクシャが止まンない😭』と情けなくなることは、極たま~に‥です(←コレは子育てストレスなど外的要因のせいだと思います、しゃーなし💦)。

✅ 熱っぽさ・ダルさには、あまり効いてない気が‥

排卵期の体調不良は、エクオールを飲んでいても相変わらずでヒドイです(泣)

🙄命の母とエクオールどちらが良い?

検索ワードで良く頂く質問があります『命の母とエクオール、どちらが良いの?』

『エクオール』は、女性ホルモンに似た働きをしてくれるので‥しっかり継続して飲むのならば、エクオールが良いでしょう。

‥ただし🤔、
エクオールを飲んでいても、どうしようもない排卵のイライラ・不調を感じたら、1週間だけ『命の母ホワイト』を飲めば良いのでは?‥と思います😄

では・つづいて、現在・販売されているエクオールのサプリメントを比較してみます。

💊 エクオールのサプリ

大塚製薬のエクエルのみが突出してお高く、続いてDHCも高価ですね。ほか小林製薬、オリヒロ、ファンケルは1,600円~1,900円と横並びです。

『価格の違い』は何の違いなのか?、簡単に見てみましょう

大豆イソフラボン含有量の比較

各社の『大豆イソフラボン含有量』と価格の比較をしてみます。

小林製薬 オリヒロ 大塚製薬 DHC ファンケル
イソフラ28mg
エクオ-ル量不明
イソフラ30mg
エクオ-ル1.5mg
イソフラ量不明
エクオ-ル10mg
イソフラ量不明
エクオ-ル10mg
イソフラ25mg
エクオ-ル量不明
1,778円 1,684円 4,048円 3,194円 1,615円

※① イソフラ=大豆イソフラボンの1日あたり摂取量
※② 価格はAmazonの購入価格(2019年9月時点
※③ 大塚製薬エクエルのみ1日4粒服用、他は1日1錠

価格差は、大豆イソフラボン(エクオール)の含有量の差のようですね

各社の違いを知ったところで、1社ずつ詳しく見ていきますね😃

💊 小林製薬


発酵大豆イソフラボン エクオール|小林製薬

小林製薬エクオールの特徴

小林製薬|1日1粒あたりの含有量
発酵大豆イソフラボン(エクオール含有) : 28.0mg|ブラックコホシュエキス : 12.0mg
|酵素処理ヘスペリジン : 31.3mg|テアニン : 25.0mg|粉末還元麦芽糖 : 97.0mg|結晶セルロース : 81.8mg|グルコース : 28.0mg|シクロデキストリン : 12.0mg|ステアリン酸カルシウム : 6.4mg|微粒酸化ケイ素 : 4.8mg

💊 オリヒロ


発酵大豆イソフラボン エクオール&発酵高麗人参|オリヒロ

オロヒロ|1日1粒あたりの含有量
発酵大豆イソフラボン 30mg(エクオール 1.5mg|大豆イソフラボンアグリコン 20mg|発酵高麗人参エキス末 15mg(高麗人参100mg相当|カルシウム 23mg|鉄 5.0mg|マグネシウム 12mg|ビタミンB12 2.0μg|ビタミンD 3.3μg|葉酸 120μg

💊 大塚製薬


エクエル|大塚製薬


エクエルの最大の特徴

  1. エクオールを産生する乳酸菌で、大豆を発酵させて作っている
  2. 合成・抽出・濃縮を一切行わない大豆発酵食品
  3. 1日の目安量4粒でエクオールが10mg摂れます

オリヒロは1日量が『エクオール1.5mg』とあるので、大塚製薬の『エクエル』は約7倍量を摂取することになります。エクオールの量が多い分、お高いということでしょうか。

⚠ エクエルのみ、1日量が4錠となります。ほかのサプリは1日1粒です。

💊 DHC


大豆イソフラボン エクオール|DHC

[S-エクオール]を、1日摂取目安量あたり10mg配合したサプリメントです。1日摂取目安量1粒。

【原材料名】大豆胚芽抽出醗酵物(大豆を含む)/セルロース、ステアリン酸Ca、微粒二酸化ケイ素

DHCも、エクエルと同じように1日量が『エクオール 10mg』とのこと。なので、エクエルに次いでお高い価格帯なのですねぇ。

💊 ファンケル


大豆イソフラボンプラス|ファンケル

吸収にこだわったアグリコン型の大豆イソフラボンをはじめ、健やかなバランスに導くアマニリグナン、気分の変化に働くGABA(ギャバ)を複合配合。

ファンケル|1日1粒当たり主要成分
大豆イソフラボンアグリコン:25mg(総イソフラボン…40mg)、GABA(ギャバ):26.4mg、アマニリグナン:7mg

💊 総括

今まで、なんとなく飲んでいたエクオールですが‥
お値段が月4,000円の大塚製薬・3,000円のDHCは、エクオール含有量が10mg。

1,700円ほどのサプリと比べて、
エクオールの量が約7倍であることが分かりました。お値段は2.35倍差。

うむ‥それを知ってしまうと‥、

飲む意味を実感するためには、ハイランクなエクオールを飲むべきなのか?

ありゃりゃ・結局、命の母ホワイトと同等のお値段になりますね(笑)

『ホットフラッシュ』など、深刻な更年期障害に悩まれる方は、エクオール10mgのエクオールサプリを。

私のような『更年期さしかかり世代』は、1,700円代の“なんちゃってエクオール(失礼か)”を飲むのが良いのかな?と‥思います。

コスパ的にはDHCかな🤔…楽天でしょっちゅう10%offもしてます

注意事項があります

最後に、エクオール注意事項を。

  1. 妊娠中
  2. 授乳中

‥は、エクオールを摂取しないようにとのことです。
女性ホルモンを疑似的に操作するのは良くないのでしょうね😃

さらに、Amazonの口コミを見るとエクオールを服用することで『不快感・動悸を感じる』方もいらっしゃるようです。

『私・あわないかも!?💦』と感じられたら、無理に続けないようにご注意ください😃

エクオール検査してみました

『かっこんはエクオールを作れているのか?』チェックしてみました。ぜひご覧ください❗

大変な体調ですのに、最後までお付き合いただいてありがとうございます😌‥お茶をどうぞ🍵

エクオールサプリが気になられる方は、まずは1ヶ月…そして2ヶ月、3ヶ月と続けてみてください。生理周期の体調に注目しながら。

…というわけで、今回の記事は以上です😃

こちらの記事もどうぞ

Copyright© kakkon.net , 2019 All Rights Reserved.