【ダニ対策➀】子供部屋でダニ発見(泣)本気対策スタート!!!【寝室アースレッド・バルサン】

      2018/06/14

記事にリアルなダニ画像は無いのでご安心ください、ただエピソードはリアルです(T▽T;) かっこんが新築でダニ発生に泣き、駆除に乗り出す話です。

そもそものキッカケ

まずはダニ発見のお話から始めます。

とある6月最初の土曜日、その日は息子の運動会でした。
息子の参加競技の『次の時間』が2時間後だったので、『いったん自宅で休憩しよう‥』と帰宅。

帰宅途中の自宅を眺めることができる位置で、タラタラと歩きながら‥フト・子供部屋の窓が気になりました。

そういえば、こんなに天気が良いのに子供部屋の窓をあけてなかったな‥開けるか‥

自宅に到着し、荷物を置いて子供部屋へ。
窓を開けて‥そのすぐ横の壁‥なんとなく、真っ白な壁紙を見つめました。

すると、壁の上で何かが動いている気がしました。

(あれ‥??)

目を凝らすと、ものすごく小さな虫です。
見たことあるぞ!コイツは‥

(ダニ‥(゚Д゚;)!!!)

とっさにあわてて潰して(泣)、他にもいるのか!?と辺りを見回しました。
すると同じ一面の壁に、離れて3匹確認(T□T)!!!!!! 速攻つぶしました。

心あたりがありました

我が家は1周年を迎えたばかり、まだ新築と言ってよい新しさです。
なんでダニが!?と思いましたが、すぐに心あたりを思いつきました。

原因は2つもあります‥
子供部屋に以下の2つがありました。

  1. 7年前購:2年前から使わなくなったベビーベット(マットレス付)
  2. 2年前購入:シングルサイズの使い古したマットレス

捨てなきゃ、いつか捨てなきゃ‥と思いながらも、大型の廃棄物なので面倒くさく後回しにして、そのまま子供部屋に置いておりました。

この2つから、ダニが発生した確率がかなり高いのです。

6月からダニの大量発生時期
ダニは気温25℃、湿度60%で大繁殖をはじめるため、条件が整うと、ダニの成虫は 1 日に平均 2 個の卵を産むことがあります。ダニの繁殖力は大変強く、成虫になったダニはさらに卵を産むため、1 組のつがいが、2 ヵ月で約 3,000 匹にも増えることも。『アースレッド特設サイト・Danny』より転載

出現条件が整ったワケですね。

『とりあえず、今すぐコレらを子供部屋から出そう!!!』

と、主人と協力してなんとか運び出しました。

そして、床を掃除機掛け。
布団を干し、シーツカバー類を洗濯。

『これだけでは足りない‥アレをやらねば‥

突然の大掃除でヘトヘトで駆けつけ直した『運動会』が終了後、急いでアレを買いに行きます。

くん煙(煙・霧)剤、登場!

ドラッグストアで買い求めたものは『くん煙(煙・霧)剤』です。

バルサン
アースレッド

『バルサン』はゴキブリや他害虫が得意なようです。
『アースレッド』は使用場所を限定している『寝室・子供部屋用』があったので、購入を決定しました。
(商品についての細かい考察はまた別記事を予定しています)


アースレッド 寝室・子供部屋用

子供部屋は6畳×2部屋=12畳(ブチ抜き)に対し、こちらの製品は1個6~8畳用になので、

オーバーキル(過剰殺戮)で臨みます。

事前にしたこと

今回・行うのは『くん霧剤』です。
『煙』ではなく『霧』なので、火災報知器の心配はないそうです(でも直下は避けて)

事前にしたこと

  1. 掃除機かけ
  2. 24時間換気を停止した
  3. 部屋内はマットレスのみ(布団は撤去)
  4. カーテンも燻したかったので引いた

設置の注意

  1. 火災報知器の真下に置かない
  2. エアコン類は電源入れてなければそのままでOK

実施中にしたこと

  1. ドアを養生テープで目張りした※
  2. 運び出した家具をアルコール拭き
  3. 寝具を洗濯・天日干し‥掃除機かけ

※薬剤が1Fリビングまで漂ってきた為です。本来ならば『不在にすべき』なのでしょうが、在宅ならばドアに目張りをして完全封印するのをオススメします。剥がす際に壁紙などをいためないテープを用意して下さいね!

本来ならば『2階をやるならいっきにやるべき』ということです。ダニが安全地帯(アンチ)に逃げちゃうから?難しいですなー‥

やってみよう!

よし、用意はできた‥やってみよう


足で踏んで、踏んだのと『対面の斜め上にむかって』霧が吹き出ます。

かっこん、ビビって手で『パシッッ』と押しました。
押した瞬間から景気よく霧が吹き出ます‥あわてて部屋外へ退散。

1~2時間経過したら終了です。
まずはドアを開けて換気します。

なんとなーく気になって、壁を確認すると‥

マジですか(゚Д゚;)

壁の上で、1匹死んでいるのを確認しました‥やってよかった!!!!

終わってからの処理!

ここからが大事、ダニの死骸を排除する必要があります。
理由はハウスダストとして、アレルギー源となってしまうからです。


ダニの死骸を排除

  1. 床を掃除機かけ
  2. マットレス掃除機かけ
  3. 床をアルコール拭き取り
  4. 巾木&その真下を念入りにアルコール拭き

そうこうしているうちに、陽が落ちてきましたよ!!!
なんだか吸血鬼と戦ってるみたいですわ‥(笑)

ようやくベッドメイキング

洗濯し、天日干ししたばかりのボックスシーツをかぶせ、掛布団は掃除機をかけました。

ベッドメイキングは終了。
枕をどうやって干すのか?で悩みます‥ググってみますと、


↑ ‥よろしいですねェ(笑) やってみよう!

ダニ対策グッズがたくさん!

ドン・キホーテを覗くと、ダニ対策グッズがたくさん並んでいました。シーズン商品なのか?

(細かい商品展開は、別記事にてまとめます)
私が今回、購入してみたのが『おすだけダニアーススプレー 100回分』

こちらはダニを殺すのではなく、ダニの発生を抑えるものです。
なので、掃除仕立ての『ダニの数が低いタイミング』でシュッと拭かないと意味がない。

1か月に一度、ということなのでそれを習慣づけて大掃除できれば良いですね。

(↑ 頑張りなさいよ自分)

ふとんの上にシュッ、床の上にシュッ、ベッドの下にシュッ。(一畳に1吹き)爽やかなハッカのような香りです。

‥というわけで、

ようやく完了です。終わるころには陽が沈んでました(T▽T;)

今回・子どもたちを実母に預けての作業でした。小さな子どもがいると、大掃除もままならないですよね。

かっこんは本気です

かっこん、その日の夜になにやら購入したようです‥

別記事にて、紹介させて頂きます。
やるからにはとことんやりますぞ‥!

▼ダニ対策商品が豊富なので用途別にまとめてみました

 - 知ってて便利な覚書き