【7年に1度】善光寺御開帳2015

      2016/08/03

2015年は、長野市にとっては大きなイベントの年でした。
『北陸新幹線延伸(ようこそ、かがやき&はくたか!)』そして、7年に1度の『善光寺御開帳』です。

Q: 善光寺御開帳とは?
善光寺の御本尊「一光三尊(いっこうさんぞん)阿弥陀如来」は秘仏です。
通常の人がその御姿を見てしまうと、目が潰れてしまうとのこと…
そのため、秘仏である御本尊の御身代わりで「前立本尊」が存在されています。
前立本尊ならば、私達が拝見しても大丈夫であると。
そんな秘仏『代理』でも、いつも公開されているわけではなく、数え年で七年に一度だけお目見えされます。

Q: 回向柱とは?
前立本尊の右手中指から伸びる金糸が、本堂内で五色の糸にかわり、本堂を出て白い「善の綱」として、本堂外の回向柱に結ばれます。
前立本尊と繋がった回向柱は、如来さまの命を宿すとされ、回向柱の一面でも触れるとその善の綱を通して前立本尊に直接触れるのと同じ功徳が得られると言われております。
抜粋引用:善光寺公式

では、実際にはどんなかんじか記していきます。

入口です

この日訪れたのは4/12(日)。
開催の4/5(日)から1週間後です。
まだ、そんなには混んでいませんでした。
その後に再訪した5/30(土)に比べますと、道もそんなに混雑していませんし、駅前に駐車してバスに乗るのも苦労はしませんでした。

今回の御開帳は、意外とテレビで取り上げてもらえた気がするのですよ。ですので、後半ほど、かけこみ参拝がすごかったようです。
混雑を避けたい方は、4月中が狙い目だと思います。

大本願でソフト

善光寺は、天台宗の『大勧進(お貫主様)』と浄土宗の『大本願(お上人様)』で成り立っています…が。

普段はきわめてマジメな大本願の境内に…なんと、アイスクリームの出店が立ってるゥゥ!!!(◎▽◎;)←いつもお参りに行っている者からすると、意表を突かれて腰が抜けそう(笑)
今回、初めてなんじゃないですか?…な・なんだか盛り上がってますね…?

参道

気を取り直して、参道を歩きます。
この写真くらいの混み方は、最近の善光寺ではそれほど珍しくはありません。

聞いた話によると、回向柱の行列がMAXになったときは、行列の最後尾は1枚目の写真の信号のあたりまで達したそうです。2時間待ちしょうか?

ここでお得情報です。
参道の途中…右手に入って行ったところにも、小さな回向柱が立っています。

世尊院 釈迦堂

世尊院 釈迦堂の回向柱では、お釈迦様と結縁することができます。

世尊院

メインの回向柱は阿弥陀如来様。こちらは来世の幸せを願う仏様。
対して、こちら(世尊院)は現世の幸せを願う、お釈迦様です。

2本の回向柱に触れることで、来世と現世の幸せを約束していただけるのです。
世尊院は、知る人ぞ知る回向柱です。

では、回向柱へ。

さて・これからの写真&お話は、時間が変わります。

5/30(土)。最終日の1日前。かけこみ参拝です!
この日は御朱印を頂くために、早朝に出発。

早朝4:45に善光寺に到着しましたが…本堂の北側にある、一番近い駐車場『あやめ池』はほぼ満車。ギリギリ駐車できました。

お数珠頂戴

回向柱の行列はできていませんでしたが、何ですかこの行列は…
『お数珠頂戴』ですか!

Q: お数珠頂戴とは?
善光寺住職が、法要のために本堂へ向かう行き帰りに、参道にひざまずく参拝者の頭をお数珠で撫でて功徳をお授け下さる行事です。毎日の「お朝事(5:30~6:30)」の前後に行われています。
抜粋引用:善光寺公式FAQ

こんなに大勢、全員にお数珠あげきれたのかな!?…人垣がすごくて、見届けられませんでした(笑)

回向柱に着いた

回向柱について
回向柱に触れることによって御仏のご慈悲により極楽往生ができると伝えられています。
また、回向柱は「卒塔婆」を表し先祖の追善供養にもつながります。

卒塔婆の件、ご存知でしたか?
私も、美容師のRさんからカットしてもらいつつ今回、初めて知りました。「卒塔婆に似てるでしょ?」って。確かに似てますね。

回向柱に触れることで、親しい身内の魂と繋がれるのだそうです。

子供でも大丈夫

リーチが短ければウラに回ろう!
皆さん、両手をついて念をいただきます。
回向柱の裏手には、小さな子ども・お年寄りの方などが手を伸ばしやすいように設計されています。

ただ、警備員の方が一言も誘導されなかったのが不満です。
小さな子ども連れには「ウラにまわってください」など、積極的に声をかけて頂きたいです。真裏だなんて初見殺しですもの。

この姉妹の親御さん、この写真ほしいだろうなぁ…。万が一、いらっしゃったら差し上げたい(^_^)

今年のトレンド

地元ローカルニュースで…、
『ミニ回向柱を回向柱に押し当てて、念を入れる!』をされてらっしゃる方を見て、私もしたい!!と思ってしまいました。

早速、本堂から向かって右手にあります、授与品所で回向柱(小/¥1,000)を購入。

この日までに、中・大サイズは売り切れたそうです。景気よいですね!
購入を迷っていらっしゃる方がいらっしゃいましたが、こちらは記念として是非購入してお帰りになるべきですよ。
我が家では、毎回ミニ回向柱を連れて帰るのが恒例行事です。

主人にミニ回向柱を無事に押し当ててもらって、写真にも収めました。
(今後、ドローンみたいに禁止行為にならないことを祈る(^_^;)

じつは今も目の前にミニ回向柱を置いて、この記事を書いておりますが、何やらチカラを感じる気がします。

本堂へ

回向柱に触れたあとは、本堂に向かいます。
本堂はもちろん撮影NGですので写真はありませんが、私、今回の御開帳で初めてキチンと三尊像を拝めました。
Wiki:善光寺式阿弥陀三尊

前回までの御開帳のときはちゃんと見れていなかった(^_^;)

この時は、お朝時が始まる直前でしたので、本堂には人がみっしり!
お賽銭を収めて、左手から退場しました。

5:45ほどでしたでしょうか…車に向かう途中で、お朝時が始まるドラ?が聞こえました。
駐車場に着いた時には、駐車場行列が。すごい騒ぎでした。

善光寺、お疲れ様!(ドローン騒動も)

今月いっぱい(2015/6)回向柱は立ったままだそうです。善の綱は外されているそうですが。
今回、混んでいて『お戒壇巡り』されてない方は、ぜひまた混んでいない時に再訪してトライしてください!

大イベントお疲れ様でした、善光寺さん。

善光寺御開帳 限定御朱印の記事もどうぞ。

 - イベント報告 , ,