【赤ちゃん初めての靴選び】プレシューズ・ファーストシューズ・セカンドシューズってどんなかんじ?

投稿日:2016-04-20 更新日:

歩きはじめの赤ちゃんへ…👟どんな靴を履かせたらよいのか?、経験談をご紹介。靴選びの参考にどうぞ😃

👟 プレシューズ

プレシューズは、赤ちゃんが『ヨチ、ヨチ‥と足を出し始めてから』はく靴です。

外で履く『靴』、というよりは
『ルームシューズ』に近いです。

なぜ『プレシューズ』買う必要が?

赤ちゃんは、初めて靴を履くと『カカト』に強烈に違和感をおぼえるようです。

カカトがしっかりした靴を履くと、歩くたびに、靴をはがそうとします。

『脱ごうとする』というよりも、はがそうとします(笑)

ですので、まずは抵抗感の少ない『プレシューズ』で、靴を履くという感覚に慣れるところからスタートするわけです。

プレシューズを購入する必要が無いと感じる方へ。いきなり『ファーストシューズ』から開始してもモチロン良いです。

‥が、赤ちゃんがどうしても履いてくれない(カカトが気になる)という場合は、『プレシューズ』からのスタートを検討してください😃

20160419-01
☝こちらは、かっこん宅で購入した『ミキハウスのプレシューズ』。

プレシューズの特徴

コチラを見ながら、プレシューズの特徴を紹介いたします。
20160419-02
ベロが、ベローンと広く開くことで『履き込み』が楽チンにできています。

全体の素材もフカフカで、とっても柔らかい。超軽量なので、赤ちゃんの歩行時の負担が最小限です。

ちなみに、購入したサイズは12.5cmです。
多少のサイズ調整は靴下でできますが、我が子の場合は、靴下を履くと上手く歩行できませんでした。

大は小を兼ねる‥と言わず、ハダシでも履ける大きさを購入したほうが良さそうですよ。

20160419-03
『かかと』部分も、こんなに柔らかい。
コレが重要なのです。

20160419-04
靴底はこんなカンジです。
素材が柔らかいため、お外で履くことに適した作りではありません。

お部屋が広いようならば、まずはリビング内をテコテコ歩かせても良いと思います。

プレシューズは『靴をはいて歩く』という練習です

さて、続いてはファーストシューズ。

👟 ファーストシューズ

☟こちらは、甥っ子にプレゼントした『ミキハウス・ダブルBのファーストシューズ』。
20160419-05
どなたかの赤ちゃんに靴をプレゼントするならば『ファーストシューズ』がオススメです。

サイズはやや大きめ(12.5cmあたり)が長く履けて良いでしょう。

20160419-06
この商品も『かかと』部分のコダワリが凄いようで、フンワリとクッションしています。
贈られた義妹は、ものすごく喜んでくれました😃

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミキハウス ダブルビー mikihouse ファーストベビーシューズ(11.5cm-13.5cm)
価格:7344円(税込、送料別) (2019/3/22時点)

 
さて、力強い歩行できるようになったら『次の靴』に進んでOKです❗️‥次の靴、セカンドシューズへ。

👟 セカンドシューズ

いつから『セカンドシューズ』にするの?

『セカンドシューズ』は、靴底がしっかりしています。そのため、重い。

赤ちゃんが、歩行時に『力強く足を前に出す』ことができたら、セカンドシューズに突入して良いでしょう。

我が子の場合は、1歳1ヶ月で無理矢理セカンドシューズを履かせておりますが、ちょっと重そうです😅

20160419-07
『セカンドシューズ』以降のかっこんのオススメは『NIKEのフリーステッパー2』です。

✅追記 残念ながら廃版です
残念ですが、フリーステッパーは廃版になりました😂‥似たようなオススメできる商品を探しますので、お待ちください😃

20160419-08
ベロがベローンと長く開くので、履き込み口が広い。脱ぎ履きが楽チンですよ。

💡ちなみに、赤ちゃんにスリッポンを履かせるのは無理があると思いますよ❗️その件については、この後『ダイナモフリー』で触れます。

20160419-09
☝フリーステッパーの最大の特徴は、このソールの形状です。

切り込みが独特でしょう?
何のためか…と言いますと、
20160419-10
赤ちゃんが地面を蹴る時、着地する時。
足裏の形状に合わせて、ソールが柔らかくフィットするようになっているのです。

ですので、動くたびに感じる『違和感』が少ない。遊びに夢中になれば、赤ちゃんはすぐに靴の存在を忘れますよ。

💡この靴、耐久性もなかなかです。
上の子のおさがりで、下の子が履いておりますが、新しく購入しなくても良さそうです。強くオススメいたしますよ😃

👟 ダイナモフリーとは?

せっかくですので、大人気『ダイナモフリー』についてもご紹介いたします。
20160419-12
いま、長男が幼稚園に履いて行っておりますが…幼稚園でもけっこうな人数の子供が履いているそうです(笑)『○○君は緑色だった』とか😅

ダイナモフリーは、赤ちゃんサイズも対応があります(8cm〜)。

赤ちゃんに試着させてみたのですが、ベロの無い『スリッポンタイプ』は、着脱の意思が無い赤ちゃんにはキビシイ❗️

ベロがない靴は、足をギュッギュッと靴にねじ込むのに苦労します。

しかもBABY用とはいえ、お値段もけっこうしますので要注意なのです。購入を検討される方は、必ず試着してみてからご決断ください。

20160419-13
『かかと』が柔らかめにできているので、靴ズレの心配も無いかと思います。

20160419-14
ソールの形状が、フリーステッパーに似ていますよね。ソールが柔らかく曲がるので、動きやすいようです。

20160419-15
長男は、ストライダーでゴリゴリとつま先を削っちゃいます。けっこうな短期間で削れてきちゃいます。

お値段がかなりするのですが、履き方によっては寿命が短くなりますのでご注意ください😓

👟 まとめ

20160419-11
赤ちゃんが靴に違和感があって、すぐにしゃがみ込んじゃう😲というときは。

考えられること…

  1. 赤ちゃんにとって靴が重く、足が出せない。➡️プレシューズの検討を。
  2. 靴下と靴のこすれ具合に違和感がある。➡️裸足で靴を履かせてみる。
  3. 靴のサイズが極端にあっていない。➡️SHOP店員さんに見てもらう。

さらに、大事なこと。
赤ちゃんに『歩きたいという強い意志を持たせる』ことです。

例えば公園などで、パパとママが距離をとって離れて『さあ、おいで😊』と手を広げて誘い、行ったり来たりさせてみてください。

赤ちゃんは繰り返しの行動が大好きなので、ハマれば何回でもやってくれます。

その際に、ヌイグルミなど興味がわくものを持って誘っても良いのではないでしょうか。

初めのうちは、絶対に失敗します。
いきなり靴をはいて、テクテク歩き出したらおかしいですよね😅前世の記憶でもあるんじゃないかと(笑)

焦らずに、赤ちゃんの機嫌の良いときを見計らって、遊び感覚で付き合ってあげてください。頑張ってくださいね😃

楽天で見てみると‥

💡 楽天で プレシューズをみる
💡 楽天 1st シューズ ランキングを見てみる
💡 楽天 2nd シューズ ランキングを見てみる

今回の記事は以上です😃

こちらの記事もどうぞ

Copyright© kakkon.net , 2019 All Rights Reserved.